季節の中で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
季節の中で
松山千春シングル
初出アルバム『起承転結
B面 青春II(セカンド)
リリース
ジャンル フォークソング
ニューミュージック
レーベル キャニオン/F-LABEL
作詞・作曲 松山千春
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1978年度年間26位(オリコン)
  • 1979年度年間24位(オリコン)
  • 1位(ザ・ベストテン
  • 1978年年間順位14位(ザ・ベストテン)
松山千春 シングル 年表
青春
(1978年)
季節の中で
(1978年)

(1979年)
テンプレートを表示

季節の中で」(きせつのなかで)は、松山千春1978年8月21日にリリースした5枚目のシングル。

解説[編集]

  • 松山千春にとっては初となるオリコンのシングルチャートで1位獲得となった。累計売上はミリオンセラーを達成した[1]。松山自身のオリコン売上では「長い夜」に次ぐセールスを記録している。
  • 山口百恵三浦友和共演のグリコアーモンドチョコレートのCMソングに起用された。また、1979年春開催の第51回選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも採用された。
  • この楽曲は曲先行で作られた。その後、松山が音楽を担当していたテレビドラマ『一年』[2]のワンシーンを見ていたところ、歌詞がひらめいたという[1]
  • 当時、松山は音楽番組への出演を拒否していたが、多くのファンの出演要望に応えるという形で、「1度限り」という条件でTBS系『ザ・ベストテン』にコンサート会場(旭川市民文化会館)からの中継で初の生出演、「季節の中で」を熱唱した[3]。この時「絶体絶命」で第7位にランクインした山口百恵が別番組の収録で登場が遅れ、松山の後に歌う予定だったが、松山が歌以外にテレビを通じたファンへのトークを行い(これ自体は当初より予定されていた)、トークの時間が長引いたため時間が押してしまい、山口の歌唱時間がなくなってしまうハプニングもあった(最後の写真撮影のみ参加)。
  • B面の「青春II(セカンド)」は、前シングル「青春」の続編として製作。のち1979年には高田みづえがシングル曲でカバーされた。

収録曲[編集]

  • 全作詞・作曲:松山千春
  1. 季節の中で(3分13秒)
    編曲:清須邦義
  2. 青春II(セカンド)(2分53秒)
    編曲:松井忠重

カバー[編集]

季節の中で
青春II(セカンド)

脚注[編集]

  1. ^ a b 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、474-475頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  2. ^ 一年 - ドラマ詳細データテレビドラマデータベース。(2012/3/14閲覧)
  3. ^ その後1981年にも「長い夜」の第1位獲得により、再び中継で同番組に出演した。

関連項目[編集]