もしも明日が…。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もしも明日が…。
わらべシングル
初出アルバム『もしも明日が』
リリース
規格 7インチレコード
7K-131
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル フォーライフレコード
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1984年度年間1位(オリコン)[1]
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1984年上半期4位(ザ・ベストテン)
  • 1984年年間6位(ザ・ベストテン)
  • 登場回数23回(オリコン)
  • 売上97万枚(オリコン)
わらべ シングル 年表
めだかの兄妹
1982年
もしも明日が…。
(1983年)
もしも明日が…。音頭編
1984年
テンプレートを表示

もしも明日が…。」(もしもあしたが)は、わらべの楽曲で、2枚目のシングル1983年12月21日に発売。

解説[編集]

オリコンの集計では97.0万枚を売り上げ、わらべ最大のヒットシングルとなった。前年の「めだかの兄妹」のヒット後の、いわゆる「ニャンニャン事件」により、萩本のぞみ役の高部知子がグループから脱退したことを受け、新たに『萩本かなえ(倉沢淳美)・萩本たまえ(高橋真美)』の2人グループとして再出発作として発売された。

また同曲のイメージに合わせたアニメーション(猫のムーとミー。制作はスタジオぴえろ)が創作され、テレビ朝日系列『欽ちゃんのどこまでやるの!?』内やほか音楽番組などで、そのアニメが放映されていたことがある。のち1984年3月5日発売のオリジナルアルバム「もしも明日が…」(は、アニメのイラストディスクジャケットになっている(さらに同年8月11日発売の「もしも明日が…。音頭編」のジャケットは、盆踊りをイラストしたアニメと、下部に「欽どこファミリー」6名の顔写真が掲載されていた)。

後にMEG-CDより、CD-Rで発売された。

収録曲[編集]

  1. もしも明日が・・・。 -(4:17)
  2. 昔、むかしは… -(3:54)
もしも明日が
わらべスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル フォーライフレコード
テンプレートを表示

アルバム[編集]

「もしも明日が」というタイトルで1984年に発売された。規格品番は28K-66。

全作詞:荒木とよひさ、全作曲:三木たかし。

A面

  1. もしも明日が -(4:17)
  2. ここへおいでよ -(4:20)
    • 編曲:佐藤準
  3. レンゲ畑でいねむりしたら -(3:56)
    • 編曲:三木たかし
  4. 涙のブランコ -(3:20)
  5. 黄色いボタン -(2:28)

B面

  1. めだかの兄妹 -(3:20)
  2. 野菜の詩(うた) -(3:22)
    • 編曲:鈴木慶一
  3. How to 悲しみのクッキング -(4:06)
    • 編曲:佐藤準
  4. 昔、むかしは… -(3:54)
    • 編曲:鈴木慶一
  5. 春風の郵便屋さん -(4:14)
    • 編曲:坂本龍一

「もしも明日が…。」のカヴァー[編集]

絵本[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • スージー鈴木『1984年の歌謡曲』イースト・プレス〈イースト新書〉、2017年2月。ISBN 978-4-7816-5080-7

関連項目[編集]