夏の扉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
夏の扉
松田聖子シングル
初出アルバム『Silhouette 〜シルエット〜
B面 頬に潮風
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
ソニー・ミュージックレコーズ
(12cmCDのみ)
作詞・作曲 三浦徳子財津和夫
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1981年5月度月間2位(オリコン)
  • 1981年6月度月間1位(オリコン)
  • 1981年7月度月間19位(オリコン)
  • 1981年度年間14位(オリコン)[1]
  • 2位(ザ・ベストテン
  • 1981年度上半期15位(ザ・ベストテン)
  • 1981年度年間11位(ザ・ベストテン)
  • 2位(ザ・トップテン
松田聖子 シングル 年表
チェリーブラッサム
(1981年)
夏の扉
1981年
白いパラソル
(1981年)
収録アルバムSilhouette〜シルエット〜
Je t'aime
(7)
夏の扉
(8)
花びら
(9)
テンプレートを表示

夏の扉」(なつのとびら)は、1981年4月にリリースされた松田聖子の5枚目のシングルである。

品番:07SH 977(レコード)

解説[編集]

  • 財津和夫作曲による2枚目のシングルであり、現在までのところ、三浦徳子作詞による最後のシングル。
  • 資生堂「エクボ」のCMソング
  • ジェリー&ザ・ペースメイカーズの「Come Back to Me」という曲をサンプリングしている。
  • この曲でその年のNHK紅白歌合戦に出場している。翌年のシングルのイメージに合わせ既に髪を切っていたので、聖子ちゃんカットではなくショートヘアでの歌唱となっており、奇しくも歌詞の内容に通じるものがあった。
  • 1989年には8cmCDとして、2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再発された。また、2010年には「Seiko Matsuda Single Collection 30th Anniversary Box 〜The voice of a Queen〜」に含まれる一枚として、2010年最新デジタル・リマスタリング高音質Blu-spec CD仕様で再発された。
  • 松田のファンを公言する平井堅が2005年10月26日にリリースした「POP STAR」で、「キラキラしたPOPS」の世界観を伝えるために、アレンジャーの亀田誠治にこの曲を聴いてもらったという(J-WAVEのラジオ番組にて、平井の話より)。
  • 2010年7月、サントリーの飲料「ビタミンウォーター」のテレビCMに使用された。
  • 間奏の2回目のエレキギターのソロパートの難易度が高く、80年代当時の生演奏の歌番組では演奏を失敗した回や、奏者が演奏しやすいように独自にアレンジした回などが多く見られた。(歌番組では大半が2番を省略し、2回繰り返す間奏を1回に短縮)

収録曲[編集]

  1. 夏の扉(3分29秒)
  2. 頬に潮風(4分39秒)

カバー[編集]

  • LONG VACATION(アルバム『1979“1979”ORIGINAL SOUNDTRACK』)
  • カバーソング・ドールズ(2007年、アルバム『Cover Song Dolls』)
  • MAX(2010年、アルバム『BE MAX』)
  • 私立恵比寿中学(宮崎れいな・真山りか・星名美怜・柏木ひなた)(2011年、コンピレーションアルバム『MemorieS〜Bitter Sweet Pineapple〜』)

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.38.

関連項目[編集]