Seiko・index

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Seiko・index
松田聖子ベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル CBSソニー
チャート最高順位
松田聖子 年表
Pineapple
(1982年)
Seiko・index
(1982年)
Candy
(1982年)
テンプレートを表示

Seiko・index』(セイコ・インディックス)は、松田聖子ベスト・アルバム。1982年7月1日発売。発売元はソニーミュージック

解説[編集]

  • LPからCD化された中では最古のベストアルバム。なお、CD化はされなかったが1981年暮れに『聖子・fragrance』というベスト盤が発売されているため、ディスコグラフィには通算2枚目のベスト盤として掲載されている。
  • 当ベスト盤発売時の最新シングル『渚のバルコニー』(1982.4.21)以前のシングルA面曲8タイトルに、B面曲やアルバム曲から厳選された4曲を追加した全12曲を収録。
  • 2006年7月19日発売の74枚組CD BOX『Seiko Matsuda』に、LPサイズジャケットで復刻されて収められた(リマスタリング実施音源)。
  • マスター・サウンド仕様盤も発売されている。

収録曲[編集]

  1. 青い珊瑚礁 (3:38)
    2枚目のシングル(1980.7.1)
    第31回NHK紅白歌合戦 歌唱曲。
    第53回選抜高等学校野球大会 入場行進曲
  2. 夏の扉 (3:29)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗
    5枚目のシングル(1981.4.21)
    第32回NHK紅白歌合戦 歌唱曲。
  3. SQUALL (3:43)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:大村雅朗
    ファースト・アルバム『SQUALL』のタイトル曲(1980.8.1)
    発売からしばらくはコンサートで歌われる機会が多かったようであるが、ある時期から歌うのが恥ずかしくなって封印していた、とファンクラブの会報誌上で本人の口から語られた。
  4. 白いパラソル (3:29)
    • 作詞:松本隆/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗
    6枚目のシングル(1981.7.21)。A面曲では、この曲で松本隆を初起用。
  5. いちご畑でつかまえて (3:49)
    4枚目のオリジナル・アルバム『風立ちぬ』(1981.10.21)収録曲。
    『風立ちぬ』に収録されていたものと違い、イントロのドラム部分がカットされている。
    アレンジャーの「多羅尾伴内」とは、大滝詠一の別名。
  6. 裸足の季節 (3:43)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:信田かずお
    デビューシングル(1980.4.1)。
    資生堂 洗顔料「エクボ」のコマーシャルソング。
  7. 赤いスイートピー (3:37)
    8枚目のシングル(1982.1.21)
  8. チェリーブラッサム (3:20)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗
    4枚目のシングル(1981.1.21)
    松田聖子は自分の楽曲に対して否定的なことを言うことはまずないが、この曲に関しては「当時はあまり好きでなかった」と発言したことがある。しかし、それは今は凄く好きであるという事実を述べる流れの中で発言されたもので、実際近年(20周年以降)のコンサートでは、ほぼ毎回歌われている。
  9. 風は秋色 (4:08)
    • 作詞:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:信田かずお
    3枚目のシングル(1980.10.1)
    松田聖子の全シングル中、第3位の売り上げを記録している(2007年現在)。
    オリコンでは、この曲から1位を獲得。最終的に24枚連続1位を獲得した。
  10. 制服 (3:33)
    • 作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂/編曲:松任谷正隆
    8枚目のシングル『赤いスイートピー』のB面曲。B面ながら、2003年に行われた、ベストアルバム制作のためのリクエストでもシングルA面を除いたリクエスト部門で2位を獲得した。
  11. 冬の妖精 (3:42)
    • 作詞:松本隆/作曲:大滝詠一/編曲:多羅尾伴内
    4枚目のオリジナル・アルバム『風立ちぬ』収録曲。
    2005年から2006年に明けるカウントダウン・ライブで披露された。ライブDVD『SEIKO MATSUDA COUNTDOWN LIVE PARTY 2005-2006』で視聴可能。
  12. 風立ちぬ (4:34)
    • 作詞:松本隆/作曲:大滝詠一/編曲:多羅尾伴内
    7枚目のシングル(1981.10.7)