林正浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はやし まさひろ
林 正浩
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都大田区
生年月日 (1956-03-26) 1956年3月26日(62歳)
最終学歴 立教大学社会学部
職歴 TBSテレビアナウンサー(1979年4月1日 - 2016年3月31日)  
ジャンル スポーツ実況
公式サイト TBS時代のプロフィール
出演番組・活動
現在 侍プロ野球』など
過去 #過去の担当番組参照
その他 第2回WBC決勝戦実況
(2009年)

林 正浩(はやし まさひろ、1956年3月26日 - )は、元TBSアナウンサー2016年4月1日からは、キャスト・プラス所属のフリーアナウンサーとして活動している。

来歴・人物[編集]

東京都大田区の出身で、池上本門寺の近くで生まれたとのこと。桜美林高校時代は野球部に所属。1973年第45回選抜高等学校野球大会には、「5番・一塁手」として出場している。

立教大学への進学後に野球部へ入部したが、肩の故障が原因で選手生活を断念。母校・桜美林高校が甲子園球場の全国大会に出場した際の取材で、NHKの関係者と知り合ったことから、放送研究会で活動しながらスポーツアナウンサーを志すようになった。

大学卒業後の1979年に、TBSにアナウンサー18期生として入社。自身と同じく、スポーツアナウンサーとして長らく活動していた中村秀昭は同期に当たる[1][2]

TBSへの入社後は、野球ラグビー陸上ゴルフなどのスポーツ中継や、『JNNスポーツデスク』などのスポーツニュース番組を中心に出演。オリンピック世界陸上ワールド・ベースボール・クラシック決勝ラウンド、ゴルフのマスターズ・トーナメントなど、世界規模の大会の中継で実況する機会も多かった。2013年7月1日から編成局アナウンス部担当局次長も務めてきた[3]が、スポーツアナウンサーとして採用された関係で、テレビニュースを担当した経験はほとんどなかった[4]

2016年の誕生日で60歳を迎えたことから、誕生日直後の3月31日に、TBSを定年で退職。退職1日前(3月30日)にTBS系[5](19:00 - 20:54)及びBS-TBS(20:53 - 21:15)が放送した横浜DeNA巨人戦(横浜スタジアム)中継が、同局アナウンサーとしての最後の実況担当になった[4]

TBS退職後は、フリーアナウンサーとして、同局の関連会社であるキャスト・プラスに所属。TBS退職翌日の4月2日SHOWROOMから配信されたDeNA対阪神戦(横浜)中継を皮切りに、引き続きスポーツ中継の実況などに携わる[4]

TBS退職時点の出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1979.4<18期生> 2人入社 (男2) 中村秀昭 林 正浩」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、27頁。「79.4 <18期生>2人入社 中村 秀昭 林 正浩」
  3. ^ 人事、TBSテレビ日本経済新聞2013年7月2日14:05配信
  4. ^ a b c “スポーツ中継ひと筋36年TBS林アナがラスト実況”. 日刊スポーツ. (2016年3月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1623936.html 
  5. ^ 一部地域は除く
  6. ^ a b c d e 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「林 正浩『スポーツ中継(野球)、ラグビー、陸上、ゴルフ、綱引き、アルペン』 R「夜はこれから(1987)」「ザ・ヒットパレード(1991)」 TV「スポーツデスク」「おはようニュース&スポーツ(1983)」」
  7. ^ a b c d e f g 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、27頁。「林 正浩…『スポーツ中継(野球)、ラグビー、陸上、ゴルフ、綱引き、アルペンスキー』 R「夜はこれから(87)」「マンデーナイトベースボール」「ザ・ヒットパレード(91)」 TV「スポーツデスク」「おはようニュース&スポーツ(83)」 ☆97.8 世界陸上アテネ大会」
  8. ^ 退職直後の2016年4月13日には、埼玉西武ライオンズ福岡ソフトバンクホークス戦(埼玉県営大宮公園野球場)のラジオ中継で実況を担当した。RKBラジオ向けの裏送りを念頭に置いたナイトゲーム中継だったが、ABCラジオが中継を担う予定だったJRN本番カード(阪神甲子園球場阪神タイガース横浜DeNAベイスターズ戦)の雨天中止によって、当該カードは予備扱いから本番へ昇格。結果として、林は定年退職後初めて、TBSラジオの中継に登場した。

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]