冨坂和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
とみさか かずお
冨坂 和男
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 長野県長野市
生年月日 (1967-05-08) 1967年5月8日(51歳)
最終学歴 早稲田大学教育学部卒業
勤務局 NHK大阪放送局
職歴 長野大津東京アナウンス室大阪札幌G-Media出向→大阪
活動期間 1990年 -
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

冨坂 和男(とみさか かずお、1967年5月8日 - )は、NHKチーフアナウンサー

人物[編集]

長野県長野高等学校を経て早稲田大学教育学部卒業後、1990年入局。

挿話[編集]

  • 新人時代にモーニングワイド首都圏花畑からの中継をした際、スタジオの松平定知(当時)に「新人です。時間配分を間違えました」と深々と頭を下げて謝罪をさせてしまったことがある。
  • 初任地の長野で冬季オリンピックが開催されることが決まったという事情もあり、以後はスポーツアナウンサーとして活動している。オリンピックの開催年になると、ジャパンコンソーシアムのメンバーとして現地に派遣されることが多い。2018年の平昌オリンピックテレビ中継では、一部の競技にとどまらず、開会式の実況を桑子真帆とのコンビで担当した。

同期のアナウンサー[編集]

辻智太郎・田中学・和田哲・高谷智泰・武田真一ほか

現在の担当番組[編集]

※2010年11月6日『第61回日本選手権シリーズ 中日ドラゴンズ千葉ロッテマリーンズ』第6戦(日本シリーズ史上最長試合)のラジオ実況を担当。
※高校野球では、第100回記念大会となった2018年夏・決勝、大阪桐蔭金足農業戦のテレビ実況など、数多くの試合を実況。

※夏季オリンピックにおいては、リオデジャネイロオリンピックでの陸上・男子4×100mリレーで、日本代表が銀メダルを獲得した決勝レースを実況したことで知られている。[注釈 1]

※冬季オリンピックでは主にアルペンスキー競技を担当し、ソルトレイクシティオリンピックまでアルペンを実況していた山本浩の後、二大会連続で実況している。

過去の担当番組[編集]

長野局時代
東京アナウンス室時代
大阪放送局時代
札幌局時代
G-Media出向時代
  • 高校野球南北海道大会(2010年7月、中継支援として前任地だった札幌に派遣)
  • 東日本大震災関連の安否情報(2011年3月)
※G-Media出向の所属アナウンサーは全員が安否情報の担当に充てられていた(スポーツ中継の放送が3週間ほど全面休止となっていたため)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 予選レースでは、TBS佐藤文康が実況。

出典[編集]

外部リンク[編集]