聖母たちのララバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖母たちのララバイ
岩崎宏美シングル
初出アルバム『夕暮れから…ひとり
B面 赤い糸(1982年盤)
家路(1993年盤)
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 作詞:山川啓介
作曲:木森敏之John Scott
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(4週連続、オリコン
  • 1982年度年間3位(オリコン)
  • 1位(5週連続、ザ・ベストテン
  • 1982年上半期50位(ザ・ベストテン)
  • 1982年年間2位(ザ・ベストテン)
岩崎宏美 シングル 年表
檸檬
1982年
聖母たちのララバイ
1982年
思い出さないで
1982年
収録アルバム夕暮れから…ひとり
ハートブレイク・トワイライト
(9)
聖母たちのララバイ
(TVバージョン)
(10)
テンプレートを表示

聖母たちのララバイ」(マドンナたちのララバイ)は、1982年5月21日にリリースされた岩崎宏美の28枚目のシングルである。規格品番SV-7209。

解説[編集]

原題は「聖母の子守歌」。前年9月に開始した日本テレビの2時間ドラマ枠『火曜サスペンス劇場』のエンディングテーマ(主題歌)であった同曲は、当初エンドロール用に放送される1コーラス分のみが制作されただけであった。ゆえにそれ以外のパートは製作・録音されておらず、発売の予定も立っていなかった。しかし、放送後に視聴者から作品化の要望が殺到したため、番組内のマスターテープを元に録音したものを製作し、抽選による視聴者200名のプレゼントとした。ところが、35万通[1][2]を超える応募はがきが殺到し、過去に同様の企画を行った『西遊記』エンディングテーマ「ガンダーラ」の10万通を大きく上回った[1]ため正式なレコードとして発売されることとなり、レコード会社間での紆余曲折の後、当時岩崎が所属するビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)でフルバージョンの制作が行われた。

発売2週目にしてオリコンシングルチャートで1位を獲得。岩崎自身1975年の「センチメンタル」以来約7年ぶり、通算3作目のチャート1位シングルとなった。セールスとしてもオリコン集計では80万枚を超え、累計では130万枚[3]を超える大ヒットを記録し、同年のオリコン年間シングルチャートでは3位を記録した。

またこの曲でTBSザ・ベストテン』には、「すみれ色の涙」以来3作ぶりにランクイン(通算14週間)を果たす。また、同番組で1位(通算5週間)を獲得したのも、同曲が唯一であった。

同年11月には第13回日本歌謡大賞を受賞。年末の第24回日本レコード大賞にも期待が高まったが、楽曲前半のメロディー映画ファイナル・カウントダウン』の劇中BGMの「ローレル&オウエンス」 (Laurel And Owens) および「ミスター&ミセスタイドマン 」 (Mr.and Mrs.Tideman) のメロディーと酷似していると、抗議のため来日した同曲の作曲者から指摘される。本曲作曲者の木森敏之がこの類似点を盗作と認めたため、作曲クレジットが木森と、盗作された上記楽曲の作曲者であるジョン・スコットとの併記という共作クレジットに修正された。この結果、外国人作家が製作した楽曲を対象外とする当時の日本レコード大賞の基準に該当し、大賞どころかノミネートにも至らなかった。最終的には作曲者のクレジットがジョン・スコットとの併記となったが、現在でも木森単独の作曲とする資料や、コンピレーション盤が複数存在している。当初4月21日発売と発表されていたが、1か月延期になった。初回盤にJohn Scott作曲・編曲とクレジットされているものが存在するなど、対応が当初混乱していた。因みにJASRAC作品データベースでは作曲:木森敏之として登録されている。

1983年の春には、第55回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用された。岩崎宏美の楽曲としては、1976年の「センチメンタル」以来7年ぶり2度目の選曲である。

この曲のオリジナル・キーはBm(ロ短調)で、最高音がDであり、これは当時の岩崎の地声の音域ギリギリであった。そのため、テレビやライブ等生で歌う際は半音下げてB♭m(変ロ短調)で歌っていた。オリジナル・キーのカラオケを使用して歌う場合には、サビでファルセットを用いていた。これが当時オリコン誌上で、「半音下げたりファルセットを用いたりすると緊張感に乏しく、良い歌に聞こえない」と論争を呼んだ。その後現在に至るまで、B♭mで歌っているが、1985年頃から、半音下げたキーでもサビにファルセットを用いるようになった。アルバム『誕生』以降の別バージョンは、全てファルセットを用いて吹き込んでいる。

1993年10月27日にはCDシングルとして再発されたが、その際は本作と入れ替わり2代目『火曜サスペンス劇場』主題歌となり、後にヒットした「家路」とカップリングして収録している。

作詞の山川啓介は「作詞はどなたかのピンチヒッターみたいだった。カラオケまで全て整って僕に回ってきた。(詞の意図は、)サスペンス劇場だから、そのまま終わるより、安らかな気持ちで眠りについてほしい、うなされたりすると困るから。」と説明。[4]

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

  1. 聖母たちのララバイ
  2. 赤い糸

1993年再発盤[編集]

  1. 聖母たちのララバイ
    • 作詞: 山川啓介、作曲: 木森敏之・John Scott、編曲: 木森敏之
  2. 家路
    • 作詞: 山川啓介、作曲・編曲: 木森敏之
  3. 聖母たちのララバイ(オリジナル・カラオケ)
  4. 家路(オリジナル・カラオケ)

別バージョン[編集]

※ライブ音源を除く

  1. 収録アルバム: 『夕暮れから…ひとり』(1982年7月5日発売、2007年4月25日紙ジャケ復刻)/編曲: 木森敏之
    • 『火曜サスペンス劇場』エンディングで使われたTVバージョン。
  2. 収録アルバム: 『誕生』(1989年11月21日発売)/編曲: 樋口康雄
    • ストリングス、フリューゲルホルン、ピアノにパーカッションを加えたアコースティック・バージョン。
  3. 収録アルバム: 『MY GRATITUDE 〜感謝』(1995年8月23日発売)/編曲: 塩谷哲(元編曲: 樋口康雄)
    • 金子飛鳥&ASKA STRINGSに塩谷のピアノを加えたアコースティック・バージョン。
  4. 収録アルバム: 『30TH ANNIVERSARY BOX』(2004年4月25日発売)/編曲: 寺本正樹
    • 2004バージョン。比較的オリジナルに忠実な編曲。
  5. 収録アルバム: 『PRAHA』(2007年9月26日発売)/編曲: 野見祐二
    • チェコ・フィルハーモニー管弦楽団60人の大編成によるフルオーケストラ・バージョン。

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、177頁。ISBN 4390116029
  2. ^ 長田暁二『歌謡曲おもしろこぼれ話』社会思想社、2002年、284頁。ISBN 4390116495
  3. ^ 岩崎宏美[プロフィール]- IMPERIAL RECORDS
  4. ^ 2014.5.5NHK FMの番組[要出典]

関連項目[編集]