PSY・S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PSY・S
Masaya-matsuura.jpg
松浦雅也
基本情報
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ニュー・ウェイヴ
シンセ・ポップ
テクノポップ
J-POP
活動期間 1983年 - 1996年
レーベル Sony Records(1985年 - 1996年)
メンバー 松浦雅也
CHAKA
著名使用楽器
フェアライトCMI

PSY・S(サイズ)は、日本ニュー・ウェイヴ系の音楽ユニットである。1985年にデビュー。1996年8月1日に解散した。1980年代後半の活動当初から、当時最先端の電子楽器であるフェアライトCMIを駆使し、1990年代J-POPを先取りしたような、先進的なポピュラー音楽を展開していた。

メンバー[編集]

来歴・概要[編集]

  • 1983年頃、「PLAYTECHS」というユニット名でアルバム(非売品)のみ作成。ライブ活動は行わず、その時インディーズで発表したアルバムがデビューのきっかけとなる。
  • 1985年5月22日岡田徹との共同プロデュースによるアルバム『Different View』とシングル「Teenage」の同時発売でCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)からメジャーデビュー。「Teenage」のヴィデオクリップの監督は中野裕之。メジャーデビュー後は「SD関西」(のちのCSアーティスツ、ソニー・ミュージック・アーティスツ)に在籍、一年間はライブ活動は一切せず、レコーディングを中心に行っていた。
  • デビュー後もライブ活動ではシンセサイザーの同期演奏を前面に押し出すようなスタイルは取らず、バックバンド「Live PSY・S」を率いてのバンドサウンドが主であった。美尾洋乃鈴木賢司沖山優司安部王子新居昭乃保刈久明南流石、田中徹などが参加していた。
  • 1987年に放送開始したNHK教育テレビの『土曜倶楽部』のテーマソングとして楽曲「Mind Check」が起用される。
  • 1988年4月21日発売のシングル「Angel Night〜天使のいる場所〜 」がアニメ『シティーハンター2』の主題歌に起用され(1話 - 26話)、一躍メジャーシーンに名を連ねることになった。
  • 1990年からはフェアライトCMIの使用を止め、生演奏をアナログ録音することに徹底的にこだわった『Signal』、ミュージシャン各人がDATで自宅録音した音素材を使うスタジオレスレコーディングの『HOLIDAY』、Macintoshパソコン向けのマルチメディアCD-ROM『The Seven Colors』、アコースティック楽器によるセルフカヴァー『HOME MADE』など毎回制作手法を大幅に変化させる作風が特徴となる。
  • 1996年、松浦雅也がDTM雑誌『PC music』6月号誌上の連載ページにて解散を発表。8月1日のベストアルバム『Two Bridges』の発売をもって解散した(のちに"終焉"と表現された)。
  • 11年間の活動中(デビュー前には、2年間の音楽制作期間がある)、松浦と安則が仕事以外でプライベートで会ったのはたった1回、「30分程度喫茶店でお茶をしただけ」 (松浦談)だったというが、それは「音楽のみでつながっていたい、と松浦くんが望んだから」(CHAKA談)とのこと。
  • 2020年6月17日同時発売予定の『ATLAS』(初のアナログ化:品番MHJL-150)と『LIVE PSY・S Looking For The "ATLAS" Tour '89』(初ブルーレイ化:品番MHXL-82)が2020年4月7日に新型コロナウイルス感染拡大に伴い発令された「緊急事態宣言」のため制作遅延となり、2020年7月22日に発売が延期となった。(2020年5月22日発表

代表曲[編集]

みんなのうた
3-D天国
歌手 PSY・S
作詞者 神沢礼江
作曲者 松浦雅也
映像制作者 田中ケイコ
初放送月 1988年10月-11月
テンプレートを表示
Angel Night〜天使のいる場所〜
1988年4月21日発売。作詞:松尾由紀夫、作曲:松浦雅也、編曲:松浦雅也。『シティーハンター2』オープニングテーマ曲
Woman・S
明石家さんまの冠テレビ番組『さんまのまんま』エンディングテーマ曲(1987年)

Kisses[編集]

1990年9月21日発売。『東京テレメッセージ』CMソング。14thシングル・6thアルバム『SIGNAL』収録
Friends or Lovers
1991年2月10日発売。TBS系TV金曜ドラマ『ママってきれい!?』テーマ・ソング
Lemonの勇気
アニメ『TO-Y』(上條淳士原作)イメージソング。松浦が作中音楽を担当
Parachute Limit
日本テレビ独占!!スポーツ情報』オープニングテーマ曲
ファミリーコンピュータゲームソフトコズミックイプシロン』1面BGM(タイアップ曲)
サイレント・ソング
松浦が当時パーソナリティを務めていた『サウンドストリート』(NHK-FM)火曜日の企画「マンスリー・ソング」の1曲として作られた(この曲を含む、約1年にわたる放送期間中に作られた楽曲の大半はProduced by Another PSY・S名義でPSY・S Presents "Collection"に収録された)。PSY・Sの楽曲は作曲・編曲のほとんどを松浦雅也が担当しているが、この曲は当時BARBEE BOYSのギタリストだったいまみちともたかが作曲した。BARBEE BOYSは同曲の歌詞とアレンジを変えて「Noisy」というタイトルで、アルバム『Listen! BARBEE BOYS4』に収録した(なお、男女ツインボーカルが基本の同バンドには珍しく、杏子のソロナンバーになっている)。この曲をきっかけに両者の交流が始まり、「ノー・キーボード」を謳っていたBARBEE BOYSに松浦がキーボードで参加した。株式会社フェニックス PHENIX 1986 collectionのCM曲として採用された。
BRAND-NEW MENU
セイコー腕時計 ALBA CM曲
Another Diary
セイコー腕時計 ALBA CM曲
電気とミント
映画「リトル・ダイナマイツ」イメージ・ソング
青空は天気雨
映画「きらきらひかる」イメージ・ソング
Wake Up
1985年 国際青年年記念 テーマ曲
3-D天国(スリーディーヘブン)
NHKみんなのうた 1988年10月-11月楽曲
キューン・ソニーレコード(後のキューンミュージック)から1997年9月1日に発売されたCD『NHK みんなのうた さとうきび畑』で初CD化された。2012年のボックスセット「Psyclropedia」のDISC 3に収録されている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. Teenage(1985年5月22日)
  2. BRAND-NEW MENU(1985年11月21日)
  3. Another Diary(1986年3月5日)
  4. Woman・S(1986年11月21日)
  5. サイレント・ソング(1987年2月26日)
  6. Lemonの勇気(1987年9月21日)
  7. Angel Night〜天使のいる場所〜(1988年4月21日)
  8. 薔薇とノンフィクション(1988年7月21日)
  9. Parachute Limit(1988年10月21日)
  10. CHILD (1989年1月21日)
  11. ファジィな痛み(1989年7月21日)
  12. Wondering up and down〜水のマージナル〜(1989年12月1日)
  13. 遊びにきてね(1990年5月21日)
  14. Kisses(1990年9月21日)
  15. Friends or Lovers(1991年2月10日)
  16. 電気とミント-Movie Mix(1991年3月1日)
  17. あさ〜from day to day(1991年8月23日)
  18. Moonshine(1991年12月1日)
  19. 青空は天気雨-Live Version(1992年9月21日)
  20. 青空がいっぱい(1993年6月2日)
  21. 花のように(1994年2月21日)
  22. be with YOU(1994年11月21日)

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  1. Different View(1985年5月22日)
  2. PIC-NIC(1986年7月2日)
  3. Mint-Electric(1987年8月1日)
  4. Non-Fiction(1988年8月1日)
  5. ATLAS(1989年7月21日)
  6. SIGNAL(1990年7月1日)
  7. HOLIDAY(1991年12月12日)
  8. WINDOW(1993年7月1日)
  9. EMOTIONAL ENGINE(1994年12月12日)

その他のアルバム[編集]

  1. PSY・S Presents "Collection"(1987年2月26日)NHK-FMサウンドストリート」が元となったコラボレーションアルバム
  2. TWO HEARTS(1991年4月25日)ベストアルバム
  3. TWO SPIRITS(1992年7月22日)ライヴベストアルバム
  4. HOME MADE(1994年4月21日)セルフカヴァーアルバム
  5. Two Bridges(1996年8月1日)ベストアルバム
  6. Brand-New Menu+Another Diary(1998年)
  7. GOLDEN☆BEST PSY・S (SINGLES+)(2002年11月20日)シングルベストアルバム
  8. Psyclopedia(2012年12月12日)オリジナルアルバム9作、Collection、TWO HEARTS、HOME MADE、TWO BRIDGES、TWO SPIRITS HISTORY(TWO SPIRITSの再構成盤)、初収録曲等を加えたリマスタリングBlu-Spec CD 14枚ボックスセット
  9. ATLAS(2020年7月22日)6thアルバム『ATLAS』を初アナログ化 松浦雅也監修のもと、1/2インチのオリジナルマスターテープからダイレクト・カッティング

ビデオシングル[編集]

  • 電気とミント (CDV)(1988年3月5日)

From The Planet With Love (New Version) / BRAND-NEW MENU (12inch Version) / Chasing The Rainbow / 青空は天気雨 / 電気とミント(ビデオクリップ)

  • 遊びにきてね (VSD)(1990年9月21日)

遊びにきてね(ビデオクリップ)

ビデオ[編集]

  • PSY・S 4SIZE
  • LIVE PSY・S Non-Fiction Tour '88-'89
  • Looking for the “ATLAS” Tour
  • Tri-PSY・S
  • Signal Victory Tour
  • Paradise Tour
  • MUSIC IN YOUR EYES

DVD[編集]

  • LIVE PSY・S NON-FICTION TOUR '88-'89/PSY・S 4SIZE(2005年9月7日)

Blu-ray[編集]

VIDEO CD[編集]

  • MUSIC IN YOUR EYES(1994年)

関連人物[編集]

外部リンク[編集]