双頭の鷲の旗の下に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
双頭の鷲の旗の下に』
ドイツ語: Unter dem Doppeladler
Josef Franz Wagner Unter dem Doppel-Adler op 159.jpg
ピアノ譜の表紙

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
ジャンル 行進曲
作曲者 ヨーゼフ・フランツ・ワーグナー
作品番号 op.159

双頭の鷲の旗の下に』(そうとうのわしのはたのもとに、ドイツ語: Unter dem Doppeladler英語: Under the Double Eagle作品159は、ヨーゼフ・フランツ・ワーグナー1880年代1902年という説も)に作曲した行進曲。『双頭の鷲の下に』と呼ばれることもある。

明快かつリズミカルな曲調でワーグナーが当時オーストリア=ハンガリー帝国の軍楽隊長であった時期に作曲したものであり、曲名にある「双頭の鷲」は同国のシンボルである。日本では運動会などの行進曲としてよく用いられる。

構成[編集]

変ホ長調で4分の2拍子

次第に和声の広がる形の行進曲にふさわしい進撃的な前奏の後に、付点リズムの主題が続き、低音に旋律が移行する際は表拍での演奏からシンコペーションへと移る。中間部では変イ長調にかわり、悠然とした旋律。通常はダ・カーポするが、中間部で終わらせる場合もある。

曲がBGMとして用いられた作品[編集]

外部リンク[編集]