ワム!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワム!
Wham! circa 1984-1985 (cropped).jpg
ジョージ・マイケル(左)とアンドリュー・リッジリー(右)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ハートフォードシャー ブッシー英語版
ジャンル
活動期間
レーベル
旧メンバー

ワム!英語: Wham!)は、ジョージ・マイケルアンドリュー・リッジリーで構成されるイギリスポップデュオ[1][2]1980年代前半から中盤にかけ大ヒット曲を連発し、世界的な人気を誇った。

略歴[編集]

1981年、幼馴染で同級生だったジョージ・マイケルアンドリュー・リッジリーのデュオとして活動を開始。音楽面をジョージ、ステージ構成やビジュアル面をアンドリューがそれぞれ分担して受け持った。

1982年、シングル「Wham Rap!(Enjoy what you do?)」で、彼らの友人が運営していたインナーヴィジョン・レコーズよりCBSレコード経由でのインディーズとしてデビュー。

2枚目のシングル「Young Guns(Go for it!)」で人気に火が付いた。ポップで快活な曲調と2人のルックスの良さも相まって話題となり、BBCの人気番組『トップ・オブ・ザ・ポップス』に出演。一躍ティーンのカリスマとしてアイドル的人気を得た。

1983年、ファースト・アルバム『ファンタスティック』を発表。イギリスでは史上4組目となるデビュー・アルバムの初登場1位を獲得。「バッド・ボーイズ」などのヒット曲を放ち、イギリス国内では瞬く間にトップスターとなる。同時期にアメリカでもデビュー。しかし、アメリカではビルボード誌にチャートインこそしたが、ヒットには至らなかった。

年末にプロモーションで初来日、『レッツゴーヤング』等の歌番組などにも出演した。

しかしその後、所属していたインナーヴィジョン・レコーズが、12インチ・シングル『CLUB FANTASITIC MEGAMIX』(アルバム収録曲をメガミックスした楽曲を収録、日本未発売)を本人達の承諾を得ず勝手に楽曲を編集、レコードを発売したため、ジョージが激怒し「この12インチ・シングルを絶対に購入しないように」とファンに呼びかけた。

1984年、所属レーベルをエピックに移籍。アルバム『メイク・イット・ビッグ』を発表。このアルバムからは「ケアレス・ウィスパー」をはじめ数々のヒット曲が生まれ、イギリスのみならず世界中で爆発的な人気を博した。日本でもマクセルカセットテープのテレビCMに2人で出演(CMソングには「バッド・ボーイズ」と「フリーダム」が使われた。但し、歌詞が両方ともオリジナルとは全く異なる)、人気が上昇、1985年1月に来日公演が行われた。

日本の新御三家であった西城秀樹郷ひろみが、共にリアルタイムでワム!の楽曲「ケアレス・ウィスパー」をカバーした(西城は「抱きしめてジルバ」の題名でリリース)。

同年に発表されたシングル「ラスト・クリスマス」は、2021年現在もクリスマスソングの定番曲として親しまれている。

1985年、英米のポップ・アーティストとしては初めて大々的な中華人民共和国での公演を行った[3]。中国滞在中のワム!の様子は、「フリーダム」のミュージックビデオで確認することができる。

その人気が絶頂を極める中、1986年にワム!は解散を発表。解散の理由としては、日本盤ベスト・アルバムのライナーノーツなどには「ユニットとしてやることはやりつくしたから」ということが理由として挙げられていたが、実際は所属レーベルの親会社であるソニーが、当時アパルトヘイトを実施していた南アフリカ共和国と貿易を続けていることに抗議してのことだという。同時期にジョージがソロ活動を本格的に開始したことも理由の一つだった。

1986年6月28日、ウェンブリー・スタジアムにて解散コンサートを敢行。デビューしてから解散するまで、わずか4年ほどであった。

ディファレント・コーナー (A Different Corner) は、後に歌手・編曲家の Marc Engelhard も録音した大ヒット曲である[4]

1991年、ブラジルで行われたイベント『ロック・イン・リオII』でジョージの公演が行われた際、アンドリューがゲスト出演。一度だけ再結成(実際は解散後にジョージが出演したエイズ撲滅コンサート『Live Stand by Me』にて、アンドリューと一緒に『Everything She Wants』を演奏した)され、二人がステージ上にてパフォーマンスを行った。

2006年12月、ジョージのソロ公演にアンドリューが15年振りにゲストとして参加。

その後再結成の話も持ち上がったが、最終的にこの話は流れた。

2016年12月25日、ジョージが死去[5][6]

ディスコグラフィ[編集]

順位は各チャート最高位

アルバム[編集]

シングル[編集]

日本公演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Nimmervoll, Ed. Wham! | Biography & History - オールミュージック. 2020年7月31日閲覧。
  2. ^ Rettenmund, Matthew (15 October 1996). Totally awesome 80s. St. Martin's Press. pp. 60-. ISBN 978-0-312-14436-4. https://books.google.com/books?id=Q7rELTyAeAsC&pg=PT60 2020年7月31日閲覧。 
  3. ^ McCarty, L. Y. (2010). “‘Big in Japan’: Orientalism in 1980s British Pop Music”. The Mid-Atlantic Almanack 19. http://mapaca.net/almanack/2010/contents. 
  4. ^ https://www.youtube.com/watch?v=ViN0wcVAofc}
  5. ^ “Ex-Wham! singer George Michael dies”. BBC. (2016年12月). http://www.bbc.com/news/uk-38432862 
  6. ^ “ジョージ・マイケルさん死去 53歳、元「ワム!」”. 朝日新聞. (2016年12月26日8時23分). http://www.asahi.com/articles/ASJDV2Q3HJDVUHBI002.html 2016年12月26日閲覧。 

外部リンク[編集]