この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

菊池真以

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊池 真以(きくち まい、1983年4月28日 - )は、気象予報士防災士、健康気象アドバイザー。オフィス気象キャスター所属[1]

経歴・人物

茨城県龍ケ崎市出身。茨城県立土浦第一高等学校[2]慶應義塾大学法学部卒業。

大学在学中に気象予報士の資格を取得。学生時代よりウェザーニューズ社に所属し気象予報士として活動していた。

2015年4月より『NHKニュース7』の土日気象キャスターを務め、2017年11月6日から休暇中の平野有海の代役として同番組の平日気象キャスターを勤め、2018年2月23日放送分を持って出産休暇入りした[3]

略歴

  • 2006年2月14日 - 中村もえこと共にウェザーニューズ第2期おは天キャスターとしてデビュー(関東地区担当)。
  • 2006年5月31日 - 任期満了に伴いウェザーニューズ第2期おは天キャスターを卒業。
  • 2006年10月 - 気象予報士資格取得。
  • 2006年11月13日 - ウェザーニューズ社で収録したコラム「青森県の冬動向」が、青森朝日放送の報道番組で放映される。(気象予報士資格を生かした初仕事)
  • 2007年1月14日 - ウェザーニュースお天気キャスターとして再登場。
  • 2007年3月 - 慶應義塾大学卒業。
  • 2007年6月~ - テレ玉ごごたま」及び長崎国際テレビNNN Newsリアルタイム」(ローカルパート)に金曜日のみウェザーニューズ社とテレビ電話回線をつないで出演。
  • 2007年10月30日 - ウェザーニュースのBSデジタル放送・CATV向け番組担当を卒業。
  • 2007年12月~ - 瀬戸内海放送情報スパーク! KSBひるズ」に月曜日・金曜日のみウェザーニューズ社とテレビ電話回線をつないで出演。
  • 2008年1月 - ウェザーニューズを退社。これに伴い、テレビ埼玉、長崎国際テレビ、瀬戸内海放送への出演が終了。
  • 2008年4月~2010年3月 -NHK水戸放送局契約リポーター[4]
  • 2010年3月~2012年3月株式会社ウイングに所属。
  • 2010年4月~2012年3月 - 東海テレビFNN東海テレビスーパーニュース」気象キャスター。
  • 2012年4月以降 - 古巣のウェザーニューズに戻る[5]
  • 2012年12月~2015年3月27日 - NHK大阪の気象キャスターとして出演(NPO法人気象キャスターネットワーク所属)。
  • 2015年4月4日~ - 2017年11月5日NHK総合にて『NHKニュース7』の土曜・日曜気象キャスター。
  • 2016年11月 - 出身地である龍ケ崎市の魅力をPRする「龍ケ崎ふるさと大使」に任命[6]
  • 2017年11月6日~2018年2月23日 - 休暇中の平野有海の代役としてNHK総合『NHKニュース7』の平日気象キャスター[7]を担当。2月23日放送分で自身の出産のため休暇入り。
  • 2018年4月16日 自身のTwitterにて女の子が産まれたことを報告した。

現在の出演番組

過去の出演番組

2017年11月6日から2018年2月23日まで、平野の代役として平日を担当。

NHK水戸時代

NHK大阪時代

著書

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ オフィス気象キャスター株式会社
  2. ^ しごとCHANNEL365
  3. ^ 菊池真以 Kikuchi Mai公式ツイッター - 2018年2月23日
  4. ^ しごとCHANNEL365
  5. ^ 2012年4月28日のSOLiVE24キャスター・山田泰葉ブログ記事より
  6. ^ 「龍ケ崎ふるさと大使 菊池真以さんを任命」『読売新聞』茨城版 2016年11月16日
  7. ^ NHK生活・防災Twitterより

外部リンク