柄本時生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
えもと ときお
柄本 時生
生年月日 (1989-10-17) 1989年10月17日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 176 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2003年 -
著名な家族 柄本明(父)
角替和枝(母)
柄本佑(兄)
安藤サクラ(義姉)
事務所 ノックアウト
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
俺たちに明日はないッス
スラッカーズ
『蟹工船』
ドラマ
4TEEN
Q10
侠飯〜おとこめし〜

柄本 時生(えもと ときお、1989年10月17日 - )は、日本俳優

東京都出身。ノックアウト所属。

来歴[編集]

1989年、俳優の柄本明と女優の角替和枝の次男として生まれ、下北沢で育つ[2]。3人兄弟の末っ子で、俳優の柄本佑は実兄で、映画関係に勤める姉がいる。

2003年、たまたま兄が受けられなかったオーディションを代わりに受け合格したのがきっかけで、Jam Films Sすべり台』で俳優デビューする[3]

2008年、『俺たちに明日はないッス』で映画初主演。兄・佑とともに演劇ユニット『ET×2』を結成する[4]

2010年、ドラマ『Q10』では父親の柄本明と親子役で共演。翌年の2011年連続テレビ小説おひさま』ではヒロイン・陽子に密かに想いを寄せる幼馴染のタケオ役を演じ、母親の角替和枝とも親子役で共演している。この作品では、後に兄・佑の妻となる安藤サクラとも夫婦役を演じている。

2016年、「初恋芸人」で連続テレビドラマ初主演を果たす[5]

2015年ごろから毎年メンズブランド『フィンガリン』のルックモデルを務めている[3]

人物[編集]

母が沢田研二が好きで息子が生まれたら名前は「TOKIO」にちなんで「トキオ」にしようと決めていたところ、兄が生まれてきたときに「こいつの顔はトキオじゃねえ」となり、弟の時生にこの名前がついた[2]

高2から下北沢の居酒屋でアルバイトをしており[6]、それからずっとアルバイト先では在籍扱いとなっているという[7]。柄本とドラマなどで共演している星田英利いわく、柄本は食べていけないときに支えてくれたその店を辞めることが出来ず、店側も真面目に働く柄本を辞めさせるわけにはいかず、現在でも定期的に皿洗いのアルバイトに行っていると語っている[8]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 『ジョンとジョー』(2008年)
  • 『友達』(2008年、シアタートラム
  • 『イリーニヤの兄弟』(2009年)
  • ゴドーを待ちながら』(2011年、新国立劇場) - 使いの少年 役
  • 『引き際』(2011年、赤坂レッドシアター)
  • 東京乾電池35周年記念公演『ハムレット』(2012年)
  • 『黄色い月』(2012年、下北沢ザ・スズナリ
  • 『露出狂』(2012年、パルコ劇場
  • 『不毛会議』(2013年、CBGKシブゲキ!!
  • ミュージカル『愛の唄を歌おう』(2014年)
  • 『そして誰もいなくなった』(2014年、本多劇場
  • 『ゴドーを待ちながら』(2014年、下北沢ザ・スズナリ)
  • 『赤鬼』(2014年、青山円形劇場
  • あうるすぽっと+毛皮族共同プロデュース『じゃじゃ馬ならし』(2014年、あうるすぽっと) - ペトルーチオ 役
  • イニシュマン島のビリー』(2016年) - バートリー役[18]
  • 音楽劇『ダニー・ボーイ 〜いつも笑顔で歌を〜』(2016年) - ミッキー・岡田 役[19]
  • M&Oplaysプロデュース「流山ブルーバード」(2017年12月8日 - 12月27日、本多劇場 / 2018年公演予定 島根、大阪、広島、静岡、東京・大田区)[20]
  • 劇団た組。『心臓が濡れる』(2018年7月5日 - 16日、すみだパークスタジオ倉)[21]

語り[編集]

  • おはなしのくに 2018年度(第3回)「うらしまたろう」(2018年5月14日・21日、NHK Eテレ) - 語り[22]

Webドラマ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • STUDIO VOICE 「柄本佑と時生の話はそこで終わらせろ」(2009年4月 - 2009年9月号、INFASパブリケーションズ)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 公式プロフィール
  2. ^ a b マイペースに変化し続ける柄本時生と下北沢の街”. 2⊿_7. 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ a b 柄本時生インタビュー「最近、ベースを始めました」. (インタビュー). Numero TOKYO.. https://numero.jp/talks33/ 2018年3月5日閲覧。 
  4. ^ 柄本時生、危機感明かす「今は良くても仕事はなくなる」 兄・佑とのエピソードも”. ORICON STYLE (2015年11月18日). 2018年3月5日閲覧。
  5. ^ a b 柄本時生、お笑い芸人役で連ドラ主演 恋の相手役に松井玲奈”. ORICON STYLE (2016年1月25日). 2016年1月26日閲覧。
  6. ^ “父、母、兄も役者柄本時生/気になリスト”. 日刊スポーツ. (2013年12月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20131220-1233448.html 2018年3月5日閲覧。 
  7. ^ 2012年7月18日『はなまるマーケット』TBS。
  8. ^ 俳優・柄本時生が今でもバイトをしている訳 よしログ”. GYAO! (2017年12月13日). 2018年3月5日閲覧。
  9. ^ 父の柄本明秀吉役。第34回で共演。
  10. ^ 柄本時生、実写『ど根性ガエル』でモグラ役 “ブス会”あっちゃんとも共演”. ORICON (2015年7月16日). 2015年7月16日閲覧。
  11. ^ “二宮和也×ビートたけし共演ドラマ「赤めだか」に鶴瓶、薬師丸、新井浩文らが参加”. 映画ナタリー. (2015年10月9日). http://natalie.mu/eiga/news/162348 2017年6月10日閲覧。 
  12. ^ 久住昌之の銭湯×昼酒エッセイ「昼のセント酒」ドラマ化、主演は戸次重幸”. コミックナタリー (2016年3月2日). 2016年3月2日閲覧。
  13. ^ 戸次重幸、「昼のセント酒」実写化で銭湯巡り&尻出し!「ポロリしないように…」”. cinemacafe.net (2016年3月2日). 2016年3月10日閲覧。
  14. ^ 柄本時生、“任侠×グルメ”ドラマで生瀬勝久と共演「面白くなりそう」”. ORICON (2016年6月15日). 2016年6月15日閲覧。
  15. ^ “島崎遥香が「AKBラブナイト」に登場、幼なじみ役で柄本時生も出演”. 映画ナタリー. (2016年8月22日). http://natalie.mu/eiga/news/198906 2016年8月22日閲覧。 
  16. ^ “広末涼子、沢村一樹と15年ぶり共演「まさかの元妻役、光栄でした」”. ORICON STYLE. (2016年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2081409/full/ 2016年11月14日閲覧。 
  17. ^ “横山裕『絶対零度』新シーズンで月9初出演 前作との「道しるべになる」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2112149/full/ 2018年6月29日閲覧。 
  18. ^ マーティン・マクドナー作『イニシュマン島のビリー』が、森新太郎演出×古川雄輝主演で上演”. シアターガイド (2015年10月20日). 2015年10月22日閲覧。
  19. ^ “島田虎之介「ダニー・ボーイ」が舞台化、真田佑馬&水田航生が出演”. コミックナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/comic/news/198410 2016年8月17日閲覧。 
  20. ^ ““半径3km圏内の無間地獄”、赤堀雅秋新作に賀来賢人、太賀、柄本時生、若葉竜也”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年5月19日). http://natalie.mu/stage/news/233202 2017年5月19日閲覧。 
  21. ^ “北乃きい&柄本時生W主演 劇団た組。の舞台『心臓が濡れる』7月上演”. CINRA.NET. (2018年3月19日). https://www.cinra.net/news/20180320-shinzouganureru 2018年3月21日閲覧。 
  22. ^ おはなしのくに 先生向け放送リスト”. 日本放送協会. 2018年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]