乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です
ジャンル 異世界ファンタジー
小説
著者 三嶋与夢
イラスト 孟達
出版社 マイクロマガジン社
掲載サイト 小説家になろう
レーベル GCノベルズ
連載期間 2017年10月1日 -
刊行期間 2018年5月30日 -
巻数 既刊9巻(2021年11月現在)
漫画
原作・原案など 三嶋与夢(原作)
孟達(キャラクター原案)
作画 潮里潤
出版社 KADOKAWA
掲載サイト ドラドラしゃーぷ#
レーベル ドラゴンコミックスエイジ
発表期間 2018年10月5日 -
巻数 既刊6巻(2021年7月現在)
アニメ
原作 三嶋与夢
監督 三浦和也
福元しんいち
シリーズ構成 猪原健太
キャラクターデザイン 鈴木政彦
アニメーション制作 ENGI
放送局
放送期間 2022年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』(おとめゲーせかいはモブにきびしいせかいです)は、三嶋与夢によるライトノベル。イラストは孟達。

女尊男卑の乙女ゲーム世界に転生したモブが、ゲームの知識を使って運命を変えていくというストーリーである[1]。「小説家になろう」に投稿されていた小説であり[1]、2018年5月よりGCノベルズから書籍版の刊行が開始され、同年10月からは潮里潤によるコミカライズも行われている[2]。また、『このライトノベルがすごい! 2020』のランキングでは単行本部門の8位となった[3]

あらすじ[編集]

リオン・フォウ・バルトファルトは、ある日突然前世の記憶を思い出し、自分が前世でプレイした乙女ゲームの世界にいることに気がつく。彼は前世で、妹の我儘のために代わりにゲームをプレイしていたのだが、クリアした直後に体調を崩したことが原因で死亡し、ゲーム世界の男性モブキャラクターに転生してしまったのだ[1]

転生先は女尊男卑の世界であり、リオンは降りかかる苦難を打開するため、ゲームの知識を使って「ロストアイテム」を手に入れる[1]

しかし、今度は入学した学園で在学中に結婚相手を見つけなければならない試練が待ち構えていた[1]。辟易したリオンだが、そこで、マリエという謎の女性が主人公のいるべきはずの位置に立っていることに気付く[1]

前世のゲームのバッドエンドは世界の破滅に繋がっており、マリエがシナリオを歪めたことで最悪の未来が起こりうる懸念を抱いたリオンは、関わるまいと考えていたゲームのストーリーに嫌々関わっていくことになる[2]。やがてリオンは本来の乙女ゲームの主人公オリヴィア、そして悪役令嬢アンジェリカを味方として、成り上がりへの道を進んでいく[1]

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版 / ドラマCDおよびボイスコミック版の順に記載。一人しか記載のないものは後者。

リオン・フォウ・バルトファルト
声 - 大塚剛央[4] / 小林裕介[5][6]
本作品の主人公[2]。男爵家の子息[7]。転生者である[7]。前世は要領のいい妹に扱き使われる立場で、乙女ゲームの代理プレイを徹夜でさせられた結果、過労で階段から転落するという最期を迎えた[ep 1]
今世では男爵家の妾腹の三男で、本腹の長兄と長姉、妾腹の次兄と次姉および弟妹がいる[ep 2]。義母(正妻)に金銭目的の政略結婚をさせられそうになったため、冒険者となってゲーム知識を基にロストアイテム(ルクシオン)と財宝を発見するという功績を上げて結婚を回避する[ep 3]。しかし、功績を高く評価されすぎて実家から独立した男爵に叙されてしまい、狂った貴族社会に足を踏み入れることになる[ep 4]
自他ともに認める小物で、口が悪く金にも汚い。しかし実際にはひねくれているものの優しい性格[2]で、困っている人を見捨てきれないお人好しのため、打算的な理由を自分への建前にしたうえで助けようとすることもある[ep 5]。ただし、物事の見通しが甘いうえ、ゲーム知識が却って判断を半端に妨げるため、要領が悪く本人の思惑から外れることが多々あり、やり口の杜撰さ・中途半端さをルクシオンに窘められることもある[ep 6]
当人は平穏な人生を望んでおり[7]、出世は望んでいない[2]が、たびたび騒動の中心で活躍するため、本人の意思に反してどんどん昇進して重責を背負う身になっていく。
ルクシオン
声 - 白井悠介[5]
リオンの相棒[2]。旧人類が作った輸送船の人工知能で、普段は赤い一つ目の球体で活動している。作中世界ではロストアイテムに分類される。
乙女ゲームでは高性能な課金アイテムという扱い(キャラクターとしては登場しない)で、それを求めて来たリオンと邂逅する[ep 7]。そして、彼が旧人類(日本人)の前世を持ち、肉体にも旧人類の遺伝子をわずかに残していたためマスターと認め[ep 8]、以降あらゆる面でサポートしていく。
元々新人類と敵対する立場のため、リオンを含め現生の人間に対してはシニカル。劇中ではやりすぎるリオンに対するツッコミ役であり、素直ではない彼の内面を代わりに読者へ伝える役柄を担う[2]
オリヴィア
声 - 市ノ瀬加那[4] / 花守ゆみり[5][6]
本作品のダブルヒロインの一人[2]。明るい茶髪のボブカット。リオンが前世でプレイした乙女ゲームでは主人公として活躍する[7]
平民出身だが学園への入学を特別に認められ、学園に入学する[7]。回復魔法の使い手。貴族ではないため、後述する男性蔑視の意識は無い。
後述するマリエによって主人公としての立場を奪われて孤立しており、そこで手を差し伸べに現れたリオンと出会い、交流していく。
作者によると、アンジェリカとの差異を出すために、優しい性格の正統派ヒロインとなっている[2]
アンジェリカ・ラファ・レッドグレイブ[7]
声 - ファイルーズあい[4] / 久保ユリカ[5]
本作品のダブルヒロインの一人[2]。公爵令嬢で王太子の婚約者[7]。本来の乙女ゲームでは悪役令嬢だった[7]。悪辣ではないが、厳格な性格。幼少期より婚約者が定められる高位貴族のため、オリヴィア同様、男性蔑視の意識は無い。
第1巻中盤にてゲーム通りに断罪イベントを迎えそうになるものの、リオンによって救われる[ep 9]。断罪イベント時に取り巻きを含むほぼ全員に見捨てられていたため、以降は取り巻きと距離を置き、はっきり味方してくれていたリオンとオリヴィアと交流していくようになる[ep 9]
作者によると、オリヴィアとの差異を出すために、厳しい性格の激情家となっている[2]
マリエ・フォウ・ラーファン[7]
声 - 種﨑敦美[5][6]
子爵令嬢[7]。乙女ゲームの主人公の役割を奪って、王子たち複数の男性と交際している[7]
逆ハーレムを目論んでいたが、リオンの介入によって結果的にシナリオが崩壊したため、以降は世間知らずな男達を養う苦労人という立場になっていく[ep 10]
第1巻から第3巻と読み進めることでキャラクターの印象が大きく変わり、結果として人気キャラクターとなっている[2]

作品世界観[編集]

あらすじ節に記述されている通り、本作はリオンが前世でプレイしていた乙女ゲームの世界を舞台としているという設定である。元となったゲームは、恋愛シミュレーションでありながら、RPG要素と戦略シミュレーション要素が混ざっており、さらに戦闘パートが課金アイテム前提としか思えないゲームバランスのため、作り込みに反して評価の低いゲームだった[ep 11]

空に多くの浮島が存在する世界で[ep 12]、そこを領土として国々が成り立ち、浮島間を移動する手段として飛行船が発達している。また、魔法が存在しており、「鎧」と呼ばれる魔法の力で動くパワードスーツのような有人ロボットがある。

第1巻〜第3巻の舞台となるのは主人公たちが所属する「ホルファート王国」という国である。封建制のような制度を取っている国で、領主用の公爵・男爵といった爵位のほかに、領地を持たない宮廷貴族用の階位があり、一位(国王)から九位(騎士)まで存在する[ep 13][注 1]。領主にも宮廷階位は与えられているが、彼らにとっては国王への面会権程度の恩恵しかないため、階位の高さは爵位に必ずしも比例はしない[ep 13]。それはつまり領主の宮廷階位を上げることは王家にとって余計な権利を与えずに相手への評価を示せるということになるため、作中序盤でのリオンの昇進ラッシュの一因にもなっている。

冒険者が興した国である[ep 14]ため、冒険を尊ぶ思想を持つ傾向があり、特に貴族は冒険者の末裔であることを誇りに思う者が多い[ep 15]。そのような国柄のため、冒険者の功績とそれに付随する権利は固く保証されている[ep 14]

さらに本作の物語にも大きく関わるこの国の特徴として、主に中流貴族を中心に極端な女尊男卑思想が蔓延していることが挙げられる。男性貴族は結婚しないと不良物件扱いされる[ep 16]ため、結婚してもらうために女性を厚遇しなくてはならない[ep 17]。そのため足元を見た女性側(特に男爵家~伯爵家の令嬢[ep 18])は男性に対して尊大な態度をとる傾向があり[ep 19]、結婚後も夫を冷遇する一方で自身は公然と愛人を抱え[ep 20]、ひどい場合は愛人との子を夫に養わせる[ep 21]。しかし、いわゆる男女逆転世界というわけではなく、一家の大黒柱としての役割を課せられるのは男性側のままで、立場だけが女性優位[ep 22]。リオンはこの歪な社会を乙女ゲームゆえのご都合主義と認識していた[ep 23]が、後にとある理由が存在したことが明らかにされる。

また、この世界には科学技術に優れた旧人類(現代人の系譜)と魔法技術を有する新人類の戦争によって旧人類が滅んだという歴史が存在しており[ep 24]、旧人類の文明(ロボットや宇宙船)がロストアイテムとして登場する[ep 25]

制作背景[編集]

本作品は、男性向け小説であり、主人公は乙女ゲームの世界のモブに転生した男性である[2]。ただ、作品執筆のきっかけとなったのは、女性向けの「悪役令嬢もの[注 2]の作品であったという[2]。同ジャンルは「小説家になろう」の中でも人気の高いのジャンルだが、モチーフ柄女性向けの作品が多く、「男性が楽しむ乙女ゲーの作品があってもいいんじゃないか?」と思い立ったのが発端とのこと[9]。世界観は男性向けのハーレムものの男女を逆転させており、また、そのような女尊男卑の世界になったことについては明確な理由を用意するように意識している[2]

本作は「小説家になろう」への投稿作品として発表され、その後商業出版された[1]。ただし、「二作目の悪役令嬢」を新たに登場させるなど、単行本4巻は大幅な書き直しが行われており、第5巻はまったく別の内容となっている[2]

単行本3巻以降のアンケート特典にはIFルート「マリエルート」が掲載されており、6巻時点ですでに2冊分に近い文字数になっている[10]

2018年からは潮里潤の作画でコミカライズが行われており[2]、2020年2月には小林裕介主演のボイスコミック化が行われた[6]。同年7月には単行本6巻の限定版・特装版の付録として、ドラマCD化が行われている[5]

社会的評価[編集]

本作品は、2019年11月に小説の既刊4巻全巻が重版となっており[11]、2021年6月時点でシリーズ累計発行部数は76万部を突破している[12]

KADOKAWAグループの電子書籍サイトBOOK☆WALKERが行った「新作ラノベ総選挙2019」新文芸・ブックス部門3位に選ばれた[13]。また、『このライトノベルがすごい! 2020』のランキングでは単行本部門の8位に選出されている[3]。また、2019年10月30日 - 11月10日の「GCノベルズ5周年 ボイスドラマ化投票」で1位となった結果、前述のドラマCD化が行われた[5]

KADOKAWAのダ・ヴィンチニュースは、ゲーム世界のモブに転生しながらも活躍するという本作品のストーリーについて「自分の力で物語を進めていく楽しさと充実感を存分に教えてくれる」ものだと評した[1]。声優の小林裕介と白井悠介は、本作品の特徴として、主人公の行動の爽快感を挙げている[14]

既刊一覧[編集]

小説[編集]

  • 三嶋与夢(著) / 孟達(イラスト) 『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』 マイクロマガジン社〈GCノベルズ〉、既刊9巻(2021年11月30日現在)
    1. 2018年5月30日発行(同日発売[15])、ISBN 978-4-89637-753-8
    2. 2018年10月30日発行(同日発売[16])、ISBN 978-4-89637-830-6
    3. 2019年3月29日発行(同日発売[17])、ISBN 978-4-89637-864-1
    4. 2019年8月30日発行(同日発売[18])、ISBN 978-4-89637-911-2
    5. 2020年1月30日発行(同日発売[19])、ISBN 978-4-89637-975-4
    6. 2020年7月30日発行(同日発売[20])、ISBN 978-4-86716-033-6
    7. 2021年1月30日発売[21]ISBN 978-4-86716-106-7
    8. 2021年6月30日発売[22]ISBN 978-4-86716-157-9
    9. 2021年11月30日発売[23]ISBN 978-4-86716-214-9

漫画[編集]

テレビアニメ[編集]

2022年4月より放送予定[4]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 三嶋与夢[4]
  • キャラクター原案 - 孟達[4]
  • 監督 - 三浦和也、福元しんいち[4]
  • シリーズ構成 - 猪原健太[4]
  • キャラクターデザイン - 鈴木政彦[4]
  • アニメーション制作 - ENGI[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 王侯貴族の名前には、王族関係が「ラファ」、領主が「フォウ」、宮廷貴族が「フィア」というミドルネームが入っており[8]、これで登場人物のおおよその立場が判別可能になっている。
  2. ^ 乙女ゲームの悪役に女性主人公が転生し、活躍する作品のこと[2]

出典[編集]

本編[編集]

  1. ^ 「プロローグ」単行本第1巻pp. 007-022。
  2. ^ 「プロローグ」「第1話 戦う理由」単行本第1巻pp. 25-26, 35。
  3. ^ 「第1話 戦う理由」「第2話 ロストアイテム」単行本第1巻pp. 34-94。
  4. ^ 「第3話 入学」単行本第1巻pp. 100-104。
  5. ^ 「第7話 白い手袋」単行本第1巻pp. 221-222。
  6. ^ 「エピローグ」単行本第1巻p. 366、「第6話 八つ当たり」単行本2巻p. 185-187、等。
  7. ^ 「第2話 ロストアイテム」単行本第1巻pp. 064-075。
  8. ^ 「第2話 ロストアイテム」単行本第1巻pp. 079-086。
  9. ^ a b 「第7話 白い手袋」〜「第11話 愚か者たち」単行本第1巻p. 205-352。
  10. ^ 「第11話 愚か者たち」「エピローグ」単行本第1巻pp. 330-333, 370。
  11. ^ 「プロローグ」単行本第1巻pp. 011-015。
  12. ^ 「プロローグ」単行本第1巻p. 012。
  13. ^ a b 「エピローグ」単行本第1巻p. 357。
  14. ^ a b 「第2話 ロストアイテム」単行本第1巻p. 092。
  15. ^ 「第9話 笑う」単行本第2巻p. 296。
  16. ^ 「第1話 戦う理由」単行本第1巻p. 035。
  17. ^ 「第4話 主人公と悪役令嬢」単行本第1巻pp. 121-122。
  18. ^ 「第6話 真主人公」単行本第1巻pp. 185-186。
  19. ^ 「第6話 真主人公」「第7話 白い手袋」単行本第1巻pp. 183-185, 208-210等。
  20. ^ 「プロローグ」「ルクシオンレポート」単行本第1巻pp. 031-032, 376。
  21. ^ 「第6話 真主人公」単行本第1巻pp. 184-185。
  22. ^ 「プロローグ」「ルクシオンレポート」単行本第1巻pp. 035-036, 376。
  23. ^ 「第6話 真主人公」「ルクシオンレポート」単行本第1巻pp. 186, 375-376等。
  24. ^ 「第2話 ロストアイテム」単行本第1巻p. 079。
  25. ^ 「第2話 ロストアイテム」単行本第1巻p. 064。

その他[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 水音(月乃雫) (2020年8月21日). “男が乙女ゲームのモブに転生したら、まさかの女尊男卑地獄!? 既定シナリオを覆そうと奮闘する主人公は…”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA. 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 独占インタビュー「ラノベの素」 三嶋与夢先生『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』”. ラノベニュースオンライン. 株式会社Days (2019年8月29日). 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧。
  3. ^ a b このライトノベルがすごい!』編集部『このライトノベルがすごい! 2020』宝島社、2019年、65頁。ISBN 978-4800299789
  4. ^ a b c d e f g h i j “小説『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』TVアニメ化、来年4月放送 出演は大塚剛央&市ノ瀬加那&ファイルーズあい”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年11月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2215181/full/ 2021年11月25日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g 小林裕介、白井悠介らが「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」ドラマCDに出演”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2020年6月5日). 2020年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月17日閲覧。
  6. ^ a b c d ニコニコ漫画連載の異世界転生2作品がボイスコミック化で無料公開 小林裕介、伊藤彩沙が主演”. アニメ・ハック. 株式会社エイガ・ドット・コム (2020年2月23日). 2020年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月17日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k GC ノベルズ. “乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です イケメン死すべし! 転生先は”女尊男卑”な乙女ゲーム世界でした……”. マイクロマガジン. 2020年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月17日閲覧。
  8. ^ 「貴族の嗜み」単行本第1巻p. 155。
  9. ^ 単行本第1巻p. 386。著者のあとがき。
  10. ^ kazukuraiのツィート(1296782992002543616)” (2020年8月21日). 2020年11月9日閲覧。
  11. ^ 【先週の重版:11月24日〜11月30日】『七つの魔剣が支配する』第1〜4巻、『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』第1〜4巻など”. ラノベニュースオンライン. 株式会社Days (2019年12月1日). 2020年1月26日閲覧。
  12. ^ mobsekaの2021年6月18日のツイート2021年6月24日閲覧。
  13. ^ 結果発表|新作ラノベ総選挙2019”. ブックウォーカー. 2019年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月14日閲覧。
  14. ^ 米澤崇史 (2020年5月22日). “『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』小林裕介さん・白井悠介さんインタビュー | 乙女ゲームでモブ役を演じていた時の思い出も!?”. アニメイト・タイムズ. アニメイト. 2020年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月17日閲覧。
  15. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 1”. マイクロマガジン社. 2021年3月16日閲覧。
  16. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 2”. マイクロマガジン社. 2021年3月16日閲覧。
  17. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 3”. マイクロマガジン社. 2021年3月16日閲覧。
  18. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 4”. マイクロマガジン社. 2021年3月16日閲覧。
  19. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 5”. マイクロマガジン社. 2021年3月16日閲覧。
  20. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 6”. マイクロマガジン社. 2021年3月16日閲覧。
  21. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 7”. マイクロマガジン社. 2021年3月16日閲覧。
  22. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 8”. マイクロマガジン社. 2021年6月30日閲覧。
  23. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 9”. マイクロマガジン社. 2021年11月30日閲覧。
  24. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 01”. KADOKAWA. 2021年3月16日閲覧。
  25. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 02”. KADOKAWA. 2021年3月16日閲覧。
  26. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 03”. KADOKAWA. 2021年3月16日閲覧。
  27. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 04”. KADOKAWA. 2021年3月16日閲覧。
  28. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 05”. KADOKAWA. 2021年3月16日閲覧。
  29. ^ 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 06”. KADOKAWA. 2021年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]