中川右介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 右介(なかがわ ゆうすけ、1960年9月15日[1] - )は日本評論家編集者、元・出版社経営者。旧姓藤岡。東京都出身[1]

経歴・人物[編集]

祖父・藤岡淳吉日本共産党創立メンバーの一人で、脱党後は共生閣や聖紀書房、彰考書院などの出版社を経営した人物。その影響で、中川自身も小学生まで社会主義者だった[2]。のち両親の離婚により、母方の姓となる。

早稲田大学第二文学部卒業後、父・藤岡啓介が創立した出版社アイピーシー(インタープレスから社名変更)の倒産の後始末をする過程で、自らの出版社アルファベータを創立。ドイツ、イタリア、米国など海外の出版社と提携して芸術家や文学者の評伝を出版。

アルファベータ代表取締役や『クラシックジャーナル』編集長を務める傍ら、自らもクラシック関係の著書を執筆。日本の歌舞伎、ポップスに関する著書もある。

2014年10月、株式会社アルファベータを引き継ぎ、新会社、株式会社アルファベータブックスが創設された。

菅直人元首相との親交もあり、菅の著書『大臣』(岩波新書、新版2010年)に、三十年来の協力者として名が記されている。週刊朝日の取材に対しては、「(菅は)思考は原理原則主義だが、行動は妥協主義」とコメントしている。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 鈴木邦男『脱右翼宣言』(1993年アイピーシー)- 企画構成
  • 『このカメラを復刻せよ』(2000年、アルファベータ)共著:田中長徳
  • 『デジタルカメラ批判序説』(2003年4月、アルファベータ)共著:田中長徳
  • 『ショスタコーヴィチ評盤記』(2007年、アルファベータ)共著:安田寛
  • 『ショスタコーヴィチ評盤記Ⅱ』(2009年、アルファベータ)共著:安田寛
  • 大林宣彦の体験的仕事論 人生を豊かに生き抜くための哲学と技術』、大林宣彦共著 PHP新書、2015年
  • ホロヴィッツ 20世紀最大のピアニストの生涯と全録音』、石井義興共著、アルファベータブックス、2018年

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.458
  2. ^ 中川右介『巨匠たちのラストコンサート』(2008年、文春新書)p.223

外部リンク[編集]