松原正樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松原 正樹
(まつばら まさき)
生誕 (1954-06-27) 1954年6月27日
出身地 日本の旗 日本 福井県越前市(旧武生市
死没 (2016-02-08) 2016年2月8日(61歳没)
ジャンル J-POP
フュージョン
職業 ミュージシャン
作曲家
編曲家
担当楽器 ギター
共同作業者 PARACHUTE
公式サイト 松原正樹 ウェブサイト

松原 正樹(まつばら まさき、1954年6月27日 - 2016年2月8日)は、日本のギタリスト作曲家アレンジャー[1]福井県越前市(旧武生市)出身[2][3]ヤマハ・ネム音楽院(現・ヤマハ音楽院)出身。妻はキーボーディストで作曲家の南部昌江[1]

人物[編集]

1970年代後半よりスタジオミュージシャンとして活躍[3]。そのセッション活動の幅は広く、松任谷由実松山千春さだまさし辛島美登里徳永英明岡村孝子永井真理子などのシンガーソングライターから、松田聖子中森明菜小泉今日子光GENJI等のアイドルまで、ほとんどのジャンルの日本の主要アーティストに関わっていた[2][3]レコーディングに参加した楽曲は優に1万曲を超え、キャンディーズの「微笑がえし」、松田聖子の「Rock'n Rouge」、松任谷由実の「恋人がサンタクロース」、松山千春の「長い夜」などの楽曲が1970 - 80年代の音楽ランキング番組を賑わせていた[1][2][3]

個人としても1978年にソロアルバム『流宇夢サンド』を発表以後、21枚のソロ作品をリリース[3][4]。生演奏を大切にした“HUMARHYTHM”シリーズが好評を博した[4]。ソロ活動の他にも、1980年から「PARACHUTE」「AKA-GUY」「TRIFORCE」「ON-DO」などのバンドユニットを結成して活動した[1][3]

プロレスラー小橋建太が若手時代に松原の『Sniper』を入場テーマ曲として使用していたことがあり、松原の死去に際して自身のブログで追悼のコメントを寄せている[5]

来歴[編集]

生家は祖父が始めたダンスフロアーを持つバー(スナック香)を営んでいた[3]。店は父の代まで続き、幼少の頃から父と母が踊る姿と様々な音楽に触れて育ち、自然と音楽への興味が沸く[3]

武生市立第三中学校に入学。ブラスバンド部に入る[2]サックスをやりたかったがトロンボーンをやらされる事になり、これに夢中になることで音楽的素養が磨かれた[3]

中学2年の夏、実家の店で働いていた元グループサウンズヒッピー青年が弾くギターに憧れ、彼に教えてもらうようになる[3]。中三の時には既に、福井市内のダンスホールなどで職業ミュージシャンと共にステージ経験を積んでいる。

福井県立武生高等学校に進学し、バンド活動にのめり込む[2]。プロを目指して高校卒業とともに三重県にあったネム音楽院(現・ヤマハ音楽院)に入学する。同学院ではプロミュージシャンの演奏を間近で聞くことができた。大村憲司村上ポンタを知り、上田正樹にスカウトされるが、大阪ではなく東京に憧れた。講師の助言もあり入学から半年後には上京して米軍キャンプなどで演奏を始める[3][4]。米軍三沢基地の年越しパーティに参加して新年を迎えるなど、地方の米軍キャンプへも演奏に行くが、収入的に苦しくなり、蒲田のパブでいわゆる箱バンとして演奏を始める。しかしやはり厳しく脱退者も出て、松原もこれを辞める。高校卒業からここまで1年余のことである。同冬には勝新太郎主演の映画「御用牙」の劇番(劇中に使われる音楽)の録音に参加する。20歳の頃にはヤマハ音楽院の縁で、複数のプロミュージシャンのバックバンドに加わって生計を立てている。

1974年、ヤマハ音楽院の縁で、ハイ・ファイ・セットバックバンドに参加[1]。重田真人・宮下恵補・新川博と「ガルボジン」結成。ガルボジンの命名はハイ・ファイ・セットのプロデューサー松任谷正隆の妻、松任谷由実

1978年、上田正樹のPush & Pullに加わり活動。当時の歌番組は生演奏だったため、彼のギタープレイを聞いたレコード会社などからレコーディングに呼ばれるようになり、スタジオミュージシャンとしての活動を始める[1][3]。同年、初のソロアルバム『流宇夢サンド』をリリース[2]

1979年、林立夫斉藤ノブ今剛らとフュージョン・バンド、PARACHUTEを結成[2]。1982年に活動を停止。

1988年、高尾直樹らとバンド「TRIFORCE」を結成。1990年にアルバム「TRIFORCE」を発表。

1997年4月9日、南部・河内淳貴らと結成したプロデュースチーム「ON-DO」でアルバム「ON TIME DO IT」を発表。

2000年、インディーズレーベル「Rocking Chair Records」を立ち上げる[2]

2002年、ソロ・デビュー25周年記念ライブを行う[2]

2003年5月24日、PARACHUTEが21年ぶりのライブを行う。

2008年、ソロ・デビュー30周年記念ライブを行う[2]

2012年12月29日、PARACHUTEが9年ぶりのライブを行う。

2016年2月8日、十二指腸がんのため死去[4]。61歳没。

参加グループ[編集]

  • 上田正樹とPush & Pull
    • 1978年の上田正樹アルバム『PUSH & PULL』を制作したバンド。メンバーは松原正樹 (g)、宮下恵輔 (b)、正木五郎 (dr)、田代真紀子 (key)、淵野茂雄 (sax)。
  • PARACHUTE
  • AKA-GUY
    • 1986年に斉藤ノブ、松原正樹、島村英二、長岡道夫、新川博、浜田良美、与詞古により結成されたグループ。
  • TRIFORCE
    • 1990年に松原正樹をリーダーとして結成されたユニット。メンバーは他に南部昌江 (key)、高尾のぞみ (Vo)、高尾直樹 (Vo)。
  • ON-DO
    • 1997年4月9日に南部昌江・河内淳貴らと結成したプロデュースチーム。

ライブ・レコーディング参加[編集]

ディスコグラフィ[編集]

タイトル 発売年 レーベル 型番
流宇夢サンド 1978.07 bounce bounce-0004
Take A Song 1979.05 Victor SJX-20131
SNIPER 1983.01 PONY CANYON PCCY-1605
Painted Woman 1983.11 PONY CANYON PCCY-1606
BEEN 1985.06 PONY CANYON PCCY-1607
STORIES 1987.11 PONY CANYON PCCY-1608
流宇夢サンド '95 1995.07 bounce bounce-0003
TENDER HEART 2000.04 aosis VICL-69011
ROAD MOVIE 2000.10 aosis VICL-69022
All-n-All 2001.10 aosis VICL-69062
The Guitar Bros. with 今剛 sittin'in 2003.06 aosis VICL-69096
Acoustic Age 2004.10 aosis VICL-69118
HUMARHYTHM I 2000.03 Rocking Chair RCMT-1001
HUMARHYTHM II 2002.10 Rocking Chair RCM-1002
HUMARHYTHM LIVE 2003.05 Rocking Chair RCM-1003/4
HUMARHYTHM III 2004.10 Rocking Chair QRCJ-1005
LIVE 1990-94 /TRIFORCE 2005.04 Rocking Chair QRCJ-1006
Life-Forever /TRIFORCE 2005.04 Rocking Chair QRCJ-1007
GUITAR TALKS 2005.04 Rocking Chair QRCJ-1008
松原正樹&岩見和彦/INSTRUMENTAL HEAVEN the TWIN GUITAR 2005.06 アンドフォレスト AFS-1001/2
HUMARHYTHM IV /4ROCKAMBOS 2006.06 Rocking Chair QRCJ-1010
4ROCKAMBOS + 春名正治 LIVE 2008.01 Rocking Chair 品番なし
HUMARHYTHM V 2008.11 Rocking Chair QRCJ-1015
30th Anniversary Live 2009.04 Rocking Chair QRBJ-1018,QRCJ-1016
35th Anniversary Live 2014.02 Rocking Chair RCM-1021,RCM-1022
現実と幻覚 2014.07 Rocking Chair RCM-1024
プラチナムベスト PARACHUTE&松原正樹 2017.07 PONY CANYON PCCA-50285

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル
2004年11月1日 松原正樹 パーフェクト・スタジオ・ギター・ワーク DVD ATDV-054 ATOSS INTERNATIONAL
2005年1月26日
2008年7月25日
松原正樹25周年記念ライヴ! パラシュートの盟友再会!! DVD
DVD
MUBA-1012/1013
ATMA-803/804
DREAMUSIC
ATOSS INTERNATIONAL
2009年4月22日 30th Anniversary Live DVD QRBJ-1018 Rocking Chair Records
2012年2月27日 松原正樹 ソロ&リズム・ギター・レッスン DVD ATRD-260 ATOSS INTERNATIONAL
2013年6月27日 松原正樹 ギター・サウンド徹底解析 DVD ATDV-310 ATOSS INTERNATIONAL
2013年12月11日 松原正樹50歳記念ライブ at STB139 DVD RCM-1020 Rocking Chair Records
2014年3月12日 松原正樹 35th Anniversary Live at STB139 / 21 NOV 2013 DVD RCM-1021 Office Rocking Chair
2017年8月2日 30th Anniversary Live DVD RCM-1018 Rocking Chair Records

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f ギタリスト、作曲家の松原正樹さん死去 松任谷由実さんや松田聖子さんのレコーディングで活躍”. 産経新聞 (2016年2月11日). 2019年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j PROFILE”. 松原正樹 公式ウェブサイト (2018年11月1日). 2019年9月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l PROFILE”. ビクターエンタテインメント. 2019年9月17日閲覧。
  4. ^ a b c d ギタリストの松原正樹さん死去 61歳 ユーミン、聖子らと共演”. スポーツニッポン (2016年2月10日). 2019年9月17日閲覧。
  5. ^ 松原正樹さん スナイパー 小橋建太オフィシャルブログ「青春の握りこぶし」(2016年2月11日) 2016年12月28日閲覧
  6. ^ ひなっち=日向秀和、今剛、Motörhead レミー、SUGIZO…“憧れの音”試せるエフェクター”. Real Sound (2018年6月3日). 2019年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]