千葉港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


千葉ポートタワーから見た工場夜景

千葉港(ちばこう)は、千葉県市川市船橋市習志野市千葉市市原市袖ケ浦市にわたる港湾。港湾管理者は千葉県。港湾法上の国際拠点港湾港則法上の特定港に指定されている。貨物取扱量は全国第 2 位(1 億 6,956 万トン、平成15年度)、貿易額は全国第 8 位(3 兆 0318 億円、同)、コンテナ取り扱い実績は全国第 17 位(42,650 TEU、同)。千葉港コンテナターミナル、JFEスチール東日本製鉄所、大型火力発電所を有する京葉工業地帯の拠点港。港の面積は 24,800 ヘクタールで日本一を誇り、日本三大貿易港の一つに数えられる。

日本八大工場夜景の一つで千葉中央港旅客船桟橋からは工場夜景クルーズが賑わう。日本夜景遺産恋人の聖地に認定されている千葉ポートタワーからも工場夜景を楽しむことができる。[1]

概要[編集]

千葉港の夜景
千葉港(東京湾)の夕日
千葉ポートタワーから見た千葉港と東京湾 遠くに富士山を望む。埠頭の先端部にある航空管制塔のような施設が「新港信号所」。

千葉港は、東京湾奥部にあり、北は市川市より南は袖ケ浦市まで海岸線の総延長約 133 キロメートルと、京葉工業地帯のほぼ全域にまたがる工業港である。港の面積は 24,800 ヘクタールで日本一を誇り、日本三大貿易港の一つに数えられる。

港の区分[編集]

港は、最北の市川市から時計回りに

A 葛南西部地区

B 葛南中央地区

C 葛南東部地区

D 千葉北部地区

E 千葉中央地区

F 千葉南部地区

G 八幡地区

H 五井地区

I 姉崎地区

J 北袖ケ浦地区

K 南袖ケ浦地区

の 11 地区に分かれている。

千葉中央地区の蘇我地域には、JFEスチールがあり、企業城下町となっている。


主要な取扱貨物[編集]

千葉港の主要な取扱貨物は、原油、石油製品、LNG(液化天然ガス)、鋼材、重油鉄鉱石などであり、重化学工業の産業機能集積港となっている。臨海部の埋め立てと企業誘致によって拡大してきたことから企業専用施設が多く、現在でも港湾取扱貨物の9割以上は企業専用岸壁で取り扱われている。港内の石油ターミナルから成田国際空港までパイプラインが伸びており、航空燃料の荷揚げが行われている[2]


港湾規模[編集]

  • 入港船舶(平成15年度)
    • 隻数 66,327 隻(外航船:4,410 隻、内航船:61,917 隻)
    • 総トン数 133,836,495 総トン(外航船:87,389,854 総トン、内航船:46,446,641 総トン)
  • 海上出入貨物(平成15年度)
    • 取扱貨物量 169,559,452 トン(外貿 59.6%、内貿 40.3%)
    • 外貿 101,123,849 トン
      • 輸出 7,519,152 トン
      • 主要な輸出産品の内訳は、完成自動車(29.8%、以下全て平成15年度)、鋼材 (25.5 %)、化学薬品 (21.8 %) 、石油製品 (6.6 %) 、金属くず (6.4 %) 、その他化学工業品 (3.2 %) 、鉄鋼 (2.5 %) など(その他は 14.0 %)。
      • 輸入 93,604,697 トン
      • 主要な輸出産品の内訳は、原油(37.4 %、以下全て平成15年度)、LNG (23.6 %) 、石油製品 (12.8 %) 、鉄鉱石 (8.2%) 、石炭 (5.5%) 、LPG (3.3 %) 、非金属鉱物 (1.2 %) など(その他は7.9 %)。
    • 内貿 68,435,603 トン
      • 移出 36,823,698 トン
      • 移入 31,611,905 トン
  • コンテナ貨物(平成15年度)
    • 輸出 23,668 TEU
    • 輸入 18,982 TEU
    • 合計 42,650 TEU

TEU」とは、"Twenty feet Equivalent Unit" の略語で、20 フィート型コンテナ換算での積載可能個数を意味する。

  • 貿易額(平成15年度)
    • 輸出 851,492,047 千円
    • 輸入 2,180,300,601 千円
    • 合計 3,031,792,648 千円

歴史[編集]

  • 1951年(昭和26年5月) 千葉県庁土木部に千葉港湾建設事務所(現・県土整備部千葉地域整備センター千葉港湾事務所)を設置
  • 1953年(昭和28年3月) 千葉県が船橋港の管理者となる
  • 1953年(昭和28年9月) 横浜税関千葉税関支署を設置
  • 1954年(昭和29年7月) 関税法上の開港に指定
  • 1965年(昭和40年) 特定重要港湾(現・国際拠点港湾)に指定
  • 1966年(昭和41年) 運輸省第二港湾建設局千葉港工事事務所(現・国土交通省関東地方整備局千葉港湾事務所)を設置
  • 1994年(平成6年6月) 千葉中央地区でコンテナターミナルを供用開始

旅客船[編集]

千葉中央港旅客船桟橋からは千葉ポートサービスなど遊覧船が運航されている。特に工場夜景クルーズは多くの人でにぎわう。

工場夜景[編集]

平成28年12月に「日本八大工場夜景」として千葉県千葉市が認定。

さらに、平成30年10月には新たに「日本11大工場夜景」として千葉県市原市が認定。

その他[編集]

  • 当港湾の最寄駅として、JR京葉線千葉みなと駅がある。開業当時は「千葉港駅(ちばみなとえき)」が正式名であったが、当港湾名との誤読を防ぐために当初から「千葉みなと」と表記されることが多かった。ちなみに「千葉みなと駅」が正式名となったのは1992年。 千葉県観光大使として「ミス千葉港」現在ポートクイーン千葉が誕生。
  • 1973年から「新港信号所」が航路管制業務を行っていた(JR東日本にも同名の施設がある)[3]。「新港信号所」は2012年3月13日から「千葉中央港信号所」にその役割を移管し、現在は稼働していない[4]

出典[編集]

  1. ^ 千葉市. “千葉市の工場夜景” (日本語). 千葉市. 2019年1月8日閲覧。
  2. ^ 航空燃料輸送システム”. 日本空港給油株式会社. 2018年8月25日閲覧。
  3. ^ 千葉県. “千葉港のあゆみ” (日本語). 千葉県. https://www.pref.chiba.lg.jp/kouwan/toukeidata/nenpou/chibaport-ayumi.html 2018年8月25日閲覧。 
  4. ^ 千葉航路管制信号施設(新港信号所)の移転につきまして (PDF)”. 海上保安庁. 2018年8月25日閲覧。

脚注[編集]

外部リンク[編集]