夫婦道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夫婦道
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 清弘誠
大岡進
脚本 清水有生
出演者 武田鉄矢
高畑淳子
山崎静代
たくませいこ
本仮屋ユイカ
鈴木悠人子役
石倉三郎
橋爪功
第1シリーズ
放送時間 木曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2007年4月12日 - 6月21日(11回)
プロデューサー 柳井満
オープニング 海援隊「早春譜」
第2シリーズ
放送時間 水曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2009年4月15日 - 6月24日(11回)
プロデューサー 柳井満
オープニング 海援隊「早春譜」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

夫婦道』(ふうふどう)は、TBS系列の連続テレビドラマである。主演は武田鉄矢

概要[編集]

埼玉県入間市狭山茶茶園業を営む夫婦を中心とした家族の人間模様を描いた、笑いあり・涙ありのホームドラマ。近年の日常性から乖離した傾向のあるテレビドラマに対し、TBS往年のホームドラマのような「普通のホームドラマ」を目指し、製作された。

2007年4月12日より6月21日まで毎週木曜日21:00 - 21:54に、第1シリーズが放送された。この第1シリーズが、同じTBSで放送された『日曜劇場華麗なる一族』の直後のクールであったことから、主演で『華麗なる一族』にも出演していた武田は「華麗じゃない一族」とシャレを交えながらPR・番組宣伝を行っていた[1]

2009年4月15日より6月24日まで毎週水曜日21:00 - 21:54に、「水曜劇場」枠(27年ぶりに復活)の復活第1弾として、第2シリーズが放送された。初回でもある2009年4月15日には、15分拡大して22:09まで放送した。

キャスティング[編集]

3年B組金八先生』シリーズで同僚の養護教諭役で共演した高畑淳子が、武田と初めて夫婦役で共演した。ほか、『金八先生』第6シリーズで学級委員の生徒・青沼美保役として出演した本仮屋ユイカも三女役で出演し、プロデューサーの柳井満をはじめ、スタッフも『金八先生』とほぼ共通する。他にも橋爪功石倉三郎杉田かおる山崎銀之丞など[2]、『金八先生』の出演経験者が多く出演しているとともに、音楽も同作に出演経験がある城之内ミサが起用された。また長男・茂役を演じた鈴木悠人は2011年3月26日に放送された『3年B組金八先生ファイナル〜最後の贈る言葉〜』で3年B組の生徒・竹之内直人役で出演した。

視聴率[編集]

視聴率は、平均13.6%、最高14.4%と『渡る世間は鬼ばかり』シリーズ以外では比較的、好成績を残した。この数字は同期のドラマの中では4番目に高かったことにより、2009年4月から放映時間を変えて第2シリーズがスタートしたが、全話二桁だった1シリーズとは対照的に全話一桁と苦戦した。

あらすじ[編集]

先祖代々茶園業を営む高鍋康介と妻の聡子の間には三女一男の子供がいる。家業を手伝い過去に29回もお見合いに失敗した経験を持つ長女の夏萌(なつも)、丸の内OLとして働く次女八夜子、地元のJA[3]で働く三女若葉、長男の茂。そして愛犬のチャツミ(子供達の名前は、同じ読みの童謡の歌詞から引用)。聡子は長女夏萌の結婚と、康介の栽培した茶がコンクールで金賞を取ることが家族の目標と定めているが…。

物語は高鍋家の3人の娘の結婚や代々続く高鍋園の後継ぎ、それらをめぐる夫婦間の諍いなど日常的な事件を中心に展開し、各回の最後には高鍋家の中庭に「夫婦道教訓」と記された掛け軸が垂れ下がり、その回にまつわる夫婦関係の教訓が示される。教訓の読み上げをはじめ随所で鈴木悠人がナレーションを担当、長男 茂の視点で物語の案内役を務める。

キャスト[編集]

高鍋家[編集]

高鍋康介〈60 → 62〉
演 - 武田鉄矢
高鍋家の家長。お茶をこよなく愛し、おいしいお茶を作ることに情熱を注いでいる。毎年開かれる全国製茶コンクールで常に入賞している。家のことはほとんど聡子に任せており何もしないが、お茶を淹れるのは上手く、高鍋家の朝は康介が淹れたお茶を、家族全員で飲むことから始まる。隣人の修造とは幼なじみであり、かつて聡子をめぐってライバル同士だった。
高鍋聡子〈54 → 56〉
演 - 高畑淳子
康介の妻。大学生時代に康介と出会う。聡子は、康介のお茶に対するひたむきな姿に興味を持ち、康介の生き方に共感し結婚。普段、表向きは夫の康介を立てているが、口数では康介に負けず、夫婦喧嘩ではいつも聡子が勝っている。
高鍋茂〈10 → 12〉
演 - 鈴木悠人子役
高鍋家の長男。勉強ができ、通っている塾の模試では市内で一番を取るほどの秀才。高鍋家では口数が少なく、聡子たち高鍋家の女性たちに翻弄される康介のグチを聞かされる役回り。
チャツミ
高鍋家の愛犬。

冬島家[編集]

冬島夏萌〈30 → 32〉
演 - 山崎静代南海キャンディーズ)(小学生時:尾山楓
高鍋家の長女。何十回とお見合いをしてきたが、ことごとく失敗。結局、二人の妹が先に嫁いでしまった。絵を描くことが趣味で、それが縁で淳太郎と出会い結婚。絵画の創作活動をする夫と共にパリへ移住。
冬島淳太郎
演 - 山崎銀之丞
夏萌と恋に落ち結婚。その後、夏萌と共にパリで新婚生活を送る。

山崎家[編集]

山崎八夜子〈28 → 30〉
演 - たくませいこ
高鍋家の次女。東京・丸の内のある会社でOLをしていたが、康介と同い年である上司の山崎昌弘と結婚。その後は、昌弘の故郷・香川県高松に移り住み、一緒にうどん屋を営んでいる。現在、第一子を妊娠中。
山崎昌弘〈60 → 62〉
演 - 石倉三郎
八夜子が勤めていた会社の元上司だったが、八夜子との結婚後、生まれ故郷の香川県高松市内で讃岐うどん屋を営んでいる。

中森家[編集]

中森若葉〈22 → 24〉
演 - 本仮屋ユイカ
高鍋家の三女。地元の農協で働きながら、家族や周囲には内緒で幼なじみの健太と交際していたが、八夜子の結婚を追うようにして結婚。健太のいる北海道へと移住したのだが、健太が所属する劇団が長期で海外公演することとなり、健太が帰国するまでの間、修造の身の回りの世話を兼ねて高鍋家へ里帰りする。
中森健太〈22 → 24〉
演 - 佐藤銀平
修造の一人息子。現在は所属する劇団の長期海外公演中で日本を離れている。
中森修造〈60 → 62〉
演 - 橋爪功
高鍋家の隣人で康介とは幼馴染みの喧嘩友達。修造は学生時代、聡子に目を付け、康介が聡子と結婚して以来、益々喧嘩が絶えない関係になる。妻は数十年前に病死。一人息子の健太を男手一つで育てた。現在は神崎典子と交際中。

その他[編集]

狭山茶「高鍋園」の常連客
演 - 青木和代
神崎典子〈45〉
演 - 杉田かおる(第2シリーズ)
修造から「ノンちゃん」と呼ばれている。高鍋家のことはよく思っていない。仕事は保険会社のセールスレディ。
増山大輔〈26〉
演 - 田中幸太朗(幼少時:長島暉実)(第2シリーズ)
事務機リース会社の営業をしているサラリーマン。高鍋家から近いアパートを借りて一人暮らしをしている。高鍋家とは付き合いが古く、この春から康介が活動をしている「手揉み茶保存会」に加わる。
胡桃沢華子
演 - 児玉絹世(第2シリーズ第四回 - )
茂の家庭教師・東大医学生(理Ⅲ 現役合格)。

ゲスト[編集]

第1シリーズ[編集]

第一回 「娘は見合い30連敗」
第二回 「次女の相手は還暦だ!!」
第三回 「次女の結婚波乱の結末」
  • 地元の放送局のアナウンサー - 山賀教弘
  • 地元の放送局のカメラマン - 石井輝之
第四回 「長女お見合い次女結婚」
第五回 「浮気!!」
第六回 「突然長女に結婚話!!」
第八回 「金魚と内閣総理大臣」
第九回 「お茶の木に咲いた花」
第十回 「宇宙からのプロポーズ」
  • 米倉茜(茜画廊/美術展関係者) - 木野花
最終回 「大輪の花が咲いた」

第2シリーズ[編集]

第一回 「春満開バトル再開」
第六回 「鬼ババ来襲緊急事態」
第八回 「遂にソノ時が来たか!」
第九回 「妻の退職金で大騒動!」
第十回 「ノンちゃんの娘出現!」
最終回

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 清水有生
  • 音楽 - 城之内ミサ
  • 演出 - 清弘誠大岡進
  • 主題歌 - 海援隊「早春譜」
    第1シリーズ第五回からは、曲は同じだが、歌われている歌詞は異なっている。
    第2シリーズでも引き続き使用された。
  • 劇中歌 - 城之内ミサ「Avec toi toujours〜いつもあなたと一緒に〜」
  • 協力 - 入間市茶業協会
  • プロデューサー - 柳井満
  • 製作著作 - TBS

放送日程[編集]

第1シリーズ(2007年)[編集]

  • キャッチコピーは「味わうほどに奥深い。それが夫婦道」。
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第一回 2007年4月12日 娘は見合い30連敗 清弘誠 14.1%
第二回 2007年4月19日 次女の相手は還暦だ!! 13.2%
第三回 2007年4月26日 次女の結婚波乱の結末 大岡進 14.4%
第四回 2007年5月03日 長女お見合い次女結婚 13.8%
第五回 2007年5月10日 浮気!! 清弘誠 13.7%
第六回 2007年5月17日 突然長女に結婚話!! 13.6%
第七回 2007年5月24日 親の願望VS子の願望 大岡進 14.0%
第八回 2007年5月31日 金魚と内閣総理大臣 12.7%
第九回 2007年6月07日 お茶の木に咲いた花 清弘誠 13.3%
第十回 2007年6月14日 宇宙からのプロポーズ 大岡進 14.3%
最終回 2007年6月21日 大輪の花が咲いた 清弘誠 12.4%
平均視聴率 13.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

第2シリーズ(2009年)[編集]

  • キャッチコピーは「夫婦道というは共に歩む道を見つけたり」。
  • 第一回は15分拡大(21:00 - 22:09)。
  • 第七回は40分遅延[4]
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第一回 2009年4月15日 春満開バトル再開 清弘誠 9.2%
第二回 2009年4月22日 娘三人全員出戻り? 8.9%
第三回 2009年4月29日 夫婦円満の方程式! 大岡進 8.6%
第四回 2009年5月06日 初孫誕生の長い一日 7.8%
第五回 2009年5月13日 現役インタイの危機? 清弘誠 9.2%
第六回[5] 2009年5月20日 鬼ババ来襲緊急事態 6.7%
第七回 2009年5月27日 茶畑に恋の花咲く… 8.2%
第八回 2009年6月03日 遂にソノ時が来たか! 6.3%
第九回 2009年6月10日 妻の退職金で大騒動! 5.8%
第十回 2009年6月17日 ノンちゃんの娘出現! 大岡進 7.5%
最終回 2009年6月24日 清弘誠 6.8%
平均視聴率 7.74%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

備考[編集]

  • 高鍋家の家業である狭山茶は現在入間市の特に金子地区で生産され物語も金子地区が中心となっている。
  • 第1シリーズの最終回では、中森修造役の橋爪功が主演を務めるテレビ朝日系列ドラマ『新・京都迷宮案内2時間スペシャル』(20:00 - 21:54)も放送され、出演が重ならないように配慮が見られた。
  • 第2シリーズでも、何人かの本作キャストが放送上掛け持ちとなっている(本作 第2シリーズは2008年12月に撮影が終了)。
  • 長女の夏萌(なつも)を演じる山崎の方が、次女の八夜子を演じるたくまより3学年も年下である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本作をPRした番組は『笑福亭鶴瓶のメインキャスト!』(本作 第1シリーズ)、『オールスター感謝祭 超豪華!クイズ決定版』、『夫婦道ナビ・松嶋尚美の話だけなら』、『サカスさん』(本作 第2シリーズ)など。『笑福亭鶴瓶のメインキャスト!』では武田鉄矢・高畑淳子が出演。『オールスター感謝祭 超豪華!クイズ決定版』 では武田・高畑コンビに加え、山崎静代、たくませいこ、本仮屋ユイカ、田中幸太郎、杉田かおるが、『夫婦道ナビ・松嶋尚美の話だけなら』では武田・高畑の他、橋爪功・杉田かおるが番組をPR。『サカスさん』では武田・高畑コンビがゲスト出演した。
  2. ^ 本作ゲストでは、石黒賢立石凉子片岡富枝三原じゅん子前田吟柴俊夫萩尾みどり木野花(以上 本作第1シリーズ)、金田明夫掛田誠歌澤寅右衛門かとうかず子須永慶高畑充希柳岡香里(以上 本作 第2シリーズ)などが『金八先生』の出演経験者。山口果林は姉妹作『3年B組貫八先生』に出演していた。
  3. ^ 第2シリーズではJA共済が番組スポンサーとなった。またヤマザキナビスコも第2シリーズからスポンサーとなり、長女および冬島の芸名に加え次女の嫁ぎ先などヤマザキに関する名前も多い。
  4. ^ キリンカップサッカー2009 日本×チリ戦』放映のため。
  5. ^ オープニング曲中で「新型インフルエンザ、東京で初めて感染確認 海外渡航歴のある女子高校生」のテロップが流れた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 木曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
橋田壽賀子ドラマ
渡る世間は鬼ばかり(第8シリーズ)
(2006.4.6 - 2007.3.29)
夫婦道(第1シリーズ)
(2007.4.12 - 2007.6.21)
地獄の沙汰もヨメ次第
(2007.7.5 - 2007.9.13)
TBS 水曜劇場
枠設立前につき無し
夫婦道(第2シリーズ)
(2009.4.15 - 2009.6.24)
橋田壽賀子ドラマ
となりの芝生
(2009.7.1 - 2009.9.16)
TBS系列 水曜21時台
水曜ノンフィクション
【水曜20時台に移動して継続】
夫婦道(第2シリーズ)
【ここから『水曜劇場』枠】
橋田壽賀子ドラマ
となりの芝生