欧陽菲菲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
欧陽菲菲
出生名 欧陽菲菲
生誕 (1949-09-10) 1949年9月10日(71歳)[1]
出身地  台湾台北市
ジャンル ポップス、歌謡曲、ロック、ブラス・ロック
職業 歌手
活動期間 1967年-
レーベル Happy Music Records
公式サイト Fei Fei Official Website
欧陽菲菲
プロフィール
出生: (1949-09-10) 1949年9月10日(71歳)[1]
出身地:  台湾台北市
各種表記
繁体字 歐陽菲菲
簡体字 欧阳菲菲
拼音 Ōuyáng Fēifēi
注音符号 ㄡ ㄧㄤˊ ㄈㄟ ㄈㄟ
発音転記: おうやん・ふぇいふぇい
テンプレートを表示

欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー[2]繁体字: 歐陽菲菲 (ピン音: Ōuyáng Fēifēi、注音: ㄡ丨ㄤˊㄈㄟㄈㄟ) 、1949年9月10日[1] - )は、台湾出身[3]歌手。日本デビュー時は渡辺プロダクション所属[4]

1971年に「雨の御堂筋」で第13回日本レコード大賞新人賞を受賞[3]。1972年に「雨のエアポート」で日本有線大賞を受賞[5]。1983年に「ラヴ・イズ・オーヴァー」で第25回日本レコード大賞ロング・セラー賞を受賞[6]

経歴[編集]

出自は江西省吉安市にルーツを持つ。1967年台北市にあるレストラン・シアター「中央酒店」で歌手デビューした。その後来日し、1971年9月にベンチャーズ作曲の「雨の御堂筋」で日本デビュー。同曲がオリコンセールス79万枚、売上約136万枚[7]となる。翌1972年末には「第23回NHK紅白歌合戦」へ初出場した[3]

1971年後半から1974年前半までは筒美京平[8]が作曲、編曲を担当した。「恋の追跡(ラブチェイス)」は、ブラス・ロックのチェイスに影響を受けた楽曲である。1983年から1987年にかけては「ラヴ・イズ・オーヴァー」のロングセラーを獲得した。台湾と中華圏、そして日本で人気の高い歌手の1人である。

鄧麗君(テレサテン)との共演[編集]

同じく台湾出身の人気歌手、鄧麗君(テレサ・テン)とは日本で複数回共演している。1984年フジテレビの音楽番組「ミュージックフェア」で共演。当時テレサテンは「つぐない」、欧陽菲菲は前々年に再リリースした「ラブイズオーバー」がヒットしていたが、中立を保つ為にあえて他の歌手の曲を互いにカバーするという形をとった。3曲メドレーの中、1曲目「北国の春」を欧陽菲菲が歌い、2曲目「北酒場」を2人でデュエット、3曲目「恋人よ」をテレサテンが歌うという形態が取られた。
1991年12月31日の第42回NHK紅白歌合戦出場歌手に両名とも選出され、初めて同時出場した。欧陽菲菲・テレサテンとも通算3回目の出場。テレサテンが1995年に死去したため、最初で最後の同時出場となった。

音楽[編集]

日本におけるシングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
東芝音楽工業
1 1971年
9月5日
A面 雨の御堂筋 林春生 ザ・ベンチャーズ 川口真 TP-2517
B面 愛のともしび 橋本淳 筒美京平
2 1971年
12月20日
A面 雨のエアポート 橋本淳 筒美京平 TP-2579
B面 あなたは再び帰らない
3 1972年
4月5日
A面 恋の追跡 橋本淳 筒美京平 TP-2652
B面 水色の夜明け
4 1972年
8月5日
A面 夜汽車 橋本淳 筒美京平 TP-2709
B面 銀色の渚
5 1972年
12月20日
A面 雨のヨコハマ 橋本淳 筒美京平 TP-2793
B面 死んでもいいわ
6 1973年
4月5日
A面 恋の十字路 橋本淳 筒美京平 TP-2837
B面 嘆きの恋
7 1973年
8月20日
A面 恋は燃えている 橋本淳 筒美京平 TP-2896
B面 雨のティールーム
東芝EMI
8 1973年
12月1日
A面 火の鳥 橋本淳 筒美京平 TP-2960
B面 別れ時
9 1974年
4月5日
A面 海鴎 橋本淳 筒美京平 TP-2997
B面 夜の出来事
10 1974年
8月20日
A面 マリアの鐘 千家和也 猪俣公章 森岡賢一郎 TP-20048
B面 海辺のホテル
11 1974年
12月1日
A面 南十字星 千家和也 猪俣公章 森岡賢一郎 TP-20079
B面 北国
12 1975年
3月5日
A面 別離のヨコハマ 林春生 筒美京平 萩田光雄 TP-20114
B面 炎の女 筒美京平
13 1975年
5月20日
A面 風のしのび逢い 林春生 穂口雄右 TP-20139
B面 雨の季節
14 1975年
11月5日
A面 島の女 林春生 フィリピン民謡 森岡賢一郎 TP-20191
B面 航空便 穂口雄右
15 1976年
4月5日
A面 涙のディスコナイト 橋本淳 佐藤寛 川口真 TP-20252
B面 愛の報酬 なかにし礼 三保敬太郎
16 1977年
4月5日
A面 その日ぐらし 山口洋子 馬飼野康二 TP-10187
B面 港ララバイ
ポリドール
17 1979年
7月1日
A面 うわさのディスコ・クイーン 伊藤薫 川上了 DR-6337
B面 ラヴ・イズ・オーヴァー
18 1980年
7月
A面 ラヴ・イズ・オーヴァー 伊藤薫 川上了 DR-6413
B面 へんな女の独り言
19 1981年
6月
A面 星影のバラード 川野珠音 S.Curtis
J.Allison
矢島賢 7DX-1104
B面 イン・ユア・ライフ 伊藤薫 大村雅朗
20 1982年
5月
A面 面影ストーリー 嶺岸未来 林哲司 7DX-1166
B面 ダーリン・ダーリン 前田憲男
21 1982年
9月1日
A面 ラヴ・イズ・オーヴァー[9] 伊藤薫 若草恵 7DX-1189
B面 (カラオケ) - 伊藤薫
22 1984年
3月25日
A面 忘れていいの[10] 谷村新司 若草恵 7DX-1289
B面 硝子のステーション 森雪之丞 後藤次利
23 1985年
6月25日
A面 雨に咲く傘の花 荒木とよひさ 三木たかし 若草恵 7DX-1367
B面 愛されても他人
24 1986年
4月1日
A面 追憶 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美 7DX-1421
B面 悲しみの隣に
25 1986年
10月1日
A面 孔雀よふたたび愛へ さがらよしあき 若草恵 7DX-1460
B面 泣いちゃいないよ 島エリナ 矢野立美
26 1987年
4月5日
A面 愛伝説[11] 伊藤薫 若草恵 7DX-1487
B面 哀愁のタンゴ
27 1989年
4月7日
01 雨のメモリー 松本一起 小杉保夫 大谷和夫 H00P-40010
02 異国の朝に 鈴木キサブロー
28 1989年
12月21日
01 WE LOVE HEART 松本一起 小杉保夫 若草恵 H00P-40045
02 Oh! 上海 大谷和夫
29 1991年
9月21日
01 ほっといて 山田邦子 吉実明宏 山中紀昌 PODH-1054
02 抱いてあげる 赤星ちはる
30 1994年
8月25日
01 愛して たきのえいじ 杉本真人 24WM
Orchestra
PODH-1220
02 I'll Never 伊藤薫
テイチク
31 2001年
11月21日
01 TOKIO天使[12] 渡辺なつみ 浜圭介 矢野立美 TEDA-10522
02 THANK YOU MY LIFE
ビクター
32 2008年
9月3日
01 雨のNEW YORK 湯川れい子 大黒摩季 高橋利光 CYCL-35013
徳間ジャパン
33 2013年
8月7日
01 Still I Love You 伊藤薫 若草恵 TKCA-90559
02 ラヴ・イズ・オーヴァー Jeff Miyahara

日本におけるアルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 雨の御堂筋 (1971)
  2. 恋の十字路 (1972)
  3. 火の鳥 (1973)
  4. RETURN (1979)
  5. Still Stay In Love(星影のバラード) (1981.6)
  6. MY LOVE AGAIN (1983)
  7. BOTH SIDES(忘れていいの) (1984)
  8. Twilight City (1985.7.21)
  9. REMEMBERANCE(追憶)  (1986.6.1)
  10. Romantic Asia (1989.7.7)
  11. オーソドックス (1991.9.28)

ライブ・アルバム[編集]

  1. 欧陽菲菲 イン・ベラミ (1972.6.5)
    • 1972年4月7・8日、京都市東山区のナイト・クラブ「ベラミ」にて収録。
  2. 欧陽菲菲 オン・ステージ 来日一周年記念リサイタル (1972)
  3. 欧陽菲菲リサイタル-私は海鴎- (1974)
    • 1974年5月、大阪フェスティヴァル・ホールにて収録。
  4. リサイタル'86〜愛と歌があれば〜 (1986.12.1)

台湾における代表曲[編集]

  • 雨中徘徊(雨の御堂筋、1971)
  • 雨中旅程(雨のエアポート)
  • 愛我在今宵(恋の十字路)
  • 就這樣甜蜜活到底(恋の追跡)
  • 離情依依(夜汽車)
  • 熱情的沙漠(情熱の砂漠 ザ・ピーナッツのカヴァー)
  • 五月情意(また逢う日まで 尾崎紀世彦のカヴァー)
  • 喝采(喝采 ちあきなおみのカヴァー)* 明日戀情(恋は燃えている)
  • 火鳥(火の鳥)
  • 風雨裡認識你(海鴎)
  • 再見午夜(真夜中にサヨナラ)
  • 我為你唱一首歌(勝手にしやがれ 沢田研二のカヴァー)
  • 繁星(南十字星)
  • 晨鐘(マリアの鐘)
  • 嚮往
  • 我們在愛的天地(ひまわり娘 伊藤咲子のカヴァー)
  • 晩風吹如月鉤(愛のフィナーレ ザ・ピーナッツのカヴァー)
  • 她的背影(甘い十字架 布施明のカヴァー)
  • 可愛的玫瑰花(お手やわらかに 夏木マリのカヴァー)
  • 珍重(絹の靴下 夏木マリのカヴァー)
  • 願望(裸足の女王 夏木マリのカヴァー)
  • 一句悄悄話(小さな恋 中島淳子のカヴァー)
  • 再見吾愛(グッド・バイ・マイ・ラブ アン・ルイスのカヴァー)
  • 愛的路上我和你(セクシー・バス・ストップ 浅野ゆう子のカヴァー)
  • 風児傳情意(風のしのび逢い)
  • 嘿嘿TAXI(ムーン・ライト・タクシー 浅野ゆう子のカヴァー)
  • 噢!李先生(オー!ミステリー 浅野ゆう子のカヴァー)
  • 夢舞(ハッスル・ジェット 浅野ゆう子のカヴァー)
  • Disco Queen(うわさのディスコクィーン)
  • 快樂在心扉(More Than I Can Say Leo SayerBobby Veeのカヴァー。「星影のバラード」の邦題で自身も日本語版を歌唱)
  • 逝去的愛 (Love is Over)
  • 我的故郷(狂った果実 アリスのカヴァー)
  • 最後的一首歌(さよならの向う側 山口百恵のカヴァー)
  • 舞在旋律中(ダンシング・オールナイト もんた&ブラザーズのカヴァー)
  • 迷人之夜(セクシー・ナイト 三原じゅん子のカヴァー)
  • DISCO之夜(パープルタウン 八神純子のカヴァー)
  • 熱情的島嶼(ジプシー 西城秀樹のカヴァー)
  • 不要離開我(忘れていいの 谷村新司のカヴァー)
  • 今夜我仍在想你 (Good night Darling Good-bye)
  • 追憶(追憶 〜Never Fall In Love〜)
  • 永遠的情人(抱かれ上手 和田アキ子のカヴァー)
  • Don't Forget 〜Stop teasing me〜(ほっといて 〜Stop teasing me〜)
  • 愛是唯一的言語 (We Love Heart)
  • 擁抱 〜Don't Say Good-bye〜 (with TOKYO D.)
  • 有情人總被無情傷
  • 烈火
  • 感恩的心(テレビドラマ『阿信(おしん)』エンディング)
  • 呑下恐龍的蛋
  • 出境入境
  • 你想愛誰就愛誰

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 対戦相手
1972年(昭和47年)/第23回 恋の追跡(ラブ・チェイス) 上條恒彦
1973年(昭和48年)/第24回 恋の十字路 沢田研二
1991年(平成3年)/第42回 ラヴ・イズ・オーヴァー ザ・ベンチャーズ

バラエティ[編集]

家族[編集]

1978年4月に、元レーシングドライバー実業家式場壮吉と結婚した[13]父親の欧陽林生は元パイロットであり、名前の「菲菲」は、空を「飛」ぶというニュアンス(“フィーフィー”との読みが定着しているが、「菲」と「飛」は同音同調でfēiと発音する)が込められている[要出典]

妹の欧陽ペペは渋谷区代官山で中華料理店を営む[14]。弟の欧陽龍は『め組のひと』(カバー題:愛在風中飛)をカバーしたことのある元歌手の台北市の議員[15]でその娘(菲菲の姪)2人にチェロ奏者欧陽娜娜(NaNa)[2]、タレント欧陽妮妮がいる[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 欧陽菲菲「ラヴ・イズ・オーヴァー」、Jeff Miyaharaリアレンジ音源が配信限定で登場! - CDJournal ニュース、2010-09-28 13:32 掲載。
  2. ^ a b c 有名歌手のめい「オウヤン姉妹」がセレブぶり誇示?ネット上では批判の声―台湾、レコードチャイナ、2015年10月19日(月) 0時30。
  3. ^ a b c 欧陽菲菲
  4. ^ 渡辺プロダクション設立50周年企画 ベスト・オブ・ザ・ヒット・パレード~ヒット篇~
  5. ^ 第48回 日本有線大賞 | TBSテレビ
  6. ^ 活動〜日本レコード大賞〜【公益社団法人 日本作曲家協会】
  7. ^ 古茂田信男、矢沢寛、島田芳文、横沢千秋『新版 日本流行歌史〈下 (1960〜1994)〉』(ISBN 4390501968)、社会思想社、1995年、56ページ
  8. ^ http://music-calendar.jp/2019052801
  9. ^ 1983年5月にジャケット差し替え版がリリースされた。
  10. ^ 谷村新司の同名曲のカバー。
  11. ^ フジテレビ系テレビドラマ「愛伝説」主題歌
  12. ^ CHIYO & FEI FEI名義(奥村チヨとのデュエット)。
  13. ^ プレイバック芸能スキャンダル史元GPレーサーの実業家と国際結婚した欧陽菲菲2014年1月30日 日刊ゲンダイ
  14. ^ 欧陽菲菲の妹 欧陽ペペさんが経営する店の絶品麻婆豆腐の味 2012.01.27 16:00 NEWSポストセブン
  15. ^ 美少女すぎる「チェロの妖精」Nanaが日本デビュー!叔母はあの超有名歌手 | ドワンゴジェイピーnews 2016/01/25

関連項目[編集]

外部リンク[編集]