fairy (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
fairy
松田聖子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
プロデュース Yuji Toriyama
チャート最高順位
松田聖子 アルバム 年表
『Seiko Smile』 Seiko Matsuda 25th Anniversary Best Selection
2005年
fairy
2005年
Under the beautiful stars
2005年
『fairy』収録のシングル
  1. 永遠さえ感じた夜
    リリース: 2005/2/2
テンプレートを表示

fairy』(フェアリー)は、松田聖子(通算38枚目)のオリジナルアルバム。2005年4月6日発売。発売元はソニー・ミュージックエンタテインメント

解説[編集]

  • 2004年12月頃からオンエアされ、愛娘・神田沙也加(当時の芸名は「SAYAKA」)との共演も話題となった大京ライオンズマンションコマーシャルソング永遠さえ感じた夜」、歌詞なしのインストゥルメンタル曲を含む全11曲を収録。
  • 初回生産分のみ透明三方背ボックス入り。また、3ヵ月ごと計4枚の卓上サイズカレンダー付き。
  • オリコンアルバムヒットチャートのベストテンにランクインし、アルバムベストテン・ランクイン数が女性歌手部門で松任谷由実と並び歴代第1位になった(2005年4月当時の記録)。
  • 例年は5・6月頃の初夏に発売されることが多いオリジナルアルバムであるが、今作は4月に発売された。歌詞に「春」という言葉の出てくる曲もある。なお、当時25年のキャリアの中で、4月にオリジナル・アルバムが発売されたのは初めてであった。
  • アルバムに連動した夏のコンサートツアー「SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2005 fairy」が行われたが、当アルバムからの披露は3曲にとどまった。同年11月23日にDVD商品化済。
  • ジャケット・インナーフォトは篠山紀信。アルバム「『LOVE』 Seiko Matsuda 20th Anniversary Best Selection」(2000年11月29日)以来であった。コンサートの日本武道館公演では、関係者席に座る篠山氏がステージ上の松田から紹介された。隣の席には夫人で、日本の「女性アイドル」の先駆者と云われる機会が多い "シンシア" こと南沙織の姿も見受けられた。なお、2006年6月14日に発売された『Cynthia Premium』(南沙織 歌手デビュー35周年記念商品)の解説本で、「カラオケでよく歌うのは聖子ちゃんの曲」というエピソードを披露している。
  • タイトルの和訳は「妖精」。コンサートのオープニング映像やグッズにも妖精のシルエットをモチーフとしたキャラクターが使用されていた。

収録曲[編集]

  1. Giselle (5:22)
  2. 永遠さえ感じた夜 (4:40)
  3. 花びら (4:52)
  4. Let's try again (4:07)
  5. Fairytale(Intelude) (1:31)
  6. あの日のまま (4:22)
  7. 夢見てた二人 (5:12)
  8. ウェディングロード (4:37)
  9. just for tonight (4:21)
    • 作詞: Seiko Matsuda、作曲: Philippe Saisse、編曲: Yuji Toriyama
    • 2002年のシングル『Just for tonight』とは、同タイトルの別曲
  10. あなたが遠すぎて (5:22)
  11. Stars (4:00)
    • 全作詞: Seiko Matsuda、作曲・編曲: Yuji Toriyama (except #9)

関連項目[編集]

関連人物[編集]