Sunshine (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Sunshine
松田聖子スタジオ・アルバム
リリース
録音 Studio Shine
Landmark Studio
MIT Studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニーレコード
プロデュース Shinji Harada
チャート最高順位
松田聖子 年表
Best of Best 27
2004年
Sunshine
2004年
『Seiko Smile』 Seiko Matsuda 25th Anniversary Best Selection
2005年
『Sunshine』収録のシングル
  1. Call me
    リリース: 2003/6/4
  2. 逢いたい
    リリース: 2004/5/26
テンプレートを表示

Sunshine』(サンシャイン)は、松田聖子(通算37枚目)のオリジナルアルバム。2004年6月9日発売。発売元はソニーレコード

解説[編集]

  • 日本発売のオリジナルアルバムとしては、2001年発売の「LOVE & EMOTION VOL.2」以来約3年振り。
  • 松田聖子が自身のアルバムで1番気に入っているという1982年5月21日発表のアルバム「Pineapple」の第2弾を作りたい、という思いから制作をスタートしたという。プロデューサー原田真二
  • 先行シングル「逢いたい」とそのカップリング曲「風色のKiss」がアルバム・バージョンで収録された(2004年5月26日)。
  • オリコンのアルバムヒットチャートでベストテン入りを果たしたことにより、女性ヴォーカルのベストテン入りアルバム数が39作となり松任谷由実並んで歴代1位になった。
  • DVDが付いた初回限定盤と、CDのみの通常盤がある。CDジャケットがそれぞれ異なる。DVDは、シングル「Call me」(2003年6月4日)のミュージック・ビデオと、リクエスト・ベストアルバム「Best of Best 13(27)」(2004年4月14日)に収録された「あなたに逢いたくて2004」のミュージック・ビデオが収録されている。また、抽選でグアム旅行が当たる応募はがきが封入。
  • 旅行当選者には、松田聖子が当日ソニーミュージック乃木坂ビルで見送ってくれる「Enjoy the Sunshine! 今度は聖子がお見送り」キャンペーン付き。前年のシングル「Call me」での「Call meでMeet me」キャンペーンに続き、ファンとの直接交流が実現した。
  • 本作はレーベルゲートCDとして発売された。レーベルゲート仕様のオリジナルアルバムは当作品のみである。

収録曲[編集]

  1. You are the sunshine (4:13)
    • 作詞: Seiko Matsuda、作曲・編曲: Shinji Harada
  2. It's my new day (4:43)
    • 作詞: Seiko Matsuda、作曲・編曲: Shinji Harada
  3. 逢いたい(Album Version) (4:53)
    • 作詞: Seiko Matsuda、作曲・編曲: Shinji Harada
  4. Flower season (5:12)
    • 作詞・作曲: Shinji Harada、編曲: Taigo・Naoki-T・Shinji Harada
  5. 風色のKiss(Album Version) (4:55)
    • 作詞: Seiko Matsuda、作曲・編曲: Shinji Harada
  6. The song of love (4:32)
    • 作詞: Seiko Matsuda、作曲・編曲: Shinji Harada
  7. Sound of rain (5:11)
    • 作詞・作曲・編曲: Shinji Harada
  8. 伝説の渚 (4:12)
    • 作詞・作曲: Shinji Harada、編曲: Taigo・Naoki-T・Shinji Harada
  9. さよならYesterday (5:15)
    • 作詞・作曲・編曲: Shinji Harada
  10. Prince Charming (4:00)
    • 作詞・作曲: Seiko Matsuda、編曲: Shinji Harada
  11. Call me (4:12)
    • 作詞・作曲・編曲: Shinji Harada

DVD(初回限定盤のみ)[編集]

  1. あなたに逢いたくて2004
  2. Call me

関連項目[編集]

関連人物[編集]