オリビアを聴きながら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリビアを聴きながら
杏里シングル
B面 So Long
リリース
ジャンル J-POP
レーベル フォーライフ・レコード
作詞・作曲 尾崎亜美
チャート最高順位
杏里 シングル 年表
オリビアを聴きながら
1978年
地中海ドリーム
1979年
テンプレートを表示

オリビアを聴きながら」は、杏里の歌手デビュー・シングル。1978年11月5日発売。発売元はフォーライフ・レコード

解説[編集]

オリビアを聴きながら」は、尾崎亜美作詞作曲をして杏里に提供された楽曲[注 1]オリコンの記録上では最高位65位、売り上げ5万5千枚で当時としては目立ったヒットに至ってはいないが、時を経て多くの歌手にカヴァーされ、スタンダード・ナンバーへと成長した。製作者の尾崎もアルバム『MERIDIAN MELON』(1980.9.6)でセルフカバーをしている。

タイトルにある「オリビア」とは、「故郷へかえりたい(TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS)」「そよ風の誘惑(HAVE YOU NEVER BEEN MELLOW)」「ジョリーン(JOLENE)」「フィジカル(PHYSICAL)」などが日本でもヒットした英国人歌手・オリビア・ニュートン=ジョンの事[注 2]。直接的にオリビア自身について歌った楽曲というわけではなく、女性目線で恋の終幕が歌われた "失恋ソング" の類で、主人公の女性が聴いている「お気に入りの歌」、「淋しい心」を「なぐさめてくれる」歌として、オリビアの名前が登場する。杏里の楽曲制作を担当することになり、その当時の新居に越したばかりの尾崎の自宅へ杏里が訪れて、尾崎といろいろな会話をしたところ杏里がオリビア・ニュートン=ジョンが好きという話になりこの楽曲を制作したという逸話がある。

サビの箇所で「making good things better」というフレーズが登場するが、これはオリビアが1977年に発表した楽曲「MAKING A GOOD THING BETTER」(アルバム『MAKING A GOOD THING BETTER』〈邦題:きらめく光のように、1977.7.20〉に収録されている同名曲)から由来しており、「MAKING A GOOD THING BETTER」の方は、2人の愛をさらに深め、もっと育てようという内容の明るい歌詞であるが、「オリビアを聴きながら」では、そうした愛が終ってしまい、「いいえ、済んだこと」と歌われている。

前述の通り多くの歌手がカヴァーしているが、杏里自身によるリテイク・ヴァージョンも多く存在し、ベスト・アルバム『meditation』(1987.11.21)、『16th Summer Breeze』(1994.7.8)、『R134 OCEAN DeLIGHTS』(2003.7.23)にそれぞれ収録されている。『16th Summer Breeze』収録のものは、米国のプロデューサーデイヴィッド・フォスターがピアノ演奏で参加。『R134 OCEAN DeLIGHTS』では「Featuring Naoko Terai」として、ジャズヴァイオリニスト寺井尚子をゲストに迎えている。

発売から20年近くたった1996年大晦日の『第47回NHK紅白歌合戦』で、本楽曲が杏里によって紅白で初披露された。歌い継がれる名曲としての選出とされる。また、2003年の『第54回NHK紅白歌合戦』では後藤真希によって歌われているが、これは後藤が所属していたアイドルグループ「モーニング娘。」のメンバー加入オーディションで歌ったことに由来する。

2005年、『第56回NHK紅白歌合戦』の開催にあたりNHKが行ったアンケート「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜[注 3]では、紅組対象の上位94位にランクインした。

収録曲[編集]

  1. オリビアを聴きながら
  2. So Long

関連作品[編集]

  • 杏里 -apricot jam-(原曲)
  • 杏里 ザ・ベスト(原曲)
  • 思いきりアメリカン 〜I Love Poping World,Anri〜(原曲)
  • ザ・杏里(原曲)
  • ANRI the BEST(原曲)
  • ANRI IN THE BOX(原曲/『meditation』ヴァージョン)
  • meditation(『meditation』ヴァージョン)
  • MY FAVORITE SONGS(『meditation』ヴァージョン)
  • 16th Summer Breeze(『16th Summer Breeze』ヴァージョン)
  • R134 OCEAN DeLIGHTS(『R134 OCEAN DeLIGHTS』ヴァージョン)
  • ANRI AGAIN 〜Best Of Myself〜(『ANRI AGAIN 〜Best Of Myself〜』ヴァージョン)
  • Surf & Tears(『Surf & Tears』ヴァージョン)

カヴァー[編集]

オリビアを聴きながら[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 1978年は、尾崎亜美が他歌手に楽曲を初提供した年である。初提供作品は、歌手・南沙織が歌って資生堂コマーシャルソングに起用された「春の予感 -I've been mellow-」(1978.1.21)。
  2. ^ 1978年のオリビアは、出演したミュージカル映画『グリース』と映画挿入歌「愛のデュエット」「愛すれど哀し」等を大ヒットさせていた。
  3. ^ NHK紅白歌合戦で聴きたい曲を、はがき・インターネットなどで募ったもので、現時点では2005年のみ実施された企画となっている。
出典

関連項目[編集]