中川右介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 右介(なかがわ ゆうすけ、1960年9月15日[1] - )は日本評論家編集者、元・出版社経営者。旧姓藤岡。東京都出身[1]

経歴・人物[編集]

祖父・藤岡淳吉日本共産党創立メンバーの一人で、脱党後は共生閣や聖紀書房、彰考書院などの出版社を経営した人物。その影響で、中川自身も小学生まで社会主義者だった[2]。のち両親の離婚により、母方の姓となる。

早稲田大学第二文学部卒業後、父・藤岡啓介が創立した出版社アイピーシー(インタープレスから社名変更)の倒産の後始末をする過程で、自らの出版社アルファベータを創立。ドイツ、イタリア、米国など海外の出版社と提携して芸術家や文学者の評伝を出版。

アルファベータ代表取締役や『クラシックジャーナル』編集長を務める傍ら、自らもクラシック関係の著書を執筆。日本の歌舞伎、ポップスに関する著書もある。

2014年10月、株式会社アルファベータを引き継ぎ、新会社、株式会社アルファベータブックスが創設された。

菅直人元首相との親交もあり、菅の著書『大臣』(岩波新書、新版2010年)に、三十年来の協力者として名が記されている。週刊朝日の取材に対しては、「(菅は)思考は原理原則主義だが、行動は妥協主義」とコメントしている。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ブームはどう始まりどう終わるのか』(2004年岩波アクティブ新書
  • 『常識として知っておきたいクラシック音楽』(2004年、kawade夢新書
    • 『聴いておきたい クラシック音楽50の名曲』(2013年、河出文庫)
  • 『3時間でわかる「クラシック音楽」入門』(2006年青春新書インテリジェンス
    • 『クラシック音楽 一曲も聴いたことのない人のための超「入門書」』(2018年、青春出版社・青春文庫)
  • モーツァルト ミステリーツアー』(2006年、ゴマブックス
  • 松田聖子中森明菜』(2007年幻冬舎新書/2014年、朝日文庫)。文庫は増補版
  • カラヤンフルトヴェングラー』(2007年、幻冬舎新書)
  • 『カラヤン帝国興亡史 史上最高の指揮者の栄光と挫折』(2008年、幻冬舎新書)
  • 『カラヤン 帝王の世紀 孤高の天才指揮者、波乱の100年』(2008年、宝島社新書
  • 『クラシック音楽と西洋美術 教養のツボが線でつながる』(2008年、青春文庫
  • 『巨匠たちのラストコンサート』(2008年、文春新書
  • 十一代目團十郎六代目歌右衛門』(2009年、幻冬舎新書)
  • 『世界の10大オーケストラ』(2009年、幻冬舎新書)
  • 歌舞伎座物語 明治の名優と興行師たちの奮闘史』(2010年PHP研究所
    • 『歌舞伎座誕生 團十郎と菊五郎と稀代の大興行師たち』(2013年、朝日文庫)
  • 坂東玉三郎 歌舞伎座立女形への道』(2010年、幻冬舎新書)
  • 『大女優物語 オードリー、マリリン、リズ』(2010年、新潮新書
  • 昭和45年11月25日三島由紀夫自決、日本が受けた衝撃』(2010年、幻冬舎新書)
  • ショパン 天才の秘話』(2010年、静山社文庫
  • 『モーツァルトとベートーヴェン』(2010年、青春新書)
  • 『悲劇の名門 團十郎十二代』(2011年、文春新書)
  • 『二十世紀の10大ピアニスト』[3](2011年、幻冬舎新書)
  • 『第九 ベートーヴェン最大の交響曲の神話』(2011年、幻冬舎新書)
  • 『指揮者マーラー』(2012年河出書房新社
  • 山口百恵 赤と青とイミテーション・ゴールド』(2012年、朝日文庫)
  • 『聴かなくても語れるクラシック』(2012年、日本経済新聞社〈日経プレミア〉新書)
  • グレン・グールド 孤高のコンサート・ピアニスト』(2012年、朝日新書
  • 『「未完成」 大作曲家たちの謎を読み解く』(2013年角川SSC新書
  • 『不滅の名作ミステリへの招待』(2013年、七つ森書館
  • 『国家と音楽家』(2013年、七つ森書館)
  • 『クラシック音楽の歴史』(2013年、七つ森書館/角川ソフィア文庫、2017年)
  • 『歌舞伎 家と血と藝』(2013年、講談社現代新書
  • 『源静香は野比のび太と結婚するしかなかったのか 『ドラえもん』の現実(リアル)』PHP新書、2014年
  • 『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』角川マガジンズ、2014年/角川文庫、2016年
  • 『悪の出世学 ヒトラースターリン毛沢東』幻冬舎新書、2014年
  • 『超訳「芸術用語」事典』PHP文庫、2014年
  • 『出版社社長兼編集者兼作家の 購書術 本には買い方があった!』小学館新書、2015年
  • 『ヒトラー対スターリン 悪の最終決戦』ベストセラーズ・ベスト新書、2015年
  • 『オリンピアと嘆きの天使 ヒトラーと映画女優たち』毎日新聞出版、2015年。レニ・リーフェンシュタールマレーネ・ディートリヒ
  • 『怖いクラシック』NHK出版新書、2016年
  • 『戦争交響楽 音楽家たちの第二次世界大戦』朝日新書、2016年
  • 『歌舞伎一年生 チケットの買い方から観劇心得まで』ちくまプリマー新書、2016年
  • 月9 101のラブストーリー』幻冬舎新書、2016年
  • 阪神タイガース 1965-1978』角川新書、2016年
  • SMAP平成』朝日新書、2016年
  • 『現代の名演奏家50 クラシック音楽の天才・奇才・異才』幻冬舎新書、2017年
  • 『ロマン派の音楽家たち-恋と友情と革命の青春譜』ちくま新書、2017年
  • 『ここが見どころ!聴きどころ!西洋絵画とクラシック音楽』青春出版社、2017年
  • 『冷戦とクラシック 音楽家たちの知られざる闘い』NHK出版新書、2017年
  • 江戸川乱歩横溝正史』集英社、2017年
  • 阿久悠松本隆』朝日新書、2017年
  • 『海老蔵を見る、歌舞伎を見る』毎日新聞出版、2018年
  • 『世界を動かした「偽書(フェイク)」の歴史』ベストセラーズ、2018年
  • 『松竹と東宝 興行をビジネスにした男たち』光文社新書、2018年
  • 1968年』朝日新書、2018年
  • 『サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった』角川新書、2018年
  • 『手塚治虫とトキワ荘』集英社、2019年
  • 『読解!「ドラえもん」講座 世代・フェミニズム・国際政治・スクールカースト・郊外と家族』イースト・プレス 文庫ぎんが堂、2019年
  • 『玉三郎 勘三郎 海老蔵 平成歌舞伎三十年史』文春新書、2019年
  • 阪神タイガース 1985-2003』ちくま新書、2019年
  • 『至高の十大指揮者』角川ソフィア文庫、2020年1月
  • 萩尾望都竹宮惠子 大泉サロンの少女マンガ革命』幻冬舎新書、2020年3月
  • 『アニメ大国 建国紀 1963-1973 テレビアニメを築いた先駆者たち』 イースト・プレス、2020年8月
  • 『文化復興 1945年8月-12月』朝日新書、2020年10月

共著[編集]

  • 鈴木邦男『脱右翼宣言』(1993年アイピーシー)- 企画構成
  • 『このカメラを復刻せよ』(2000年、アルファベータ)共著:田中長徳
  • 『デジタルカメラ批判序説』(2003年4月、アルファベータ)共著:田中長徳
  • 『ショスタコーヴィチ評盤記』(2007年、アルファベータ)共著:安田寛
  • 『ショスタコーヴィチ評盤記Ⅱ』(2009年、アルファベータ)共著:安田寛
  • 大林宣彦の体験的仕事論 人生を豊かに生き抜くための哲学と技術』、大林宣彦共著 PHP新書、2015年
  • ホロヴィッツ 20世紀最大のピアニストの生涯と全録音』、石井義興共著、アルファベータブックス、2018年

脚注[編集]

外部リンク[編集]