負けないで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
負けないで
ZARDシングル
初出アルバム『揺れる想い
B面 Stray Love
リリース
規格 8cmシングル
カセットシングル
ジャンル J-POP
ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル b.gram
B-Gram RECORDS
(再発)
作詞・作曲 坂井泉水(作詞)
織田哲郎(作曲)
プロデュース 長戸大幸
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 1993年2月度月間1位(オリコン)
  • 1993年3月度月間4位(オリコン)
  • 1993年4月度月間9位(オリコン)
  • 1993年度年間6位(オリコン)
  • ZARD シングル 年表
    IN MY ARMS TONIGHT
    1992年
    負けないで
    (1993年)
    君がいない
    (1993年)
    テンプレートを表示

    負けないで」(まけないで)は、ZARDの6作目のシングル1993年1月27日発売。

    概要[編集]

    制作[編集]

    前作「IN MY ARMS TONIGHT」から約4ヶ月ぶりのシングル。当初はB-Gram RECORDS第1弾作品として発売される予定だったが、b.gramとの契約関係の都合により、8cm CDカセットテープの2形態で発売された。そのため、規格品番「BGDH-1001」は欠番になっている。現行盤の規格品番「BGDH-1031」はB-Gram RECORDS設立後の1994年1月1日に発売権が移管された上で再発売されている。

    作曲は2作ぶりに織田哲郎が手掛けた。クレジット表記はされていないが大黒摩季コーラスで参加していることが坂井逝去後に明かされている[1]。元々は織田哲郎のアルバム用の楽曲だったが[2]、坂井の詩をつけて歌ってみたところ非常に好評でシングル化された。織田の曲は特にイメージや設定もなく、自然に出てきたメロディーだったが、坂井の歌詞がはまった瞬間、プロデューサーの長戸大幸は「これは売れる!」と確信したという[3]

    長戸によれば、この曲の歌詞は恋よりも夢を選んで遠くへ行ってしまう相手を応援する「遠距離恋愛」の歌だった[3]。ディレクターの寺尾広は「このメロディーはこの言葉を言っている。そうとしか聞こえない」という話を坂井から聞いた[3]。どこまで本当の話か尋ねてみると、微笑みと共に「秘密です」と返されたという[3]

    坂井はレコーディング中に”最後まであきらめないで”から”最後まで走り抜けて”と歌詞を書き換えており、この楽曲について「当時、何作かずっと恋愛の詞ばかり書いていたので、今度は違うタイプの詞も書きたいなと思っていた矢先でしたので、このテンポ感のある曲を聞いたときに"応援歌っぽいな"ってすぐにイメージが湧いてきて一気に書き上げました。いつものシングルに比べてすごく自分でも楽しみながら書けた一曲です。」と語っている[注 2]。当時のスタッフも「発売された時期的にも団塊ジュニア世代の受験生に向けてというコンセプトでした」と語っている[注 3]

    ミュージック・ビデオ日本青年館で撮影された。

    評価[編集]

    オリコンの週間チャートで初登場2位、その後もトップ3を維持して、4週目で首位を獲得した。また、初登場から10週連続トップ10入りを記録している[4]。年間チャート6位を記録したZARD最大売上のシングルであり、大ブレイクのきっかけとなった。

    1994年JASRAC賞で銅賞を獲得している。

    2005年のNHK総合第56回NHK紅白歌合戦』の出場者選考の参考アンケートとしてNHKが実施した『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』にて紅組15位を獲得した。

    テレビ出演[編集]

    前作、前々作に引き続きテレビ朝日系列音楽番組ミュージックステーション』に出演し披露した。なお、これが最後の歌唱番組出演となった。タイアップ先のドラマで放送されたバージョンと、今作に収録されているバージョンでイントロアウトロが異なっている。なお、アウトロは『ミュージックステーション』での披露で活用された。

    2015年9月23日に放送された30周年記念特番『30年目突入! 史上初の10時間SP MUSIC STATION ウルトラFES』では、ハリウッドの協力を得てHDリマスター処理が施された1993年2月5日放送回の映像で放送された[5]。また、2019年2月1日に放送された『テレビ朝日開局60周年記念 ミュージックステーション3時間スペシャル』では、上述のHDリマスター処理が施された映像を元にハリウッドの最新技術を駆使し、生前の坂井の映像と、倉木麻衣によるデュエットで披露された[6]

    メディアでの使用[編集]

    カバー[編集]

    曲名 アーティスト 収録作品 発売日 備考
    負けないで ヴォンダ・シェパード 『フラッシュバック 〜ミリオン・ヒッツ・カバー・オン・TV〜』 2003年1月16日 英語詞でカバーした。
    織田哲郎 MELODIES 2006年9月20日 セルフカバー
    オーケストラを意識した仕上がりになっている。
    森下玲可 『Romantic Woman Trance 〜あゝ無情〜』 2006年11月22日 様々なアーティストのカバーを収録したコンピレーション・アルバム
    泉こなた(平野綾)、柊かがみ(加藤英美里)、柊つかさ(福原香織)、高良みゆき(遠藤綾 TVアニメ『らき☆すた』エンディングテーマ集 〜ある日のカラオケボックス〜 2007年7月11日 テレビアニメ『らき☆すた』第12話のエンディングテーマ。
    Meena 『I LOVE J-POP NONSTOP MIXED BY ITO YAMATO』 2012年10月24日 様々なアーティストのカバーを収録したコンピレーション・アルバム。
    倉木麻衣 Let's GOAL! 〜薔薇色の人生〜 2019年8月14日

    収録曲[編集]

    1. 負けないで [3:49]
    2. Stray Love [4:03]
      表題曲同様、ミュージック・ビデオは日本青年館で撮影された。長らく映像化には至っていなかったが、『ZARD MUSIC VIDEO COLLECTION 〜25th ANNIVERSARY〜』で初収録された。
    3. 負けないで (オリジナル・カラオケ) [3:49]
    4. Stray Love (オリジナル・カラオケ) [4:01]

    参加ミュージシャン[編集]

    ZARD
    Additional Musician

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年までの旧基準ではクワドラプル・プラチナ認定。
    2. ^ Golden Best 〜15th Anniversary〜』付属、坂井談による『Golden History 1991〜2006』より
    3. ^ 『Golden Best 〜15th Anniversary〜』付属、プロデューサー談による『Golden History 1991〜2006』より
    4. ^ 下り線の接近メロディには8thシングル「揺れる想い」が使用されている。

    出典[編集]

    外部リンク[編集]