Get Wild

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
Get Wild
TM NETWORKシングル
初出アルバム『Gift for Fanks (#1)
Self Control (#2)』
B面 Fighting (君のファイティング)
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロックJ-POPアニメソング
レーベル エピックソニーレコード
作詞・作曲 作詞:小室みつ子
作曲:小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
ゴールドディスク
チャート最高順位
TM NETWORK シングル 年表
Self Control (方舟に曳かれて)
(1987年)
Get Wild
(1987年)
Kiss You (世界は宇宙と恋におちる)
(1987年)
テンプレートを表示

Get Wild(ゲット ワイルド)は、TM NETWORKの10枚目のシングル。

内容[編集]

TM NETWORKの代表曲。テレビアニメ『シティーハンター』のエンディングテーマとなったことから、大ヒットした。また、同作のテレビスペシャル『シティーハンター 緊急生中継!? 凶悪犯冴羽の最期』でもエンディングテーマとして使われたほか、続編『シティーハンター2』第50話と『シティーハンター3』最終話では挿入歌としても使われた。

このシングルの発売数か月後にTM初のベストアルバム「Gift for Fanks」が発売され、その先頭に収録されたため、オリジナルアルバム未収録曲となっている。C/W曲「Fighting(君のファイティング)」は4thアルバム「Self Control」からのシングルカットであり、同アニメの挿入歌としても起用されている。

1989年9月21日に8cmシングルとして再リリース。

1999年にはカップリング曲(「GET WILD '89」、「Be Together」)とジャケットを変更し、マキシシングルとして再リリースされている。

2017年、シングル・レコード発売から30周年を迎えた。それらを記念して30周年記念企画作が相次いでリリースされた。4月5日には同楽曲のみだけを収録したコンピレーションアルバム『GET WILD SONG MAFIA』(下記詳細)が、4月12日には完全限定盤として[1]6月21日には既に配信・CD化済の小室哲哉によるリミックスアレンジ「GET WILD 2017 TK REMIX」が12インチアナログレコードとしてそれぞれ発売された。こちらに収録されてるリミックスは、同年4月に発売されたコンピレーション集『GET WILD SONG MAFIA』に収録されていたものと、石野卓球が手掛けた「GET WILD(Takkyu Ishino Latino Remix)」のリミックス音源が収録されている。なお、石野によるリミックス音源は上記のコンピレーションアルバムに収録されているアレンジとは異なる[2]

『シティーハンター』の原作完全版『CITY HUNTER COMPLETE EDITON』Volume:Z(徳間書店)には、この曲のみを収録した8cmCDが特別付録として封入されている。

アレンジ・リミックス[編集]

この曲は非常に多くのアレンジリミックスが出ている。

  • 1989年4月15日に海外のプロデューサー・ピート・ハモンドによるリミックスバージョン『GET WILD '89』がリリースされ、同年5月12日には同リミックスバージョンを収録したリプロダクションアルバム『DRESS』がリリースされた。
  • 1993年8月21日に『GET WILD '89』を元に小室によるオーバーダビングを施した『Get Wild (techno overdub mix)』が収録されたリミックスアルバム『TMN CLASSIX 1』がリリースされた。
  • 1999年7月22日、TM NETWORKの再始動の第1弾シングルとして、セルフカヴァーバージョンである『GET WILD DECADE RUN』がリリースされた。また、同シングルのカップリング曲にはリミックスバージョン『GET WILD DECADE RUN - 112 CLUB MIX』が収録されている。
  • 2004年3月31日にリリースされた限定BOX「WORLD HERITAGE DOUBLE-DECADE COMPLETE BOX」には『ALL the “Get Wild” ALBUM』と題した「Get Wild」の原曲を含め、リミックス、ライヴバージョンが1枚のCDにまるごと収録されている。なお、『ALL the “Get Wild” ALBUM』のジャケットは1987年当時のデザイン(アナログ盤)を復刻させた仕様となっている。ただし、2003年2月5日にリリースされた蔵出し音源集「キヲクトキロク」に収録されている『Get Wild (Live from 2001 RENDEZVOUS IN SPACE)』及び、『GET WILD DECADE RUN (’99 Version)』の2曲については本作では未収録[注釈 1]となっている。また、アナログ盤のみ収録だった『GET WILD DECADE RUN』のインストゥルメンタルバージョン、PV用のサビ以外がインストゥルメンタルとなっているバージョンも未収録である。
  • 2014年4月22日に『Get Wild 2014』が収録されたセルフリプロダクションアルバム『DRESS2』がリリースされた。このバージョンは2013年に行われたライブ『TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-』にて披露されたバージョンが元になっており、演奏時間は8分を超える。
  • 2015年3月21日に『Get Wild 2015』がライヴ会場限定販売された。このバージョンは2014年から2015年にかけて行われたライブでのアレンジが元となっており、演奏時間は11分を超える。

収録曲[編集]

1987年版[編集]

  1. Get Wild(『シティーハンター』エンディング・テーマ)
  2. Fighting (君のファイティング)(『シティーハンター』挿入歌)
    • 作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉

1999年版[編集]

  1. Get Wild
    • 作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉
  2. GET WILD '89
    • 作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉
  3. Be Together
    • 作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉

2017年版[編集]

  1. Get Wild
    • 作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉
  2. Get Wild '89
    • 作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉
  3. Get Wild (techno overdub mix)
    • 作詞:小室みつ子/作曲・編曲:小室哲哉
  4. Get Wild (Original Single Back Track)
    • 作曲・編曲:小室哲哉

収録アルバム[編集]

Get Wild

Fighting (君のファイティング) (1987年版のみ収録)

Be Together (1999年版のみ収録)

GET WILD SONG MAFIA[編集]

GET WILD SONG MAFIA
TM NETWORKコンピレーション・アルバム
リリース
録音 1987年 - 2017年
ジャンル J-POP
プログレッシブ・ロック
ユーロビート
ハードロック
テクノ
アニメソング
トランス
EDM
レーベル avex trax
プロデュース Tetsuya Komuro
チャート最高順位
TM NETWORK 年表
QUIT30
2014年
GET WILD SONG MAFIA
2017年
-
テンプレートを表示

GET WILD SONG MAFIA』(ゲット・ワイルド・ソング・マフィア)は、TM NETWORKの GET WILDの発売30周年を記念した企画コンピレーション・アルバム2017年4月5日発売[3]

上記の通り、発売から30周年を記念してリリースされる楽曲「GET WILD」のみをコンパイルした内容で、CD全4枚組で36曲に及び別テイクやリアレンジ、カバー音源などを網羅している[3]。原曲版のEpic Records時代、リメイク版TRUE KiSS DiSC時代、Rojam Entertainment時代、YOSHIMOTO R and C時代、現在avexレーベルの垣根を越えたコレクションアルバムで、SMEが版権を持っている収録曲に限られた『ALL the “Get Wild” ALBUM』よりも遥かに充実した内容になっている[4]。当初は『GET WILD Thanks 30th Anniversary アルバム』という仮題で、33曲収録とアナウンスされていた[5]

発売日当日にDisc2の8曲目に収録されている「Get Wild 2014 (“30th 1984〜 QUIT30” Version)」がDisc3の2曲目にも収録され、本来収録される予定であった「Get Wild 2015 -HUGE DATA-」が収録されていなかった事が発覚した。このためDisc3を良品と交換することとし、2017年4月12日から順次発送すると発表した[6][注釈 2][7]

タイトルの「MAFIA」は、暴力的なほど、「Get Wild」を36曲収録したことに由来する[8]

封入されるブックレットには、メンバーのインタビューのほか、作詞担当の小室みつ子とのインタビュー、『シティハンター』作者の北条司と小室哲哉のインタビュー、藤井徹貫、ふくりゅうのライナーノーツが掲載されている[9]

mu-moショップでの予約購入者には特典として「GET WILD 2016 TK LIVE @YOKOHAMA ARENA MIX」のライブ音源が入ったオリジナルCDが付属する[10]

デイリーCDアルバムランキング(2017年04月04日付)で1位を獲得[11]。また、週間CDアルバムランキングでは4位(2017年4月17日付)、8位(2017年4月24日付)を獲得。

TM NETWORK(TMN名義含む)のアルバムTOP5入りは、1996年12/23付で記録した『TIME CAPSULE~All The singles~』(最高3位)以来20年4ヶ月ぶり。

20年以上のインターバルを経てアルバムTOP5入りを果たしたグループは、キャロル(27年8ヶ月)、レッド・ツェッペリン(23年9ヶ月)クイーン(23年6ヶ月)、ABBA(20年10ヶ月)に次ぎ、史上5組目となった。

収録曲(SONG MAFIA)[編集]

レーベル枠一覧[編集]

※ E … Epic Records Japan
※ S … Sony Music Associated RecordsTRUE KiSS DiSC
※ R … Rojam Entertainment
※ Y … YOSHIMOTO R and C
※ A … avex trax

Disc1[編集]

  1. Get Wild ※ E
  2. Get Wild (“FANKS CRY-MAX” Version) ※ E
  3. GET WILD ’89 ※ E
  4. Get Wild (“CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! ’89” Version) ※ E
    ライブアルバム『TMN COLOSSEUM I』及び『ALL the “Get Wild” ALBUM』収録されているバージョン。なお、ALL the “Get Wild” ALBUMでは『“COLOSSEUM I”Version』であったが、今回『“CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! ’89” Version』に『』改称されている。
  5. Get Wild (“RHYTHM RED TMN TOUR” Version) ※ E
  6. Get Wild (“tour TMN EXPO ARENA FINAL” Version) ※ E
  7. Get Wild (techno overdub mix) ※ E
  8. GET WILD ’89 (“TMN final live LAST GROOVE 5.18” Version) ※ E
  9. GET WILD DECADE RUN ※ S
  10. GET WILD (“LIVE EPIC25” Version) ※ E

Disc2[編集]

  1. Get Wild (“DOUBLE-DECADE “NETWORK”” Version) ※ Y
  2. Get Wild (“DOUBLE-DECADE TOUR FINAL “NETWORK”” Version) ※ Y
  3. Get Wild (“REMASTER” Version) ※ Y
  4. Get Wild (“Incubation Period” Version) ※ A
  5. Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-” Version) ※ A
  6. Get Wild 2014 ※ A
  7. Get Wild 2014 (“the beginning of the end” Version) ※ A
  8. Get Wild 2014 (“30th 1984〜 QUIT30” Version) ※ A

Disc3[編集]

  1. Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA” Version) ※ A
  2. Get Wild 2015 -HUGE DATA- ※ A
  3. Get Wild 2015 (“30th FINAL” Version) ※ A

Disc 4[編集]

  1. Get Wild / ビクター・ファンタスティック・オーケストラ
  2. Get Wild / Dave Rodgers
  3. Get Wild / 小室みつ子
  4. Get Wild (CITY HUNTER SPECIAL’97 VERSION) / NAHO
  5. Get Wild / 玉置成実(下記参照)
  6. Get Wild / 緒方恵美
  7. Get Wild / 超新星
  8. Get Wild / globe
  9. Get Wild / Clementine
  10. Get Wild / H ZETT M
  11. Get Wild / Purple Days
  12. GET WILD (2017 TK REMIX) / 小室哲哉
  13. GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix) / 石野卓球
  14. GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix) / Sick Individuals英語版
  15. GET WILD (Dave Rodgers Remix) / Dave Rodgers

GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition[編集]

『GET WILD SONG MAFIA』発売後の2017年5月3日にはエイベックスが版権を持っている楽曲をまとめた『GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition』が配信された。アルバム収録曲だけでなく、収録が見送られたバージョンやカバーなども多く収録が行われ、この配信によって初配信となる曲もある[12]

収録曲(avex Edition)[編集]

  • ●…『GET WILD SONG MAFIA』未収録曲。
  1. Get Wild (“Incubation Period” Version)[2012/4/25 日本武道館]
  2. Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-” Version)[2013/7/20 さいたまスーパーアリーナ]
  3. GET WILD (2013 SUMMER)
  4. Get Wild 2014
  5. Get Wild 2014 (“the beginning of the end” Version)[2014/5/20 東京国際フォーラム]
  6. Get Wild 2014 (“30th 1984~ QUIT30” Version)[2014/12/10 東京国際フォーラム]
  7. Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA” Version)[2015/2/8 さいたまスーパーアリーナ]
  8. Get Wild 2015 -HUGE DATA-
  9. Get Wild 2015 (“30th FINAL” Version)[2015/3/22 横浜アリーナ]
  10. Get Wild / Dave Rodgers
  11. Get Wild (GET WILD MEETS TECHNO STYLE Version) / Dave Rodgers ●
  12. Get Wild / 桃井はるこ
  13. Get Wild / globe
  14. Get Wild / Purple Days
  15. GET WILD '89 [2012/8/11 FREEDOMMUNE 0] / TETSUYA KOMURO ●
  16. Get Wild(Metal Machine mix) / globe ●
  17. Get Wild (2016 Remode2) / globe ●
  18. GET WILD 2017 TK REMIX
  19. GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix)
  20. GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix)
  21. GET WILD (Dave Rodgers Remix)
  22. GET WILD (Takkyu Ishino Latino Remix) ●

他アーティストによるカバー[編集]

玉置成実のシングル[編集]

Get wild
玉置成実シングル
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Sony Records
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
玉置成実 年表
Heroine
(2005年)
Get Wild
(2005年)
MY WAY/Sunrize
(2006年)
テンプレートを表示

Get Wild」(ゲット・ワイルド)は、2005年11月2日に発売された玉置成実の9枚目のシングル。レーベルはソニーミュージックレコーズ。今作品は珍しくタイトル曲がノンタイアップで、カップリング曲「CASTAWAY」のみにタイアップが付いている。

収録曲[編集]

  1. Get Wild
    TM NETWORKGet Wildをカバーしアレンジしている。プロデュースを当時の作曲した小室哲哉本人が担当。
    アルバムSpeciality, Graduation 〜Singles〜, GET WILD SONG MAFIA (Disc4の5曲目) に収録。
  2. Get Wild-DX MIX-
    小室哲哉自らによるリミックス
  3. Shining Star☆忘れないから☆-Supernova Remix-(日本語詞:Satomi、作詞・作曲:Shusui, Stefan Aberg、編曲:小室哲哉、DJ DRAGON)
    小室哲哉及び、DJ DRAGONによる、4thシングル『Shining Star☆忘れないから☆』のリミックス。
  4. CASTAWAY
    ゲームボーイアドバンス用ソフト「スーパーロボット大戦J」テーマソング。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TM NETWORK「Get Wild」発売30周年記念12インチ・アナログレコードがリリース決定”. amass (2017年1月27日). 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ 「GET WILD 2017 TK REMIX」と石野卓球(電気グルーヴ)未収録バージョン「GET WILD(Takkyu Ishino Latino Remix)」がアナログで発売決定! NEWS|TM NETWORK”. エイベックス・エンタテインメント (2017年4月14日). 2017年4月14日閲覧。
  3. ^ a b DISCOGRAPHY|TM NETWORK”. エイベックス・エンタテインメント (2017年2月10日). 2017年2月10日閲覧。
  4. ^ 本作と『ALL the “Get Wild” ALBUM』と全く重複しない楽曲は「GET WILD DECADE RUN (112 CLUB MIX)」と「Get Wild (VER.0)」の2曲のみ、また本作にも『ALL the “Get Wild” ALBUM』双方とも未収録曲が「キヲクトキロク」(YOSHIMOTO R and C)に収録されていた「Get Wild (Live from 2001 RENDEZVOUS IN SPACE)」と「GET WILD DECADE RUN (’99 Version)」の2曲。
  5. ^ TM NETWORK、全曲「Get Wild」集 発売30周年記念アルバム オリコン、2017年2月10日
  6. ^ TM NETWORK「GET WILD SONG MAFIA」商品に関するお詫びと良品交換お申し込み特設サイトのご案内”. エイベックス・エンタテインメント (2017年4月5日). 2017年4月5日閲覧。
  7. ^ TM NETWORK Official Facebook”. エイベックス・エンタテインメント (2017年4月15日). 2017年5月3日閲覧。
  8. ^ 雜賀 信之助 (2017年3月29日). “【「ゲワイ(GET WILD)」を36曲収録】“TM NETWORK”「GET WILD」発売30周年CD『GET WILD SONG MAFIA』を誰よりも早く聴かせてもらった!!”. avex Portal. 2017年4月6日閲覧。
  9. ^ 「GET WILD SONG MAFIA」アルバムブックレットに、メンバーオリジナルインタビュー収録! NEWS|TM NETWORK”. エイベックス・エンタテインメント (2017年4月2日). 2017年4月7日閲覧。
  10. ^ 4/5発売アルバム「GET WILD SONG MAFIA」mu-moショップ特典 NEWS|TM NETWORK”. エイベックス・エンタテインメント (2017年3月10日). 2017年4月14日閲覧。
  11. ^ オリコンデイリーCDアルバムランキング 2017年04月04日付”. オリコン. 2017年4月7日閲覧。
  12. ^ 「GET WILD」配信アルバム発売決定。avex関連22曲を収録 BARKS、2017年4月21日
  13. ^ ◇◇◇ ゲットワイルド ◇◇◇|◇◇◇pop'n music 13 カーニバル◇◇◇”. コナミデジタルエンタテインメント (2005年9月14日). 2017年2月11日閲覧。
  14. ^ 【LOVE LOVE あいしてる :トーク】HomePageだけの特別編集版 T.M.R-e編”. 2017年3月28日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ レコードレーベルがそれぞれ異なるため。
  2. ^ 良品版は盤面の記載番号AVCD-93671の後に『』が、付いていることで判別可能。

外部リンク[編集]

エイベックスによる「Get Wild Mafia」のディスコグラフィー

ソニーミュージックによる2017年アナログ盤ディスコグラフィー

「Get Wild」の調
前奏A 前奏B・1A・1B 1サビ 間奏1・2A・2B 2サビ 間奏2・大サビ
B-major g-sharp-minor.svg ロ長調
(B)
D-major h-minor.svg ロ短調
(Bm)
B-major g-sharp-minor.svg ロ長調
(B)
D-major h-minor.svg ロ短調
(Bm)
B-major g-sharp-minor.svg ロ長調
(B)
C-major a-minor.svg ハ長調
(C)