盲人探偵・松永礼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
盲人探偵・松永礼太郎
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日21:02 - 22:54(112分)
放送期間 1993年11月16日 - 2001年2月27日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
監督 吉川一義
山本迪夫
斎藤光正
松島哲也
脚本 宮川一郎
石川雅也
プロデューサー 大塚恭司(日本テレビ)
村松あゆみ(日本テレビ)
加納譲治(ユニオン映画)
大藤博司(ユニオン映画)
安倍夏彦(ユニオン映画)
出演者 古谷一行
ケーシー高峰
エンディング 火曜サスペンス劇場」と同じ
外部リンク 火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

盲人探偵・松永礼太郎』(もうじんたんてい・まつながれいたろう)は、日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」(毎週火曜日21:02 - 22:54)で1993年から2001年まで放送されたテレビドラマシリーズ。全13回。主演は古谷一行

最終話にあたる第13作はそれまでの設定が一部変更されている。(過去の松永の負傷が転落から銃撃によるものに変更)。

キャスト[編集]

松永家[編集]

松永 礼太郎
演 - 古谷一行
元刑事であったが、ある事件の容疑者に撃たれ、その際に崖から転落する大怪我を負い、それが原因で失明、さらに刑事を辞職し妻とも離婚した。娘のサチがアメリカへ留学するまでは、マインドコーディネーターを営みつつ、自身の聴覚と盲導犬であるメリアを元に、親友である矢部が持ち込む難事件を解決させた(第11作まで)。その後は、横浜で古い友人から引き継いだ喫茶店「らるご」のマスターとなる(第13作まで)。
松永 サチ
演 - 中島ひろ子(第1作、第2作)、田中広子(第3作 - 第7作、第9作 - 第11作)、吉野真弓(第8作)
松永の娘。松永の失明、両親の離婚が原因でグレてしまい、高校を中退。大検に合格して大学生となり、アメリカへ留学する。

警視庁捜査一課[編集]

矢部 亘
演 - ケーシー高峰(第1作 - 第11作)
警視庁捜査一課に所属する捜査一課長。刑事時代の松永とは同期だった。
井手
演 - 蛍雪次朗(第2作 - 第5作、第7作、第8作、第11作、第13作)
警視庁捜査一課に所属する刑事であり、矢部の部下。

その他[編集]

篠田 里香
演 - 渡辺典子(第1作 - 第4作)
盲導犬メリアを松永に紹介した、アイメイト協会の職員。
藤原 由子
演 - 小林恵(第12作、第13作)
らるごの常連客。横浜日報の記者。
藤原 浩
演 - 藤村俊二(第12作、第13作)
由子の父で、元刑事。定年後、神奈川県警の捜査実務員となる。
尾上 美穂子
演 - 松金よね子(第12作、第13作)
らるごの従業員。

ゲスト[編集]

第1作(1993年) 「その足音」
第2作(1994年) 「ピアニストを探せ」
第3作(1994年) 「乳房」
第4作(1995年) 「警察嫌い」
第5作(1995年) 「逆恨み」
第6作(1996年) 「狙撃」
第7作(1996年) 「兇信」
第8作(1997年) 「洗脳」
第9作(1997年) 「時効」
第10作(1998年) 「復讐幻想」
第11作(1999年) 「香水迷路」
第12作(2000年) 「今一度の」
第13作(2001年) 「愛する人へ」

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 1993年11月16日 その足音 宮川一郎 吉川一義 20.4%
2[1] 1994年04月26日 ピアニストを探せ 20.0%
3 9月13日 乳房 山本迪夫 20.2%
4 1995年04月18日 警察嫌い 16.6%
5 9月19日 逆恨み 吉川一義 15.5%
6 1996年02月27日 狙撃 山本迪夫 20.0%
7 8月06日 兇信 吉川一義 20.2%
8 1997年07月29日 洗脳 山本迪夫 18.5%
9 11月04日 時効 15.5%
10 1998年11月03日 復讐幻想 吉川一義 17.1%
11 1999年06月01日 香水迷路 斎藤光正 15.1%
12 2000年04月25日 今一度の 石川雅也 松島哲也
13 2001年02月27日 愛する人へ 14.4%

※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

脚注[編集]

  1. ^ 同日に起きた中華航空140便墜落事故の報道特番のため放送は途中で打ち切りとなり、同年7月5日に改めて放送された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]