SOLiVE24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェザーニューズ・グローバルセンターと「SOLiVE24」のスタジオがある幕張テクノガーデン

SOLiVE24(ソライブにじゅうよん)は、ウェザーニューズ(WNI)が運営する生放送気象情報番組である。

概要[編集]

2009年4月27日午前9時より放送開始。千葉県千葉市美浜区幕張テクノガーデンにある、同社WITHステーション内スタジオから(気象予報士解説など一部はグローバルセンターから)生送出されている。インターネット、モバイル端末(携帯情報端末(PDA)携帯電話スマートフォン等)及びBSデジタル放送(データ放送)で視聴可能。一部時間帯は、BSフジNOTTV・地上波民放テレビ局でもサイマル放送されている。

番組は、同社運営の携帯電話各社公式サイト登録者から寄せられたウェザーリポート(投稿者周辺の気象現況と画像・動画)の紹介や、日本国内各地に設置したライブカメラでの天候状況、最新の気象現況・今後の予報見解を随時伝えている。異常気象発生時、地震発生時(WNI分析で推定最大震度が3以上、もしくは不明の場合[1])は、放送中の内容を中断して速報体制となる[2]ほか、発生した現地にWNIスタッフが赴いての生中継映像、前述のリポート投稿者の協力による携帯電話での動画(テレビ電話)生中継などを随時紹介。また、生中継カメラを各地に配して、気象現象の特集企画も放送している(後述)。

各番組は30分毎フォーマットを採用し、放送開始当初は平日のみ24時間完全生放送で、2009年10月5日午前4時からは月 - 土曜は1日24時間、日曜日も1日20時間の生放送を実施していたが、2010年4月5日午前6時からは完全24時間生放送となった。日本のニュース専門チャンネルで散見される「番組冒頭30分が生放送で、それ以降は再放送」といったことは無く、全てが生放送によって実施される。

気象情報が主眼であるが、同社携帯サイトなどを中心とした、自社プロモーションも目的とされていること、また、異常気象や地震発生時には通常の番組編成を休止して、関連情報の速報体制に切り替わることもあり、他企業のCMは原則として放送していない[3]

視聴方法[編集]

ダブルストリーミング放送がある場合、アプリ・BS910・モバイル・PDAがメイン放送、WEBサイト上ではサブ放送となる。

アプリケーション
  • ウェザーニューズのサイトよりPC用閲覧ソフトウェア「ソラマド」をダウンロードすると視聴できる(無料)。
    • 2009年8月24日 動画ウィンドウとソラチャットのみに機能を限定した"ソラマド lite" [Ver.2.05lite] がリリースされた(無料)。
    • 2009年10月5日 ソラマドアプリ Ver.3.00よりウェザーニューズ会員(315円会員)[4]は「高画質モード」表示機能が追加された。
    • 2010年4月4日 ソラマドアプリ Ver.4.00より絵を描くことで番組に参加できる「ソラキャンバス」機能が追加された。ただし、"ソラマドlite" [Ver.4.00lite] は「ソラキャンバス」機能がない。
    • 2011年1月1日 ソラマドアプリ Ver.5.00よりSOLiVEの海外向け放送の視聴やチャットに参加する事が出来るようになった。
地上波放送・ケーブルテレビ局
  • 2011年7月1日より三重テレビ放送 (MTV)の地上波デジタル放送サブチャンネル(072ch)で、『SOLiVE モーニング』(月-金曜日 06:00 - 08:30)、『SOLiVE サンセット』(月-金曜日 15:20 - 17:00)の部分同時ネットが開始された[出典 1]
  • ケーブルテレビのJ:COM各局の独自放送である「J:COMチャンネル」の「お天気情報」(月-日 7:00 - 7:40など)を内包する形で時差放送が行われている局がある。
  • またテレビ神奈川 (tvk) では、2009年7月6日より2013年3月29日まで『SOLiVE モーニング』(月-金曜日 07:00 - 7:24 後に月-金曜日 06:30 - 6:55)が部分同時ネットされていた[出典 2]。また深夜帯にM3体制となっている場合フィラーとしてサイマル放送を行う場合がある。
衛星放送
  • 2012年4月2日よりBSフジで、『BSフジ×ウェザーニュース〜ソライブ・トワイライト〜』(月 - 日曜 5:00 - 5:30)と『BSフジ×ウェザーニュース〜ソライブ・モーニング〜』(月 - 日曜日 6:00 - 6:30)の番組名で、『SOLiVE トワイライト』(5:00 - 5:30)と『SOLiVE モーニング』(6:00 - 6:30)の部分同時ネットが開始された。『BSフジ×ウェザーニュース〜ソライブ・モーニング〜』については、2013年9月30日の放送を持って部分同時ネットを終了した。
モバイル
  • 2009年5月11日よりNTTドコモの携帯電話(FOMAシリーズ)向けに動画配信を開始している(jigムービープレーヤーのダウンロードが必要、パケット定額制推奨)。
WEBサイト
  • 2009年10月5日より、刷新されたパソコン向け公式サイト「SOLiVE24 ch.」にて、番組生動画と、同時進行中のチャットの内容を閲覧できる[5]
  • 異常気象などが起きた場合、マルチ編成(ダブルストリーミング)が行われる場合、流星群特番『SOLiVE スター』は流星群特設サイト上の放送となる。
  • 緊急時や天文イベントなどではニコニコ生放送Ustreamなどで同時ストリーミング放送を行う場合がある。
PDA・スマートフォン
  • アプリケーション
  • スマートフォンサイト
    • 2011年11月18日に開設されたウェザーニューススマートフォンサイト内「SOLiVE24ch」にてアプリケーションを起動せずブラウザ経由で視聴できるようになった。
  • マルチメディア放送
    • 2012年4月2日より、NTTドコモ製携帯端末向けマルチメディア放送サービス「NOTTV」のNOTTV 1で、『SOLiVE24』の番組名で、月 - 日曜 5:00 - 8:00の間『SOLiVE トワイライト』(5:00 - 6:00)と『SOLiVE モーニング』(6:00 - 8:00)の部分同時ネットが開始された[6]。2014年2月現在は、月 - 金曜と日曜の5:00 - 10:00、土曜の5:00 - 9:00にSOLiVE24のサイマル放送が行われている。また、気象災害発生時は随時、NOTTV 1またはNOTTV 2どちらかの通常編成を差し替える形で同時ネットが行われる(初の差し替えは2012年4月3日の爆弾低気圧接近時)。
動画配信
  • 2010年4月5日午前6時放送開始の『SOLiVE モーニング』からYouTubeでの時差配信もスタートした(詳しくは外部リンクを参照)。
    • ただし、技術的なトラブルが発生した為、2010年4月6日放送の『SOLiVE Asia』を最後に配信を一時ストップしていたが[出典 6]、配信方法を調整した上で、同日の『SOLiVE ムーン』から再開した[出典 7]。2010年4月23日放送の『SOLiVE モーニング』を最後に再度配信が一時停止してしまい、ウェザーニューズではYouTubeの親会社である、Googleと共同で復旧を急いだ結果[出典 8]、翌日24日放送の同番組から配信を再開した。なお、2010年4月5日 - 4月23日の配信停止までは生放送から約6分後の配信だったが、4月24日からの配信再開以降は約2時間後での配信となっている。[7]なお、現在でも番組の一部が欠落している部分が存在する[出典 9]
その他

番組への参加[編集]

  • PCでの視聴の場合、ソラマドに「ソラチャット」が備わっており、チャットで番組に参加することができる[9]。また、各番組では、チャットの書き込みの一部をピックアップして、番組画面上にテロップ表示している。チャットは日本語以外にも中国語、韓国語 英語なども使用でき、番組中でも多言語のテロップ表記に対応している。
  • 「ソラチャット」のチャットウインドウ内に設けられた4択の「ソラボタン」と、デジタル放送の4色リモコンボタンで、キャスターから出されたアンケートに回答することができる(2009年7月2日より実施、BSデジタル・tvkデジタル放送は7月6日より、2010年1月14日からはNTTドコモの携帯電話(FOMAシリーズ)でも開始した[出典 13]。ただし、BSデジタル・tvkデジタル放送はLAN回線と一部のCATV回線のみ対応)。また2012年4月よりSOLIVE24携帯サイトより参加が可能になった。

結果はリアルタイムで集計され、番組内で発表している。また、日本列島をマップ上にし、地域別の統計を番組内で発表する事も可能となっている。

  • キャスターそれぞれに専用のメールアドレスがあり、応援メッセージなどを送ることができる。極稀に生放送中に寄せられたメールも、随時紹介している。但し、ウェザーリポートとは異なり、添付ファイルを送ることはできない。
  • 一部番組内のサービスは、携帯電話各社の公式サイト「ウェザーニュース」の会員(月額315円コース)のみを参加対象としている。
  • ウェザーリポーター(リポート投稿者。番組内ではサポーターと呼んでいる場合もある)で、番組出演ウェザーリポーターに応募し、WNIが出演を依頼した場合は、テレビ電話・音声で番組に出演できることがある。主に番組内コーナー「ソラトモ テレフォン」(基本的に1日に2回)や、豪雨や竜巻などの災害が起こった場合で(この際はウェザーリポートのルールを守ること、自己の費用と責任において安全に参加することを承諾する必要がある)テレビ電話代金はWNIが負担する。なお、その他ごく稀に災害などが無くても、ウェザーリポーターの直接意見や感想、状況を番組内で反映させたいとWNIが判断した場合、出演依頼がある[16]
  • 絵を描くことで番組に参加できる機能「ソラキャンバス」もある(2010年4月4日リリースの「ソラマドアプリ Ver.4.00」より追加)。マウスだけでなく、市販のペンタブレットによる絵画制作も可能である。
  • Yahoo!ニュースで『SOLiVE スター』の紹介ネット記事が掲載された影響もあり、2010年11月17日深夜 - 18日未明にかけて放送した、しし座流星群(2010年)中継の視聴者数(ネットのみ)がSOLiVE24放送開始以来過去最高となる、10,000人を超えた事が明らかとなった[出典 19]

番組概要[編集]

放送開始当初、番組は幕張テクノガーデンにあるウェザーニューズ・グローバルセンターの「SOLiVE」ゾーンの各番組は同ガーデンのB館24階にある同社グローバル予報センター(GPEC、通称:予報センター)から、「ソラマド」ゾーンの各番組は同じくB館2階のWNI SITEにあるCスタジオ(ソラスタ)から、それぞれ放送されていた。
2010年4月5日午前6時より、大規模改編を施行。2009年4月27日から2010年4月5日の『ソラマド トワイライト(現:SOLiVE トワイライト)』までは、「SOLiVE」や「ソラマド」と番組の内容等によって番組タイトルが分けられていたが、改編により統合、ゾーン別の内容は事実上廃止された。2012年1月9日の改編後は全ての番組が2階Cスタジオからの送出となり、予報センターは番組内で随時中継挿入をし、番組を補完する位置づけとなっている[17]
各番組の詳細は、次項の番組スケジュールより、各番組記事を参照されたい。

HDTV化[編集]

  • 2010年4月27日放送の『SOLiVE トワイライト』より、HDTV化を実施した。
    • 既に各放送機材はHDTVに対応している(ただし、ウェザーニューズ・グローバルセンター屋上に2台設置されている、お天気カメラについては、同年12月にHDTV対応した[出典 20])。また、HDTV化はインターネットだけではなく、BSフジ、テレビ神奈川 (tvk) 向けの放送にも対応している[出典 21]
    • なお、HDTV化に伴う放送機器メンテナンスの為に、直前の『SOLiVE Asia』と『SOLiVE ミッドナイト』は休止。該当時間帯はインターネット・BSデジタル放送は『ウェザーニュース[18]』やお天気カメラからの幕張新都心の夜景を放送、YouTubeは配信停止となった。
    • BSデジタル放送(910ch)とYouTubeについては、動画の伝送帯域の関係で、標準画質のワイド放送となっている[19]。また、公式サイトの「SOLiVE24ch.」は遅らせながらも2010年12月に16:9比率に移行を完了。

番組スケジュール[編集]

  • 24時間放送(04:00基点)で、全番組で30分毎のフォーマット編成を実施。[20]
    2010年4月5日からは完全24時間生番組の放送となる[21]
  • 異常気象発生時(豪雨・落雷等が顕著な場合)は、番組内容が変更する場合がある(後述)。
  • SOLIVEサタデーやSOLIVEスターなど特別番組が構成される場合は、番組表が以下とは異なる。

※現在は、キャスターの休暇などを除いてもキャスターの担当曜日は流動的であるため、当日の担当キャスターについては公式サイトの番組表を参照のこと。

04:00

06:00
SOLiVE トワイライト 
06:00

09:00
SOLiVE モーニング 
09:00

12:00
SOLiVE サンシャイン 
12:00

15:00
SOLiVE コーヒータイム 
15:00

17:00
SOLiVE アフタヌーン
17:00

20:00
SOLiVE サンセット 
20:00

23:00
SOLiVE ムーン 
23:00

01:00
SOLiVE ナイト
01:00

04:00
SOLiVE ミッドナイト 

これまでの基本番組編成[編集]

※番組内容、出演者などの詳細は、各番組記事を参照

年末年始特別編成[編集]

  • 2009年は、12月31日19時よりウェザーニューズグローバル予報センターにて、当時近畿・北陸・東海の一部で大雪の影響により、同社気象警戒レベルがM(スケール)3の中、『今年の感謝』と題し、大雪最新情報と並行しつつ、特別番組を放送[24]
  • 2010年は、12月31日20時より同社Bスタジオにて『年越し特別番組』と題し特別番組を放送。ただし、全国的な雪の影響により同社気象警戒レベルがM2のため30分に1度、予報センターから最新の天気予報を放送し、ロールスーパーも翌日の天気だけでなく、交通障害情報や日の出時刻などを紹介できるように更新された。
  • 2011年は、2010年同様に12月31日20時より同社Bスタジオにて『年越し特別番組』と題し特別番組を放送。これまでの過去2年のように全国的な雪の影響はなく、1時間に1度という形で予報センターから最新の天気予報を放送した。

出演者[編集]

キャスター[編集]

キャスターは気象予報士・おは天キャスター(→ウェザーニュースキャスター)OG・オーディションによる選抜に大別される。カッコ内は、おは天キャスターの担当期。なお、キャスターのシフトや番組内容は流動的である。

第1期
第2期
2009年7月22日放送の『ソラマドMOON』(現:『SOLiVEムーン』)で発表され、同年8月から出演。
2011年1月以降、各々はSOLiVE24本体には出演せず、應潔は『SOLiVE China』、李芝妍は『SOLiVE Korea』を受け持っていたが、同年3月11日に発生した東日本大震災以降、各番組は休止中(その後『SOLiVE Korea』は同年6月13日に再開)。
第3期
第4期
2010年12月にオーディションと一般投票によって決定。2011年2月7日実施の改編より(厳密には同年2月8日以降より)出演中。
第5期
第6期
2012年12月にオーディションと一般投票によって決定。2013年1月21日より出演中。
第7期
2014年3月にオーディションと一般投票によって決定。
その他のSOLIVE24出演者
過去に出演していたキャスター
  • 澤田雅代(第11期、2009年4月27日 - 8月18日まで出演)[出典 22]
  • 石田紗英子(第1期、2009年4月27日 - 2010年3月31日まで出演)
  • 井上すみれ(第9期、同上、2010年4月よりウェザーニューズ社員)
  • 椎名桃子(第11期、同上)
  • 西川里美(第7期、同上)
  • 林ヒロコ[33](第5期、同上)
  • 大澤有紗(第12期、2010年4月5日 - 2011年3月28日まで出演)
  • 田中みのり(第6期、2009年4月27日 - 2011年5月31日まで出演)
  • 有川雅子(第2期、2009年4月27日 - 2011年6月30日まで出演)
  • 佐伯拓也(2011年2月12日 - 12月21日まで出演)
  • 小野英美 (第8期、2009年4月27日 - 2012年9月23日まで出演)
  • 山田泰葉(第3期、2011年7月1日 - 2012年11月30日まで出演)
  • 澤田南(第4期、2011年2月8日 - 2014年2月28日まで出演)
  • 今田佐和子(気象予報士兼キャスター、2010年4月5日 - 2014年3月15日まで出演)
  • 堀田奈津水(第10期、2009年4月27日 - 2014年3月31日まで出演)
  • 横町藍(第12期、2011年7月1日 - 2014年3月31日まで出演。2010年8月にディレクターとして採用され2011年7月1日正式にSOLIVEキャスター就任)

主な気象予報士・解説者[編集]

【※2010年4月5日番組改編後~、2012年1月実施改編時点】
出演(担当)者は、改編や所属・担当部署変更の際、異動が有る為、記載の者が出演(担当)しない場合もある。

  • 飯島栄一(登山気象担当)
  • 山口剛央(同上、地象センターならびに交通気象センター兼務)
  • 瀧尚子(地象センター)


  • 柳博(同上)
  • 宇野沢達也(グローバル気象予報センター、防災気象担当)[37]

鉄道・道路気象[編集]

  • 有賀哲夫
  • 山下幸宏
  • 三浦英和
  • 辻岡直也
  • 上島光雄
  • 渡部一真
  • 佐藤修一
  • 加藤悠介
  • 清水隆雄
  • 鵜飼啓之
  • 山口隆志
  • 吉永創
  • 川邉智一
  • 高嶋ルミ子
  • 飯田和雄
  • 小津慎吾


航空気象[編集]

  • 小倉宙造
  • 高森美枝
  • 細井徳明
  • 早崎智彦
  • 鶴田由美子
  • 梅田治
  • 小塚美由紀
  • 芦刈貴義
  • 柴崎真
  • 西村瑞紀
  • 村瀬瞳


船舶気象[編集]

  • 河邉照之

ソラミッションチーム[編集]

  • 増山晴久
  • 須田浩子(ソラミッション運営)
  • 正岡慶子
  • 隆武亭
  • 柳井剛
  • 畠山清佳
  • 中西理恵子
  • 金澤美郁

ソラをライブチーム[編集]

  • 吉田一成
  • 谷口晃二
  • 青木井堀
  • 小澤綾
  • 船盛泉



かつて出演していた気象予報士・コーナー解説担当者

異常気象時の速報対応[編集]

SOLiVE24は、気象情報の24時間生放送として、異常気象時(特にウェザーニューズが独自に設定した災害レベルの規定値のうち[出典 23][40]、(最高値の)M3(警戒)体制となった場合)は災害情報を最優先に放送しており、これに伴って、「減災プログラム[出典 24]」として各番組も短縮・休止や、番組内容を大幅変更する場合がある。

異常気象・災害時以外の特別編成[編集]

異常気象・災害時以外においても、気象現象、ウェザーニューズが関係する事象について、特別編成として各番組内に折り込まれたり、既存の番組が休止・短縮となる場合がある。

公式サポートソングプロジェクト[編集]

「SOLiVE24」と歌手がコラボレーションして、楽曲を作成するプロジェクトの事である。通称「ソラウタ」と呼ばれている。

スタッフ[編集]

番組開始当初は制作にフジテレビジョンが協力していた。

  • 総合プロデューサー:石橋知博(ウェザーニューズ取締役) - 「バシ」の名で『SOLiVEスター』に出演。『weathernews LiVE』にも出演していた。
  • プロデューサー:村田泰謁(ウェザーニューズ・WITHステーション) - 自身もキャスターとして特別番組の進行などを担当。
  • 総合演出:福原伸治(フジテレビ情報制作局情報企画部)

備考[編集]

  • 画面下部に全国の都道府県庁所在地及び旭川市釧路市函館市稚内市下関市石垣島の予報が、ほぼ常時スクロール表示される(2009年10月2日までは『ソラマド オールナイト第2部』のみ「SORA CHAT」のログが表示されていた[46])。
    • 2010年4月2日までの月 - 金曜 7:15 - 7:24、tvkと同時放送の実施の際は関東の7都市のみの表示していた(同年4月5日以降のサイマル放送は通常のパターンで予報が、ほぼ常時スクロール表示されている)。『SOLiVE Asia』が放送していた時代は、0:55頃 - 2:55頃(SOLiVE Asiaの番組終了まで)まで、英字表記による世界の天気の表示となっていた。
    • 台風などの異常気象及び地震の発生により交通網に乱れが生じている場合は、画面下部に「交通障害情報」がスクロール表示される。地震発生時は各地の震度及び津波到達予想時刻(津波警報注意報発令時のみ)がスクロール表示される場合もある。
    • 2010年4月5日のSOLiVE改編以降のスクロール表示ではMスケール(ウェザーニューズが独自に設定した災害レベルの規定値)に応じて色が変更できる機能が備わっており、M1の時は青、M2の時は黄、M3の時は赤で表示される[出典 30]。また、Cスタジオのキャスター席背後のセットにもMスケールに対応した色の帯が表示される。
    • 2010年12月31日20:00からスクロール表示のリニューアルを実施。全国各地の天気予報のほか、日の出時刻や実況気温、3通制限解除エリアなどを随時表示するようになった。また、このスクロール表示は16:9の位置での表示に対応した。
    • 2011年2月8日20:00からスクロール表示の天気予報に旭川と釧路が追加、同年3月17日から函館と稚内が追加された。
  • 一部のBGMと、写真・イラストによるPC用壁紙は、公式サイトよりダウンロードできる。
  • 2010年8月12日深夜及び13日早朝にかけては、元々ペルセウス座流星群を追う特別番組を放送する予定だったが、台風4号の振り返り特番も放送することになったため、番組開始以来初のマルチ編成で放送を行った。
  • 2010年11月15日放送の『SOLiVE トワイライト』からSOLiVE24全番組のオープニングとBGMを一斉にリニューアルする処置を行った。
外部メディアでの紹介

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高度利用者向けの緊急地震速報(同社が一般・事業者向けに提供している「The Last 10-Second」と同じシステム)を利用しているため、最大震度3・4の場合は気象庁が一般マスメディアに発表する本発表よりも早く報じる場合がある。
  2. ^ SOLiVEゾーン各番組を放送する、予報センターの放送席後ろには、地震発生を知らせるパトランプがあり、点滅して発生が知らせられる。
  3. ^ 例外として、2009年11月30日に放送した『ソラトモパーティー2009(番組表上では『ソラマド ムーン』として放送)』では、イベント協賛である韓国ソウル市観光局のCMを放送した。これも、民放テレビ局の通常のCM扱いではなく、そのCMを見ながら、司会者が生でコメントを差し挟んでいくという形が取られた。
  4. ^ 「WITHist Club」(年間3,822円)の会員を含む。以下本項目について同じ。
  5. ^ 2010年4月27日よりソラマドを先行でHDTV(ハイビジョン)対応をさせ、当Ch.のみは各PCに合わせたウェブサイト配置となっている分、対応が遅れていたが、2010年12月よりHD対応となった。なおその分、刷新後以降から可能となった同時進行中のチャットの内容を閲覧できる部分が、縮小された。
  6. ^ 2012年11月3日までは月 - 土曜日の放送で、日曜日は放送がなかった
  7. ^ また、いずれの配信停止中の場合でも、『Weathernews Update』は通常通り配信された。
  8. ^ 10時の開店から21時までの間のほぼ毎時50分頃から約5分間前後、BS910chの映像が館内モニタにて放送される(但し、SOLiVE24側の番組編成の変更に伴い、11、14、17、19時の各時50分頃からの場合、前後番組のキャスター変更時のインターバルタイムに挿まれるライブカメラ映像等も、そのまま放映される)。
  9. ^ WNIの予報は、同社携帯サービスのウェザーリポートや10分天気予報の報告を、予報センターが拾い上げ分析し反映することがあるが、ソラチャットの報告も同様に反映されたケースがあった(2009年12月9日『ソラマド ムーン』などで報告)。
  10. ^ a b 放送開始から2013年9月までは『やじうまテレビ』という番組名だった。
  11. ^ このうち、メ〜テレと九州朝日放送はやじうまテレビの一部時間帯はネットするが、該当コーナーは放送されない為。
  12. ^ 時差放送の為、当然ではあるが、該当コーナーには生では参加できない。
  13. ^ 放送開始から2011年3月までは『どですか!』だった。
  14. ^ 放送開始から2012年3月までは『全力LIVE』だった。
  15. ^ その時のアンケート調査のテーマは部分月食にちなみ、「今夜の月食ムーン、見えてますか?」でハッキリ(青)が236票、うっすら(赤)が151票、雲で見えない(緑)が989票、雨で見えない(黄)が2,091票だった。
  16. ^ 例として、農業従事者のリポーターに冷夏の影響について直接電話で話を聞いたり、WNI発行の季刊誌「SORA」創刊時に、既に読んだリポーターにテレビ電話や(音声のみの)電話で意見や感想を放送したことがある。
  17. ^ 地震(震度3以上)や気象変動時の際は、2階スタジオのみでは伝えきれない分をなくす為に、一時的に2階スタジオからの放送(配信・送出)を打ち切る(地上波におけるテレビの内容を例にすると、臨時ニュースの体制に入る)。
  18. ^ 全国各地から寄せられたウェザーリポートとレーダー画面などをローテーション放送。
  19. ^ BSデジタル放送のデータ放送画面は16:9SDであるが、動画表示部は当初はデータ放送の画面フォーマットの関係で画面サイズ13:9となっていたが、2010年6月2日からはデータ放送のリニューアルに伴いデータ放送画面は16:9HDに、動画表示部は画面サイズ16:9となっている。
  20. ^ ただし番組の進行状況が優先されており、またCM等もないことから、必ずしも30分毎のサイクルが守られているわけではない。
  21. ^ なお地震などの災害発生時の際は、速報体制に切り替え、番組は中断され生放送となる。
  22. ^ 2009年7月6日から、月-金曜07:15 - 07:24はテレビ神奈川 (tvk) でも同時放送(双方向対応番組連動データ放送も実施)。4:3SD画像、デジタル放送のデータ画面は当番組仕様の「今日のソラヨミ」1行表示を含んでいる。7:23に飛び降り、神奈川県内の予報を1分間表示(インターネット、BSデジタル放送向けは、同時刻から全国の天気)。県内予報の画面は、tvk作成の予報画面ではなく、ウェザーニューズ独自の予報画面を使用。このため、7:15に改めて出演者からのあいさつがあった。
  23. ^ a b BSデジタル放送を除く。2011年1月3日の枠拡大以前の『SOLiVE ミッドナイト(2010年4月5日までは『ソラマド ミッドナイト』)』の放送時間帯は、BSデジタル放送では『ウェザーニュース(全国各地から寄せられたウェザーリポートとレーダー画面などをローテーション放送)』に差し替えていた。
  24. ^ 事前発表及び同社公式サイト内SOLiVE24ch.の番組タイムテーブルではSOLiVEキャスターの出演も予定されていたが、大雪最新情報を優先し、その間に予報センター脇に特設セットを組んで予報センターにて1年間天気と情報を伝えた同社員のみで行った。
  25. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEスターおよび直前特別番組を担当。ウェザーニューズ取締役およびウィズステーション代表取締役。2014年現在ではアメリカ勤務。
  26. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEナイトを担当。他の時間帯に番組からの重大発表等にゲスト出演する場合もある。SOLIVE24プロデューサー。
  27. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEナイトを担当。各キャスターの休暇時などに代理でキャスターを務めることもある。村田が療養中にはP代行を務める。
  28. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEナイトを担当。各キャスターの休暇時などに代理でキャスターを務めることもある。
  29. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEナイトを担当。各キャスターの休暇時などに代理でキャスターを務めることもある。ソラミッションチームリーダー。村田が療養中にはP代行を一時的に務めた。
  30. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEナイトを担当。予報センター所属気象予報士。
  31. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEナイトを担当。ウェザーニューズ取締役および気象予報士。
  32. ^ 2014年3月現在ではSOLIVEナイトを担当。予報センター所属気象予報士。
  33. ^ 番組公式ページは本名で表示、SOLiVEゾーンに出演する場合も同様。
  34. ^ 2010年4月9日から2012年1月8日までは、キャスターとして『SOLiVE イブニング』などに出演していた。現在火曜『SOLiVE ナイト』のコメンテーターとしても出演
  35. ^ 放送開始当初より暫くは、漁業気象・台風接近時の現地中継を担当。その後2011年2月6日までは『weathernews LiVE』などに、同年2月7日実施の改編以降、同年2月8日放送分~2012年1月7日まで『SOLiVE モーニング』のコメンテーターとして、出演していた。現在月曜『SOLiVE ナイト』のコメンテーターとしても出演
  36. ^ 2013年7月までキャスターとして番組出演
  37. ^ 2013年4月から現在金曜『SOLiVE ナイト』のコメンテーターとしても出演
  38. ^ 2009年10月10日 - 2010年4月4日まで土・日曜版『weathernews LiVE』のキャスターを担当。『weathernews LiVE』のメイン司会では「田口ゆみ」名義で、それ以外の番組出演時は「田口裕美」とテロップ表示された。なお、田口は第1期おは天キャスターが就任する2005年11月より前の2004年4月 - 2006年1月までおは天の司会を務めていた事から、便宜上「第0期おは天キャスター」と呼ばれることがある。
  39. ^ a b 以前は地方の放送局で気象キャスターを担当した経験がある(本田は広島ホームテレビ、町田は宮崎放送)。
  40. ^ この災害レベルはウェザーニュース公式サイトで常時表示され、BSデジタル放送910chでもウェザーニューズのロゴマークと交互に表示されている。
  41. ^ 『weathernews LiVE』出演時の「バシ」や本名である「石橋知博」での出演者テロップの表示は一切行われなかった。
  42. ^ 出演者テロップは本名である「田口裕美」と表示した。
  43. ^ 諸事情により、前枠番組『weathernews LiVE』月 - 金曜キャスターの「バシ」(石橋知博)が急遽、司会を代行した。
  44. ^ 当初は前枠番組『SOLiVE Asia』が2:00で早終了した事に伴い、当番組を急遽1時間拡大・繰り上げスタートさせる予定だった。
  45. ^ なお、寺尾予報士は2010年2月28日をもって、ウェザーニューズを退社した為、本番組がSOLiVE24最後の出演であった事が同日深夜放送の『weathernews LiVE』で判明した。
  46. ^ チャットの内容はスタッフが閲覧しており、番組画面上には不適切な内容は表示されなかった。

出典[編集]

  1. ^ 『三重テレビ放送はマルチチャンネルで2チャンネル目を7月1日から放送開始!』 三重テレビ放送 2011年6月30日
  2. ^ 『データ放送と連動した視聴者参加型気象番組「ソライブ・モーニング」開始』 株式会社ウェザーニューズ 2009年7月6日
    『ウェザーニューズ、PC向けのライブ放送をTVにも拡大!視聴者参加型で提供データも多様に』 RBB Today 2009年7月6日
  3. ^ 『iPhoneで24時間ライブ放送中の「SOLiVE24」をスタート!』 株式会社ウェザーニューズ 2010年2月16日
    『ウェザーニューズ、iPhone で24時間ライブ放送の「SOLiVE24」を提供開始』 japan.internet.com 2010年2月16日
  4. ^ 2010年4月8日放送『weathernews LiVE』より。放送当時はまだ日本未発売の為(日本発売は同年5月28日)、ウェザーニューズニューヨークオフィスから直輸入したものを使用した。
  5. ^ 『Android向け「ドコモマーケット」4月1日から 音楽配信やゲームなど提供』 ITmedia 2010年3月18日
  6. ^ 『【ご連絡】昨晩から開始したSOLiVE24のYoutubeへのアップですが、技術的な問題で一旦、止まってます』 バシ公式Twitter 2010年4月6日
  7. ^ 『【報告】YoutubeにSOLiVE24をアーカイブする件ですが、配信方法を調整して、いまの所、調子よく動いてます』 バシ公式Twitter 2010年4月7日
  8. ^ 2010年4月23日放送『weathernews LiVE』より。
  9. ^ 2010年6月16日放送『weathernews LiVE』より。
  10. ^ 『こんなところでも…』 株式会社ウェザーニューズ 2010年10月29日
    2010年11月29日放送『weathernews LiVE』より。
  11. ^ 2010年6月27日放送『weathernews LiVE』より。
  12. ^ 『モバイルマルチメディア放送の大きな可能性--沖縄Media FLO実証実験』 ITmedia 2010年3月17日
  13. ^ 『携帯電話からリアルタイムに番組参加できる“ソラボタン”がスタート』 株式会社ウェザーニューズ 2010年1月14日
  14. ^ 『視聴者参加型で近畿の空をライブ!ABC朝日放送とコラボレーション企画スタート』 株式会社ウェザーニューズ 2010年3月29日
    『みんなでお天気速報 参加型番組、サイトが人気』 朝日新聞 2010年5月13日
  15. ^ 『テレビ神奈川のデータ放送でウェザーニュースの視聴者参加型コンテンツが拡大』 株式会社ウェザーニューズ 2010年9月1日
  16. ^ 『テレビ朝日と視聴者参加型天気コーナー「ソラをライブ」を本格スタート』 株式会社ウェザーニューズ 2010年10月4日
    『「やじプラ」後番組に気象予報士・依田司がメインMCに抜擢! テレ朝“朝の顔”に』 ORICON STYLE 2010年9月3日
  17. ^ a b 2010年10月4日放送『weathernews LiVE』より。
  18. ^ 2010年6月26日放送『weathernews LiVE』より。
  19. ^ 2010年11月18日放送『weathernews LiVE』より。
  20. ^ 2010年12月17日放送『weathernews LiVE』より。
  21. ^ 2010年4月22日放送『weathernews LiVE』より。
  22. ^ 降板について、番組内や公式サイトでの発表は一切行われなかったが、澤田が自身のブログで、2009年12月31日にSOLiVEキャスターには復帰しないことを公表。
  23. ^ 『SKY PerfecTV! 744ch「ウェザーニュース」にて 災害時のノースクランブル放送サービス開始』 株式会社ウェザーニューズ 2003年9月19日
  24. ^ 番組自体では呼ばれていないが、番組開始当初の記事より。
  25. ^ SOLiVE コーヒータイム 2011年3月11日放送分(YouTube - SOLiVE コーヒータイム) 53分44秒[1] より
  26. ^ 『オリオン座流星群を24時間生放送番組「SOLiVE24」で全国7ヶ所から中継』 株式会社ウェザーニューズ 2010年10月14日
    『来週がピークの「オリオン座流星群」、ウェザーニューズがリアルタイム配信』 RBB TODAY 2010年10月15日
    『オリオン座流星群をPCで見よう! 7カ所からライブ配信』 ITmedia News 2010年10月21日
  27. ^ 『しし座流星群、西日本の太平洋側で絶好の観測チャンス!SOLiVE24で生中継』 株式会社ウェザーニューズ 2010年11月17日
    『ウェザーニューズ、17日~18日に“しし座流星群”を全国7カ所から生中継』 INTERNET Watch 2010年11月17日
    『見頃は夜明け直前か……しし座流星群、今夜ピークでライブ中継も』 RBB TODAY 2010年11月17日
  28. ^ 『三大流星群の一つ“ふたご座流星群”、一週間後にピーク!』 株式会社ウェザーニューズ 2010年12月7日
    『ふたご座流星群14~15日ピーク 日本海側以外は観測チャンスあり』 オリコン 2010年12月7日
    『ウェザーニューズ、“ふたご座流星群”観測見込めるエリアを予想』 サーチナ 2010年12月7日
  29. ^ 2010年12月30日放送『weathernews LiVE』より。
  30. ^ 『今日はM2(Mitigation level 2)ということで、SOLiVE24の手前のロールスーパー(別名:ぶんまわし)も黄色の帯にさせてもらってます』 バシ公式Twitter 2010年4月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]