杏里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杏里
ANRI
出生名 川嶋 栄子(かわしま えいこ)
生誕 1961年8月31日(54歳)
出身地 日本の旗 日本,神奈川県大和市
学歴 神奈川県立希望ヶ丘高等学校
ジャンル J-POP
シティ・ポップ
職業 歌手
活動期間 1978年 -
レーベル フォーライフミュージックエンタテイメント (1978-2000)
ドルフィンハーツ/日本クラウン (2000-2003)
日本コロムビア (2004-2005)
ユニバーサルミュージック (2007-2010)
ワーナーミュージックジャパン (2011)
アイビーレコード (2013-)
公式サイト http://anri-music.com/

杏里(あんり、1961年8月31日 - )は、日本歌手シンガーソングライター。女性。本名は川嶋 栄子(かわしま えいこ)。身長168cm。アーティスト名として、ANRI織田哲郎とのコラボレートも含む)と表記する場合が多い。現在アメリカ在住。

経歴[編集]

神奈川県大和市出身。神奈川県立希望ヶ丘高等学校定時制卒業。1978年、高校2年生の時に後にスタンダードナンバーにもなった『オリビアを聴きながら』でデビュー。幼少時からピアノを習い、熱狂的ファンだった松任谷由実などの楽曲の弾き語りが趣味だったそうで、歌手デビュー前はファッションモデルをしていた。因みに杏里という芸名は当時の所属事務所、ボンド企画の社長で高杉敬二の娘である河村和奈へ出生時に名づける名前だったそう。

デビュー曲が小ヒット(その後ロングランを続け、上記のようにデビュー曲にしてスタンダードナンバーとなった)後はシングル、アルバムを定期的に発表してきたが、4年ほど目立ったヒット曲に恵まれず1982年に当時のバックバンド『スプリット・ココナッツ』のメンバーでもあった小林武史が作曲して花王CMで使われたシングル盤『思いきりアメリカン』と同シングル曲を収録したベストアルバム『思いきりアメリカン 〜I Love Poping World,Anri〜』がヒットした。7月には初のエッセイ集『思いきりアメリカン』を発売した。

それまではアイドルタレントのような活動をしていたが、『思いきりアメリカン』のスマッシュヒット直後に、今後は泉沢勝(現、梶岡勝)のプロデュースでコンサート活動やアルバム製作を中心に活躍できる本格的なアーティストになるようにシフトチェンジをはかるために、泉沢が社長を務めたボンド企画系列の事務所でもあったマーマレードへ移籍した。長渕剛B'zなどを手がけた舞台監督であるトゥエンティワンクリエイトの市川社長の協力のもと、人をひきつけるステージ、アーティスト杏里を創り上げるべく新しい試みに取り組む。その際イメージ戦略もはかり、サーファー専門誌などにも登場して杏里=夏、海というイメージを定着させ、角松敏生や小林の他に、ブレッド&バターが作品提供して、杏里が作詞作曲したタイトル曲を含む4枚目のオリジナルアルバム『Heaven Beach』を発表して話題になり当時の若者の心をつかんだ。

1983年には当時まだ無名で同事務所所属であった角松に5枚目のアルバム『Bi・Ki・Ni』のA面5曲プロデュースを任せて、洗練された音楽のイメージ、アーティスト杏里を誕生させたのである。6月に発表した『Bi・Ki・Ni』は自己最高のオリコンアルバムチャート27位を記録した。8月には日本テレビから依頼を受けアニメ『キャッツ♥アイ』の主題歌『CAT'S EYE』を歌ってシングル発売した。アニメの歌ということで本人も初めは嫌悪感を示して乗り気ではなく、悔し涙が止まらなかったそうだが、思わぬ大ヒットで自身初のオリコン1位に輝き、杏里の代表曲の一つとなる。その直後に発売したシングル「悲しみがとまらない」(角松敏生によるプロデュース)も連続大ヒットさせて2曲そろってベスト10入りを果たした。12月にはこれら2大ヒットシングルを収録した角松フルプロデュースのアルバム『Timely!!』を発表してこちらもオリコン1位の大ヒットとなり、年末の第34回NHK紅白歌合戦にも初出場して杏里は不動の位置を得ることになる。

1984年には日清食品のカップ焼きそば日清焼そばU.F.O.のCMソングに使われて、自身もCM出演したシングル『気ままにREFLECTION』もヒットし、同曲のアルバムバージョンを収録したロサンゼルスレコーディングのアルバム『COOOL』を発表後にマーマレードから独立して、杏里の家族とともに個人事務所であるコロニーサーフを立ち上げる。1985年ポカリスウェットのCMソング、『DEJA-VU(デジャヴー)』が起用されるが、レコード化やCD化されることはなかった。独立後に、当時としては珍しかった外国人ダンサーやコーラスを自身のツアーメンバーに迎えて今まで以上にダンサブルで魅せるステージ活動を行いつつ、角松や小林などが参加した集大成アルバムでシンセサイザーを多用して制作された『WAVE』、1986年にはアジアンテイストな楽曲を多数収録した『MYSTIQUE』、井上鑑をサウンドプロデューサーに迎えロンドンレコーディングした意欲作『TROUBLE IN PARADISE』を発表した(ちなみに、元イエスのドラマー、ビル・ブルーフォードや、後にTOTOのドラマーとなるサイモン・フィリップスも参加している。)

1987年発売のアルバム『SUMMER FAREWELLS』以降、杏里本人によるセルフプロデュースが始まり、このアルバムから現在まで長年に渡り作詞に吉元由美、編曲に小倉泰治を迎えて共同で楽曲制作したり、その後本格的に杏里自身で全楽曲の作曲に取り掛かり、ソングライターとしてアイドルなどに楽曲提供するなどアーティストとしてさらにその名を上げ始めていった。主だって夏によく合うダンサブルな曲やバラード曲が多いのが特徴である。1988年にはアルバム『BOOGIE WOOGIE MAINLAND』、ベストアルバム『MY FAVORITE SONGS』、シングル『SUMMER CANDLES』、『スノーフレークの街角』が連続大ヒットした。

最大のピークは1989年発売のアルバム「CIRCUIT OF RAINBOW」から1991年の「NEUTRAL」にかけての3作品。「NEUTRAL」においては、自身唯一のミリオン出荷を達成している。この時期にはカナダドライジンジャーエール東芝ビデオデッキ「ARENA」、カネボウ「テスティモルージュ」のCMに出演した(CMソングも担当)。

1990年には、最初で最後の全国アリーナツアーを敢行。1993年にはシングル『ドルフィン・リング』が大ヒットする。1994年には、1998年開催の長野オリンピック公式テーマソング「SHARE 瞳の中のヒーロー」を発表。

2007年10月1日より月 - 金フジテレビ系、お昼前の情報バラエティ番組「ハピふる!」のテーマソング『もう悲しくない〜ハピふる!〜』を担当。3月3日より『もう悲しくない〜ハピふる!〜』着うたの先行配信開始。4月9日より『もう悲しくない〜ハピふる!〜』デビュー30周年アニヴァーサリーエディションとしてCD+DVDの限定版、及び通常版CDがリリースされた(ユニバーサル・ミュージック)。

2010年10月、JTルーツCMソング根の歌」を歌うユニットコーラスジャパンに参加

2011年4月には、ユニバーサルミュージックからワーナーミュージックジャパンへ移籍することが発表され、7月には移籍第1弾でフォーライフ時代の楽曲や、尾崎亜美が杏里のために30年振りに製作した新曲や日本航空のテーマ曲「I Will Be There with You ~あふれる想い」を含むベストアルバム「Heart to Heart 〜with you〜」がリリースされた。

2013年にはアイビーレコードへ移籍して、7月10日には、80年代のオリジナルアルバムから選曲した楽曲を全曲新録音の35周年記念アルバム「Surf City -Coool Breeze-」をリリースした。

人物[編集]

1988年6月、デザイナー・山本寛斎の甥で当時アパレル会社社長の岸田健と結婚。しかし、1993年9月に離婚した。2005年にはジャズギタリスト、リー・リトナーLee Ritenour)と婚約を発表したが、2008年4月28日、自身のホームページにて婚約を破棄したことを発表した。

ファーストアルバムのレコーディングで訪れたロサンゼルスをデビュー当時からとても気に入っていて、いつかはロスで生活したいと当時から考えていたそうで2000年に移住してからは、ロスを拠点に国内外で音楽活動をしている。

1983年、長野県更埴市(現千曲市)より、あんずの里の観光振興に寄与したとして名誉市民の称号が与えられ、授与式の模様がテレビ番組「ザ・ベストテン」(TBS制作)の中で全国に放映された。

2008年7月、藤沢市より初代「ふじさわ観光親善大使」に選ばれる(2代目(2010年~)はかつて杏里の前座も務めたことのあるTUBE)。

音楽[編集]

シングル[編集]

  1. オリビアを聴きながら(1978年11月5日)
    • 作詞:尾崎亜美、作曲:尾崎亜美、編曲:瀬尾一三
    • デビュー曲にして、杏里の代表曲である。
      • (作詞した尾崎によると)タイトルは「オリビア・ニュートンジョンの'making a good thing better'と言う曲を聴きながら」という意味である。
      • 'making a good thing better' は複数形・making good things better となって歌詞の一部となっている
  2. 地中海ドリーム(1979年4月21日)
    • 作詞:尾崎亜美、作曲:尾崎亜美、編曲:鈴木茂
  3. 涙を海に返したい(1979年8月21日)
    • 作詞:尾崎亜美、作曲:尾崎亜美、編曲:鈴木茂
  4. インスピレーション(1979年12月21日)※(テレビ東京系ドラマ『体験時代』主題歌)
    • 作詞:尾崎亜美、作曲:尾崎亜美、編曲:佐藤準
  5. 風のジェラシー(1980年4月5日)(サントリー「POP」CMソング)
  6. 可愛いポーリン(1980年9月5日)(美容週間イメージソング)
  7. コットン気分(1981年4月21日)(花王コロン「リマーラ」CMソングで杏里もCM出演した。日清紡のティッシュ「コットンフィール」のCMで替え歌が流れている)
    • 作詞:かおる、作曲:かおる、編曲:岡田徹
  8. 異国の出来事(1981年9月21日)
  9. エスプレッソで眠れない(1982年2月5日)※
    • 作詞:糸井重里、作曲:鈴木慶一、編曲:岡田徹
  10. 思いきりアメリカン(1982年4月21日)(花王コロン「リマーラ」CMソング。再びCM出演している。)
  11. Fly By Day(1982年11月21日)
    • 作詞:角松敏生、作曲:角松敏生、編曲:瀬尾一三
  12. Lady Sunshine(1983年6月5日)
    • 作詞:角松敏生、作曲:角松敏生、編曲:角松敏生、プラス編曲:佐藤準
  13. CAT'S EYE(1983年8月5日)(アニメ『キャッツ♥アイ』オープニングテーマ)
  14. 悲しみがとまらない(1983年11月5日)
  15. 気ままにREFLECTION(1984年4月21日)(日清焼そば「U.F.O.」CMソング)
    • 作詞:三浦徳子、作曲:井上大輔、編曲:井上大輔、プラス編曲:佐藤準
  16. 16(Sixteen)BEAT(1985年4月21日)(JTたばこ「サムタイム」WORLD CUP'85イメージソング)
    • 作詞:三浦徳子、作曲:ANRI、編曲:瀬尾一三
  17. オリエンタル・ローズ(1986年2月21日)
    • 作詞:吉元由美、作曲:小田裕一郎、編曲:入江純
    • B面の[INNOCENT TIME]はテレビ東京系「スキーNOW'86」テーマソング
  18. モーニング スコール(1986年6月5日)(大阪ガスシャワーCMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:羽田健一、編曲:入江純
  19. TROUBLE IN PARADISE(1986年12月5日)
  20. HAPPYENDでふられたい(1987年3月21日)(JTたばこ「サムタイム」CMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  21. SURF & TEARS(1987年7月22日)(JTたばこ「サムタイム」CMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:入江純
  22. SUMMER CANDLES(1988年7月13日))(日本テレビ系ドラマ『恋人も濡れる街角』主題歌、JTたばこ「サムタイム」CMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  23. スノーフレイクの街角(1988年12月14日)(JTたばこ「サムタイム」CMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  24. Sweet Emotion(1991年2月14日)(カネボウ「テスティモルージュ」CMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  25. Back to the BASIC(1991年6月21日)(東芝ビデオ「ARENA」CMソング)
    • 作詞:ANRI、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  26. 嘘ならやさしく(1991年8月21日)(カネボウ「テスティモルージュ」CMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  27. ラスト ラブ(1991年11月21日)(日本テレビ系ドラマ『結婚しないかもしれない症候群』主題歌)
    • 作詞:ANRI、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  28. LANI -Heavenly Garden-(1992年6月3日)(関西テレビ放送 制作・フジテレビ系『不思議サスペンス』テーマソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  29. ドルフィン・リング(1993年4月7日)(映画「結婚」主題歌)
    • 作詞:ANRI、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  30. ALL OF YOU(1994年6月17日)(舞台「シレラ」イメージソング)
  31. SHARE 瞳の中のヒーロー(1994年11月18日)(長野オリンピックオフィシャルテーマ)
  32. Legend of Love(1995年8月19日)(映画「EAST MEETS WEST」エンディングテーマ)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  33. あの夏に戻りたい(1996年7月19日)(国内信販「KCカード」CMソング、テレビ朝日系アトランタオリンピック番組テーマ、テレビ東京系『EARTH BEAT』テーマ)
    • 作詞:森雪之丞、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  34. もうひとつのBirthday(1996年8月21日)(日本テレビ系『NNNきょうの出来事』エンディングテーマ、国内信販「KCカード」CMソング)
    • 作詞:森雪之丞、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  35. CAT'S EYE -2000-(1997年8月21日)(映画『CAT'S EYE』主題歌)
    • 作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:ANGELA JOHNSON For Cooly's Hot Box
  36. Future For You(1997年11月21日)(フジテレビ系『ポンキッキーズ』挿入歌、国内信販「KCカード」CMソング)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  37. SHARE 瞳の中のヒーロー(1998年1月7日)(1994年発売のリアレンジ版)(ミズノ「MODE」CMソング)
    • 作詞:ANRI、作曲:ANRI、編曲:Masaru Nishiyama & Tom Keane
  38. Eternity(1998年4月8日)(TBS系『日立 世界・ふしぎ発見!』エンディングテーマ)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治
  39. 夏の月(1998年6月10日)(キヤノン「IXY」CMソング)
  40. 逢えないせつなさと(1999年5月21日)(フジテレビ系『ウチくる!?』エンディングテーマ)
  41. Sunset Beach Hotel(2001年8月22日)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:Jochem van der Saag
  42. Tears in Crystal(2001年10月24日)(日本テレビ系『火曜サスペンス劇場』主題歌)
    • 作詞:吉元由美、作曲:ANRI、編曲:Jochem van der Saag
  43. CANDLE LIGHT (2002年12月4日)※織田哲郎&ANRI名義
    • 作詞:ANRI 作曲・編曲:織田哲郎
  44. Return To The Silence(2004年7月21日)(TBS系『ジャスト』エンディング・テーマ)
    • 作詞:吉元由美、作曲:杏里、編曲:小倉泰治
  45. Field of Lights(2005年9月28日)
  46. もう悲しくない〜anri 30th anniversary edition〜(2008年4月9日)(フジテレビ系『ハピふる!』テーマソング)
    • 作詞:ANRI、作曲:ANRI、編曲:小倉泰治/ANRI
※発売の日付は、正確な情報が手に入らなかったため、一番有力な日付で記載した。

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 1978年11月21日 杏里 -apricot jam- FLCF-29038(FLL-5026)
2nd 1979年6月21日 Feelin' FLCF-29039(FLL-5030)
3rd 1981年9月21日 哀しみの孔雀 FLCF-29040(28K-27)
4th 1982年11月21日 Heaven Beach FLCF-29042(28K-43)
5th 1983年6月5日 Bi・Ki・Ni FLCF-29043(28K-48)
6th 1983年12月5日 Timely!! FLCF-29044(28K-63)
7th 1984年6月21日 COOOL FLCF-29045(28K-70)
8th 1985年6月21日 WAVE FLCF-29046(28K-91)
9th 1986年6月5日 MYSTIQUE FLCF-29047(28K-105)
10th 1986年11月21日 TROUBLE IN PARADISE FLCF-29049(28K-123)
11th 1987年5月2日 SUMMER FAREWELLS FLCF-29050(28K-130)
12th 1988年5月21日 BOOGIE WOOGIE MAINLAND 33KD-128(28K-150)
13th 1989年6月21日 CIRCUIT of RAINBOW FLC-4005
14th 1990年6月23日 MIND CRUISIN' FLCF-31074
15th 1991年6月1日 NEUTRAL FLCF-30101
16th 1992年6月24日 MOANA LANI FLCF-30133
17th 1993年8月25日 1/2&1/2 FLCF-30215
18th 1996年7月29日 Angel Whisper FLCF-3644
19th 1997年10月8日 TWIN SOUL FLCF-3699
20th 1998年7月15日 MOONLIT SUMMER TALES FLCF-3717
21st 1999年6月23日 EVER BLUE FLCF-3755
22nd 2000年7月19日 The Beach House FLCF-3799
23rd 2001年10月24日 My Music CRCP-40008
24th 2005年11月2日 Sol COCP-33179
25th 2015年8月19日 Smooth & Groove QYCI-10022

企画アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
カヴァーミニアルバム 2002年5月22日 SMOOTH JAM -Aspasia- CRCP-40013
カヴァーミニアルバム 2002年11月21日 SMOOTH JAM -Quiet Storm- CRCP-40025
カヴァーアルバム 2007年9月12日 tears of anri UPCH-1561
カヴァーアルバム 2008年7月16日 tears of anri 2 UPCH-1613
セルフカヴァーアルバム 2009年12月2日 ANRI AGAIN〜Best Of Myself UICV-1004
セルフカヴァーアルバム 2013年7月10日 Surf City -Coool Breeze- QYCI-10007
セルフカヴァーアルバム 2014年6月25日 Surf & Tears QYCI-10016
コンセプト・アルバム 2016年8月3日 Melodies -Smooth & Groove- QAIR-10042

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 1980年11月21日 杏里 ザ・ベスト 28K-10
2nd 1982年5月21日 思いきりアメリカン 〜I Love Poping World,Anri〜 FLCF-29041(28K-39/35KD-14)
3rd 1986年7月21日 ザ・杏里 FLCF-29048(35KD-50)
4th 1987年11月21日 meditation 33KD-116(28K-144)
5th 1988年7月21日 MY FAVORITE SONGS FLCF-30126(33KD-138)
6th 1991年12月21日 MY FAVORITE SONGS 2 FLCF-30125
7th 1994年7月8日 16th Summer Breeze FLCF-3511
8th 1995年9月1日 OPUS 21 FLCF-3580
9th 2000年5月24日 Anri The Best FLCF-3791
10th 2003年7月23日 R134 OCEAN DeLIGHTS FLCF-3967
11th 2007年10月17日 a day in the summer The Best from "16th Summer Breeze" and "OPUS 21" FLCF-4203
12th 2011年7月6日 Heart to Heart 〜with you〜 WPCL-10976

提供楽曲[編集]

  • おかわりシスターズ
    • 「シーサイドメモリー」 作詞曲:ANRI(1984年
  • 神田正輝
  • 小幡洋子
  • 香坂みゆき
    • 「ラストショウ」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1987年
  • 石田ひかり
    • 「ロマンチックでいこう」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1987年
  • 仁藤優子
    • 「星のフィナーレ」 作詞:入江純 / 作曲:ANRI(1987年
    • 「灼熱SEASON」 作詞:入江純 / 作曲:ANRI(1987年
  • 仙道敦子
    • 「クラスメイトでなくなる日」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1987年
  • 松田聖子
    • 「Angel Tears」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1988年
  • 芳本美代子
    • 「FOR EVER MY DREAM」作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1988年
    • 「MIDNIGHT LABYRINTH」作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1988年
    • 「十月のさざ波」作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1988年
    • 「Boy's Lie Girl's Lie」作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1988年
    • 「クラスメイトでなくなる日」作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1988年
  • 中山美穂
    • 「Stardust Lovers」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1989年
    • 「サンクチュアリ〜Sanctuary〜」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1989年
    • Virgin Eyes」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1989年
  • 田中律子
    • 「恋人たちのイリュージョン」作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1989年
  • マリーン
    • 「FORTUNE TELLER」 作曲:ANRI / 作詞:マリーン(1990年
  • 観月ありさ
    • 「WILD・ERS -ワイルダーズ-」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1992年
    • 「さよならの贈りもの」 作詞:吉元由美 / 作曲:ANRI(1994年
  • リュ・シウォン
    • 「夏の夢」 作詞:田中はなの / 作曲:ANRI(2006年
    • TBS系のテレビ番組「噂の!東京マガジン」 エンディングテーマ
  • 加賀美セイラ
    • 「カレイドスコープ」 作詞:吉元由美・seira / 作曲:ANRI(2007年
    • 日本テレビ系「歌スタ!!」10月の“お題歌”

その他[編集]

テレビ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1983年(昭和58年)/第34回 CAT'S EYE 13/21 新沼謙治
1989年(平成元年)/第40回 2 Groove A・Go・Go 12/20 聖飢魔II
1996年(平成8年)/第47回 3 オリビアを聴きながら 15/25 南こうせつ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

外部リンク[編集]