番組対抗かくし芸大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
番組対抗かくし芸大会
ジャンル 正月特別番組
司会者 福留功男
木村優子
徳光和夫
小倉淳
出演者 日本テレビ系列各番組の出演者たち
審査員 回替わりの著名人審査員
一般審査員100名(1982年大会のみ)
オープニング 「日本テレビフィーバー」
製作
制作 日本テレビ
放送
音声形式 モノラル放送(1979年 - 1985年
ステレオ放送1986年・1987年)
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年1月1日1987年1月3日
放送時間 別項
放送分 144分→204分→144分→112分→114分
回数 9回
テンプレートを表示

番組対抗かくし芸大会(ばんぐみたいこうかくしげいたいかい)は、かつて日本テレビ系列で毎年正月に放送されていたスペシャル番組。全9回

概要[編集]

その時期の日本テレビの番組の出演者たちが、番組ごとにチームを組んでかくし芸を披露、優勝チームはハワイ旅行に招待された。
新春の番組対抗戦としては、元々は歌合戦形式だったものが1979年以降かくし芸形式となり、1985年からはお年玉大会となった。番組対抗・宣伝企画はその後、期末期首特番の『NTVハプニング大賞』、『スーパークイズスペシャル』などに引き継がれた。

放送タイトル[編集]

(参考:下野新聞縮刷版下野新聞社、1975年1月1日 - 1987年1月3日のラジオ・テレビ欄 

タイトル 放送年月日 放送時間(JST 備考
元旦ビッグスペシャル 人気番組対抗歌合戦 1975年1月1日 水曜14:00 - 16:00
総出演!!有名人紅白対抗歌合戦 1976年1月1日 木曜14:00 - 15:00 [1]
'77おめでとう日本テレビ番組対抗歌合戦!! 1977年1月2日 日曜19:30 - 21:54 [2][3]
'78おめでとう日本テレビ番組対抗歌合戦!! 1978年1月2日 日曜19:00 - 21:54
'79おめでとう日本テレビ番組対抗かくし芸大会 1979年1月2日 火曜18:30 - 20:54 [4]
'80おめでとう!!日本テレビ番組対抗かくし芸大会 1980年1月2日 水曜18:30 - 20:54
第5回・おめでとう!!「日本テレビ番組対抗かくし芸大会」 1981年1月2日 金曜18:30 - 20:54
82おめでとう!!第6回番組対抗かくし芸大会 1982年1月3日 日曜18:30 - 20:54
開局30年記念83おめでとう!・日本テレビ番組対抗かくし芸大会 1983年1月3日 月曜18:30 - 21:54 [3][5]
おめでとう!日本テレビ番組対抗かくし芸大会 1984年1月1日 日曜18:30 - 20:54
輝け!日本テレビ番組対抗スターお年玉大会 1985年1月3日 木曜21:02 - 22:54 [6]
日本テレビ・番組対抗スターお年玉大会 1986年1月5日 日曜19:00 - 20:54 [7]
87おめでとう!番組対抗スターお年玉大会 1987年1月3日 土曜20:00 - 21:54 [8]

1981年までは1月2日を中心に放送していたが、1982年から『欽ちゃんの全日本仮装大賞(現 - 欽ちゃん&香取慎吾の~)』が新たに編成され、また1980年からTBS系列でも類似番組『超豪華!番組対抗かくし芸』が始まったため(その事については後述)、1月3日での放送が多くなり、1986年に至っては唯一の非三が日での放送だった。

披露演目[編集]

1979年[編集]

チーム 演目 出演者
姿三四郎
勝野洋主演版)
団体舞踊 勝野洋
笑点 バレエ(白鳥の湖) 三波伸介桂歌丸三遊亭楽太郎(現 - 六代目圓楽)初代林家木久蔵(現 - 木久扇)四代目三遊亭小圓遊三笑亭夢之助林家こん平松崎真
西遊記 NG集 堺正章夏目雅子岸部シロー(現 - 四郎)西田敏行
NTVザ・ヒット! ピンク百発百中 ピンク・レディー井上順榊原郁恵
シャープ・スターアクション! 金原二郎坂上二郎佐良直美小松政夫
テレビ三面記事 ウィークエンダー 加藤芳郎青空はるお青空うれし桂朝丸(現:二代目ざこば)
ミセス&ミセス

1980年[編集]

チーム 演目 出演者
太陽にほえろ! ドラム演奏「ボスにまねろ!」
ズームイン!!朝! 「24部輪唱マルチコーラス」 徳光和夫
ルックルックこんにちは コント「'80年代は逆転の時代」 沢田亜矢子
ルパン三世 声優陣による水中音楽会「水槽楽」 山田康雄小林清志井上真樹夫増山江威子納谷悟朗
笑点 フレンチカンカン 三波伸介、桂歌丸、三遊亭楽太郎、初代林家木久蔵、四代目三遊亭小圓遊、林家九蔵(現 - 三遊亭好楽)、林家こん平、松崎真

1981年[編集]

チーム 演目 出演者
紅白歌のベストテン 「JAW'S CHORUS」 堺正章、榊原郁恵
ズームイン!!朝! 「人文字ズームイン」 徳光和夫
アニメ 鉄腕アトム:アトム(声清水マリ)、お茶の水博士(声勝田久)
鉄人28号:金田正太郎(声山田栄子)
あしたのジョー2:矢吹丈(声あおい輝彦)、丹下段平(声藤岡重慶)

1982年[編集]

チーム 演目 出演者
JUSTニュース&NNN日曜夕刊
ズームイン!!朝! 劇「ズームインへの道」 徳光和夫
新・ど根性ガエル 野沢雅子千々松幸子原田一夫青空球児・好児

1983年[編集]

チーム 演目 出演者
全日本プロレス中継 世界名作童話ミュージカル「白雪姫」 ジャイアント馬場ジャンボ鶴田大熊元司大仁田厚グレート小鹿阿修羅原ロッキー羽田石川隆士佐藤昭雄百田義浩ジョー樋口
おもしろ博士クイズ すき焼き 愛川欽也金田正一原日出子荒井注

1984年[編集]

チーム 演目 出演者
クイズ笑って許して! 所ジョージうつみ宮土理
全日本プロレス中継 劇「青春グラフィティー オリンピックへアタック!!」 全日本プロレスの皆さん
アニメ キャッツ・アイ:戸田恵子藤田淑子坂本千夏
伊賀野カバ丸:中尾隆聖
魔法の天使クリィミーマミ:水島裕

1985年[編集]

チーム 演目 出演者
全日本プロレス中継 劇「新春宝塚公演 ベルサイユのばら ―全日本プロレス組―」 ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、マイティ井上、ジョー樋口、ミスター林冬木弘道ターザン後藤マジック・ドラゴン、百田光雄、淵正伸、グラン浜田、石川敬士、川田利明、大熊元司、百田義浩、グレート小鹿

1986年[編集]

チーム 演目 出演者
やす・きよのスター爆笑Q&A 文楽劇「やす・きよの近松物語」 横山やすし・西川きよし
全日本プロレス中継 劇「金メダルへのターン ―馬場女学園物語―」 ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、石川敬士、マイティ井上、渕正信、大熊元司、ハル薗田、グレート小鹿、ロッキー羽田、百田義浩、百田光雄、ジョー樋口、小川良成、和田京平、仲田龍

1987年[編集]

チーム 演目 出演者
太陽にほえろ!PART2 劇「わんわん物語」 神田正輝、寺尾聰
あぶない刑事 オムニバスコント「あぶない恋愛講座」 舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、ベンガル、長谷部香苗
銭形平次 風間杜夫
全日本プロレス中継 劇「スーパージャンボの大冒険」 ジャンボ鶴田、山瀬まみ、大熊元司、グレート小鹿、石川敬士マイティ井上天龍源一郎ハル薗田、ロッキー羽田、サムソン冬木渕正信百田光雄和田京平小川良成、ジョー樋口、ジャイアント馬場
天才・たけしの元気が出るテレビ!!
鶴ちゃんのプッツン5 片岡鶴太郎

司会[編集]

ほか

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ここまでノンプライム。「1時間番組」はシリーズでも一番短い。
  2. ^ ここからゴールデンタイムでの放送。
  3. ^ a b 20:54 - 21:00は一旦番組を中断し、『NNNニューススポット』を放送。
  4. ^ ここからかくし芸番組。
  5. ^ 「3時間半」放送は歴代で一番長い。
  6. ^ 唯一のプライムタイム放送。21:00 - 21:02には「天気予報」を放送。
  7. ^ ここからステレオ放送
  8. ^ 18:30 - 19:54に『全日本プロレス中継』拡大版が編成されたため(この時期の同番組は19:00 - 19:54での放送)、この時間での放送となった。

関連項目[編集]