Windy Shadow

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Windy Shadow
松田聖子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル CBS・ソニー
プロデュース 若松宗雄
チャート最高順位
  • 1位オリコン
  • 85位(Blu-spec CD盤・オリコン)
松田聖子 アルバム 年表
Seiko・Avenue
(1984年)
Windy Shadow
(1984年)
Seiko-Train
1985年
『Windy Shadow』収録のシングル
  1. ピンクのモーツァルト
    リリース: 1984/8/1
  2. ハートのイアリング
    リリース: 1984/11/1
テンプレートを表示

Windy Shadow』(ウィンディー・シャドウ)は、松田聖子通算10枚目のオリジナルアルバム1984年12月8日CBS・ソニーから発売された。

解説[編集]

  • 帯コピー:ガラスにきらめく摩天楼 恋は偶然、いまあなたと朝食を…聖子。
  • 佐野元春(ペンネーム: Holland Rose)・矢野顕子ら個性派を招いたオリジナルアルバム。ヒット・シングル「ピンクのモーツァルト」、「ハートのイアリング」を含む。
  • LPカセットテープコンパクトカセット)のほか、CDと計3形態が発売されている。初回プレス盤は「銀色のオートバイ」が初期MIX、「ピンクのモーツァルト」がシングル・バージョン、セカンドプレスが「銀色のオートバイ」初期MIX、「ピンクのモーツァルト」アルバムバージョン、サードプレス以降が現行の音源に差し替わっている。
  • 通常のLP盤・カセットテープのほか、マスター・サウンド(ソニーレコードが持てる技術を駆使した最高音質)仕様盤、メタルポジション(TYPE IV)専用テープを使用(ベースとなるテープは当時ソニーから販売されていた「METAL-S」相当)した高音質カセットテープ(メタル・マスター・サウンド)もリリースされた(これらの音源もLP・カセット・CDの初回プレスと同じ音源、セカンドプレス以降の音源のものが存在する)。1984年下半期から約1年余り、ソニーグループは独自に採用していた「スリムケース」と呼ばれるCDトレイが折り曲がってCDを取り出せるケースを採用しており、このアルバムもその形態での発売であった。また、通常版のカセットテープもソニーから販売されていた音楽録音用ノーマルポジション(TYPE I)テープ「HF-S」をベースとしたスモーク調の半透明カセットハーフ仕様(ただし、カセットハーフ自体はソニーの音楽・一般録音用ノーマルポジション用カセットテープ「HF(3代目)」と共通)となっていた。
  • カウントダウン・ライヴ「Seiko Matsuda CountDown Live Party 2005-2006」ではこの作品から「Star」が、翌年の「Seiko Matsuda CountDown Live Party 2006-2007」では、「Dancing Café」「マンハッタンでブレックファスト」が久しぶりに披露された。それぞれDVD化もされている。
  • 「薔薇とピストル」では、"私" ではなく "あたし" という一人称が使われており、松田の歌詞としては異色である。2019年現在でも唯一の作品。
  • 「銀色のオートバイ」は、"息が詰まりそう" な "あなた好みのおとなしい女" から逃げ出す内容であるが、この詞に関して松田は、「松本隆さんは私の心を見抜くような歌詞を書く」とラジオ番組で吐露した。

収録曲[編集]

  1. マンハッタンでブレックファスト (4:26)
  2. 薔薇とピストル (3:41)
    • 作詞:松本隆/作曲:SEIKO/編曲:大村雅朗
  3. 今夜はソフィストケート (4:15)
    • 作詞:松本隆/作曲:Holland Rose/編曲:大村雅朗
  4. そよ風のフェイント (3:19)
  5. ハートのイアリング (4:05)
    • 作詞:松本隆/作曲:Holland Rose/編曲:大村雅朗
  6. Dancing Café (3:55)
  7. MAUI (3:50)
    • 作詞:松本隆/作曲:NOBODY/編曲:大村雅朗
  8. 銀色のオートバイ (4:54)
    • 作詞:松本隆/作曲:林哲司/編曲:戸塚修
  9. ピンクのモーツァルト (3:57)
  10. Star (5:08)
    • 作詞:松本隆/作曲:林哲司/編曲:大村雅朗

関連作品[編集]