チリ地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南米西海岸のM5.5以上の地震(1900-2016)

チリ地震は、南アメリカ大陸チリ共和国にて発生する地震の総称である。

南北に7000Kmを超える南アメリカ大陸は、南米プレートの西側に形成されている。南米プレートの東端は大西洋中央海嶺で年間約2.5cm東西に広がっている[1]。南米プレートの西端では主にナスカプレートの潜り込みが起きておりペルー・チリ海溝およびアンデス山脈を形作っている。ナスカプレートは西から若干北よりの東へ向けて南米プレートへ向かい潜り込んでいる。衝突の速さは年間北部で65mm/年、南部で80mm/年で大きな差は無いが沈み込み帯の影響による地殻変動は複雑であり、火山活動、地殻変形、地震など大半の地殻活動が大陸の西側、コロンビア西部、エクアドルペルー西部、チリで起きている[2]

地震活動では、地震の頻度も多く、マグニチュード8から9クラスの巨大地震も起き、その津波による影響は東アジアまで出ている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]