菅原実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菅原 実(すがわら みのる 1957年9月27日 - )は、日本の実業家(秋田放送常務取締役)。元同社アナウンサー。

人物・来歴[編集]

秋田県秋田市出身。秋田県立秋田高等学校中央大学を卒業し、1980年秋田放送にアナウンサーとして入社[1]。高校時代にサッカー部に在籍していたこともあり、全国高等学校サッカー選手権大会の秋田県予選や本大会の実況を長く担当していた。また2007年の第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)では開会式の進行を司るフィールドアナウンサーを片桐千晶(当時 秋田テレビアナウンサー、現 フリーアナウンサー)と共に担当している[2]

2007年3月から2008年2月までアナウンス部長を務めた後、2010年6月に取締役報道制作局長に就任[3]

2016年3月に『編成局ラジオセンターおよびラジオ活性化策・新経営ビジョン策定』担当となり、6月には常務取締役に昇格した[3]。また秋田経済同友会の会員に名を連ねている[4]

アナウンサー時代の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 清酒秀よし(ナレーション)

その他の出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同期は茜谷幸子(元ABSアナウンサー)
  2. ^ 秋田わか杉国体が開幕 ちいきの話題 秋田県北秋田市公式サイト(2009年9月29日)
  3. ^ a b 役員の状況 第63期秋田放送有価証券報告書
  4. ^ 会員名簿 秋田経済同友会