シティーハンター (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シティーハンター > シティーハンター (アニメ)
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213)が含まれています詳細
シティーハンター
City Hunter anime logo.png
ジャンル アクションハードボイルドコメディ少年向けアニメ
アニメ:シティーハンター
監督 こだま兼嗣
アニメーション制作 よみうりテレビ
日本サンライズ→サンライズ
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1987年4月6日 - 1988年3月28日
話数 51話
アニメ:シティーハンター2
監督 こだま兼嗣
アニメーション制作 よみうりテレビ、サンライズ
放送局 よみうりテレビ
放送期間 1988年4月2日 - 1989年7月1日
話数 63話
映画:シティーハンター 愛と宿命のマグナム
監督 こだま兼嗣
制作 よみうりテレビ、日本ビクター
サンライズ
配給 日本ビクター
封切日 1989年6月17日
上映時間 87分
アニメ:シティーハンター3
監督 こだま兼嗣
アニメーション制作 よみうりテレビ、サンライズ
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1989年10月15日 - 1990年1月21日
話数 13話
映画:シティーハンター ベイシティウォーズ
監督 こだま兼嗣
制作 よみうりテレビ、日本ビクター、
サンライズ
配給 松竹富士
封切日 1990年8月25日
上映時間 45分
映画:シティーハンター 百万ドルの陰謀
監督 こだま兼嗣
制作 よみうりテレビ、日本ビクター、
サンライズ
配給 松竹富士
封切日 1990年8月25日
上映時間 45分
アニメ:シティーハンター'91
監督 江上潔
アニメーション制作 よみうりテレビ、サンライズ
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1991年4月28日 - 10月10日
話数 13話
アニメ:シティーハンター
ザ・シークレット・サービス
監督 こだま兼嗣
アニメーション制作 よみうりテレビ、サンライズ
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1996年1月5日21:18 - 22:54
話数 1話
アニメ:シティーハンター
グッド・バイ・マイ・スイート・ハート
監督 やまざきかずお
アニメーション制作 よみうりテレビ、サンライズ
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1997年4月25日21:03 - 23:12
話数 1話
アニメ:シティーハンター
緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期
監督 奥脇雅晴
アニメーション制作 日本テレビ、よみうりテレビ、サンライズ
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1999年4月23日 - (スペシャル)
話数 1話
映画:劇場版シティーハンター(仮)
監督 こだま兼嗣
制作 サンライズ
配給 アニプレックス
封切日 2019年2月8日(予定)
上映時間
テンプレート - ノート

シティーハンター[1]』は、北条司によるアクション漫画作品『シティーハンター』 (CITY HUNTER) のアニメ化作品群。

本稿で記述する作品は以下の通り。なお状況に応じ、括弧内の略号を用いる。

  • テレビシリーズ
    • シティーハンター (1)
    • シティーハンター2 (2)
    • シティーハンター3 (3)
    • シティーハンター'91 ('91)
  • テレビスペシャル
    • シティーハンター ザ・シークレット・サービス (SP1)
    • シティーハンター グッド・バイ・マイ・スイート・ハート (SP2)
    • シティーハンター 緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期 (SP3)
  • 映画
    • シティーハンター 愛と宿命のマグナム (L&D)
    • シティーハンター ベイシティウォーズ (BCW)
    • シティーハンター 百万ドルの陰謀 (M$P)

概要[編集]

1987年に『シティーハンター』としてテレビアニメ化されたのを皮切りに、テレビシリーズとしては4度のアニメ化と3度のスペシャルが放送されたほか、劇場用アニメ映画として3本が発表され、いずれの作品も制作にはよみうりテレビサンライズが関わっている。

ガンダムなどのオリジナル物のロボット・SF系を主軸に置いていたサンライズとしても同社初の漫画原作物であった(同年には本作と同じく漫画原作の『ミスター味っ子』も制作しているが、放送されたのは「シティーハンター」が先)。また、社名の変更時期に製作されたため、『1』第14話までは会社名表記が「日本サンライズ」と表記されていた。第15話からは社名が「サンライズ」に変更されたのと同時に、オープニング開始直後の獠のアップが修正されている。アニメ版は原作と違い、タイトルロゴの右上にカタカナで「シティーハンター」と書かれている。

メインスタッフは、東京ムービー新社の『ルパン三世』(第2シリーズ)班(監督のこだま兼嗣、演出の港野洋介、キャラクターデザインの神村幸子、作画監督の北原健雄など)が数多く参加した。『アリオン』『機動戦士ガンダムΖΖ』での実績を買われ、キャラクターデザインとして内定していた神村が夫であるこだまをサンライズ側に紹介したことで、彼が本作品の監督を務めることとなった。なお、第3話「愛よ消えないで! 明日へのテンカウント」は、こだまが現場に入る前にパイロット版として製作されており、高橋良輔が監修を行っている[2]

東京ムービー新社時代のこだまの師匠格にあたる北原は、この頃すでにアニメーターとして20年以上のキャリアがあるにも関わらず、この作品がサンライズ作品初参加であった。これまでに『元祖天才バカボン『ルパン三世』(第2シリーズ)といった、総話数100話以上の作品の作画監督を手掛けてきた北原は、本作品では総作画監督としてその経験と実力を存分に発揮し、作画面で大いに貢献した。なお、この実績が評価されたことにより、『機動戦士ガンダムF91』での作画監督を当時のサンライズ社長であった山浦栄二から直々に依頼された[3]。同じくこだまの師匠格である港野は、『無敵超人ザンボット3』第1話Bパートの原画以来、数年ぶりのサンライズ作品への参加となった。本作品ではこだま監督の助監督的な位置付けと言えるポジションで活躍。槇村香、野上冴子、美樹といった重要なキャラクターが初登場するエピソードの絵コンテ、演出、構成を担当したり、最終回の前後編(または前中後編)における構成と演出をこだまと分担しながら担当している。

各話については、サンライズの『蒼き流星SPTレイズナー』班、脚本の星山博之、外池省二、平野靖士、演出の今西隆志加瀬充子、主力作画スタジオはアニメアールから作画監督の谷口守泰、原画の吉田徹逢坂浩司沖浦啓之小森高博木村貴宏スタジオ・ムーから村中博美黄瀬和哉山本佐和子。そして、『銀河漂流バイファム』『超力ロボ ガラット』の主力作画スタジオだったスタジオ・ライブから神志那弘志山内則康小林早苗らが参加しており、神志那は本作で初めて作画監督を務めた。また、武藤裕治は本作で演出家デビューを果たした。

また、散発的に参加した脚本家の井上敏樹は、後年になって本作に参加していた頃に思うようにシナリオが書けなくなるなど、スランプに陥っていたことを明かしている。

原作の段階で荒唐無稽さが見られたミリタリズムやリアリティの描写は、アニメ版では更に顕著となり、見栄えとしてのアクションが重要視されている。

『1』第27話からメカデザインとして途中参加した明貴美加はそれまでガンダムしか描いたことがなく、「修行のためとはいえ自身が選ばれたことへの戸惑いがあった」と語っている。シリーズ途中には、獠の愛車であるミニ・クーパーSやフィアット・パンダなどの車関係をアニメ向けに簡略化したデザインが、演出の港野洋介(青木悠三)によって新たに描き起こされたこともある。なお、明貴は「劇中に出てくる小物類だから」という理由で、ブラジャーのデザインも担当した。

アニメ版の内容の大半は、原作と違って1つのエピソードを1話完結か前編・後編と構成したものである。原作がオムニバス形式であるため、アニメオリジナルのエピソードも多く、全140話中75話がオリジナル作品となっている。そのため、「獠と香が敵対する」といった独創性のあるエピソードも生まれた。原作をベースにした話も、結末や設定が原作と異なる時が度々あった。さらに、冴子や海坊主など準レギュラー格のキャラが原作では登場しなかった話にも登場することがあり、原作より出番が増えている。また、放送時間の都合上子供も見るため、セリフとして登場するものの実際に獠が「もっこり」させているシーンはない。アニメ化に際し、この点で苦心したことは後にこだま兼嗣が文庫版の解説で語っている[4]。ただし、『1』第8話では一瞬だけ獠の陰部が映ったシーンがあった(このシーンはモザイクで加工されている)。

初期および後期のエピソードの一部[5]、『獠と恐るべき似た者姉妹!!』(原作第31巻に収録)以降の連載作品はアニメ化されていない。原作連載終了後に放送されたテレビスペシャル版は、いずれもアニメオリジナルの内容である。

毎回登場する女性ゲストには、基本として有名女性声優が出演した。また、女優としては水沢有美が『1』第45話に、国生さゆりが『2』第1話と第2話にそれぞれ出演している。『2』中盤以降、出演できる女性声優が少なくなったため、アフレコの日にちを変更するなどして都合をつけていたという逸話もある。

原作者の北条は「獠の飛行機恐怖症」という設定を早い時期から考えていたが、アニメ版の制作にはほとんど関与せずスタッフに任せていたため、『1』第2話や第16話では獠が飛行機に乗っている場面が放送されてしまった。そのため「獠の飛行機恐怖症」という設定はアニメ版への配慮から、『2』が終了するまでは原作でも描かれていない。

主題歌陣はTM NETWORKをメインに据え、アニメーションとあまり縁のないEPIC・ソニー(当時)にサントラを依頼した。特に、『1』前期の小比類巻かほるとTMは両方ともオリコンでトップ10入りを果たした。OP・EDを別々のアーティストが担当し、それが両方ともトップ10入りしたのは当時のアニメ界では初めてであった。OVAや映画では、ビクター音楽産業(当時)がサントラを担当した。

2017年12月9日発売のアニメ雑誌『アニメぴあ Shin-Q vol.2』(ぴあ発行)では、SP3の放送以来18年ぶりに本作がアニメ雑誌の表紙を飾っている[6]。その後、2018年3月19日にはSP3の放送以来20年ぶりの完全新作劇場版を2019年初春に劇場公開することが発表された[7]

声の出演[編集]

これらの声優の多くは本作のパラレルワールドを描いた『エンジェル・ハート』のテレビアニメ版でも引き続き声優を担当している。2019年の劇場版でも、下記キャストの一部が、引き続き配役される予定[8]

テレビ版[編集]

シティーハンター』、『シティーハンター2』、『シティーハンター3』、『シティーハンター'91』(シティーハンター ナインティーワン)と4度テレビアニメ化され、『シティーハンター ザ・シークレット・サービス』『シティーハンター グッド・バイ・マイ・スイート・ハート』『シティーハンター 緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期』と3度のテレビスペシャルが放送された。

全シリーズに共通しているのは、「本編のラストシーンからエンディングテーマ曲のイントロがフェードインしてきて、そのままCMを間に挟まずにエンディングテーマ曲に突入する」というスタイルである。これは当時のテレビアニメの定番である「本編が終わると一旦CMが入ってエンディングテーマになる」スタイルを覆す、画期的なことだった。諏訪道彦はこの方式を「聖母たちのララバイ方式」と呼んでおり、本作はこれをテレビアニメで初めて採用した作品である[11]。また、当時のテレビアニメはモノラル放送が通常であった中、本作はオープニングテーマとエンディングテーマのみステレオ放送に切り替えるという試みがなされていた[12]

『3』の第11話は、本放送時に一瞬だけオウム真理教代表(当時)・麻原彰晃の顔のカットが挿入され、サブリミナル効果を引き起こす仕様になっているとして問題となった。これは本放送終了後にオウム真理教への一斉強制捜査が行われていた1995年5月2日に発覚し、よみうりテレビは同年5月23日付で郵政省(現:総務省)から「番組基準の遵守を問われるような放送を行い、社会問題を引き起こした」として注意の行政指導を受けた[13]。なお、再放送時やソフト化の際に該当部分は削除された。

『'91』ではキャラクターデザインがこれまでの神村幸子に代わり、『2』まで作画監督として参加していた神志那弘志が抜擢された。また、本作では後半パートに入る直前に獠と香がすれ違う構図で中央に『シティーハンター'91』のタイトルロゴが入った画面で、獠が「シティーハンター」とタイトルコールを行うアイキャッチがある。このアイキャッチには特別バージョンがあり、喫茶店キャッツアイのマスターとしての海坊主にスポットを当てた第7話は構図はそのままですれ違うキャラクターを海坊主と美樹に変更し、中央のタイトルロゴが『ファルコン』に変更されたものと(タイトルコールも「ファルコン」)、香がシンデレラのようなひと時を獠と過ごす第10話は、香だけが描かれた画面に彼女の声でタイトルコールを行ったものが使用された。なお、スペシャルとして放映された第11話 - 第13話にアイキャッチはない。

『1』と『2』は4クール(52話)以上にわたってのロングランとなったが、『3』と『'91』はいずれも1クール(13話)にとどまった。特に『'91』は、基本的に中継放送が中止にならない東京ドームでの野球中継の影響も重なって放送休止が相次いだため、第11話 - 第13話が別枠(ローカル枠)でスペシャルとして連続放映されることとなった。

なお、『エンジェル・ハート』も本作と同じく、よみうりテレビ・日本テレビ系列各局でテレビアニメ化された(制作会社はサンライズからトムス・エンタテインメントに変更。トムスは東京ムービー新社時代に『キャッツ・アイ』のアニメ制作を手がけていた)。

放送時期[編集]

シティーハンター
1987年4月6日から1988年3月28日の月曜19:00 - 19:30によみうりテレビ発・日本テレビ系列にて放送。
シティーハンター2
1988年4月2日から1989年7月1日の土曜18:00 - 18:30によみうりテレビにて放送。

上記2作はローカルセールス枠での放送だったため、系列局のほとんどが遅れネットであった。

シティーハンター3
1989年10月15日から1990年1月21日の日曜19:00 - 19:30によみうりテレビ発・日本テレビ系列にて放送。
シティーハンター'91
1991年4月28日から同年10月10日の日曜19:00 - 19:30によみうりテレビ発・日本テレビ系列にて放送。ただし、この時間帯での放送は9月22日(第10話)までで、第11話 - 第13話は10月10日木曜16:00 - 17:30にスペシャルで放送(関東地区)。
シティーハンター ザ・シークレット・サービス
1996年1月5日に日本テレビ系列(『金曜ロードショー』)にて放送。
シティーハンター グッド・バイ・マイ・スイート・ハート
1997年4月25日に日本テレビ系列にて放送。
シティーハンター 緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期
1999年4月23日に日本テレビ系にて放送。現時点で『シティーハンター』名義最後の作品である。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 北条司(週刊少年ジャンプ連載)
  • 監督 - こだま兼嗣 (1,2,3,SP1) / 江上潔('91) / やまざきかずお (SP2) / 奥脇雅晴 (SP3)
  • 企画 - 諏訪道彦、杉本昌信(SP1)、位寄雅雄(SP2)(よみうりテレビ)/ 山下洋(SP3)(日本テレビ)/ 植田益朗(SP1,SP2)、指田英司(SP3)(サンライズ)
  • キャラクターデザイン - 神村幸子 (1,2,3,SP1,SP2) / 神志那弘志 ('91) / さとうけいいち (SP2,SP3)
  • メカニカルデザイン - 明貴美加 (1,2) / 小原渉平(3) / 山内則康('91) / ヲギミツム(SP1,SP2) / 宮沢努(SP3)
  • 総作画監督 - 北原健雄 (1,2,3,'91,SP1) / さとうけいいち (SP2) / 佐久間信一 (SP3)
  • 美術監督 - 宮前光春(1,2,3,SP2) / 東潤一(1,2,3,'91,SP1) / 田原優子('91) / 菅原清二(SP3)
  • 色彩設計 - 歌川律子 / 平岡れい子(SP1) / 村上智美(SP2)(エムアイ)/ 加瀬結起(SP3)
  • 撮影監督 - 古林一太(1,2) / 伊藤修一(3) / 長谷川洋一('91,SP1) / 桶田一展(SP2) / 平田隆文(SP3)
  • 3DCGスーパーバイザー - 小畑正好
  • 編集 - 三田沙弥佳(JAY FILM) / 鶴渕友彰(SP1,SP2,SP3)
  • 音楽 - 矢野立美(1:第6話~) / 国吉良一 (1:クレジットは第26話まで) / 大谷幸 (2,3:クレジット表記無し) / 西田マサラ(SP2)
  • 音響監督 - 浦上靖夫 / 小林克良 (3,'91)
  • 音響効果 - 松田昭彦(フィズサウンドクリエイション
  • 録音調整 - 大城久典
  • 録音助手 - 田口信孝
  • 録音スタジオ - APUスタジオ
  • 録音制作デスク - 佐々木愛
  • 録音制作 - オーディオ・プランニング・ユー
  • 制作デスク - 望月真人、南雅彦、池部茂
  • 設定 - 山本之文 (1)、
  • 設定制作 - 秋山浩之 (1,2) / 稲荷昭彦(SP1) / 相田和彦 (SP2,SP3)
  • 制作助手 - 田中久美
  • 企画担当 - 佐々木新
  • プロデューサー - 諏訪道彦(よみうりテレビ) / 中谷敏夫(SP3)、山下洋(SP3)(日本テレビ)/ 植田益朗(1~'91)、望月真人('91)、指田英司(SP1,SP2)、赤崎義人(SP3)(サンライズ)
  • エグゼクティブプロデューサー - 西野正夫(よみうりテレビ)
  • 製作 - よみうりテレビ・SUNRISE / 日本テレビ (SP3)

主題歌[編集]

全シリーズとも一貫してEPICソニーCBSソニーに所属していたアーティストのみでタイアップされていた。ヒットした楽曲も多い。劇中からBGMがフェード インしてEDが始まるアニメ作品は「Get Wild」が最初である。

シティーハンター
オープニングテーマ
City Hunter〜愛よ消えないで〜」(第1話 - 第26話)
作詞 - 麻生圭子 / 作曲 - 大内義昭 / 編曲 - 戸塚修 / 歌 - 小比類巻かほる
オープニングアニメーション:絵コンテ・演出 - 青木悠三、作画監督 - 北原健雄、原画 - いのまたむつみ、直井正博 他
ゴーゴーヘブン」(第27話 - 第51話)
作詞 - 銀色夏生 / 作曲 - 大沢誉志幸 / 編曲 - 安部隆雄 / 歌 - 大沢誉志幸
第26話では挿入歌として用いられている。
エンディングテーマ
Get Wild」(全話)
作詞 - 小室みつ子 / 作曲・編曲 - 小室哲哉 / 歌 - TM NETWORK
エンディングアニメーション:青木悠三
その後、2010年globeが『15YEARS -BEST HIT SELECTION-』にてカバーした。同アルバムのジャケットデザインを、原作者の北条が手掛けている。
シティーハンター2
オープニングテーマ
Angel Night〜天使のいる場所〜」(第1話 - 第26話)
作詞 - 松尾由紀夫 / 作曲・編曲 - 松浦雅也 / 歌 - PSY・S
「SARA」(第27話 - 第63話)
作詞・編曲 - FENCE OF DEFENSE / 作曲 - 西村麻聡 / 歌 - FENCE OF DEFENSE
エンディングテーマ
Super Girl -CITY HUNTER 2-」(第1話 - 第37話)
作詞・作曲 - 岡村靖幸 / 編曲 - 清水信之 / 歌 - 岡村靖幸
STILL LOVE HER (失われた風景)」(第38話 - 第63話)
作詞・編曲 - 小室哲哉 / 作曲 - 小室哲哉・木根尚登 / 歌 - TM NETWORK
エンディングアニメーション:高橋久美子
2008年のテレ玉の再放送では初代エンディングが岡村の不祥事により、2代目エンディングも小室の不祥事でそれぞれカットされている(ただし2代目EDは第38話 - 第39話で流された)。
2018年のtvkの再放送では初代エンディングはカットされていない。
シティーハンター3
オープニングテーマ「RUNNING TO HORIZON
作詞 - 小室みつ子 / 作曲・編曲 - 小室哲哉 / 歌 - 小室哲哉
オープニングアニメーション:絵コンテ - 森本晃司、演出 - 今西隆志、作画監督 - 北原健雄、原画 - 森本晃司沖浦啓之大平晋也
エンディングテーマ「熱くなれたら
作詞 - 竹花いち子 / 作曲 - 千沢仁 / 編曲 - 国吉良一 / 歌 - 鈴木聖美
エンディングアニメーション:神村幸子
シティーハンター'91
オープニングテーマ「DOWNTOWN GAME」
作詞 - 松井五郎 / 作曲 - 崩場将夫 / 編曲 - 清水信之 / 歌 - GWINKO
エンディングテーマ「SMILE & SMILE」
作詞 - REDS / 作曲 - 龍巻のPIE / 編曲 - AURA佐藤宣彦 / 歌 - AURA
エンディングアニメーション:青木悠三
ザ・シークレット・サービス
オープニングテーマ「otherwise…Nightbreak
作詞・作曲 - KONTA / 編曲 - 山口英次 / 歌 - KONTA[14]
エンディングテーマ「WOMAN」
作詞 - 石川あゆ子 / 作曲 - 中崎英也 / 編曲 - 佐藤準 / 歌 - アン・ルイス
グッド・バイ・マイ・スイート・ハート
オープニングテーマ「RIDE ON THE NIGHT」
作詞 - 古屋敏之 / 作曲 - 福山芳樹 / 編曲 - HUMMING BIRD / 歌 - HUMMING BIRD
エンディングテーマ「Get Wild(CITY HUNTER 〜SPECIAL97 VERSION〜)
作詞 - 小室みつ子 / 作曲 - 小室哲哉 / 編曲 - 上杉洋史 / 歌 - NAHO
緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期
オープニングテーマ「illusion city」
挿入歌「MAGNUM fire(2丁目VERSION)」
作詞・作曲 - Anchang / 編曲 - SEX MACHINEGUNS / 歌 - SEX MACHINEGUNS
エンディングテーマ「Get Wild」
作詞 - 小室みつ子 / 作曲・編曲 - 小室哲哉 / 歌 - TM NETWORK

各話リスト[編集]

☆はオリジナル作品。話数に関しては、3作のものを分けず、通しで表記しているもの(ムック『シティーハンターアニメスペシャル』)もある。

シティーハンター[編集]

第15話までは原作をモチーフにした話だったが、第16話以降はオリジナル作品の量が多くなり、全51話中27話までがオリジナル作品である。原作の第15巻中盤までの内容に相当(第2話は読み切りの『シティーハンターXYZ』が原作)。

話数 放送日 サブタイトル 脚本・構成 コンテ 演出 作画監督
1 1987年
4月6日
粋なスイーパーXYZは危険なカクテル 星山博之 こだま兼嗣 こだま兼嗣
江上潔
北原健雄
2 4月13日 私を殺して!! 美女に照準は似合わない 平野靖士 網野哲郎 鈴木四郎
3 4月20日 愛よ消えないで! 明日へのテンカウント 滝沢敏文 今西隆志 北原健雄
4 4月27日 美女蒸発!! ブティックは闇への誘い 武上純希 港野洋介 谷口守泰
5 5月4日 グッバイ槇村雨の夜に涙のバースデー 井上敏樹 冨永恒雄 小林ゆかり
6 5月11日 恋しない女優希望へのラストショット 武上純希 こだま兼嗣 江上潔 神志那弘志
7 5月18日 心ふるえる銃声悲しきロンリーガール 星山博之 網野哲郎 いのまたむつみ
8 5月25日 美人に百発百中?! 女刑事には手を出すな 吉川惣司 港野洋介 加瀬充子 北原健雄
9 6月1日 ギャンブルクィーン華麗なる恋の賭け 井上敏樹 滝沢敏文 今西隆志 谷口守泰
10 6月8日 危険な家庭教師? 女子高生に愛の手料理 日暮裕一 こだま兼嗣 山口美浩 北原健雄
11 6月15日 レオタード美女はチューリップがお好き 大川俊道 冨永恒雄 棚橋一徳 小林ゆかり
清水恵蔵
12 6月22日 子供は得だね! 危険な国のモッコリ美人 吉川惣司 加瀬充子 いのまたむつみ
13 6月29日 オレの敵は美女? 史上最大の美女地獄!! 今西隆志 谷口守泰
14 7月6日 16歳結婚宣言! アイドルに熱いキッス 平野靖士 山崎和男 江上潔 神志那弘志
15 7月13日 獠が女子大講師? 麗しのお嬢サマを守れ 外池省二 網野哲郎 山口美浩 北原健雄
16 7月20日 おきゃんスチュワーデス獠の教官物語☆ 星山博之 港野洋介 加瀬充子 いのまたむつみ
17 7月27日 夏の美人デザイナー獠の心はハイレッグ☆ 日暮裕一 こだま兼嗣 江上潔 北原健雄
18 8月3日 夏の夜のお告げ?! 祈祷師に恋の手ほどき☆ 武上純希 山崎和男 今西隆志 神志那弘志
19 8月10日 思い出の渚オーディションは危険がいっぱい 遠藤明範 港野洋介 山口美浩 いのまたむつみ
20 8月17日 山から姫が降りてくる獠の長〜い一日☆ 吉川惣司 こだま兼嗣 加瀬充子 谷口守泰
21 8月24日 姿なき狙撃者!! 獠と冴子の危険なゲーム☆ 星山博之 網野哲郎 江上潔 鈴木四郎
22 8月31日 愛のキューピットダイヤモンドに乾杯!!☆ 井上敏樹 こだま兼嗣 今西隆志 北原健雄
23 9月7日 毒バチブンブン!! 空から花嫁降ってきた 遠藤明範 港野洋介 山口美浩 いのまたむつみ
24 9月14日 バラ色の入院生活? 狙われた白衣の天使 外池省二 加瀬充子 神志那弘志
25 9月21日 愛の国際親善?! ライバルはブロンド美人☆ 武上純希 江上潔 北原健雄
26 9月28日 愛ってなんですか? 獠の正しい恋愛講座 港野洋介 藤本義孝 谷口守泰
27 10月5日 獠と海坊主の純情足ながおじさん伝説(前編) こだま兼嗣 今西隆志 北原健雄
28 10月12日 獠と海坊主の純情足ながおじさん伝説(後編) 山口美浩
29 10月19日 依頼料は500円!? メルヘン美人は獠好み☆ 星山博之 加瀬充子 いのまたむつみ
30 10月26日 恋のライバル出現!? 香さんをいただきます☆ 遠藤明範 山崎和男 江上潔 神志那弘志
31 11月2日 バリバリラブ! 乙女心を駈けぬけろ!☆ 井上敏樹 こだま兼嗣 藤本義孝 北原健雄
32 11月9日 獠死なないで!! ハードボイルドマグナム☆ 遠藤明範 網野哲郎 今西隆志 谷口守泰
33 11月16日 がんばれ海坊主!! ハードな初恋協奏曲☆ 星山博之 港野洋介 加瀬充子 いのまたむつみ
34 11月23日 衝撃!! 獠の父親宣言寝てる子は起こすな☆ 外池省二 神崎貢一 藤本義孝 神村幸子
35 11月30日 突撃美人キャスター獠の(秘)モッコリ取材 遠藤明範 武藤裕治 遠藤晴
36 12月7日 女子大生愛のツッパリ! 誰かが私を狙ってる☆ 平野靖士 港野洋介 今西隆志 北原健雄
37 12月14日 新宿仁義一直線! 着流し美人は弟子志願(前編)☆ 武上純希 こだま兼嗣 江上潔 神志那弘志
38 12月21日 新宿仁義一直線! 着流し美人は弟子志願(後編)☆ 加瀬充子 谷口守泰
39 1988年
1月4日
プッツンかぐや姫! 獠も手を焼く記憶喪失☆ 遠藤明範 港野洋介 山口美浩 北原健雄
40 1月11日 もっこりパートナー! 依頼料はシャワーの後で☆ 日暮裕一 こだま兼嗣 藤本義孝 神村幸子
41 1月18日 冴子の妹は女探偵?(前編)翔んだ女の大胆秘密 遠藤明範 今西隆志 いのまたむつみ
42 1月25日 冴子の妹は女探偵?(後編)翔んだ女の大捕物帳 江上潔 谷口守泰
43 2月1日 女心のクッキー記念日胸ボクロと初恋の唄☆ 井上敏樹 加瀬充子 神志那弘志
44 2月8日 子供100人に聞きました!? 獠は僕らのヒーローだ☆ 鎌田秀美 こだま兼嗣 藤本義孝 北原健雄
45 2月15日 三姉妹は招くよ! 獠ちゃんのスキー天国☆ 星山博之 港野洋介 山口美浩 神村幸子
46 2月22日 盗ってもスリリング明日に向ってすれ!!☆ 遠藤明範 小華和為雄 武藤裕治 新井豊
47 2月29日 モッコリが特効薬!? 美女ハスラーと愛の球跡☆ あまのまあ こだま兼嗣 今西隆志 北原健雄
48 3月7日 春よこい恋未亡人! さぁ喪服をぬいで…☆ 遠藤明範 山崎和男 江上潔 谷口守泰
49 3月14日 迷えるシスターもっこりは愛のお導き!?☆ 外池省二 加瀬充子 神村幸子
50 3月21日 史上最強の敵!! 獠と香のラストマッチ(前編)☆ 遠藤明範 港野洋介 藤本義孝 神志那弘志
51 3月28日 史上最強の敵!! 獠と香のラストマッチ(後編)☆ こだま兼嗣 山口美浩 磯野智

1987年12月28日は年末年始特番のために休止。

サブタイトルに映画のタイトルのパロディーが使われているものがある(例 - 現金に手を出すな紳士は金髪がお好き、危険がいっぱいなど)。

シティーハンター2[編集]

全63話中34話までがオリジナル作品で構成される一方、原作からの作品は全て前後編形式(最終話はシリーズ唯一の前・中・後編の3話完結形式)になっている。原作由来の作品については、構成・脚本をこだま兼嗣港野洋介が担当。ただし、こだまが『愛と宿命のマグナム』の製作に入ってからは、加瀬充子と江上潔がフォローに入る形で構成・脚本をいくつか手掛けている。原作第12巻中盤から第23巻中盤までの内容に相当。なお、ここでは日本テレビで放送された日を記す(よみうりテレビより6日遅れ、最大で13日遅れ)。

話数 放送日 サブタイトル 脚本・構成 コンテ 演出 作画監督
1 1988年
4月8日
獠は許嫁!? 出会って恋して占います!(前編) 港野洋介 今西隆志 北原健雄
2 4月15日 獠は許嫁!? 出会って恋して占います!(後編) 江上潔 いのまたむつみ
3 4月22日 狙われた香!! 愛の言葉はさようなら(前編) こだま兼嗣 藤本義孝 北原健雄
4 4月29日 狙われた香!! 愛の言葉はさようなら(後編) 山口美浩 谷口守泰
5 5月6日 モッコリ迷探偵!? 美人作家の推理ゲーム☆ 鎌田秀美 加瀬充子 神志那弘志
6 5月13日 獠がヌードモデル!? 名画を盗んだ美人画家☆ こだま兼嗣 藤本義孝 いのまたむつみ
7 5月20日 南の島からの依頼ココナツ娘と愛の楽園☆ 遠藤明範 港野洋介 今西隆志 磯野智
8 5月27日 気がつけば危ない刑事(デカ)東京だよお父つぁん!☆ 江上潔 北原健雄
9 6月3日 恋の速度(スピード)違反! 白バイ美人と手錠で交際☆ 星山博之 加瀬充子 磯野智
10 6月10日 モッコリ殺し!? 王女の高貴なオーラ(前編) こだま兼嗣 山口美浩 谷口守泰
11 6月17日 モッコリ殺し!? 王女の高貴なオーラ(後編) 藤本義孝 北原健雄
12 6月24日 場外乱闘流血必至!! 恋のコブラツイスト☆ 平野靖士 今西隆志 神志那弘志
13 7月1日 最新密輸工作!! 美人歯科医の愛情治療☆ 大野木寛 江上潔 磯野智
14 7月8日 愛はお金を越えるか? モッコリ対貯金娘☆ 井上敏樹 加瀬充子 北原健雄
15 7月15日 死ぬな!海坊主!! 愛と復讐のマグナム(前編)☆ 遠藤明範 こだま兼嗣 藤本義孝 本橋秀之
16 7月22日 死ぬな!海坊主!! 愛と復讐のマグナム(後編)☆ 山口美浩 高岡希一
17 7月29日 大和撫子志願!? モッコリは国境を越えて(前編)☆ 日暮裕一 今西隆志 磯野智
18 大和撫子志願!? モッコリは国境を越えて(後編)☆ 江上潔 北原健雄
19 8月12日 香ちゃん大活躍!! 思い出のワインで乾杯☆ あまのまあ こだま兼嗣 藤本義孝 本橋秀之
20 8月19日 香が記憶喪失!! さらば愛しきパートナー☆ 鎌田秀美 加瀬充子 神志那弘志
21 めざせ金メダル!! 射撃美人に密着指導☆ 平野靖士 山口美浩 高岡希一
22 9月9日 標的(ターゲット)は獠! 激写美人(フォーカスレディ)は危険が大好き!(前編) 港野洋介 加瀬充子 谷口守泰
23 標的(ターゲット)は獠! 激写美人(フォーカスレディ)は危険が大好き!(後編) 藤本義孝
24 9月16日 必殺桃色吐息!? 大都会くの一進出物語☆ 井上敏樹 江上潔 北原健雄
25 9月30日 狙われた証人! 男装美女と危険な二人(前編) 港野洋介 加瀬充子 本橋秀之
26 10月7日 狙われた証人! 男装美女と危険な二人(後編) 山口美浩 神志那弘志
27 10月14日 槇村からのメッセージ想い出は永遠に(前編)☆ 遠藤明範
小林準治
こだま兼嗣 藤本義孝 高岡希一
28 10月21日 槇村からのメッセージ想い出は永遠に(後編)☆ 江上潔 北原健雄
29 10月28日 傷だらけの純情! 鉄砲玉に天使の祈り☆ 遠藤明範 加瀬充子 谷口守泰
30 11月4日 獠だまされてね! 少女に冴子の贈り物☆ 鎌田秀美 港野洋介 山口美浩 高橋久美子
31 11月11日 さらば友よ…心にひびく最期の銃声(ラスト・ショット)(前編)☆ 平野靖士 こだま兼嗣 藤本義孝 高岡希一
32 11月18日 さらば友よ…心にひびく最期の銃声(ラスト・ショット)(後編)☆ 西山明樹彦 神志那弘志
33 11月25日 モッコリ契約成立! 獠と不良娘の珍道中(前編)☆ 日暮裕一 江上潔 北原健雄
34 12月2日 モッコリ契約成立! 獠と不良娘の珍道中(後編)☆ 加瀬充子 谷口守泰
35 12月9日 獠はインストラクター究極のモッコリ戦法☆ 鎌田秀美 港野洋介 藤本義孝 高橋久美子
36 12月16日 獠は美味しんぼ! そば打ち美人に粋なPR☆ 井上敏樹 山口美浩 高岡希一
37 12月23日 獠が香に…クリスマスに愛をこめて(前編)☆ 平野靖士 アミノテツロー 西山明樹彦 北原健雄
38 12月28日 獠が香に…クリスマスに愛をこめて(後編)☆ 江上潔 神志那弘志
39 1989年
1月20日
海ちゃん色男! 美人スイーパー美樹が肉迫(前編) 港野洋介 藤本義孝 本橋秀之
40 1月27日 海ちゃん色男! 美人スイーパー美樹が肉迫(後編) 加瀬充子 谷口守泰
41 2月3日 モッコリだらけ! 獠の心と超能力(エスパー)少女(前編) こだま兼嗣 山口美浩 北原健雄
42 2月10日 モッコリだらけ! 獠の心と超能力(エスパー)少女(後編) 江上潔 佐藤千春
43 2月17日 獠は恋泥棒! 魔鏡に秘めた愛の行方(前編) 港野洋介 藤本義孝 高岡希一
44 2月23日 獠は恋泥棒! 魔鏡に秘めた愛の行方(後編) 西山明樹彦 高橋久美子
45 3月3日 19歳の未亡人! スケッチ美人に心の恋人(前編) 加瀬充子 本橋秀之
46 3月10日 19歳の未亡人! スケッチ美人に心の恋人(後編) 加瀬充子 藤本義孝 谷口守泰
47 3月17日 夢みるように恋したい12歳天使の作戦(前編) 江上潔 高岡希一
48 3月24日 夢みるように恋したい12歳天使の作戦(後編) 港野洋介 西山明樹彦 高橋久美子
49 3月31日 さらばハードボイルド・シティー(前編)☆ 平野靖士 加瀬充子 本橋秀之
50 4月7日 さらばハードボイルド・シティー(後編)☆ 山崎和男 藤本義孝 谷口守泰
51 4月14日 水晶の予言! 香によみがえる記憶の鎖☆ 外池省二 こだま兼嗣 今西隆志 西沢普
52 4月21日 20年目の再会! 冴羽さん妹をよろしく(前編) 江上潔 高橋久美子
53 4月28日 20年目の再会! 冴羽さん妹をよろしく(後編) 加瀬充子 高岡希一
54 5月5日 17歳のプロポーズ疑惑のデートパニック(前編) 港野洋介 江上潔 本橋秀之
55 5月12日 17歳のプロポーズ疑惑のデートパニック(後編) 冨永恒雄 小林ゆかり
56 5月19日 新宿サクセス物語お隣さんは美人ダンサー(前編) こだま兼嗣 江上潔 本橋秀之
57 5月26日 新宿サクセス物語お隣さんは美人ダンサー(後編) 冨永恒雄 小林ゆかり
58 6月2日 獠のスパルタ教育! ハーレム育ちの悪ガキ王子(前編)☆ 平野靖士 加瀬充子 藤本義孝 西沢普
59 6月9日 獠のスパルタ教育! ハーレム育ちの悪ガキ王子(後編)☆ こだま兼嗣 今西隆志 高岡希一
60 6月23日 恋は魔法ミスマジシャンは男性恐怖症☆ 外池省二 江上潔 高橋久美子
61 6月30日 グッドラックマイスイーパー二人のシティストリート(前編) こだま兼嗣 冨永恒雄 小林ゆかり
62 7月7日 グッドラックマイスイーパー二人のシティストリート(中編) 港野洋介 藤本義孝 本橋秀之
63 7月14日 グッドラックマイスイーパー二人のシティストリート(後編) こだま兼嗣 今西隆志 谷口守泰

1988年8月5、26日、9月2,23日、12月2日、1989年1月6,13日、6月16日は休止。

シティーハンター3[編集]

全13話中11話までがオリジナル作品であり、他のシリーズと比べてオリジナル作品としての側面が強い。原作由来のエピソードである第4、5話(前後編形式)は、原作第22巻中盤の内容を基にしている。

第6話は『ルパン三世 PARTIII』第14話「誘拐ゲームはお好き」をベースにアレンジされたエピソードである[要出典](脚本はどちらも平野靖士)。

話数 放送日 サブタイトル 脚本
構成
コンテ 演出 作画監督
1 1989年
10月15日
脱モッコリ宣言! XYZは世界を救う☆ 外池省二 こだま兼嗣 藤本義孝 北原健雄
2 10月22日 天下の恋愛現行犯! 美人弁護士をくどく法☆ 平柳益実 江上潔 神村幸子
3 10月29日 香もプッツン! 獠と令嬢“代打結婚物語”☆ 日暮裕一 こだま兼嗣 山口美浩 本橋秀之
4 11月5日 危ない探偵ごっこ! お嬢さんにパイソンを(前編) 港野洋介 藤本義孝 北原健雄
5 11月12日 危ない探偵ごっこ! お嬢さんにパイソンを(後編) 江上潔 谷口守泰
6 11月19日 がんこな海坊主! ジェラシー子猫物語☆ 平野靖士 こだま兼嗣 山口美浩 神村幸子
7 11月26日 恋はダイビング! 美女が水着に着がえたら☆ 平柳益実 今西隆志 逢坂浩司
8 12月3日 獠って何者? 女子大生もスリルにメロメロ☆ 外池省二 江上潔 高岡希一
9 12月10日 雨のち晴の恋予報! 美人キャスターに愛の傘☆ 今西隆志 北原健雄
10 12月17日 クリスマスにウェディングドレスを…(前編)☆ 平野靖士
久保田圭司
こだま兼嗣 藤本義孝 本橋秀之
11 12月24日 クリスマスにウェディングドレスを…(後編)☆ 山口美浩 神村幸子
12 1990年
1月14日
グッバイCITYさよならの贈りもの(前編)☆ 日暮裕一 江上潔 高岡希一
13 1月21日 グッバイCITYさよならの贈りもの(後編)☆ こだま兼嗣 今西隆志 谷口守泰

1989年12月31日、1990年1月7日は年末年始特番のために休止。

シティーハンター '91[編集]

放送自体は10話で一旦終了し、後に11 - 13話は1時間半のスペシャル枠で放映。また、前作までは1話完結でなく次回に続くエピソードについて、それぞれのサブタイトルに(前編)、(後編)とつける形をとっていたが、本作では次回に続く場合でも次の回では完全な別タイトルになっている。放送回数自体は少ないが、スペシャル版以外の10話はすべて原作からのアニメ化作品である。原作第23巻後半部から第31巻中盤までの内容に相当。

話数 放送日 サブタイトル 脚本
構成
コンテ 演出 作画監督
1 1991年
4月28日
迷コンビ大復活! 空から舞いおりた美女 外池省二 江上潔 神志那弘志
2 5月5日 さらば香! シティーハンター逮捕指令 平野靖士 藤本義孝 丹澤学
高岡希一
3 5月12日 危険を買う美女! 想い出は光の彼方に 後藤信平
外池省二
山口美浩 山内則康
4 5月26日 恋もA級ライセンス美人逃がし屋参上! 外池省二 江上潔 神志那弘志
5 6月16日 恐怖! 新宿怪談!! さまよえる美女の魂 後藤信平
外池省二
山口美浩 山内則康
6 6月30日 別れのレクイエムあの面影をもう一度 藤本義孝 丹澤学
7 7月21日[15] あの伊集院隼人氏の極めて平穏な一日 稲荷昭彦 江上潔 神志那弘志
8 7月28日[16] 復讐の美女! 獠に哀しみのブルースを 平野靖士 山口美浩
江上潔
山口美浩 丹澤学
9 8月4日 硝煙の行方…シティーハンター暁に死す! 藤本義孝 北原健雄
10 9月22日 今夜だけこの愛を…都会のシンデレラ物語 外池省二 江上潔 神志那弘志
11 10月10日 傷だらけのトリガー! 冴子が愛した刑事☆ 外池省二
後藤信平
西森明良 藤本義孝
12 追憶の首飾り事件! 獠と悪女と槙村と☆ 外池省二 江上潔 高岡希一
13 鎮魂のララバイ遠い国から来た貴公子☆ 遠藤明範 山口美浩 山内則康

1991年5月19日、6月2、9、23日、7月7、14日、8月、9月1、8、15日は休止。

シティーハンター テレビスペシャル[編集]

『'91』のその後としてそれぞれ日本テレビ系列(金曜ロードショー枠)にて放送。『ザ・シークレットサービス』では、『3』以来久々にこだま兼嗣をはじめとしたレギュラー放送時代のスタッフが制作に当たっている。以降、作画や演出面でのスタッフは変更されているものの、矢野立美は『1』以来一貫して音楽担当を続けた。また、使用される劇伴は劇場映画やスペシャル専用のものに限定されており、レギュラー放送時代の挿入歌や音楽は使用されなくなった。

当初は『ルパン三世』のTVスペシャルと同様、年1回ペースで放送する計画が立てられていたが、原作の北条司が「エンジェル・ハート」の連載準備を開始したなどの理由から1999年を最後に制作されなくなったことが完全版のあとがきで語られている。

話数 放送日 サブタイトル 脚本 ストーリーボード・絵コンテ・総監督 演出 (総)作画監督
SP1 1996年
1月5日
ザ・シークレット・サービス 遠藤明範
こだま兼嗣
こだま兼嗣 こだま兼嗣
山口裕司
佐藤K
さとうちはる
大河原春男
(北原健雄)
SP2 1997年
4月25日
グッド・バイ・マイ・スイート・ハート 日暮裕一 やまざきかずお 杉山慶一
渡邊哲哉
羽山賢二
河南正昭
(さとうけいいち)
SP3 1999年
4月23日
緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期 岸間信明 奥脇雅晴 大原実 佐久間信一

放送局[編集]

特記がないものは全シリーズを放送していた局。系列は放送当時のもの。

放送地域 放送局 放送系列 備考
近畿広域圏 読売テレビ 日本テレビ系列 製作局
関東広域圏 日本テレビ
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 1991年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 1・2、SP1-SP3を放送
1993年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
山形テレビ フジテレビ系列 3・'91を放送
1993年4月からはテレビ朝日系列
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟
長野県 テレビ信州 1987年9月まで1を同時ネット 10月以降2終了まで遅れネット[17] 3、'91[18]は再び同時ネット 1991年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局(NNS非加盟)
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送 2までは遅れて放送し、3より同時ネットとなったため、一時2と3が並行して放送されていた。
石川県 石川テレビ フジテレビ系列 1・2を放送
テレビ金沢 日本テレビ系列 '91からSP3まで放送
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1989年3月までは日本テレビ系列単独加盟局
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
鳥取県島根県 日本海テレビ 1・2は未放送
1989年9月までは事実上テレビ朝日系列とのクロスネット局
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送 1993年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
徳島県 四国放送 1・2は未放送
香川県・岡山県 西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送 2のみ、土曜7:00-7:30枠の遅れネット
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
1から3まで放送
長崎国際テレビ 日本テレビ系列 '91からSP3まで放送
熊本県 くまもと県民テレビ 1は同時ネット、2は1988年4月13日から1989年8月2日に水曜17:00から放送。
熊本日日新聞テレビ欄より
大分県 大分放送 TBS系列 1・2を放送
テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
3からSP3まで放送
1993年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局
宮崎県 宮崎放送 TBS系列 1・2を放送
テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
3からSP3まで放送
鹿児島県 鹿児島テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1から'91まで放送
鹿児島読売テレビ 日本テレビ系列 SP1からSP3まで放送
沖縄県 琉球放送 TBS系列

本放送後、2017年にはアニメ化30周年を記念してHDリマスター版が制作された。これは同年12月にアニマックスでのBS初放送[19][20]を経て、2018年4月にはサンテレビでの地上波初放送にも用いられている[21]

映画版[編集]

『2』の本放送中である1989年6月17日に単発として公開された『シティーハンター 愛と宿命のマグナム』 (L&D) 、アニメ休止期間中の1990年8月25日に2本立てとして併映された『シティーハンター 百万ドルの陰謀』 (M$P) と『シティーハンター ベイシティウォーズ』 (BCW) の計3作品が製作されている。配給は松竹富士

スタッフ(映画版)[編集]

  • 原作 - 北条司
  • 監督 - こだま兼嗣
  • 企画 - 諏訪道彦(よみうりテレビ)
  • キャラクターデザイン - 神村幸子
  • 美術監督 - 東潤一 (L&D,BCW) / 本田修 (M$P)
  • 撮影監督 - 古林一太 (L&D) / 長谷川洋一 (M$P,BCW)
  • メカニカルデザイン - 明貴美加 (L&D) / 小林渉平 (M$P,BCW)
  • 設定製作 - 秋山浩之 (L&D) / 稲荷昭彦 (M$P,BCW)
  • 音楽 - 矢野立美
  • 音響監督 - 浦上靖夫 / 小林克良 (M$P,BCW)
  • シナリオ - 遠藤明範 (L&D) / 外池省二 (M$P) / 平野靖士 (BCW)
  • 絵コンテ - こだま兼嗣 (M$P) / 大熊朝秀 (BCW)
  • 演出 - 山口美浩 (L&D) / 江上潔 (M$P) / 今西隆志 (BCW)
  • 作画監督 - 北原健雄 (L&D,BCW) / 神志那弘志 (L&D) / 神村幸子 (M$P)
  • プロデューサー - 植田益朗(サンライズ)・諏訪道彦(よみうりテレビ)・小松茂明(日本ビクター)
  • 制作 - よみうりテレビ、日本ビクター、サンライズ

主題歌(映画版)[編集]

愛と宿命のマグナム
オープニングテーマ「週末のソルジャー
作詞・作曲・編曲 - 高橋研 / 歌 - 金子美香
エンディングテーマ「十六夜
作詞・作曲 - 飛鳥涼 / 編曲 - 近藤敬三 / 歌 - 高橋真梨子
百万ドルの陰謀
エンディングテーマ「MORE MORE しあわせ」
作詞 - 川村真澄 / 作曲 - Mark Davis / 編曲 - 井上Brothers / 歌 - 荻野目洋子
ベイシティウォーズ
エンディングテーマ「ROCK MY LOVE」
作詞 - 吉元由美 / 作曲・編曲 - 馬飼野康二 / 歌 - 荻野目洋子

2019年版[編集]

2019年2月8日に公開予定。配給はアニプレックス

監督は『シティーハンター ザ・シークレット・サービス』以来23年ぶりにこだま兼嗣が再登板。主要声優については前述したとおりテレビアニメ版の面々[22]が起用されており、制作スタッフについては新たな人物が大半を占める[8]

スタッフ(2019年版)[編集]

DVD[編集]

2005年12月21日、原作開始20年、『エンジェルハート』アニメ放送開始を記念して初のDVD化となるコンプリートDVD-BOX『CITY HUNTER COMPLETE』が完全予約限定商品として発売された。テレビシリーズ全140話に加え、劇場版・テレビスペシャル各計6本を収録。

2007年12月からアニメ放送開始20年を記念し単巻のリリースが開始。劇場版・テレビスペシャルは単巻未発売。

CD[編集]

連続テレビシリーズ
  • シティーハンター オリジナル・アニメーション・サウンドトラック
  • シティーハンター オリジナル・アニメーション・サウンドトラックVOL.2
  • シティーハンター2 オリジナル・アニメーション・サウンドトラックVOL.1
  • シティーハンター2 オリジナル・アニメーション・サウンドトラックVOL.2
  • シティーハンター3 オリジナル・アニメーション・サウンドトラック
  • シティーハンター'91 オリジナル・アニメーション・サウンドトラック
テレビスペシャル
  • シティーハンタースペシャル 〜グッド・バイ・マイ・スイート・ハート〜 オリジナル・サウンドトラック
  • シティーハンタースペシャル 〜ザ・シークレット・サービス〜 オリジナル・サウンドトラック
映画
  • シティーハンター劇場版 〜愛と宿命のマグナム〜 オリジナル・サウンドトラック
  • シティーハンター オリジナルスペシャル・サウンドトラック #2 - ベイシティ・ウォーズ #3 - 百万ドルの陰謀
ベスト盤
  • シティーハンター ドラマティックマスター
  • シティーハンター ドラマティックマスターII
  • シティーハンター サウンドコレクションX -Theme Songs-
  • シティーハンター サウンドコレクションY -Insertion Tracks-
  • シティーハンター サウンドコレクションZ -Dramatic Album-

ムック[編集]

集英社よりテレビシリーズ『1』、『2』、『3』、『'91』および『愛と宿命のマグナム』、『百万ドルの陰謀』、『ベイシティウォーズ』をまとめたムック『シティーハンターアニメスペシャル』が出版されている。北条司描き下ろしのピンナップ、神村幸子による多数の描き下ろし(表紙、ピンナップ、名場面、各話女性ゲストキャラクター〈『'91』に登場するキャラクターも神村幸子が描いている〉)、遠藤明範によるショートストーリー、各スタッフのコメントなどが収録されている。

ゲーム[編集]

コンシューマーゲーム
1989年にPCエンジン用ソフトとして発売。ソフトは後期のCDではなくHuカードで、縦横スクロールのアクションゲームである。
モバイルゲーム
2010年にソーシャルゲームとしてGREEで配信開始された。基本プレイ無料のアイテム課金制。正式タイトルは「シティーハンター 100万人のスイーパー」。

小説[編集]

CITYHUNTER SPECIAL
小説:CITY HUNTER SPECIAL
著者 天羽沙夜
イラスト 北条司
出版社 集英社
レーベル ジャンプ ジェイ ブックス
発売日 1995年12月15日
巻数 1巻
小説:CITY HUNTER SPECIAL 2
著者 岸間信明
イラスト 北条司
出版社 集英社
レーベル ジャンプ ジェイ ブックス
発売日 1999年4月2日
巻数 1巻
テンプレート - ノート

ジャンプ ジェイ ブックスより発売された4冊のノベライズ作品の内以下の2冊はテレビスペシャルのノベライズとなっている。

CITY HUNTER SPECIAL
天羽沙夜著、1995年12月15日発売。 ISBN 4087030423
1996年のスペシャル『ザ・シークレット・サービス』のノベライズ版。セリフの中にスペイン語が頻繁に登場する。
CITY HUNTER SPECIAL 2
岸間信明著、1999年4月2日発売。 ISBN 4087030822
1999年のスペシャル『緊急生中継!?凶悪犯冴羽獠の最期』のノベライズ版。アニメではオミットされていた過去のサユリやジャックなどとの関係が描かれている。

主な登場人物[編集]

原作準拠の登場人物についてはシティーハンターを参照のこと。

アニメ版のキャラクター[編集]

映画版に登場したゲストキャラクター[編集]

『シティーハンター 愛と宿命のマグナム』[編集]
ニーナ・シュテンベルグ
声:岡本茉莉
チャリティーコンサートのため来日していた西ガリエラ国の天才ピアニスト。ショパンコンクールでの優勝経験を持つ。友人の氷室真希[23]の紹介により、名前も顔も分からない父親探しを獠に依頼してきた。
クラウス・シュテンベルグ
声:永井一郎
ニーナの祖父であり、ニーナのマネージャーでもある。キルヒマンからマイクロチップを預かる。義理の息子にあたるヘルゼンを長年憎んでいたが、終盤で自分の行いは間違いだったとヘルゼンに詫びる。
ヨハン・フリードリッヒ・フォン・ヘルゼン
声:木原正二郎
東ガリエラ国の情報部大佐で、「赤い死神」の異名を持つ凄腕。東ガリエラ大使館から、情報屋が持ってきた極東破壊工作資料が警視庁に渡るのを阻止すべく送り込まれた。その正体はニーナの父親[24]で、20年前に東ガリエラ大使館員として西ガリエラに駐在していた時、ソフィアと出会い、やがてお互いに深く愛し合うようになった[25]。しかし、愛していたがゆえに、硝煙の渦巻く危険な世界に巻き込みたくないという思いから[26]、ソフィアの元を去る。
終盤で獠と一騎打ちの勝負を行い、獠に拳銃で撃たれて死亡したと思われたが実は生存しており、療養中に本国からは死亡として扱われた[27]。その後、ニーナとともに放浪の旅に出た。
ソフィア・シュテンベルグ
クラウスの娘でニーナの母。ピアニストであった。5年前に病に侵され、ニーナに父親が生きていることを告げて息を引き取った。
ボンダル
声:加藤正之
東ガリエラ国の駐日大使で、出世欲の塊とも言える人物。
本国の指示で、極東における破壊工作の資料を奪回しようとするが、拠点の地下に隠していた大量の爆弾を獠達を道連れにしようとするギュンターにより起爆され、拠点を丸ごと失い、その後屋敷に戻るも、待機していたシュタイナーから依頼の失敗を理由に強制収容所行きを宣告され、力なく崩れ落ちた。
オイゲン
声:仲木隆司
東ガリエラ情報部員。ヘルゼンの部下。
ギュンター
声:矢尾一樹
ボンダルの部下。獠に両手を打たれた後、自暴自棄になり拠点もろとも自爆した。
ライプニッツ大尉
声:池田勝
東ガリエラの特殊部隊の隊長。
キルヒマン
声:加賀谷純一
世界中に情報網を持つ情報屋。東ガリエラの極東破壊工作の資料を警視庁に高く売ろうとした。今回の仕事で引退を考えており、情報の売値を吊り上げる為に自分で空港に爆弾を仕掛ける。しかし、空港でそれを察知したヘルゼンによって射殺された。
シュタイナー
声:家弓家正
東ガリエラ国の国家保安委員会の特別調査局長。ヘルゼンの同期で、20年前にヘルゼンと共に東ガリエラ大使館員として西ガリエラに駐在していた。ヘルゼンの死を知った際には、「惜しい男を亡くした」と寂しそうに呟いていた。
『シティーハンター ベイシティウォーズ』[編集]
ルナ・ギリアム
声:小林優子
コステロ共和国のコンピュータースペシャリスト。ギリアム将軍の娘。最終的には警察に逮捕された。
ギリアム将軍
声:阪脩
コステロ共和国の元独裁者。麻薬王として君臨していた。ルナの父。
クロード少佐
声:岸野一彦
ギリアムの副官。ギリアム将軍の補佐をしつつ、表立って特殊部隊の指揮を執る。最後はギリアムに用済みとして射殺された。
ゴメス
声:渡部猛
クロードの副官。多連装ランチャー「マンビルXM18」を使う。
『シティーハンター 百万ドルの陰謀』[編集]
エミリー・オハラ
声:佐々木優子
アメリカロサンゼルスから来日した100万ドルの依頼料で獠にガードを頼んだ金髪美女。実はCIAのエージェント。
ダニエル・オハラ
声:竹村拓
エミリーの兄で、CIA職員。釣りをしていたところを、ダグラスに殺された。
ダグラス
声:石丸博也
テロリストまがいの殺し屋。爆弾をしかけたラジコンを使う。
実はCIAのエージェントであり、エミリー・オハラの上司・ディックの指示でダニエルを殺すよう仕向けられていた。しかし、自身もまたディックによって捨て駒として利用されており、獠との闘いは自身の敗北もとい死を前提として仕組まれたものだった。その事実を獠に知らされたことで、ディックをエミリー諸共爆殺しようとするが、失敗した。
ダニエル・オハラ殺害及び、要人暗殺、爆発物所持等取締法違反、二重スパイ容疑で、黒幕であるディックと共に逮捕された。
ディック
声:屋良有作
エミリーの直属の上司で、CIAのロサンゼルス支部長。

TVスペシャルに登場したゲストキャラクター[編集]

『ザ・シークレット・サービス』[編集]
新庄安奈
声:天野由梨
警視庁に新設されたシークレットサービスの一員。野上冴子の優秀な後輩。24歳独身。ブラジャー代わりにサラシを着用している。
ガイナム共和国の次期大統領候補であるジェームズ・マクガイアの娘でもある。6歳の時に母親・瑠璃子を亡くしており、その死をめぐって父親に対し複雑な感情を抱いている。
獠への最初の印象は「無頼な男」だったが、2度危機を救われたことや、交流を通して徐々に心を開いていき、獠にマクガイアと似ているものを感じ取る。
ゴンザレスにより彼の所有する船に親子共々閉じ込められるが、その際、父マクガイアの思いを知り和解。また、ゴンザレスが自ら母の殺害を告げたことで、母を殺したのは父ではないかという誤解も解ける。事件解決後は、元の親子の関係に戻った。
ジェームズ・マクガイア
声:大塚明夫
ガイナム共和国の次期大統領候補。新庄安奈の父親でもある。25年前に看護婦として国際医療ボランティアの一員としてガイナム共和国に派遣された日本人の瑠璃子と結婚した。来日直後の夜、かつての反政府グループ時代の同志だったゴンザレスから娘に対する脅迫を受ける。この事件を機に、獠に娘・安奈のボディーガードを依頼する。彼は獠に自分と同じ匂いを感じ取っていた。
かつて政府軍に追われて山中を逃げ回っていた際に、偶然洞窟でダイヤモンドの鉱脈を発見し、その利用を巡り同志だったピートとゴンザレスと対立するが、ダイヤモンドを国民のために使いたかったマクガイアは鉱脈の場所を二人に教えなかった。そのことが、妻・瑠璃子がマクガイアを庇ってゴンザレスに射殺されるという悲劇へ繋がる。また、居合わせた娘・安奈には父親が母親を殺したという誤解を与えてしまい、安奈の心に深い傷を与えてしまう。
6歳の安奈の身を案じて日本へ送り出した後、隠れ家に籠っていたところを政府軍に逮捕され、16年間を獄中で過ごした。釈放後は民主化運動の中心的人物となり、大統領選挙に立候補する。
秘書のローザがゴンザレスの一味に拉致された際には、彼女がゴンザレスのスパイと知った後も、彼女が愛国者であることを信用し、救出に向かう。
安奈が子供の頃に紛失した妻・瑠璃子が娘・安奈が6歳の時に作ってあげた人形を探し出し、家族の思い出として、また生きる糧として常に持ち歩いている。
事件解決後帰国し、ガイナム共和国の大統領選挙で圧倒的な勝利を収め、大統領就任式で民主化の決意を改めて強調した。また、大統領就任と同時にダイヤモンド鉱脈が発見された事を発表し、これといった産業のないガイナム共和国の重要な資源となると宣言した。
新庄瑠璃子
ジェームズ・マクガイアの妻であり、新庄安奈の母親。純粋で正義感に溢れた優しい女性。25年前に看護婦として国際医療ボランティアの一員としてガイナムに派遣された。国の方針に矛盾を感じて、マクガイア率いる反政府グループに身を投じる。マクガイアと結婚して安奈を出産する。しかし、18年前にマクガイアがピート、ゴンザレスと活動方針の違いで対立した際、興奮したゴンザレスとピートが銃を抜いたため、マクガイアを庇ってゴンザレスに撃たれ致命傷を負い、その傷がもとで亡くなった[28]
ローザ・マルチネス
声:戸田恵子
ジェームズ・マクガイア候補の秘書。マクガイアとは反政府運動時代からの仲間で、反政府グループの活動家だった。格闘術を自然と身につけており、その腕前はローザに言い寄った獠を素手で軽くあしらう程である。死亡した同志であるピートに特別な感情を抱いていた。ピートがマクガイアにより殺害されたと誤解しており、18年間マクガイアを憎んでいた。
ゴンザレスのスパイだったが、ゴンザレスの船に閉じ込めれていたマクガイアと安奈を救出し、ゴンザレスに反旗を翻す。その際、ゴンザレスからピート殺害の真実を聞き、これまでの行いを激しく後悔した。
ヘリコプターで逃亡を図ったゴンザレスと日影を安奈と共に追うが、その際、安奈を庇って腹部に打たれ致命傷を追う。
死の間際、マクガイアに祖国であるガイナムを裏切ってしまった事を謝罪した。獠にはこんな私でもいいのかと告げ、獠のもちろんという言葉を聞いて、笑みを浮かべながら息を引き取った。
ゴンザレス
声:麦人
かつてはマクガイア、ピートと共に反政府グループの同志の一人として活動していた。現在はガイナム共和国の麻薬組織のボスとして暗躍している。同志だったマクガイアがダイヤモンドの鉱脈を発見した際、ピートと共に、すぐにでも掘り出して反政府活動の資金にすべきだと主張した。マクガイアが反対した事でマクガイアの妻である瑠璃子を巻き込んで銃撃戦となり、瑠璃子を殺害してしまう。その後ピートを殺害。政府軍にマクガイアの隠れ家だった小屋の場所を通報し、政府軍にマクガイアを捕縛させている。
マクガイアが発見したダイアモンド鉱脈の場所を知るため、来日したマクガイアに安奈を狙うと脅迫する。麻薬密輸を企てた日本の竜神会の日影と手を組み、日本の優秀な掘削機を要求していた。
海坊主と獠により絶体絶命に陥り、ヘリコプターで日影と共に逃亡するが、ローザを殺害したことで獠の怒りを買う。獠が放ったマグナムの一撃によってヘリを撃ち落とされ、日影と共に死亡した。
ダンケルク
声:中多和宏
ゴンザレスに雇われた売り出し中の殺し屋で、手段や客を選ばない。傭兵であり、海坊主とは因縁を持っている。マクガイア候補が東京の自治と文化のシンボルである新都庁舎を視察していた際に、安奈を狙撃しようとしたが、獠の機転により狙撃は失敗に終わる。 本人曰く金に興味がない。また仕事にも執着しておらず、目的はあくまでも自分の名前を売ること。ナンバーワンに拘っており、裏の世界No.1という椅子を狙っている。シティーハンターである獠に興味を持つ。終盤で海坊主に決闘を挑むも敗北、頚椎をへし折られて死亡した。
『グッド・バイ・マイ・スイート・ハート』[編集]
真風笑美
声:岩男潤子
新宿歌劇団の花形男役スター。義理の兄である武藤武明を探して欲しいと依頼した。獠曰く、バストはCカップ。海坊主は笑美の大ファンである。なお、笑美の両親とは5歳の時に亡くなっている。養護施設から武藤武明(後のプロフェッサー)の家族に引き取られ、本当の子供みたいに大切に育ててくれたという。ずっと周囲を騙しており、養護施設にいた頃から大人の顔色を伺うのがうまい子供だったという。明るく振舞った方が可愛がってもらえるのがわかっていたらしい。
プロフェッサー(武藤武明)
声:山寺宏一
プロフェッサーと呼ばれる謎の犯罪者で、自身の犯罪に美学を感じている。元々はヨーロッパの外人部隊(第2パラシュート連隊)出身のエリートであり、湾岸戦争の最前線に回されていた。10数件の暗殺の他、ヨーロッパ経済界の大物の誘拐、スイス国際銀行の現金輸送車の強奪など、数多くの犯罪に手を染めている。また劇中で本人曰く、主にヨーロッパの裏社会を拠点に暗躍していたことが示唆されている。目的の為ならば、仲間はおろか無関係な市民に対しても容赦しない冷酷非情な性格である。銃の扱いや接近戦にも長けており、接近戦に関しては龍岡を一瞬でねじ伏せ、獠とも互角に張り合える程の実力を持つ。獠の事は「伝説の勇者にして裏社会No.1」と評していた。
その正体は真風笑美の義理の兄である「武藤武明」で、16歳の時にハーバード大学の学位を取った程に優秀な人物であった。しかし、人並外れた天才ゆえか、笑美や両親にさえ心を開くことはなく、18歳になった夜にパソコンに「Goodbye my ……」と打ち込んだ後、突然消息を絶つ。
笑美が獠に武明を探すことを依頼されたことと同時に、東京全土を標的に「死のゲーム」を始め、命のやり取りを楽しむかのようにテロを実行した。数々のミッションを獠に課し、山手線での決戦まで優勢は保ってきた。しかし、最後の一騎討ちで獠の右腕を撃ち貫くも、自身も獠に胸を撃ち貫かれて致命傷を負い、絶命の寸前に「命の尊さ」を感じ、笑美には別れの言葉を告げるとともに、獠には感謝を告げ、笑顔を浮かべ静かに息を引き取った。愛銃はグロック17で獠への狙撃シーンではH&K PSG1を使用していた。
山内悟
声:飛田展男
爆弾作りが趣味のマッドボンバー。仕掛け爆弾に関しては、世界でも指折りである。テロリストのプロフェッサーにスカウトされる。最終的に獠に拉致される形で爆弾を仕掛けた電車に無理やり乗せられ爆弾の解除をさせられるも、プロフェッサーに額を撃ち抜かれ死亡する。
龍岡浩一
声:西凛太朗
銀行強盗で4人、逮捕しようとしていた警官5人を殺害し、銀行強盗や殺人の罪で服役していた凶悪犯。筋骨隆々の巨漢であり、素手で車を動かせる程の怪力の持ち主。爆弾作りの山内とともに、プロフェッサーにスカウトされる。上記の怪力の他にヘリの操縦や電車と並走しているヘリのローターを正確に狙撃するほどの狙撃能力の持ち主。最期はプロフェッサーが死亡した事に激昂し、ヘリから獠を狙撃しようとするも、海坊主らに阻止され、そのまま操縦不能となったヘリと共に墜落し死亡する。
エリカ
声:安部譲二(特別出演)
新宿のオカマバー「ERIKA」のママ、獠のことがお気に入りである。TVスペシャルの次作にも担当声優を変えて(声:野島昭生)登場。
『緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期』[編集]
サユリ・クラウディア/朝霧さやか
声:高山みなみ
メガシティTVの人気女性アナウンサー。人気の高さからファンから「さやぴー」と呼ばれている。しかし正体はジャック・ダグラスの恋人で、ダグラスが獠との決着をつけるために手伝いとして顔を整形し、ダグラスに狙われている自身のボディーガードというニセの依頼を頼んだ。実は本当は獠のことを愛しており、彼の写真入のペンダントを着用していて、それが過去の因縁を巡るキーアイテムとなる。拉致され監禁された本物の朝霧さやかはTVで見る表情とは違って相当軽いキャラクター。
ジャック・ダグラス
声:高田裕司
メガシティTVの社長で、その正体はジャックナイフと呼ばれた元傭兵である。獠のかつてのライバル。冷酷非道で残虐な手も平気で行う。心臓病で余命いくばくもなく、獠との決着をつけるためこの計画を引き起こしたが、過去の本心を知ったサユリによって阻止され、その隙をついた獠によって倒される。愛銃は獠と同じく(カスタムは異なるが)コルト・パイソンの4インチモデル。
マッド・ドッグ
声:森川智之
メガシティTVのダグラスの部下。ストーリー冒頭で東京駅で待ち合わせしていたメガシティーテレビの幹部を新幹線のトイレで射殺した。ノベルではマッドドッグ。本名ケン・ベルナルド・バルバロスで、サユリの弟。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランスでのタイトルは『Nicky Larson』。
  2. ^ 『シティーハンター完全読本』[要ページ番号]
  3. ^ 『まんだらけZENBU』No.5 p.49
  4. ^ 文庫版第1巻あとがき p.375
  5. ^ アニメ化に際してのアレンジ時に性的な要素を払拭すると、その話自体がまったく成立しなくなる分など。
  6. ^ 『アニメぴあ Shin-Q vol.2』 W表紙発表!! ヴァイオレット・エヴァーガーデン & シティーハンター|ぴあ株式会社のプレスリリース
  7. ^ 「シティーハンター」劇場版の制作決定、現代を舞台にした完全新作ストーリー(コメントあり / 動画あり) - 映画ナタリー
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「劇場版シティーハンター」特報解禁!冴子らもTV版と同キャスト - コミックナタリー
  9. ^ 『'91』では「伊倉一寿」(いくら かず)の名義で出演。
  10. ^ 劇場版『ベイシティーウォーズ』と『百万ドルの陰謀』で担当。当時、小山が声優活動を休止していたことに伴う代役としての出演。
  11. ^ 小黒祐一郎「第5回 諏訪道彦」『この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001』飛鳥新社、2006年11月2日、ISBN 4-87031-758-3、79頁。
  12. ^ 本編がモノラルでテーマ曲をステレオに切り替える方式は同局で放送された『YAWARA!』でも行われているが、こちらは当時一般的であった本編後にCM・次回予告を入れてからエンディングテーマという流れであった。
  13. ^ 鈴木秀美・山田健太・砂川浩慶 編『放送法を読みとく』p.83 2009年 商事法務
  14. ^ BARBEE BOYSのメンバー。本編に声優として出演している。
  15. ^ 山形テレビテレビ宮崎鹿児島テレビは、「FNSスーパースペシャル1億2000万人のテレビ夢列島'91」(FNSの日)を放送したため、別の日時に振替放送。
  16. ^ この日は「24時間テレビ 「愛は地球を救う」」が放送されていたが、この年は19:00に終了していたため、通常通り放送された。
  17. ^ ニュースシャトル開始に伴う。
  18. ^ 11 - 13話を除く。
  19. ^ 「シティーハンター」が美しく蘇る! - ヨムミル!ONLINE
  20. ^ 『シティーハンター』HDリマスター版が初放送!アニマックスにて12月20日よりスタート! - サンライズ
  21. ^ @suntv3の2018年3月19日のツイート2018年3月20日閲覧。
  22. ^ 冴子役の麻上洋子にとっては、芸名を一龍斎春水(講談師としての芸名。2012年から声優活動も一龍斎春水名義で行っている)に改名して以降、初の冴子役である。
  23. ^ 本作では名前のみの登場。アニメでは第1シリーズ27話と28話に登場し、声は島本須美が担当。
  24. ^ 獠は麗香に調査をしてもらった結果、そのことを知った。
  25. ^ ソフィアはこの時、ニーナを妊娠した。
  26. ^ クラウスは20年前、「硝煙の渦巻く世界にソフィアを巻き込むな!」と大使館員だったヘルゼンに強く迫った。しかしヘルゼンは20年後、「あの時、あなたに『身を引け』と言われなくても、私はソフィアから身を引くことを決めていたのだ」と自身の思いを打ち明けている。
  27. ^ 獠は、ヘルゼンのアバラ骨にショックを吸収させることで心臓に銃弾が到達しないよう、銃弾の火薬を少なく調整していた。獠曰く「一か八かの賭けだった」とのこと。
  28. ^ 劇中で、瑠璃子の墓参りに訪れるシーンがあり、墓石に没年は1977年と記されている(なお、生年は1946年)。

関連項目[編集]

  • エンジェル・ハート - 「月刊コミックゼノン」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)に連載されている事実上の続編。本作のパラレルワールドとなっており、本作の声優陣も起用されている。
  • 神谷明 - アニメの冴羽獠の声優。自身の演じた中で最も好きなキャラクターが獠であることを公言。作中に登場する獠の事務所名「冴羽商事」を自らの事務所の名称に採用している。
  • 新宿 - 本作品ならず北条司作品の代名詞的とまでいえる重要な場所となっている。

外部リンク[編集]

よみうりテレビ日本テレビ系列 月曜19時台前半(1987.4.6 - 1988.3.28)
前番組 番組名 次番組
シティーハンター
【当番組までYTV制作枠&アニメ枠
追跡
(平日帯)
【ここからは日本テレビ制作枠】
よみうりテレビ 土曜18時台前半(1988.4.2 - 1989.7.1)
不明
シティーハンター2
日本テレビ 金曜16時台後半(1988.4.8 - 1988.9.30)
青春アワー
または
青春アクションシリーズ

【ドラマ再放送枠】
(平16:00 - 16:55)
ガイド
(平16:55 - 17:00)
シティーハンター2
日本テレビ 金曜17時台後半(1988.10.7 - 1989.7.14)
欽きらリン530!!
(平日帯)
シティーハンター2
【当番組よりアニメ枠】
よみうりテレビ・日本テレビ系列 日曜19時台前半(1989.10.15 - 1990.1.21)
シティーハンター3
【当番組のみアニメ枠
よみうりテレビ・日本テレビ系列 日曜19時台前半(1991.4.28 - 1991.9.22)
丹波・山瀬のパニックTV
シティーハンター '91
【同上】