ジャレコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(旧)株式会社ジャレコ
JALECO LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 141-0031
東京都品川区西五反田1丁目21番8号KSS五反田ビル6階
設立 2006年7月3日
業種 その他製品
事業内容 家庭用テレビゲームソフト、携帯アプリ用ゲーム、オンラインゲームの企画、開発、販売他
代表者 代表取締役社長 加藤貴康
資本金 5,000万円
主要株主 株式会社ゲームヤロウ、加藤貴康
関係する人物 金沢義秋(創業者、元・代表取締役社長)
特記事項:※旧株式会社ジャレコ(現:EMCOMホールディングス)の持株会社化に伴う新旧分割という形での設立日。創業は旧ジャレコ設立の1974年10月3日。
テンプレートを表示

株式会社ジャレコ(JALECO LTD.)は、日本ゲームソフト開発会社。株式会社ゲームヤロウ子会社であった。

概要[編集]

旧・ジャレコ[編集]

1974年10月3日株式会社ジャパンレジャーとして創業。創業者は金沢義秋

1983年3月に株式会社ジャレコに改称。1980年代ファミリーコンピュータの初期サードパーティー6社(ハドソン、ナムコ、タイトー、コナミ、カプコン、ジャレコの6社。任天堂はこれら6社を優遇。)の一角だった。かつてはアーケードゲームの開発販売やアミューズメント施設ギャレッソ」「you&you」の運営、一般家庭向けのビアサーバーJAQNOブランドでのアクアリウム用品も製造販売も行っていた。これらはいずれも現在は撤退、業務移管済みである。

2000年に、香港のパシフィック・センチュリー・サイバーワークス(PCCW, 電訊盈科)の買収を受け、社名を「パシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン株式会社」(PCCW Japan)に変更した。しかし、その後の2004年1月25日に、再び「株式会社ジャレコ」に社名を戻した。2005年には、主要株主が香港のPCCWからSandringham Fund SPC Limitedに変更。

ジャレコ(2代目)[編集]

2006年7月3日付けで、従来の株式会社ジャレコ(初代、旧ジャレコ)がゲーム事業について会社分割簡易分割)を行い、「2代目」株式会社ジャレコを新設。旧ジャレコは株式会社ジャレコ・ホールディングに社名変更して、持株会社制へ移行。なお、ジャレコ・ホールディングは、引き続きJASDAQに上場(銘柄コード:7954)した。また、ジャレコ・ホールディングの経営陣は、社長である羽田寛を筆頭に旧ライブドア関係者が多数集結しており[1]、不動産業、金融業(証券、FX取引)といった投資関係の業務がメインで、ゲーム部門の売上げは10%ほどだった。

2009年1月15日、早期経営改善が見込めないことからジャレコの全株式が1円でジャレコ・ホールディングから提携先のゲームヤロウに売却され、ゲームヤロウの完全子会社となった[2]。この際、ジャレコ・ホールディングは、ジャレコに対する貸付金16億9000万円のうち9億9000万円を放棄している。なお、ジャレコ・ホールディングはその後の2009年4月、EMCOMホールディングスに社名変更している。

2014年初頭ごろからゲーム事業の活動は事実上休止状態に入る。この頃に公式ホームページも閉鎖されてしまった。

2014年5月21日、ゲーム事業を引き継いだゲームヤロウが、東京地方裁判所において破産手続き開始。負債総額は約22億4000万円と報道されている[3][4]

現状[編集]

2013年ごろ(ゲームヤロウの破産前だと思われるが詳しい時期は不明)、株式会社シティコネクションがジャレコゲームの知的財産権(ライセンス)を引き受ける[5]。その後、シティコネクション社が他社にライセンスを貸与する形で、ジャレコのゲームが家庭用ゲーム機・スマートフォンのアプリケーションなどに移植されるようになってきた。

2015年末~2016年初冬頃には、株式会社メビウスの制作・発売という形で、『燃えろ!!プロ野球』のPlayStation 4版が「完全新作」としてリリースされる予定。

沿革[編集]

旧・ジャレコ[編集]

ジャレコ(2代目)[編集]

  • 2006年7月3日 - 持株会社体制へ移行。(旧)株式会社ジャレコは株式会社ジャレコ・ホールディングに社名変更し、ゲーム事業は会社分割で新設した株式会社ジャレコ(現法人)に移管。
  • 2006年8月 - 親会社は赤坂DSビルに、株式会社ジャレコは市谷中央ビルに移転。
  • 2007年12月 - モバイルゲーム事業の社内開発チーム解散。
  • 2008年 - 株式会社ジャレコが赤坂DSビルに移転、オンラインゲーム事業からは撤退。
  • 2009年1月 - 株式会社ジャレコが株式会社ゲームヤロウの完全子会社となる。
  • 2012年1月 - バーチャルコンソールゲームアーカイブス向けのライセンスをハムスターに提供。
  • 2014年5月 - 親会社であるゲームヤロウ破産に伴い、会社組織としてのジャレコは消滅。

業務用(アーケード)ゲーム作品[編集]

家庭用(コンシューマ)ゲーム作品[編集]

オンラインゲーム作品[編集]

モバイルゲーム作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 不振ジャレコに集結、ライブドア人脈の謎(東洋経済オンライン2008年4月17日)
  2. ^ 連結子会社の移動(譲渡)および特別損失の発生に関するお知らせ 株式会社ジャレコ・ホールディング・平成21年1月15日プレスリリース
  3. ^ “ゲームヤロウが東京地裁より破産手続きの開始決定を受ける”. 4Gamer.net. (2014年5月28日). http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20140528115/ 2014年5月28日閲覧。 
  4. ^ “ゲームヤロウ、破産手続きを開始”. Impress GAME Watch. (2014年5月28日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140528_650753.html 2014年5月28日閲覧。 
  5. ^ “【インタビュー】まさに衝撃!PS4版『燃えプロ』最大の疑問「なぜ作ることになったのか」を開発陣に訊いた”. 総合ゲーム情報メディア:インサイド(株式会社イード). (2015年8月25日). http://www.inside-games.jp/article/2015/08/25/90561.html 2014年8月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]