神谷玄次郎捕物控

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神谷玄次郎捕物控』(かみやげんじろうとりものひかえ)は、藤沢周平による日本の連作短編時代小説1975年から1980年にかけて『小説推理』(双葉社)にて断続的に連載され、1980年に『出合茶屋 神谷玄次郎捕物控』と改題され双葉社より単行本化。1985年に『霧の果て 神谷玄次郎捕物控』と再改題され文春文庫より文庫化された。

これまでに3度テレビドラマ化されており、1度目は1980年東京12チャンネルで『悪党狩り』のタイトルで尾上菊五郎主演で、2度目は1990年フジテレビ系で古谷一行主演で、3度目は2014年4月よりNHK BSプレミアムBS時代劇」で高橋光臣主演で放送された。2015年4月よりBS時代劇にて第2期が放送。

あらすじ[ソースを編集]

自他ともに認める北町奉行所きっての怠け者同心であるものの、剣の腕は確かな神谷玄次郎が、母と妹を惨殺された過去を胸に潜めながら様々な事件の謎を暴いていく。

収録作[ソースを編集]

小説推理』(双葉社)にて掲載された。

  • 針の光(1975年6月号)
  • 虚ろな家(1975年8月号)
  • 春の闇(1976年5月号)
  • 酔いどれ死体(1979年5月号)
  • 青い卵(1979年8月号)
  • 日照雨(1979年11月号)
  • 出合茶屋(1980年2月号)
  • 霧の果て(1980年5月号)

書誌情報[ソースを編集]

  • その他の収録本
    • 『週刊 藤沢周平の世界』(朝日新聞社)第20号
    • 『藤沢周平全集』(文藝春秋)第13巻
    • 『捕物小説名作選』(集英社)第2巻(「春の闇」収録)

登場人物[ソースを編集]

神谷 玄次郎(かみや げんじろう)
北町奉行所定廻り同心。小石川竜慶橋で直心影流の道場を開く酒井良佐の高弟で、2年前までは三羽烏の1人に数えられた。見回りをさぼったり、茶屋に入り浸ったりと、現在は奉行所きっての怠け同心と思われているが、ひとたび事件が起これば、かつて老練な同心として名を馳せた父・勝左衛門譲りの綿密で鋭い調べでたちどころに解決する。
無足の見習い同心として奉行所に勤めていた14歳の頃、母と妹が何者かに惨殺され、父も妻子の死で病がちになり、約1年後に亡くなった。
母と妹の死は、当時父が追っていたある重要な犯罪の関係者が、父の動きを牽制するために起こしたとされ、奉行所も当初は異例の人数をつぎ込んで捜査したが、ある日突然中断してしまった。上役の金子によれば、奉行所より上の地位にある人物が関わっているであろうことは想像がつき、それゆえに密かに役所に対して不信感を持ち続けている。足をすり減らして真面目に勤めても、父のように見捨てられると怠けを正当化している。
お津世(おつせ)
玄次郎の恋人。蔵前三好町の小料理屋「よし野」の女将。24歳。2年前に夫に死なれた未亡人で、3つになる息子がいる。亡き夫を殺した犯人を玄次郎が捕まえた縁で親しくなった。
銀蔵(ぎんぞう)
玄次郎配下の岡っ引き。38歳。深川六間堀町の髪結い床「花床」の主人。丸顔でひげ面。
おみち
銀蔵の女房。32歳。銀蔵が事件の調査中は、しっかり店を切り盛りする良妻。
直吉(なおきち)
銀蔵の下っ引き。20歳。板木ずりの職人。身寄りがなく、一人暮らし。結婚を言い交わしている相手がいる。
金子 猪太夫(かねこ いだゆう)
与力。56歳。怠け者の玄次郎を苦々しく思っており、ことあるごとに小言を言う。
鳥飼 道之丞(とりかい みちのじょう)
定廻り同心。玄次郎の同僚。27歳。廻る範囲が玄次郎と隣り合っている。剣術は下手だが、捕縛術はうまい。
弥之助(やのすけ)
道之丞配下の岡っ引き。
勝蔵(かつぞう)・おろく
よし野の料理人と女中。夫婦。勝蔵は無口だが、おろくはお津世が愚痴をこぼすほどおしゃべり。
おさく
神谷家の老女中。神田蝋燭町の桶屋の後家だが、玄次郎の母が体調を崩した時に手伝いに来たのが縁で、母と妹が死に、勝左衛門が寝込むようになった時から家の中を切り盛りし、玄次郎が不在がちの神谷家を守っている。玄次郎からは「ばあさん」と呼ばれる。

テレビドラマ[ソースを編集]

東京12チャンネル(1980年)[ソースを編集]

悪党狩り』(あくとうがり)と題して、東京12チャンネル系で毎週水曜夜9時からの1時間枠にて1980年10月8日から1981年3月25日まで放送された。全24話。主演は尾上菊五郎

フジテレビ(1990年)[ソースを編集]

フジテレビ系列で、1990年6月20日から9月19日まで水曜日 20:00 - 20:54(第1話のみ19:30 - 20:54)に全11話が放映された。

キャスト[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

放映日程[ソースを編集]

各話 放映日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1990年6月20日 誘拐 安部徹郎 山本邦彦 峰岸徹大門正明清水健太郎菊地陽子川島美津子、飯島洋美、伊藤幸子、金子研三、北見唯一
2 密告 中村勝行 原田雄一 龍虎森口瑤子うえだ峻趙方豪紅萬子
3 秘密 田上雄 杉村六郎 長門裕之北村英三谷村好一、青木卓司、夏海京子
4 疑惑 伊勢間照 原田雄一 一色彩子坂上忍北村総一朗浅見美那岩尾正隆崎津隆介
5 消えた女 保利吉紀 富永卓二 丹波義隆坂本長利吉本真由美朝比奈順子綾川志剛黒田隆哉、増田再起、五十嵐義弘
6 神隠し 渡辺善則 太田昭和 平泉成河原崎建三小林かおり伊東達広高峰圭二木村栄楠年明、伝法三千雄
7 針の光 武末勝 杉村六郎 八木さおり内藤剛志、松田明、森下鉄朗、多賀勝田中弘史水上保広松嶋尚美多田昌世
8 岡っ引殺し 田上雄 太田昭和 滝田裕介井上昭文千野弘美片桐竜次丸山真穂、中村錦司、下元年世、草木宏之、福本清三
9 9月05日 追い詰められて 久貴千彩子 富永卓二 杉田かおる岡野進一郎ベンガル、石浜祐次郎、上原翔子、田中学、塩川健司、福永正憲、越坂英生
10 9月12日 闇の穴 古田求 井上昭 高橋長英、西山嘉孝、野口貴史、野口寛、松本幸三、須永克彦、諸木淳郎、高市好行、山田公男
11 9月19日 霧の果て 清水紘治本阿弥周子遠藤太津朗石丸謙二郎古田将士森下哲夫森幹太、邦保、平岡秀幸

BSプレミアム(2014年)[ソースを編集]

神谷玄次郎捕物控
ジャンル 時代劇
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
製作総指揮 原克子(松竹)
真鍋斎
原林麻奈
演出 本木克英
酒井信行
原作 藤沢周平
『霧の果て〜神谷玄次郎捕物控』
脚本 安倍徹郎
武末勝
寺島誓
古田求
出演者 高橋光臣
中越典子
山崎樹範
長谷川朝晴
岸本加世子
中村梅雀 
ナレーター 橋爪功
神谷玄次郎捕物控
放送時間 金曜20:00 - 20:43(43分)
放送期間 2014年4月4日 - 5月2日(5回)
外部リンク 公式サイト
神谷玄次郎捕物控2
放送時間 金曜20:00 - 20:43(43分)
放送期間 2015年4月3日 - 5月22日(8回)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

NHK BSプレミアムBS時代劇」枠(毎週金曜日 20:00 - 20:43)にて2014年4月4日から5月2日まで放送された。全5回[2]。主演は高橋光臣。24年ぶりに再映像化。同枠にて2017年9月29日から10月27日まで再放送予定[3]

第2期『神谷玄次郎捕物控2』が同枠にて2015年4月3日から5月22日まで放送された、全8回[4]

キャスト(BSプレミアム)[ソースを編集]

ゲスト[ソースを編集]

第1期[ソースを編集]
第1回「誘拐」
第2回「針の光」
第3回「疑惑」
第4回「闇の穴」
第5回「霧の果て」
第2期[ソースを編集]
第一回「出合茶屋」
第二回「昔の仲間」
第三回「消えた女」
第四回「密告」
第五回「神隠し」
第六回「鬼ごっこ」
  • 忠兵衛(小間物屋「井筒屋」主人/ムササビの吉) - 金田明夫
  • おやえ( 小料理屋「岩五郎」女中) - 須藤温子
  • 陣内仙八郎(浪人) - 國本鍾建
  • 半左衛門(古手屋「大坂屋」主人/蝮の市蔵) - 渋谷天外
第七回「小ぬか雨」
最終回「日照雨(そばえ)

スタッフ(BSプレミアム)[ソースを編集]

放映日程(BSプレミアム)[ソースを編集]

第1期(2014年)
放映日 サブタイトル 原作 脚本 監督
第1回 4月04日 誘拐 虚ろな家 安倍徹郎
第2回 4月11日 針の光 針の光 武末勝
第3回 4月18日 疑惑 寺島誓 酒井信行
第4回 4月25日 闇の穴 古田求 本木克英
最終回 5月02日 霧の果て
第2期(2015年)
放映日 サブタイトル 原作 脚本 監督
第一回 4月03日 出合茶屋 古田求 本木克英
第二回 4月10日 昔の仲間 神隠し
第三回 4月17日 消えた女 『消えた女
彫師伊之助捕物覚え』
保利吉紀
第四回 4月24日 密告 『霜の朝』 酒井信行
第五回 5月01日 神隠し 『神隠し』 渡辺善典
第六回 5月08日 鬼ごっこ 『花のあと』 田上雄
第七回 5月15日 小ぬか雨 『橋ものがたり』 久喜千彩子 本木克英
最終回 5月22日 日照雨(そばえ) 古田求

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 霧の果て : 神谷玄次郎捕物控 (文藝春秋) : 2010 |書誌詳細|国立国会図書館サーチ”. 国立国会図書館. 2014年4月8日閲覧。
  2. ^ 藤沢周平原作 「神谷玄次郎捕物控」 制作開始!”. 時代劇シリーズ|ドラマトピックスブログ. NHKブログ (2014年2月18日). 2014年12月23日閲覧。
  3. ^ 再放送情報「神谷玄次郎捕物控」”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2017年8月9日). 2017年8月14日閲覧。
  4. ^ 『神谷玄次郎捕物控2』制作開始!”. 時代劇シリーズ|ドラマトピックスブログ. NHKブログ (2014年12月16日). 2014年12月23日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]

NHK BSプレミアム BS時代劇
前番組 番組名 次番組
柳生十兵衛七番勝負(アンコール)
(2014.1.31 - 2014.3.21)
神谷玄次郎捕物控
(2014.4.4 - 2014.5.2)
妻は、くノ一 〜最終章〜
(2014.5.23 - 2014.6.20)
雲霧仁左衛門2
(2015.2.6 - 2015.3.27)
神谷玄次郎捕物控2
(2015.4.3 - 2015.5.22)
風の果て(アンコール)
(2015年5月29日-)
伝七捕物帳2
(2017.8.4 - )
神谷玄次郎捕物控(アンコール)
(2017.9.29 - 2017.10.27)
赤ひげ
(2017.11.3 - )