高部知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかべ ともこ
高部 知子
本名 高部 知子
生年月日 (1967-08-25) 1967年8月25日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都文京区
国籍 日本
民族 日本人
血液型 B型
職業 俳優
作家
精神保健福祉士
認定心理士
大野裕研究所認定・CBTストレスカウンセラー
東京都認定薬物専門講師
浄土宗西山深草派教師
活動期間 1980年 -
主な作品
テレビドラマ
わが子よ
積木くずし
バラエティ
欽ちゃんのどこまでやるの!?

高部 知子(たかべ ともこ、1967年8月25日 - )は、日本女優タレント精神保健福祉士。心の専門家を育てる悠學塾主宰[1]慶應義塾大学文学部卒業。学士(人間関係学)。東京福祉大学精神保健福祉士養成コース、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存薬物専門課程修了。東京都認定薬物専門講師。浄土宗西山深草派教師。

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。幼少期病弱で、読書が趣味だった。一方で、読んだ書物の登場人物になりきって演技を試みる癖があった。

プロダクションボンド企画)にスカウトされ、1980年NHKテレビドラマガラスのうさぎ[2]』でデビュー。1982年テレビ朝日欽ちゃんのどこまでやるの!?』で「萩本家の愛娘」3人で構成されたユニット「わらべ」の長女・のぞみを演じた。1983年には、穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した『積木くずし〜親と子の200日戦争』で主人公不良少女役を演じた。

ニャンニャン事件[編集]

人気絶頂の最中の1983年6月、高部がベッドで裸体に布団を掛けた状態で煙草を咥えた様子を捉えた写真が写真週刊誌FOCUS」に掲載され、性行為疑惑と未成年喫煙疑惑が浮上(ニャンニャン事件)。この影響で高部は出演中のテレビ・ラジオ・CM全てを降板。主演予定だった劇場版『積木くずし』も代役が立てられ[3]堀越高等学校を無期停学になり謹慎を余儀なくされた。この事件によって、「清純な少女タレント」というイメージが壊れてしまった。事件当初、本人も所属事務所も他のメディア露出は降板しても、「いずれは『欽ちゃんのどこまでやるの!?』へ復帰出来る」と見込んで、同番組への出演を「謹慎」としていたが、事件の波紋は思いのほか大きかったことに加え、真面目さを売りにしている欽ちゃんファミリーの一員に復帰させることは罷りならないとの視聴者からの意見が多くあがった。それらのこともあり、高部は「わらべ」から除名、萩本も「破門」を言い渡さざるを得なかったという[4]。以降、「わらべ」は残りの二人(倉沢淳美高橋真美)だけで活動することになり、それを見栄晴真屋順子らが欽どこファミリーとしてバックアップした。

謹慎明け以降[編集]

やがて無期停学処分が解け、学業に専念する姿が時々写真週刊誌や女性週刊誌の記事に小さく取り扱われることがあった。しかし大きな話題になることはなかった。芸能活動の謹慎が解けた後、1984年に1年3ヶ月ぶりにTBS系の連続テレビドラマ『転校少女Y』の主役で本格復帰[5]。1984年11月、シングル「雨の街」でソロデビュー。岡村孝子のバックアップを受けてソロ・アルバム『雨・ア・ガ・リ』も発売したがヒットには繋がらなかった。

高校を卒業後、22歳で幼馴染と結婚し、芸能界を引退。夫婦でコンビニエンスストアの経営に努める。2人の子供をもうけ、その夫唱婦随の姿がワイドショーの「あのひとは今」コーナーで取り上げられたこともあったが数年後、離婚。その後再婚するが、再び離婚する。1999年芸能界に復帰し、局部にピアスをつけたヌード写真集『Objet D'amour』を発表する。2001年官能ビデオ『パラノイア』に出演[6]

2000年慶應義塾大学文学部(第1類)へ入学[7]2005年に卒業。学士(人間関係学)。

その後、2007年に東京福祉大学精神保健福祉士養成コース[8]修了。同年、精神保健福祉士取得。

現在は、全国各地の精神医療・福祉関連施設で、認知症や各種の依存症患者に対するカウンセリングやケアに取り組んでいる。2013年1月28日テレビ東京系列で放送の『芸能特ダネゲッター!ワダマヨ社』(和田アキ子ブラックマヨネーズ司会の特別番組)では、密着取材を通じてその活動を紹介するとともに、スタジオへ出演して自身の半生を振り返った。以降も、精神保健福祉士として各種メディアに登場する一方で、『欽どこ』を振り返るテレビ番組の企画にコメントを寄せることがある。

経歴[編集]

役職[編集]

  • 医療法人十全会グループ(京都) 顧問

エピソード[編集]

  • 現在は2児の母親。結婚直後に出産した長女に心臓の奇形が見付かったことをきっかけに、芸能界からの引退と育児への専念を決意。その長女を育て上げながら、「自分のように不器用な人に寄り添いたい」という思いから、精神保健福祉士の道を志すようになった。今後は、精神保健福祉士の活動を続けながら、精神保健福祉を学ぶための塾を作ることを目標に置いている[9]
  • 元格闘家の石黒泰子文京区立誠之小学校文京区立第六中学校で同窓だったという(クラスまで一緒かどうかは不明)。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

映画[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 雨の街 (1984.11.1)
    作詞:岡村孝子/作曲:岡村孝子/編曲:萩田光雄
    (c/w ひらがなダンス)
  2. サングラスと少女 (1985.4.21)
    作詞:松井五郎/作曲:小倉良/編曲:新井博
    (c/w ピンクの肖像)

アルバム[編集]

  • 雨・ア・ガ・リ(1984.9.5)

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ママの依存症増加中!「アルコール依存症」チェック項目リスト(mamatenna™)より。
  2. ^ 尚、前年に製作公開された同作品の映画版でも、敏子の同級生役で出演している。
  3. ^ 宝泉薫「くずれっぱなしの病理 高部知子、穂積由香里の積木くずし」『芸能界一発屋外伝』彩流社1999年、p.125.
  4. ^ 週刊女性1983年9月27日号の萩本欽一の発言(宝泉薫「わらべ "古きよき子供"たちが演じた三人三様の明と暗」『オルタブックス004 アイドルという人生』メディアワークス、1998年、pp.76-79.)によれば、高部の元恋人が事件の余波で自殺し、元恋人の家族に配慮するという理由。
  5. ^ 『TV青春白書〜僕たちの卒業アルバム〜』東京ニュース通信社1995年、p.134。
  6. ^ 深井一誠「昭和芸能史13の事件簿 高部知子 ニャンニャン写真の波紋」『新潮452005年9月号、新潮社
  7. ^ 水道橋博士水道橋博士の「博士の悪童日記」2000年4月20日。但し、慶應義塾大学側の区分表記は「慶應義塾大学文学部”第1類”」。
  8. ^ 「趣味は民俗学「高部知子」は神田「古書店街」で有名人」『週刊新潮2008年5月1日8日合併号、新潮社
  9. ^ 『芸能特ダネゲッター!ワダマヨ社』へ出演した際の発言より。

外部リンク[編集]