ピンクのモーツァルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピンクのモーツァルト
松田聖子シングル
初出アルバム『Seiko・Town
B面 硝子のプリズム
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
ソニー・ミュージックレコーズ
(12cmCDのみ)
作詞・作曲 松本隆細野晴臣
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1984年8月度月間2位(オリコン)
  • 1984年9月度月間3位(オリコン)
  • 1984年度年間17位(オリコン)[1]
  • 2位(ザ・ベストテン
  • 1984年度年間29位(ザ・ベストテン)
  • 1位(ザ・トップテン
  • 松田聖子 シングル 年表
    時間の国のアリス/夏服のイヴ
    (1984年)
    ピンクのモーツァルト
    (1984年)
    ハートのイアリング
    (1984年)
    収録アルバムSeiko・Town
    ピンクのモーツァルト
    (1)
    蒼いフォトグラフ
    (2)
    テンプレートを表示

    ピンクのモーツァルト」は、1984年8月にリリースされた松田聖子の18枚目のシングルである。

    解説[編集]

    • 品番:07SH 1540(レコード)
    • アナログシングル盤は初回生産分50万枚のみピンナップ付豪華インナースリーブ、ピンクカラーの特製Seikoレコードレーベル&スリーブ仕様で発売された。
    • オリコン調べの売上枚数は42.4万枚[1]
    • 表記はないが、オリジナル・アルバム『Windy Shadow』のセカンドプレス以降はストリングスが強調されたアルバム・ヴァージョンで収録された。しかしその前にベスト・アルバムSeiko・Town』にAB両面とも収録された。
    • 1989年には8cmCDとして、2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。

    収録曲[編集]

    1. ピンクのモーツァルト
      (作詞:松本隆/作曲:細野晴臣/編曲:細野晴臣・松任谷正隆
      カネボウ化粧品'84秋のイメージソング。前々作の「Rock'n Rouge」に次いでの起用となった。
      歌詞の内容は恋愛に関するもので、音楽家のモーツァルトとは一切関係ない。歌詞には曲名と同じ「ピンクのモーツァルト」は何度も出てくるが、それが具体的に何であるのかは説明されていない[2]
      サウンドでは、ヴァイオリンなどクラシック系の楽器が多用された[3]
      本作の発表をきっかけに、モーツァルトのイメージカラーがそれまでの「青」からピンクになったとされる[2]
      スポンサーの都合で、『夜のヒットスタジオ』(カネボウのライバル企業である資生堂が筆頭スポンサーであった)ではシングル発売期間中、1984年9月10日放送分の1度しか披露することができなかった。それまでの期間は「夏服のイヴ」「硝子のプリズム」をそれぞれ2回ずつ代わりに披露する形で出演を継続していた。
    2. 硝子のプリズム
      (作詞:松本隆/作曲:細野晴臣/編曲:細野晴臣・松任谷正隆

    カバー[編集]

    『ピンクのモーツァルト』をカバーしたアーティスト

    • CHINEPHILE(2003年、アルバム『KAYOMANIA』に収録)

    『硝子のプリズム』をカバーしたアーティスト

    関連作品[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ a b c スージー鈴木 2017, p. 139.
    2. ^ a b 中川, pp. 262-263.
    3. ^ 中川, p. 263.

    参考文献[編集]

    関連項目[編集]