倉沢淳美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くらさわ あつみ
倉沢 淳美
本名 淳美 ラング
別名義 倉沢 淳美(旧姓)
生年月日 (1967-04-20) 1967年4月20日(50歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県相模原市
国籍 日本
民族 日本人
血液型 B型
職業 女優歌手
活動期間 1982年 -
配偶者 あり
主な作品
バラエティ
欽ちゃんのどこまでやるの!?

倉沢 淳美(くらさわ あつみ、1967年4月20日 - )は、日本タレント歌手女優神奈川県相模原市出身。堀越高等学校日本女子体育短期大学保育科卒業。

来歴・人物[編集]

1982年テレビ朝日の人気番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』で、『萩本家3人娘』が成長していったのをきっかけに登場するユニットわらべの「かなえ」役で芸能界にデビュー。その後、ソロのアイドル歌手として『プロフィール』、『ある愛の詩』、『卒業』、『六月の花嫁』ほか計10枚のシングルをリリースした。『卒業』は、1985年に倉沢と尾崎豊斉藤由貴菊池桃子の計4人が同名曲をシングルリリースし、大きな話題を呼んだ。卒業式シーズンになると、いわゆる“卒業ソング”が、毎年発売されるきっかけとなった。

デビュー曲『プロフィール』は、その名の通り倉沢の生年月日、身長、性格、身体的特徴などを歌詞に盛り込んでおり、16歳という年齢を盛り込んだ松本伊代のデビュー曲『センチメンタル・ジャーニー』と同様、歌手のプライバシーが盛り込まれた曲として一部で話題になった。その為NHKではセンチメンタル〜同様自己宣伝になるという理由で歌う事が出来ずB面の楽曲を歌った事もあった。

ソロデビュー直後の1984年4月8日午後3時45分頃、札幌市において開催されたサイン会の会場で、サイン会終了後に会場玄関にてファンの見送りと握手をしているところに、サイン会に参加していた男から突然、刃物で斬り付けられ右手首を約6cm切る傷を負った。犯人は26歳の会社員で警察の取調べに対し「生意気だから切った」と供述した。

学研発行の学習雑誌で、料理コーナーの連載を持っていたことがある。

その後、オーストラリア人男性と結婚して渡豪。専業主婦のかたわら、時折わらべの再結成でテレビ出演している。3児(長男、長女、次男)の母でもある。 2011年8月よりドバイパーム・アイランドに在住し、その生活ぶりが2013年6月18日世界の日本人妻は見た!内で放送された。

出演作品[編集]

バラエティ・ラジオ[編集]

声優[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

  • OGK ヘルメット(1986年)
  • キリンレモン & キリンレモンオレンジ (1985-1986年)
  • 日本ガス協会

シングル[編集]

以下、ワーナー・パイオニアリプリーズレーベル、現:ワーナーミュージック・ジャパン)より発売

  1. プロフィール(1984年3月21日)
  2. ある愛の詩(1984年7月11日)
  3. 危険な夢(1984年10月25日)
  4. 卒業(1985年2月14日)
  5. 六月の花嫁(1985年5月29日)
  6. 女の子・秋・色とりどり(1985年8月28日)
    • 作詞:ありそのみ、作曲:いけたけし、編曲:瀬尾一三
  7. 優しくてもサヨナラ(1986年6月10日)
    • 作詞:ありそのみ、作曲:いけたけし、編曲:寺田十三男
  8. 忍ぶれど(1986年9月10日)
    • 作詞:芹沢類、作曲:羽田一郎、編曲:若草恵
  9. 元気ですか?(1987年4月25日)
  10. センチメンタル・ミニ・ロマンス(1987年9月25日)

アルバム[編集]

以下、ワーナー・パイオニア(リプリーズレーベル)より発売

  • Message ATSUMI KURASAWA VOL.I
  • Private ATSUMI KURASAWA VOL.II
  • 卒業 ほほえみがえし Bonjour! Nice et Mallorca
  • Velvety ATSUMI KURASAWA VOL.IV
  • SWEET ANGEL(ベスト)

以下、VIVIDより復刻盤+αとして発売

  • シングル・コレクション〜スゥィート・エンジェル〜

ビデオ[編集]

ワーナー・パイオニアより発売

  • ATSUMI 01便 ほほえみがえし [VHS] (1985年)

関連項目[編集]