ビューティフル・サンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビューティフル・サンデー
ダニエル・ブーンシングル
B面 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗日本の旗いとしのジュリー(1972年)
イギリスの旗スリーピー・ヘッド(1974年)
日本の旗スリーピー・ヘッド(1976年)
リリース イギリスの旗アメリカ合衆国の旗日本の旗 1972年
日本の旗 1976年3月10日
録音 1972年
ジャンル ポップス
レーベル イギリスの旗Penny Farthing Records
アメリカ合衆国の旗Mercury Records
日本の旗ペニー・ファージング・レコーズ/キャニオン・レコード(1972年)
ディスコメイトレコード(1976年)
作詞・作曲 ダニエル・ブーン、ロッド・マックイーン
プロデュース ラリー・ペイジ
チャート最高順位
ダニエル・ブーン シングル 年表
ビューティフル・サンデー
(1976年)
ハッピー・ジャンプ
(1976年)
テンプレートを表示

ビューティフル・サンデー」(英語: Beautiful Sunday、「素晴らしい日曜日」の意[1] 旧邦題:すてきなサンデー[2])は、世界的には1972年(昭和47年)に、日本では1976年(昭和51年)にヒットした歌である。

略歴・概要[編集]

歌っているのは、イギリス人歌手のダニエル・ブーン(Daniel Boone)。作詞・作曲はダニエル・ブーン(Daniel Boone)とロッド・マックイーン(Rod McQueen)。シングル盤のB面カップリング曲は発売当時は「いとしのジュリー」(Truly Julie[3])、1974年の英国再発売時及び1976年の日本再発売時には「スリーピー・ヘッド」(Sleepy Head)であった。

1972年に発売され、同年7月までに全世界での売り上げが100万枚を超えた。アメリカビルボード(Billboard)誌では、1972年9月16日に、週間ランキング最高位の15位を獲得。ビルボード誌1972年度の年間ランキングでは第98位。イギリスでの最高位は21位で、その後もロングヒットを続けた。1974年(昭和49年)にこの曲のプロデューサーであるラリー・ペイジによってカバーされた。

日本では当初、全くといっていいほど売れなかったが、1976年にテレビ番組『おはよう720』(TBS)の『キャラバンII』のコーナーテーマとして起用され、日本だけで再ヒットした。同年3月10日に発売された日本盤はオリコンで15週にわたり1位となり(オリコン洋楽チャートでは21週連続1位)、約200万枚を売り上げた。日本における外国人アーティストのシングル盤の記録としては、2012年1月現在破られていない。また、田中星児(作詞:亜美ゆう、4位)とトランザム(作詞:松本隆、9位)の日本語版カバーもトップテンにランクインした。NHKのスペイン語講座でスペイン語歌詞によるものも歌われた。しかしこの曲を歌ったダニエル・ブーンは、この後アメリカ・イギリス・日本のどの国でもヒット曲を出すことはできなかった。

田中星児は1976年末の『第27回NHK紅白歌合戦』で「ビューティフル・サンデー」を歌唱した。さらに翌1977年春開催の「第49回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲に採用され、田中が開会式にゲスト出演している。また、「美麗的星期天」という中国語版のカバー曲もある。

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「beautiful」は「美しい」「綺麗な」と訳されることが多いが、「素晴しい」「見事な」などといった意味もある(goo辞書 - beautifulの意味)。本曲の田中星児による日本語版の歌詞では「さわやかな日曜」「素晴らしいサンデー」という表現が使用されている。
  2. ^ www.cdandlp.com
  3. ^ 当時の日本盤のジャケットでは「Truly July」と誤植されている。

外部リンク[編集]