コンテンツにスキップ

桑田靖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑田 靖子
出生名 池田咲恵子
生誕 (1967-10-30) 1967年10月30日(56歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県直方市
ジャンル アイドル歌謡曲J-POP
職業 歌手タレント
活動期間 1982年 -
事務所 サンミュージックグループ
フリーランス
公式サイト http://kuwata-yasuko.com/

桑田 靖子(くわた やすこ、本名:池田咲恵子[1]1967年10月30日[1] - )は、日本の女性歌手タレント。身長156cm、血液型はA型。福岡県直方市出身[2]堀越高等学校卒業[1]

来歴[編集]

小学生時から歌が得意でちびっこのど自慢大会などに多数出演した[3]。初めて人前で歌を歌ったのは、小学1年生の時に町の祭りで桜田淳子の曲『わたしの青い鳥』を歌ったことだったという[4]。小学6年生の時から、かつて松田聖子も通っていた地元・福岡の歌謡学校に通い始める[2]。1980年(中学1年)に梓みちよの「よろしかったら」を歌い福岡音楽祭にてグランプリを獲得[3]、1981年(中学2年)には文化放送主催のオーディション「全日本ヤング選抜スターは君だ」で優勝[3]、同年8月に上京し、1年半ほど声楽家の松田トシの元で基礎レッスンを積む[2]。1982年には「東芝・タレントスカウトキャラバン」でも優勝し、大手事務所サンミュージックプロダクション所属となる[3]

1983年3月21日、シングル「脱・プラトニック」で東芝EMIからレコードデビュー[3]。キャッチフレーズは「これは、16歳の戒厳令だ。[5](一般的には「クラスで5番目に可愛い女の子」がキャッチフレーズとして浸透しているが、桑田本人は「公式ではない」と否定している[6])。抜群の高い歌唱力が売りだった。同年デビューの歌手に大沢逸美森尾由美松本明子小林千絵THE GOOD-BYE岩井小百合いとうまい子原真祐美小出広美などがいた[7]。前年の「花の82年組」と比べ目立って売れたアイドルが存在しなかったため「不作の83年組」と言われた。明るいキャラクターでラジオパーソナリティなどもこなした。

1988年に音楽活動に専念したい理由から、デビュー当時から所属していたサンミュージックプロダクションを辞める。1990年代に入ってから自身のライブ活動、アニソン、コーラス業などで活動し「咲恵子(さえこ)」、「Sae」の名でも活動。1990年代後半から2000年代前半にかけて、出身地の福岡に戻り、九州朝日放送福岡放送でリポーターや、テレビ出演をしていたこともあった[8]。2010年より、桑田靖子名義でライブ活動開始。

2011年10月23日、約15年振りの新曲「アナタノウタ」がiTunes Store、各種着うたサイトにて配信される。

2013年10月23日、デビュー30周年記念オリジナルアルバム「アナタノウタ」を発売。

2015年5月27日、オリジナルアルバム「わたしの歩むみち」を発売。

2016年5月25日、オリジナルアルバム「幸せのトビラ」を発売。

2018年6月1日、テレビ朝日の生放送バラエティ番組『スマートフォンデュ』に出演、デビュー曲「脱・プラトニック」を披露した。

2018年7月27日、投票で2か月連続上位となり、テレビ朝日の生放送バラエティ番組『スマートフォンデュ』に2度目の出演、第4弾シングル「マイジョイフルハート」を披露した。

2018年11月19日20日、東京銀座博品館劇場にてデビュー35周年を記念して、同期デビューの大沢逸美森尾由美小林千絵松本明子徳丸純子木元ゆうこを集めライブイベント「83年組アイドル ―不作と言われた私たち「お神セブン」と申します―」を開催[9]

2019年11月8日、通算10枚目のオリジナルアルバム「夢みるように生きましょう」発売。

2023年9月29日・9月30日、東京銀座博品館劇場にて、83年組デビュー40周年を記念して「お神セブン[10]再結集」開催。

エピソード[編集]

  • デビュー時のプロモーション活動は、デビュー日ギリギリ直前まで顔を出さず、歌声だけを公開するという従来とは逆パターンの方法で行った[2]。こういったことから正式デビュー前に、ラジオ文化放送の『吉田照美の夜はこれから てるてるワイド』に、名前を名乗らずいきなり乱入し、『脱・プラトニック』をアカペラで歌った。これは数日繰り返され、吉田照美には知らされていない内容ではあったが、勿論、企画である[要出典]
  • アイドル時代は自身のルックスに対して、非常にコンプレックスを持ち、街を歩いてると知らない人から「あなたがなんでアイドルでデビューしてるの。そんなブッサイクなのに」と頻繁に直接言われたりもした[11]
  • 堀越学園高校では同級生に岡田有希子倉沢淳美高部知子長山洋子永瀬正敏菊地陽子本田美奈子松本友里長沢由利香河上幸恵松尾久美子南野陽子宮崎ますみ柴田くに子森奈みはる田中久美片岡孝太郎などがいた。
  • 1986年に発売予定だったシングル「コンクリートを抱きしめて」は、発売直前の同じ事務所所属であり、クラスメイトである岡田有希子の自殺の影響で「ララバイを抱きしめて」と改題され、当初B面の予定だった「JUST」がA面として発売された。
  • 8時だョ!全員集合」の体操のコーナーで、男性とペアを組むのが嫌で楽屋にこもってしまい、本番に出なかったことがある[12]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番 オリコン
最高位
東芝EМI
1 1983年
3月21日
A面 脱・プラトニック 売野雅勇 芹澤廣明 萩田光雄 TP-17470 50位
B面 ラブ or ロンリー
2 1983年
6月21日
A面 愛・モラル 馬飼野康二 TP-17505 73位
B面 星屑のメモリー
3 1983年
10月1日
A面 もしかして・ドリーム TP-17527 71位
B面 午前6時のラブソング
4 1984年
1月21日
A面 マイ・ジョイフル・ハート 来生えつこ 来生たかお TP-17580 81位
B面 たそがれステーション 竜真知子 馬飼野康二
5 1984年
4月28日
A面 あいにく片想い 来生えつこ 来生たかお 萩田光雄 TP-17604 63位
B面 愛はひとつだけ 売野雅勇 芹澤廣明
6 1984年
8月18日
A面 ガラスのラブレター 小林和子 来生たかお 新川博 TP-17645 87位
B面 サイレント物語 濱田金吾
7 1984年
11月21日
A面 ひそやかな反乱 売野雅勇 芹澤廣明 萩田光雄 TP-17668 66位
B面 冬の星座
8 1985年
4月20日
A面 うれしはずかし うっふっふ 華盛開 TP-17708 88位
B面 壊れた橋 竜崎孝路
9 1985年
9月28日
A面 晩秋 森亜練 花岡優平 若草恵 TP-17775 193位
B面 二年目のクリスマス 華盛開
10 1986年
5月22日
A面 JUST FUMIKO 伊藤銀次 丸山恵市 TP-17852 141位
B面 ララバイを抱きしめて 秋元康
11 1986年
10月22日
A面 僕たちのRun away 竜真知子 NOBODY 鷺巣詩郎 TP-17899 140位
B面 オーロラの瞬間 YASUKO 岡本朗
ビクター
12 1994年
2月23日
01 HEART TO HEART[注 1] 渡辺なつみ 鶴由雄 VIDL-10491 -
東芝EМI
13 1996年
3月27日
01 永遠の時[注 2] 秋山たまよ 福田裕彦 TODT-3688 -
14 1996年
7月24日
01 稲妻を刺せ! 里乃塚玲央 白川明 南利一 TODT-3787


マキシシングル

CD発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲 リリース元 配信開始日
2024/3/21 幸せのチカラ 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ/加藤智子 LITTLE WING 2024/3/21
2024/3/21 桜雪 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ/加藤智子 LITTLE WING 2024/5/29

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 7. 「アナタノウタ」(2013年10月23日/KYLW-1001)
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1 アナタノウタ 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 古川ヒロシ
2 月下美人 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 古川ヒロシ
3 運命(さだめ) 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 古川ヒロシ
4 感情と情熱 桑田靖子 数野豊 数野豊/古川ヒロシ
5 追憶 荒木とよひさ 根本要 古川ヒロシ
6 天蓋花 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 加藤智子
7 祈り 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 古川ヒロシ
8 恋心 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 古川ヒロシ
9 共に・・・ 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子
  • 8. 「わたしの歩むみち」(2015年5月27日/KYLW-1002)
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1 愛ならばあいでしょう 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ
2 東の窓 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 加藤智子
3 愛とは… 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
4 茉莉花のひと 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
5 遠賀の風 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子/古川ヒロシ
6 おかえりなさい 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
7 青い季節 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 古川ヒロシ
8 世界は愛であふれてる 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子/古川ヒロシ
  • 9. 「幸せのトビラ」(2016年5月25日/KYLW-1003)
タイトル 作詞 作曲 編曲
1 Fly Away 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 加藤智子
2 君ともう一度~GOLDRUSH 夢の道~ 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ
3 根っこのうた 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
4 しあわせになろう 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
5 賛歌 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
6 主婦のうた 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
7 蝉時雨の記憶 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 加藤智子
8 目覚め 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ
9 幸せのトビラ 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ
  • 10. 「夢みるように生きましょう」(2019年11月8日/KYLW-1004)
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1 we LOVed! 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
2 Shooting☆Star 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
3 マリオネット 桑田靖子 桑田靖子/加藤智子 加藤智子
4 泡だま 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ
5 メッセージ 桑田靖子 桑田靖子 古川ヒロシ
6 心にwildな花を 桑田靖子 桑田靖子 加藤智子
7 セレナーデ 桑田靖子 古川ヒロシ 古川ヒロシ

ベスト・アルバム[編集]

その他[編集]

  • ちぇりーげいる金・疾風怒涛音楽編1988年10月25日/LP:28L1-0023、CD:32L2-0023) ※歌唱曲5曲を収録。
    • Fade In(作詞:国分広城/作曲:MAYUMI
    • White Heart(作詞:国分広城/作曲:牧野信博
    • Peace Of My Heart(作詞:桑田靖子/作曲:中津賢也
    • Is It Love?(作詞:国分広城・桑田靖子/作曲:増田泉)
    • Never Again(作詞:国分広城/作曲:MAYUMI)
  • なんでもQ 歌のアルバム大全集〜はてなのはね〜2000年6月21日/COCX-30959) ※歌唱曲1曲を収録。

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1983年 もしかして・ドリーム グリコ「マリンバ」CMソング
1994年 HEART TO HEART テレビ朝日系テレビアニメ「勇者警察ジェイデッカー」OP主題歌
1996年 稲妻を刺せ! テレビ東京系テレビアニメ「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」イメージソング

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 彩子名義。
  2. ^ 池田咲恵子名義。

出典[編集]

  1. ^ a b c d DJ名鑑 1987三才ブックス、1987年2月15日、68頁。
  2. ^ a b c d 河北新報 1983年5月4日 夕刊 10面「新人大集合」
  3. ^ a b c d e "桑田靖子語るデビュー当時の葛藤…『全員集合』の"性的"演出に出演ボイコット". 女性自身. 光文社. 24 April 2022. 2022年4月25日閲覧
  4. ^ ラジオマガジン 1983年5月号 134頁 本人記事。
  5. ^ 半端ないって!|桑田靖子オフィシャルブログ
  6. ^ ◯。キャッチフレーズ ? 笑|桑田靖子オフィシャルブログ
  7. ^ “83年組アイドルのライブに、同期のアイドル仲間が大集合!”. デイリースポーツ. (2017年3月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/15/0010000945.shtml 2017年3月15日閲覧。 
  8. ^ “活動再開の元アイドル桑田靖子さん “空白の28年”を語る”. 日刊ゲンダイ. (2016年5月30日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/182103/1 2016年5月30日閲覧。 
  9. ^ “不作の83年組アイドル7人合同で35周年イベント”. 日刊スポーツ. (2018年7月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807200000073.html 2018年7月20日閲覧。 
  10. ^ 35周年イベントと同じメンバー(徳丸純子はVTR出演)
  11. ^ “歌手デビューから33年「今がいちばん輝いている」桑田靖子さんインタビュー”. PERLU. (2016年5月25日). https://perlu.jp/column/person/14533 2016年5月25日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ "歌手/桑田靖子インタビュー〜デビュー40周年・不作の83年組『お神セブン』ライブやりたいです!". 週刊実話WEB. 日本ジャーナル出版. 24 January 2023. 2023年1月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]