独占!!スポーツ情報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
独占!スポーツ情報

独占SPORTS情報

独占SPORTS
日本テレビ麹町分室.JPG
番組の生放送が行われた日本テレビ旧社(現:日本テレビ放送網麹町分室
ジャンル スポーツニュース
出演者 松永二三男
小倉淳
神和住純
鷹西美佳
松尾雄治
関谷亜矢子
川合俊一
小野坂昌也
松本志のぶ
藤井恒久
長嶋一茂
山本真純
ほか
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年4月8日 - 2000年9月24日
放送時間 日曜日 18:30 - 19:00
放送枠 日本テレビ系列スポーツニュース枠
放送分 30分
日本テレビ

独占!スポーツ情報』(どくせん スポーツじょうほう)は、1979年4月8日から2000年9月24日まで日本テレビ系列局で放送されたスポーツニュースである。放送時間は毎週日曜日の18:30 - 19:00(JST)だが、毎年夏に放送される大型特別番組24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の際は休止。

概要[編集]

初期の頃は司会者の後ろにガラスのセットがあり、その日取り上げる項目、あるいはその日のスポーツニュースに関連するイラストを専属のイラストレーターが生で「逆書き」にして描くのが恒例だった。

解説はサッカーセルジオ越後大相撲は元藤ノ川こと服部祐兒、タレントのロイ・ジェームスらが務めた。また、巨人戦の主催ゲームがナイターで開かれる場合、その球場(後楽園球場東京ドーム)からの生中継(独占ミニ中継)が行われた。1990年代中頃には、東京ドームで開催される巨人戦を『どく中』と題し、実況の徳光和夫がゲストと共に中継をしていた。

また、1991年からは、番組の正式タイトルを「独占SPORTS情報」→「独占SPORTS」としていた。

2000年9月24日をもって21年半の歴史に幕を下ろした。同年10月1日からは、それまでの前枠で放送していた「NNNニュースプラス1・サンデー」と統合する形で、放送時間を30分から60分に拡大し「The独占サンデー」が開始された。

川合俊一がキャスターを務めた時期に放送された「スポーツウィークリー」のBGMには、かつて同局で放送された刑事ドラマ『大追跡』のオープニングテーマソング(演奏:YOU&Explosion Band、作曲:大野雄二)が使用されたことがあった。

歴代司会者組[編集]

「独占!スポーツ情報」歴代司会者
期間 メイン格 サブ格
1979.4.8 1983.9 松永二三男 (なし)
1983.10 1987.3 小倉淳
1987.4 1989.3 神和住純 鷹西美佳
1989.4 1990.3 松尾雄治
1990.4 1992.3 関谷亜矢子
1992.4 1994.3 川合俊一 関谷亜矢子 小野坂昌也
1994.4 1998.9 松本志のぶ
1998.10 1999.3 藤井恒久
1999.4 2000.3 松本志のぶ 藤井恒久
2000.4 2000.9.24 長嶋一茂 山本真純


  • 長嶋・山本は後番組『The独占サンデー』でも継続してキャスターを務めた。また、藤井もサブキャスターとして『-独占サンデー』に再登板した。

ネット局[編集]

系列は当番組終了時(2000年9月)のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 [1]
岩手県 テレビ岩手 [2]
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 [3]
福島県 福島中央テレビ 1981年10月4日から[4]
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟 1981年4月5日から[5]
長野県 テレビ信州 1991年4月7日から[6]
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 番組開始当日から1979年6月24日まで[7]
静岡第一テレビ 日本テレビ系列 1979年7月1日から
富山県 北日本放送
石川県 テレビ金沢 1990年4月1日から
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県島根県 日本海テレビ [8]
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送 [9]
徳島県 四国放送
香川県岡山県 西日本放送 [10]
愛媛県 南海放送 1992年10月4日から[11]
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 長崎国際テレビ 1991年4月7日から[12]
熊本県 熊本県民テレビ 1982年4月4日から[13]
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列 番組開始当日から1985年3月31日まで[14][15]
鹿児島読売テレビ 日本テレビ系列 1994年4月3日から[14]

脚注[編集]

  1. ^ 1991年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。
  2. ^ 1980年3月31日までテレビ朝日系列にも加盟。
  3. ^ 1993年3月31日までテレビ朝日系列にも加盟。
  4. ^ 1981年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。クロスネット当時の日曜18時台後半は 『日曜夕刊!こちらデスク』 (テレビ朝日) を同時ネットしていたため、当番組は未放送。
  5. ^ 1981年3月31日までの日テレ系列局・新潟総合テレビ(NST)は当該時間帯がフジテレビ系同時ネット枠(『サザエさん』)のため、当番組は未放送。
  6. ^ 1991年3月31日までテレビ朝日系列にも加盟。クロスネット当時の日曜18時台後半は 『日曜夕刊!こちらデスク』 → 『鉄矢のにっぽん人国記』 → 『鉄矢のとんからりん』 → 『びっくりUSA』 → 『鉄矢のびっくり外報部』 → 『美女紀行!E湯!E味』 → 『人間!ホットアイ』 → 『遊行見聞録』 → 『TVいま時あの時』 (テレビ朝日) を同時ネットしていたため、当番組は未放送。
  7. ^ 1979年6月30日まで日本テレビ系列にも加盟。
  8. ^ 1989年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。
  9. ^ 1993年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。
  10. ^ 但し、1979年3月25日まで放送対象地域は香川県のみ。
  11. ^ 南海放送(RNB)は前放送のアニメ番組『宝島』終了後、日曜18時台後半枠を日テレ系同時ネットからTBS系番販時差ネットに切り替えたため、1992年9月27日まで当番組は未放送。
  12. ^ 1990年9月30日までの日テレ系列局・テレビ長崎(KTN)は当該時間帯がフジテレビ系同時ネット枠(『サザエさん』)のため、当番組は未放送。なお、KTNは当番組開始2年前の1977年3月まで、日曜18時台は日テレ系同時ネット枠が組まれていた(前半枠『NNN日曜夕刊』 + 後半当該枠の『円盤戦争バンキッド』まで)。
  13. ^ 1982年3月31日までの日テレ系列局・テレビくまもと(TKU)は当該時間帯がフジテレビ系同時ネット枠(『サザエさん』)のため、当番組は未放送。
  14. ^ a b 鹿児島テレビ(KTS)の改編により、1985年3月を以って18時台の日テレ系各同時ネット番組(当番組の他、『NNN6:30きょうのニュース』・『NNN日曜夕刊』)を打ち切り。同年4月から当該時間帯をフジテレビ系時差ネット枠(『世界名作劇場』)に切り替えたため、鹿児島読売テレビ(KYT)開局までの9年間、鹿児島県で当番組は未放送。
  15. ^ 1982年9月30日までテレビ朝日系列、1994年3月31日まで日本テレビ系列にも加盟。

関連項目[編集]

日本テレビ 日曜18時台後半
前番組 番組名 次番組
宝島
【ここまでアニメ枠】
独占!スポーツ情報

独占SPORTS情報

独占SPORTS