依本悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よりもと さとし
依本 悟
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 北海道上川郡下川町
生年月日 (1941-08-07) 1941年8月7日(81歳)
最終学歴 明治大学文学部文学科演劇専攻卒業
職歴 秋田放送アナウンサー
活動期間 1965年 - 2002年
出演番組・活動
出演経歴 本文参照

依本 悟(よりもと さとし[1][2]1941年8月7日[1] - )は、秋田放送の元アナウンサー

経歴[編集]

北海道上川郡下川町生まれ。明治大学文学部文学科演劇専攻卒業[1]1964年日活ニューフェイスに最終選考まで残っていたが、落選[1]。その後友人にアナウンサーを勧められて「声のスターになるのも悪くない」と思い直し、1965年2月秋田放送へ入社[1]。後にアナウンス部長、報道局次長・報道部長を経て、2002年に定年退職[2]。以後は秋田・市民メディア研究会」代表として、メディアリテラシーとコミュニケーション・人間関係を軸に生涯学習を展開[2]

人物[編集]

アナウンサーになったあたりの頃から、ネギの研究を続けている[1]。ネギを見ただけで産地を必ず当てたり[1]ラーメンを丼の中で一本にするという特技も持っていた[1]。 また、座布団や布団を回す特技も持っている。 一億人の大質問!?笑ってコラえての日本列島テレビ局の旅にて実際に座布団回しを披露した。 その時は布団回しは上手くいかなかった。

アナウンサー時代の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(三才ブックス、1987年刊)p.204
  2. ^ a b c 平成25年度センター主催・共催事業「平成25年度秋田県北部男女共同参画センター 地域サポーター養成講座」”. 秋田県北部男女共同参画センター. 2018年6月9日閲覧。