チェリーブラッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェリーブラッサム
松田聖子シングル
初出アルバム『Silhouette 〜シルエット〜(#1)
Seiko Box(#2)』
B面 少しずつ春
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
ソニー・ミュージックレコーズ
(12cmCDのみ)
作詞・作曲 三浦徳子財津和夫
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1981年2月度月間1位(オリコン)
  • 1981年3月度月間5位(オリコン)
  • 1981年4月度月間20位(オリコン)
  • 1981年度年間9位(オリコン)[1]
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1981年度上半期8位(ザ・ベストテン)
  • 1981年度年間17位(ザ・ベストテン)
松田聖子 シングル 年表
風は秋色/Eighteen
(1980年)
チェリーブラッサム
(1981年)
夏の扉
(1981年)
収録アルバムSilhouette〜シルエット〜
ナイーブ〜傷つきやすい午後〜
(4)
チェリーブラッサム
(5)
あ・な・たの手紙
(6)
テンプレートを表示

チェリーブラッサム」は、1981年1月にリリースされた松田聖子の4枚目のシングルである。

解説[編集]

  • 品番:07SH 911(レコード)
  • アナログ盤のレーベルは従来のCBSソニーのオレンジカラーの他にブルーとレッドレーベルの3種類が存在する。
  • 1989年には8cmCDとして、2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。

収録曲[編集]

  1. チェリーブラッサム(3:20)
    (作詞:三浦徳子/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗
    作詞は前三作から三浦徳子が続投したが、作曲は小田裕一郎から財津和夫に交代した。アイドル歌手がデビュー翌年に飽きられて人気が落ちる「2年目のジンクス」を警戒して、ネームバリューがあった財津を起用したものである。財津は本曲のメロディーについて、「従来の歌謡曲と比較して"新しくはないが進んだメロディー"をつくろうとした」とコメントしている[2]
    松田はそれまでニューミュージックは聴いたことがなかったため、従来の曲と比べて複雑なメロディーに苦労し、レコーディングにも日数を取られた。完成後も曲の発表に不安があったが、しかし、結果としてこの曲はヒットし、自分の認識を改める機会になったという。そしてその後は自分も好きな楽曲になったと語っている[2]
    TBS系『ザ・ベストテン』では、当時の国鉄新幹線静岡駅のホームから中継出演する演出があった。移動中の松田が駅に到着した電車から降りてくると、すぐにイヤホンを付けてこの曲を歌唱し始めた。終盤、電車の発車時間が迫ると、車内に戻りながらもそのまま歌い続け、なんとかドア越しで歌い切るが、最後の伴奏が終わる間も無く電車は去って行った。
  2. 少しずつ春(3:28)
    (作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:大村雅朗)

カバー[編集]

  • キンモクセイ(2007年のアルバム『さくら』に収録)。
  • イギリスのパンクバンド・SNUFFのドラム及びヴォーカルを担当するダンカン・レッドモンズが、ソロプロジェクト「DUNCAN'S DIVAS」名義で同曲をカバーしている(2007年のアルバム『Sticks Up Girls』に収録) 。[1]
  • 武藤彩未(2013年のアルバム『DNA 1980』に収録)。

関連作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.
  2. ^ a b 中川, pp. 118-121.

参考文献[編集]

関連項目[編集]