桑田靖子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桑田 靖子
生誕 (1967-10-30) 1967年10月30日(50歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県直方市
ジャンル アイドル歌謡曲J-POP
職業 歌手タレント
活動期間 1982年 - 現在
公式サイト http://kuwata-yasuko.com/

桑田 靖子(くわた やすこ、本名:池田咲恵子、1967年10月30日 - )は、日本の女性歌手タレント。80年代アイドル。身長156cm、血液型はA型。福岡県直方市出身。堀越高等学校卒業。

来歴[編集]

小学生時から歌が得意でちびっこのど自慢大会などに多数出演した。1980年(中学1年)に梓みちよの「よろしかったら」を歌い福岡音楽祭にてグランプリを獲得、1981年(中学2年)には文化放送主催のオーディション「全日本ヤング選抜スターは君だ」で優勝、1982年には「東芝・タレントスカウトキャラバン」でも優勝し、大手事務所サンミュージックプロダクション所属となる。

1983年3月21日、シングル「脱・プラトニック」で東芝EMIからレコードデビュー。キャッチフレーズは「これは、16歳の戒厳令だ。[1](一般的には「クラスで5番目に可愛い女の子」がキャッチフレーズとして浸透しているが、桑田本人は「公式ではない」と否定している[2])。抜群の高い歌唱力が売りだった。同年デビューの歌手に大沢逸美森尾由美松本明子小林千絵THE GOOD-BYE岩井小百合いとうまい子原真祐美小出広美などがいた[3]。前年の「花の82年組」と比べ目立って売れたアイドルが存在しなかったため「不作の83年組」と言われた。明るいキャラクターでラジオパーソナリティなどもこなした。

1988年に音楽活動に専念したい理由から、デビュー当時から所属していたサンミュージックプロダクションを辞める。1990年代に入ってから自身のライブ活動、アニソン、コーラス業などで活動し「咲恵子(さえこ)」、「Sae」の名でも活動。2010年より、桑田靖子名義でライブ活動開始。1990年代後半から2000年代前半にかけて、出身地の福岡に戻り、九州朝日放送福岡放送でリポーターや、テレビ出演をしていたこともあった[4]

2011年10月23日、約15年振りの新曲「アナタノウタ」がiTunes Store、各種着うたサイトにて配信される。

2013年10月23日、デビュー30周年記念オリジナルアルバム「アナタノウタ」を発売。

2015年5月27日、オリジナルアルバム「わたしの歩むみち」を発売。

2016年5月25日、オリジナルアルバム「幸せのトビラ」を発売。

2018年6月1日、テレビ朝日の生放送バラエティ番組『スマートフォンデュ』に出演、デビュー曲「脱・プラトニック」を披露した。

2018年7月27日、投票で2か月連続上位となり、テレビ朝日の生放送バラエティ番組『スマートフォンデュ』に2度目の出演、第4弾シングル「マイジョイフルハート」を披露した。

2018年11月19日20日、東京銀座博品館劇場にてデビュー35周年を記念して、同期デビューの大沢逸美森尾由美小林千絵松本明子徳丸純子木元ゆうこを集めライブイベント「83年組アイドル~不作と言われた私たち「お神セブン」と申します~」を開催[5]

エピソード[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A面
B面
タイトル 作詞 作曲 編曲 オリコン
最高位
1980年代
1 1983年
3月21日
A
脱・プラトニック 売野雅勇 芹澤廣明 萩田光雄 50位
B
ラブ or ロンリー
2 1983年
6月21日
A
愛・モラル 売野雅勇 芹澤廣明 馬飼野康二 73位
B
星屑のメモリー
3 1983年
10月1日
A
もしかしてドリーム 売野雅勇 芹澤廣明 馬飼野康二 71位
B
午前6時のラブソング
4 1984年
1月21日
A
マイ・ジョイフル・ハート 来生えつこ 来生たかお 馬飼野康二 81位
B
たそがれステーション 竜真知子 馬飼野康二
5 1984年
4月28日
A
あいにく片想い 来生えつこ 来生たかお 萩田光雄 63位
B
愛はひとつだけ 売野雅勇 芹澤廣明
6 1984年
8月18日
A
ガラスのラブレター 小林和子 来生たかお 新川博 87位
B
サイレント物語 濱田金吾
7 1984年
11月21日
A
ひそやかな反乱 売野雅勇 芹澤廣明 萩田光雄 66位
B
冬の星座
8 1985年
4月20日
A
うれしはずかし うっふっふ 華盛開 萩田光雄 88位
B
壊れた橋 竜崎孝路
9 1985年
9月28日
A
晩秋 森亜練 花岡優平 若草恵 193位
B
二年目のクリスマス 華盛開
10 1986年
5月1日
A
JUST FUMIKO 伊藤銀次 丸山恵市 141位
B
ララバイを抱きしめて 秋元康
11 1986年
10月22日
A
僕たちのRUN AWAY 竜真知子 NOBODY 鷺巣詩郎 140位
B
オーロラの瞬間 YASUKO
FUMIKO
岡本朗
12 1988年
6月25日
A
SHINE ON[7] 桑田靖子 市川秀男 竹田元 -
B
明日に向かって 伊藤さやか
1990年代
13 1994年
2月23日
A
HEART TO HEART[8] 渡辺なつみ 鶴由雄 -
B
笑顔は君の忘れ物
(歌:佐藤有香
-
14 1996年
3月27日
A
永遠の時[9] 秋山たまよ 福田裕彦 -
B
永遠の時
(オリジナル・カラオケ)
-
15 1996年
7月24日
A
稲妻を刺せ! 里乃塚玲央 白川明 南利一 -
B
稲妻を刺せ!
(オリジナル・カラオケ)
-

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム

  • 7. 「アナタノウタ」(2013年10月23日)
  • 8. 「わたしの歩むみち」(2015年5月27日)
  • 9. 「幸せのトビラ」(2016年5月25日)

ベスト・アルバム

  • 1. 「桑田靖子 CDベストナウ」(1986年12月20日)
  • 2. 「桑田靖子 ゴールデン☆ベスト」(2002年11月20日)
  • 3. 「桑田靖子 NEW BEST 1500 Limited Edition」(2005年8月24日)

その他[編集]

  • コミックイメージアルバム「ちえりーげいる金」にて、うち5曲を歌唱(1988年10月25日発売)
  • なんでもQ 歌のアルバム大全集〜はてなのはね〜」にて、「イモムシロック」を歌唱(2000/6/21発売)

脚注[編集]

  1. ^ 半端ないって!|桑田靖子オフィシャルブログ
  2. ^ ◯。キャッチフレーズ ? 笑|桑田靖子オフィシャルブログ
  3. ^ “83年組アイドルのライブに、同期のアイドル仲間が大集合!”. デイリースポーツ. (2017年3月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/15/0010000945.shtml 2017年3月15日閲覧。 
  4. ^ “活動再開の元アイドル桑田靖子さん “空白の28年”を語る”. 日刊ゲンダイ. (2016年5月30日). https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/182103/1 2016年5月30日閲覧。 
  5. ^ “不作の83年組アイドル7人合同で35周年イベント”. 日刊スポーツ. (2018年7月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807200000073.html 2018年7月20日閲覧。 
  6. ^ “歌手デビューから33年「今がいちばん輝いている」桑田靖子さんインタビュー”. PERLU. (2016年5月25日). https://perlu.jp/column/person/14533 2016年5月25日閲覧。 
  7. ^ 通販限定盤。キリン缶紅茶「ウィティ」イメージソング。
  8. ^ 彩子名義。テレビ朝日系テレビアニメ「勇者警察ジェイデッカー」OP主題歌。
  9. ^ 池田咲恵子名義。
  10. ^ 全国タワーレコードのWEB、店頭のみでの販売

外部リンク[編集]