ハル薗田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハル薗田
ハル薗田の画像
プロフィール
リングネーム ハル薗田
マジック・ドラゴン
園田 一治
本名 薗田 一治
ニックネーム 龍の忍者
身長 180cm
体重 110kg
誕生日 1956年9月16日
死亡日 1987年11月28日
南アフリカ航空295便墜落事故により死亡
出身地 宮崎県小林市
所属 全日本プロレス
スポーツ歴 柔道
トレーナー ザ・グレート・カブキ
デビュー 1975年1月15日
テンプレートを表示

ハル 薗田(ハル そのだ、本名:薗田 一治(そのだ かずはる)1956年9月16日 - 1987年11月28日)は、日本のプロレスラーである。宮崎県小林市出身。元FMWの女子レスラー石倉由加利は姪に当たる。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

宮崎県で生まれる。中学、高校時代は柔道を経験。1974年7月25日全日本プロレス入門、10月からレフェリーとしてリングに上がりその後1か月ほどレフェリーを務める[1]

デビュー[編集]

1975年1月15日渕正信戦にてデビュー。大仁田厚、渕らと共に若手三羽烏と呼ばれた。初期のリングネームは本名を用いているが、字は草冠なしの「園田」としていた。

1978年4月、短期ながら東南アジア遠征を体験。これは選手個人の海外修行ではなく全日本プロレスの海外興行であった。翌1979年9月からは海外修行を開始、プエルトリコを皮切りにアメリカで活動した。プエルトリコではミツ・イシカワとタッグを組み、ノース・アメリカン・タッグ王座を獲得[2]。アメリカ本土ではマスクマンのマジック・ドラゴンとして活動。フリッツ・フォン・エリックのテリトリーであったテキサス州ダラスに転戦後、ザ・グレート・カブキとタッグを組み活躍した[3]

改名[編集]

ごく短期間(1980~1982年程)「プロフェッサー・ソノダ」と言うリングネームで活躍していた事もある。その頃のスタイルは素顔で髪を長く伸ばし、後ろ髪をポニーテール風に束ね、鼻下と顎にヒゲを蓄えるという、香港の武術映画に登場する殺し屋風のスタイルであった。

帰国後も、ジャイアント馬場付き人を務めながらマジック・ドラゴンとして活動を続けるが、1985年6月5日、小林邦昭とのマスカラ・コントラ・カベジュラ戦で敗北し、マスクを脱いだ。その後数戦を「園田一治」で戦ったのち、6月10日からリングネームをハル薗田に改名。6人タッグなどでメインイベントに出場するなど、所謂バイ・プレイヤーとして活躍した。またこの頃より、若手のコーチ役を兼務している。

死去[編集]

1987年9月に結婚した。しかし2ヵ月後の同年11月28日、新婚旅行を兼ねた南アフリカ遠征の途上で南アフリカ航空295便墜落事故に遭遇、夫婦で事故の犠牲となった。31歳没。

得意技[編集]

スライディング・キック
この技の元祖である。リング脇にいる相手に向かってダッシュし、スライディングしながら一番下のロープとマットの間から足を突き出して相手を蹴飛ばす。蹴る際に薗田はよく「キェーーー!!」という奇声を発し、これが出ると「それまで静かだった観客も必ず沸いた」と同僚のベテランレスラー達が述懐している。後にこの技は、抗争で何度も食らった小林邦昭や、三沢光晴浅子覚が受け継いでいる。
サマーソルトキック
ドロップキック

エピソード[編集]

  • 無骨な顔立ちながらその率直な性格が愛され、周囲からは「ゴリ」の愛称で可愛がられた。また、馬場の信頼も厚く、「ゴリに言っておけば、(全日本の)全員に誤解なく伝わる」と薗田を評している。
  • 夫婦揃って南ア航空295便墜落事故に巻き込まれる一因となった南アフリカ遠征は、馬場がタイガー・ジェット・シンの招聘(当時南アフリカでブッカーとしても活動していた)に応えたところから薗田の遠征が決まった。薗田の仲人でもあった馬場は、「新婚旅行も兼ねて」とブッキングし航空券を渡したのは自分であり、この事故から後々に至るまで強い自責の念に駆られたと自伝に残している。なお、本来航空券は東京発パリ経由であったが、相手プロモーターが手違いで台北経由のチケットを送ってきたという[4]。また、この南アフリカ遠征は当初、ザ・グレート・カブキに声が掛かった物をカブキが断った為、薗田に話が回った物であると、後年にカブキ本人が回顧している。
  • 薗田の事故後、1987年12月16日後楽園ホールで『ハル薗田選手夫妻を偲ぶメモリアル・セレモニー』[5]が開催された。告別の辞を述べた馬場は、遺影を前に涙が止まらず絶句した。まずは弟子たちによる追悼試合が行われ、その後10カウントゴングと共に1分間の黙祷が捧げられた。
  • コーチを兼務していた時期に、デビュー前の田上明北原光輝小橋建太菊地毅らを指導している(小橋と菊地は本デビューに先駆け、『ハル薗田選手夫妻を偲ぶメモリアル・セレモニー』で行なわれたバトルロイヤルでデビューしている)。
  • かつての教え子が多く在籍しているプロレスリング・ノアでは、2007年に実施された若手選手のリーグ戦(かつての全日本に於けるあすなろ杯に当たる)は、薗田の遺志を汲み、薗田が乗った飛行機が墜落した場所であるモーリシャスにちなんで「モーリシャス杯」と名付けている。

リングネーム[編集]

  • 園田一治、薗田一治
  • マジック・ドラゴン
  • ハル薗田

脚注[編集]

  1. ^ レフェリーの川崎信男が病気で欠場し、その代役として出場。11月に和田京平がデビューするまで続いた
  2. ^ 1979年10月13日、於:バヤモン。ただしこのノース・アメリカン・タッグ王座はプエルトリコのWWC版である。
  3. ^ 門馬忠雄の著書によると、ダラス活動期に「オール・アジアン・タッグ王座」(オリエンタル・タッグ王座)を獲得したとされるが、当時のダラスのプロレス団体、つまりフリッツ・フォン・エリックの団体WCCWには同名の王座は存在しない。全日本プロレスのタイトル(管理はPWF)である「アジアタッグ王座」(オールアジアタッグ選手権)と名前が酷似しているが、薗田の名前は(マジック・ドラゴンとしても)歴代のアジアタッグ王者には含まれていない。ただし、実際にWCCWではデビッド・フォン・エリック、ケヴィン・フォン・エリック vs ザ・グレート・カブキ、マジック・ドラゴンのオール・アジアン・タッグ王座(The All Asian titles)戦が行われており(1982年8月15日)、王座の存在は確かとしても、実際にどのような形式の王座であったかは明確ではない(これについて、ダラスでの興行を盛り上げるために「アジアタッグ王座」の名称を一時的に利用したものではないかという指摘がされている)。
  4. ^ 朝日新聞 1987年12月1日
  5. ^ 資料によりセレモニー名に多少の差異があるが、ここでは会場に掲出された大会名を写真資料から確認したものを用いる。

参考文献[編集]

  • 全日本プロレス(監修) 『馬場伝説』 筑摩書房、1996年。
  • ジャイアント馬場 『王道16文 完全版』 ジャイアントサービス、2000年。
  • 門馬忠雄 『ニッポン縦断プロレスラー列伝』 エンターブレイン、2002年。
  • 斎藤文彦 『レジェンド100 アメリカン・プロレス 伝説の男たち』 ベースボールマガジン社、2005年。