CAT'S EYE (杏里の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CAT'S EYE (杏里の曲)
杏里シングル
初出アルバム『Timely!!
B面 Dancing with the sunshine
リリース
規格 レコード
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル フォーライフ・レコード
作詞・作曲 三浦徳子
小田裕一郎
チャート最高順位
  • 週間1位(5週連続、オリコン
  • 1983年9月度月間1位(オリコン)
  • 1983年10月度月間1位(オリコン)
  • 1983年度年間6位(オリコン)
  • 1位ザ・ベストテン
  • 1983年年間11位(ザ・ベストテン)
  • 1位ザ・トップテン
杏里 シングル 年表
Lady Sunshine
(1983年)
CAT'S EYE
(1983年)
悲しみがとまらない
(1983年)
テンプレートを表示

CAT'S EYE」(キャッツ・アイ)は、杏里の13枚目のシングル1983年8月5日フォーライフ・レコードから発売された。 表題曲「CAT'S EYE」は、テレビアニメキャッツ♥アイ』の前期オープニングテーマとして使用された。

デビューから5年経過後にリリースされたこの曲は、今までの曲調とは打って変わりアップテンポでシンセサイザーを多用したクールなシティ・ポップサウンドが有線放送や各ラジオ局で注目されオンエア数が増えると徐々にレコード売り上げを伸ばし、その後オリコンザ・ベストテンザ・トップテンで1位を獲得した[1]1983年の年間シングルチャート6位にも入るなど大ヒットし、杏里の存在を広く世に知らしめ、彼女の代表曲の1つになった。

背景[編集]

杏里は日本テレビ側から直々にこの曲を歌ってほしいと言う依頼を受けた[2]。杏里本人はほとんどアニメを見た事が無かった為、最初は戸惑いを覚えたものの、楽曲の良さに惹かれチャレンジする事に決めたとAERA dot.のインタビューで語っている[3][1]

ジャケットは二つ折りになっており、アニメのセルイラストが描かれている方が表ジャケット、杏里本人の写真が写っている方が裏ジャケットになる。写真は前シングル「Lady Sunshine」とオリジナルアルバム「Bi・Ki・Ni」の別ショット写真を採用している。初回プレス盤には杏里とキャッツアイの特製ステッカーが封入されていた。現在では(アニメの特番以外で)「杏里のヒット曲」として紹介される場合は、杏里本人の写っている裏ジャケットの方で紹介されることが多い。

2010年2月18日からは森三中がキャッツ♥アイの3姉妹に扮して話題になった「toto BIG」(スポーツ振興くじ)のCMソングに採用され、10月23日から放送の最終シリーズには杏里本人が登場した。


収録曲[編集]

(全作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:大谷和夫

  1. CAT'S EYE
  2. Dancing with the sunshine

収録アルバム[編集]

曲名 収録アルバム 発売日 備考
CAT'S EYE (NEW TAKE) Timely!! 1983年12月5日 6thオリジナルアルバム

反響[編集]

当時はゴダイゴの『銀河鉄道999』などのように有名な歌手がアニメ映画の主題歌を提供するケースはあったものの、テレビアニメにおいて有名な歌手が主題歌を提供するのは非常にまれであり、自身の音楽性と「アニメ番組の主題歌」というギャップに当初はあまり乗り気ではなかったことを後に告白している。

しかし、当人の意思に反し、楽曲は思わぬロングランでの大ヒットを記録し、杏里本人も現在では「その後の自分にとって大きな意味を持つ曲になったので、とても大切な曲」と語っている。 一方で番組のファンの中には、歌をヒットさせるためにアニメに起用されたと考える者も少なからず存在した[1]。 音楽ライターの不破了三は、この現象について、「このポップス側・アニメ側の双方が抱いていた「違和感」こそ、新しい時代にシフトアップしていく際のギアの「軋み」のようなものだったのかもしれない。」とニッポン放送内に寄せたコラムの中で分析している[1]。また、不破は本楽曲のヒット以降、アニメソングとポップスの自然な融合が加速し、1987年に放送開始された『シティーハンター』のエンディングテーマ「Get Wild」によってそれが完了したと推測している[1]。 オリコンも本楽曲のヒットによって有名な歌手の楽曲がアニメに採用される流れを加速させたと分析している[5]

記録[編集]

最終的には130万枚[6](オリコンでは82万枚。当時のオリコン集計でのアニメ主題歌の歴代最高売り上げ枚数を記録した)のセールスを記録する大ヒットとなった。オリコンでの1位をはじめ、テレビのランキング番組では「ザ・ベストテン」で番組300回記念の1位、「ザ・トップテン」では5週連続の1位に輝くなど、この年を代表するヒット曲のひとつとなった[1]。 また、同年の第34回NHK紅白歌合戦でも披露され、翌1984年春には、第56回選抜高等学校野球大会入場行進曲にも選出されている[7]アニメの主題歌がセンバツの入場行進曲に選出されるのはこれが初めてであった。

CAT'S EYE 2000[編集]

CAT'S EYE (杏里の曲)
杏里シングル
B面 キス
CAT’S EYE
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル フォーライフ ミュージックエンタテイメント
作詞・作曲 三浦徳子
小田裕一郎
杏里 シングル 年表
CAT'S EYE -2000-
1997年
Future For You
1997年
EANコード
EAN 4988018309710
テンプレートを表示

CAT'S EYE 2000」(キャッツ・アイ)は、杏里の35枚目のシングル1997年8月21日発売。発売元はフォーライフ ミュージックエンタテイメント。FLDF-1636

解説[編集]

表題曲「CAT'S EYE 2000」は、フジテレビ映画キャッツ♥アイ』の対主題歌タイアップ用に新録した音源として、タイトルも新たに再レコーディングされた。

収録曲[編集]

  1. CAT'S EYE 2000
    • 作詞:三浦徳子 / 作曲:小田裕一郎 / 編曲:ANGELA JOHNSON For Cooly's Hot Box
  2. キス
  3. CAT’S EYE
    • 作詞:三浦徳子 / 作曲:小田裕一郎 / 編曲:大谷和夫

杏里によるその他のセルフカヴァー・ヴァージョン[編集]

上記の他にも以下のアルバムでそれぞれセルフカヴァーされている。

他アーティストによるカバー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 不破了三 (2018年10月16日). “1983年10月17日、杏里「CAT’S EYE」が4週目のオリコン1位を獲得~「CAY’S EYE」が開いた新しい時代の『扉』”. ニッポン放送. 2020年10月18日閲覧。
  2. ^ 2007年9月19日放送のNHK「SONGS」より。
  3. ^ 神舘和典 (2019年2月26日). “『CAT'S EYE』『オリビアを聴きながら』 杏里が語る名曲誕生の意外な瞬間 〈dot.〉”. AERA dot. (アエラドット). 2020年10月18日閲覧。
  4. ^ 紅白歌合戦では『Timely!!』バージョンが演奏された(NHKアーカイブス内のNHK番組公開ライブラリーで確認できる)
  5. ^ 星野源の「ドラえもん」が提示した“オリジナル”アニソンへの原点回帰”. ORICON NEWS. 2020年10月18日閲覧。
  6. ^ 『産経新聞』1997年4月14日付東京夕刊。
  7. ^ 【センバツ入場行進曲一覧】第92回大会は「Foorin」の「パプリカ」”. スポーツニッポン (2020年1月14日). 2020年10月18日閲覧。