菊地陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊地 陽子
生誕 (1967-10-28) 1967年10月28日
出身地 日本の旗 日本青森県八戸市
死没 (1999-12-23) 1999年12月23日(32歳没)
学歴 青山学院大学卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1983年 - 1999年
レーベル CBS・ソニー
事務所 ニューバンブー音楽事務所→竹内事務所

菊地 陽子(きくち ようこ、1967年10月28日[1] - 1999年12月23日)は、日本の元アイドル歌手、女優。本名同じ。血液型はA型。

1982年、ミス·セブンティーンコンテストTBS賞を受賞。入賞をきっかけにニューバンブー音楽事務所の所属となり[1]、1983年、当時のCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)からアイドル歌手としてデビュー。NHKのドラマでヒロインに起用されるなどしたが、1986年のニューバンブー社の倒産により、ベテランの俳優中心の芸能事務所である竹内事務所に移籍。以後はドラマを中心に女優として活動した。1993年10月頃、関美彦とポップスユニットBUTTER FIELDを結成し、ミニアルバム『EARLY AUTUMN』を1995年にリリースしているが、その後解散[2]

人物[編集]

東京都港区で出生するが、その後まもなくして青森県八戸市へ転居[1]堀越高等学校青山学院大学卒業。

高校の同級生に岡田有希子本田美奈子南野陽子長山洋子高部知子倉沢淳美宮崎ますみ(宮崎萬純)、田中久美岡村有希子(渡辺かえ)、松本友里柴田くに子(森丘祥子)、長沢由利香河上幸恵松尾久美子森奈みはる永瀬正敏片岡孝太郎などがいた。特に桑田靖子とは仲が良かったという。

特技は新体操スケート電子オルガン[1]

1999年12月23日白血病により死去。32歳没。

音楽[編集]

シングル(全てCBSソニーからリリース)

  1. 風色タッチ/第3キープ」(1983年5月21日発売) ※B面「第3キープ」は森永「チャミィ」イメージ・ソング
  2. ねがわくば...Kiス/恋のチャンスでつかまえて」(1983年8月25日発売)

ミニアルバム(BUTTER FIELD名義 POR SUPUESTOレーベルよりリリース)

  1. 『EARLY AUTUMN』(1995年10月25日発売)[3][4]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

  • ヤンマー農機(現:ヤンマー) - 田植機「すこやか」シリーズ、コンバイン「カルテット」シリーズ
  • 日本ハム 「ウイニー」
  • 鳩サクラ学生服 (オゴー産業株式会社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年6月24日号 p.36
  2. ^ #14 関 美彦 PART 3 of SPECIAL INTERVIEW
  3. ^ -渋谷百景-
  4. ^ ポルスプエスト POR SUPUESTO