わらべ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わらべ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1982年 - 1985年
レーベル フォーライフ・レコード
共同作業者 坂本龍一
メンバー 倉沢淳美
高橋真美
旧メンバー 高部知子

わらべは、テレビ朝日系のバラエティ番組欽ちゃんのどこまでやるの!?』から誕生した高部知子倉沢淳美高橋真美の3人から成る企画ユニットである。

登場背景[ソースを編集]

企画立案時、萩本欽一の担当番組、『欽ちゃんのどこまでやるの!?』、『欽ドン!』、『欽ちゃんの週刊欽曜日』各番組の視聴率が合計100%を超え、また『欽ドン!』より誕生したイモ欽トリオの『ハイスクールララバイ』が大ヒットしていた。『欽ちゃんのどこまでやるの!?』の1982年のリニューアルにあわせて、これまで人形、あるいは子役タレントが担当してきた萩本家の3人の娘たち(のぞみ、かなえ、たまえ)が高校生として成長することになったのをきっかけに、オーディションで選ばれた3人の若手女優によって結成された。当時はアイドル全盛期で華やかなアイドルが多くいた中で、素朴な雰囲気を醸し出し、注目を集めた。

命名[ソースを編集]

『のぞみ・かなえ・たまえ』のメンバー名は、『希望(のぞみ)・叶え・給え』という語呂遊びになっていたが、後記の事件で語呂遊びが崩れてしまう。

歴史[ソースを編集]

めだかの兄妹[ソースを編集]

1982年12月、坂本龍一編曲による最初のシングル『めだかの兄妹』がフォーライフ・レコード(現:フォーライフミュージックエンタテイメント)よりリリースされた。もともと番組のエンディングで、就寝するシーンの中で使われていた曲をリリースしたもので、番組の企画物であったことなどもあり、1983年の年間シングルチャート第3位。88万枚以上を売り上げるロングヒットとなり、番組を放送していたテレビ朝日以外の局の音楽番組にも多数出演した。曲の内容は、『すずめ、こねこ、めだか』が成長したら何になりたいかを歌ったもので、パジャマにちゃんちゃんこの衣装で歌っていた。

ただ、このシングルがあまりにも売れすぎたため、これが当時の物品税の課税対象となる歌謡曲扱いか、または非課税となる童謡扱いかで論争となり、法廷で争われることとなってしまった。他詳細記事については『めだかの兄妹』を参照。

ニャンニャン事件[ソースを編集]

だが1983年6月に、のぞみ役の高部知子の、ベッドの上で喫煙しているとされる写真が写真週刊誌フォーカス』に掲載された。当初は当面謹慎の後、復帰の予定で、事件直後に高部が番組に電話出演して反省の弁を涙ながらに語り、『めだかの兄妹』を合唱した回は、42%の視聴率を記録した。しかし2か月後に、写真を週刊誌に提供した高部の元彼の自殺により、遺族へ配慮しての番組降板、ユニットからも脱退となってしまう[1]。その後、その出来事は『ニャンニャン事件』と呼ばれた。後年、おニャン子クラブの出演番組夕やけニャンニャンで番組のタイトルに使用されることになる。

もしも明日が…。[ソースを編集]

1983年12月、2枚目のシングル『もしも明日が…。』がリリース。前作の『めだかの兄妹』を上回る97万枚を売り上げ、1984年の年間シングルチャート第1位となる大ヒット曲となった。他詳細記事については『もしも明日が…。』を参照。

時計をとめて[ソースを編集]

1984年12月、3枚目のシングル『時計をとめて』がリリースされた。15.4万枚売れたものの(オリコン週間最高6位・1985年度年間79位)、以前ほどの大ヒットとはならなかった。1985年3月の番組のリニューアルとともにユニットも解散、脱退した高部も含め3人はそれぞれ女優・タレントとして数多くの作品に出演、また歌手としてレコードを出した。

ディスコグラフィ[ソースを編集]

シングル[ソースを編集]

アルバム[ソースを編集]

  • 1983年3月5日『のぞみ・かなえ・たまえ めだかの兄妹』
    • めだかの兄妹(きょうだい)
    • アニマル・パズル
    • むく犬ビッキー
    • 雨たちの音楽会(コンサート)
    • 恋のパンプキンパイ
    • うめぼしの唄
    • フラフラ学園の一年生
    • 「ダイエットはおはやめに」―“たまえの観察日記”より―
    • 春風の郵便屋さん
  • 1984年3月5日『もしも明日が…。』
    • もしも明日が…。
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:佐藤準
    • ここへおいでよ
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:佐藤準
    • レンゲ畑でいねむりしたら
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:三木たかし
    • 涙のブランコ
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:後藤次利
    • 黄色いボタン
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:鈴木慶一
    • めだかの兄妹
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:坂本龍一
    • 野菜の詩(うた)
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:鈴木慶一
    • How to 悲しみクッキング
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:佐藤準
    • 昔、むかしは…
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:鈴木慶一
    • 春風の郵便屋さん
      • 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:坂本龍一
  • 1995年6月21日『もしも明日が』
  • 1995年11月17日『めだかの兄妹~わらべ全曲集~』

ビデオ[ソースを編集]

  • 1984年3月10日『もしも明日が/めだかの兄妹』
    • 定価3480円。当時、日本における大手メーカー販売のビデオソフトの価格としては、史上最低価格であった[2]

現在に与えている影響[ソースを編集]

『もしも明日が…。』は一部では教科書にも採用されている。

さくら学院が『めだかの兄妹』をカバーしている。これは、自身が出したCDアルバム『さくら学院 2010年度 〜message〜』(2011年4月27日にトイズファクトリーから発売)の中に収録されている(曲はアレンジされている)。また彼女たちのステージ衣装はパジャマ風のものであったが、当時は奇抜と受け取られていたものの、現在ではAKB48等のアイドルもパジャマ姿で番組に出演するなど影響を受けている

余談[ソースを編集]

坂本龍一がのちに『欽ちゃんのどこまでやるの!?』にゲストとして出演した際、『めだかの兄妹』の編曲の仕事について、「どうしてこれが自分のところに来たのかと思った」と率直な感想を語っている。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宝泉薫「わらべ "古きよき子供"たちが演じた三人三様の明と暗」『オルタブックス004 アイドルという人生』メディアワークス、1998年、pp.76-79.
  2. ^ 「ポニー、3400円台の「わらべ」のビデオソフト発売へ」『日経産業新聞』1984年2月9日付、5面。