スージー鈴木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スージー鈴木(スージーすずき、Suzie Suzuki1966年11月26日[1] - )は、日本音楽評論家野球評論家(野球音楽評論家・野球文化評論家)、ラジオパーソナリティアマチュア音楽家M-1評論家、大学講師。大阪府東大阪市出身[2]

アメリカで活動するポルノ女優スージー・スズキ (Suzi Suzuki)」(1972年5月3日 - 、日本東京都出身)とは無関係。

略歴[編集]

大阪府立清水谷高等学校早稲田大学政治経済学部出身[1]

1988年、大学生時代にFM東京『東京ラジカルミステリーナイト』の「AUプロジェクト」に参加し、「スージー鈴木」の名でラジオデビュー[3] 。サラリーマンとして働きながら、1995年から1999年にかけてFMヨコハマ土曜日『トワイライトナビゲーション』にレギュラー出演した。

1998年より、11月創刊の『野球小僧』で野球音楽評論家としてデビュー。

2001年から雑誌『週刊ベースボール』の「CULTURAL REVIEW about BASEBALL」コーナーにて隔週で野球音楽に関するコラムを連載。2007年以降、同誌における肩書きは「野球文化評論家」となっており、音楽以外のコラムを執筆する場合もある。

かつては、広告代理店博報堂に勤務しており[4]1999年5月発売のムック「YOMIURI SPECIAL16 松坂&高橋 プロ野球革命宣言[5]」では広告業界からの視点で、当時の大物ルーキー松坂大輔と、前年セ・リーグ川上憲伸と新人王を争った高橋由伸のスターとしての可能性について、コラムを執筆した(プロフィールでは「博報堂に勤務しながら、野球評論もこなす鬼才」と紹介)。

大阪芸術大学早稲田大学で講師も務める。

人物[編集]

出演番組[編集]

ラジオ
テレビ

執筆[編集]

書籍[編集]

新聞[編集]

雑誌・ムック[編集]

小説[編集]

  • 「完全仮想フィクション M-1 東西頂上決戦 東京漫才は大阪に勝てるか!?」(雑誌「広告」2008年6月号)

Web[編集]

  • Re:minder[7]
  • スージー鈴木のボーナス・トラック[8]
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」[9]
  • 水道橋博士のメルマ旬報

音楽[編集]

シンガーソングライターとして[編集]

Coopers town label(インディーズ)の『take me out to the ballgame』で以下の4曲を披露した。

  • supersonic speedstar〜高橋慶彦にささぐ
  • おっかけ旅情
  • Here comes the Searex
  • 大阪メモワール

サイト『野球浴 野球音楽の殿堂[10]』で野球関係の楽曲を発表している。

  • ダルビッシュ・ブルース
  • どっちやねん?
  • 野球の国
  • ミ・ナ・ミ・ム・レ
  • バルデスなんデス
  • 東大阪で生まれた男
  • たどりついたらいつも空振り
  • いちご球場よ永遠に~"Strawberry Field" Forever
  • サブローの一番長い日(instrumental)
  • ローズとシーツとウッズが正津の絵を描いた
  • Toyota CROWN
  • Batting Class Hero ~野球階級の英雄
  • Destrade(デストラーデ)
  • ファンキーミンチーベニー
  • おねがいタイムマシン!
  • 放蕩息子
  • 2011年の桜

監修[編集]

野球小僧 なつかしの野球ソングコレクション
1999年7月、バップより発売されたアルバムCD。高島幹雄プロデュースのコンピレーション・アルバムシリーズのひとつであり、雑誌「野球小僧」とのタイアップアルバム(ロゴも同誌の題字が使われた)。文字通り「野球小僧[11]」をはじめ、1970年代に発表された日本のプロ野球チームの応援歌などの野球ソングを収録。ブックレットには、音楽ライター鈴木啓之の楽曲解説とスージーの随筆も記載されている。

プロデュース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本で唯一(?)の野球音楽評論家、スージー鈴木が 『週刊ベースボール』誌上で17年にわたって連載中のコラムを書籍化! 『いとしのベースボール・ミュージック 野球×音楽の素晴らしき世界』発売 ”. PR TIMES (2019年2月15日).
  2. ^ 東大阪で生まれた男 - 「野球浴」内。
  3. ^ 20091230/20年ぶりの半蔵門。”. we"a"kly suzie (2009年12月30日).
  4. ^ 2006年3月5日付の日記で、「1990年('90年)に広告業界に入った」という旨の記述をしている。
  5. ^ 読売新聞社刊、書籍コード:ISBN 4643990376
  6. ^ 1979年の歌謡曲 著者プロフィール”. 彩流社 (2015年).
  7. ^ コラムリスト|スージー鈴木(Re:minder)
  8. ^ スージー鈴木のボーナス・トラック(カセットテープ・ミュージック公式)
  9. ^ スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」(東洋経済オンライン)
  10. ^ 野球浴 野球音楽の殿堂
  11. ^ 元々灰田勝彦歌唱により1951年に発表されたものを1983年小林克也&ザ・ナンバーワンバンドがカバーしたもの

外部リンク[編集]