ガチャピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポンキッキシリーズ > ガチャピン
ガチャピン
Gachapin
対象
分類 テレビ番組のマスコットキャラクター
モチーフ 恐竜
デザイン 片桐襄二
指定日 1973年4月2日
指定者 フジテレビジョン
性別
身長 165 cm
体重 80 kg
公式サイト ガチャピン・ムック公式WEBサイト
テンプレートを表示

ガチャピン(生年不詳4月2日 - )は、フジテレビ系の子供番組ひらけ!ポンキッキ』を初めとする様々なフジテレビ系番組において、主として着ぐるみの形で登場するキャラクター。設定上、南国生まれの恐竜の男の子で、年齢は永遠の5歳(かつては5年に1歳ずつ年をとるという設定だった)、身長は165cm、体重は80kgとされる。特技はスポーツ全般。

誕生日である4月2日は『ひらけ!ポンキッキ』の放送が開始された1973年4月2日に由来する(「正確な誕生日は不明だが、テレビで日本のお友達に初めて会った日を誕生日にしている」という設定[1])。

概要[編集]

キャラクターについて[編集]

全身緑色で丸い頭、半開きで眠そうな垂れ眼。口元からは前歯が2本飛び出している。背中には背があり、お腹の部分だけが黄色とピンクの縞模様になっている。両手首にエネルギーボールが7個ずつあり、勇気と力の源とされている。ムック(雪男の子供)とコンビを組む。日本ソフト映像倶楽部社長の片桐襄二が原案・デザインを担当(一説にはスタジオぬえがデザインしたともされる)。眠たげで穏やかなその表情は、同番組を制作した日本テレワーク野田昌宏社長をモデルとしている。ビートルズポール・マッカートニーがモデルだという説もあった(相方のムックのモデルがジョン・レノンであるという説と合わせて、これは都市伝説と化しているが、根拠はない[2])。

自己紹介の決まり文句は「ガチャガチャピンピン、ガチャピンで〜す」。

声優は、初期は矢沢邦江2014年3月まで雨宮玖二子、同年4月以降は非公表。

「ポンキッキ」シリーズでの活躍[編集]

『ひらけ!ポンキッキ』放送初期では「船長(キャプテン)」が南の島から持ってきた卵から生まれたという設定で、のんびりとした内気な性格だった。その後、冒険心旺盛なスポーツマンという性格が前面に押し出されるようになり、番組内でスキージムカーナならびにサーキット走行[3]ロッククライミングハンググライダースクーバダイビング空手極真空手初段)、体操ボウリングフィギュアスケート、果ては1998年8月にカザフスタンバイコヌール宇宙基地より宇宙船ソユーズTM-28に搭乗し、ロシアの宇宙ステーションミールに到着、宇宙飛行まで行っている(地球環境問題に興味を持っており、宇宙飛行を決意したのもこれがきっかけと語る)。ただし2003年『ポンキッキーズ21』内で放送されたボウリングの試合でミスを連発し、ボウリングは苦手だと語っている。2008年11月17日には『Beポンキッキ』で共演のダンテ・カーヴァーと共にヒマラヤ山脈のヤラピーク登頂に成功した。これはソフトバンクのコマーシャルとしてフジテレビ限定で放送された。

番組内の曲「2100ねん ガチャピンキッド」では地球の危機が迫った時の正義のヒーロー「ガチャピンキッド」に変身している。また、同じく正義のヒーロー・科学忍者隊ガッチャピンが登場している。ガチャピンとの関連は不明だが、本人曰くガッチャピンとは別人(友人)とのこと。

フジテレビ『ガチャガチャポン!』では「友情出演」としてバーのマスター役でレギュラー出演し、キャラクターのガチャパン!からは「師匠」と呼ばれていた。

ブログ・SNSにおける活動[編集]

2006年7月からフジテレビKIDSクラブ公式サイト内でブログを開始。本当はコメントへのレスをしたいのだが、手指の構造上、タイピング速度が非常に遅いため断念しているとのこと。書籍「ガチャピン日記」では一部のコメントの紹介と共にレスを返している。記事によると意外にも流行や新しい物に敏感のようである。パソコンWindowsMacintosh両方を使いこなし、2007年1月、マイクロソフトが発売した新しいOSソフトWindows Vistaにも興味があるらしく、発売日のブログには番組プロデューサーに自身のPCにも入れ替えて欲しいと要望案を書いている。またiPhoneは、ガチャピンの指では反応しないとのこと。また2009年7月1日からはTwitterも開始しており[4]、日本語アカウントとしては最多のフォロワー数だったこともある[5]。2018年4月2日、自身のTwitterアカウントとブログにおいて最後の投稿を行い更新終了を宣言した[6]

2018年7月18日、UUUMとの協業により、自らのYouTube公式チャンネル『ガチャピンちゃんねる【公式】』を開設、この日の午前5時よりコンテンツ配信を開始[7]。初収録では、王道ネタのスライム作りやメントスコーラ作りに挑戦した。

ルーツ[編集]

2012年4月より、ポンキッキシリーズ40周年記念事業の一環に、ガチャピンを実際の恐竜に当てはめ、そのルーツ(先祖)を研究した『ガチャピン創世記』が福井県立恐竜博物館の協力で企画された。背中の骨板や両肘のエネルギーボール(装甲)は剣竜類に似た特徴を持ち、骨格は鳥盤目に近い事から、分類は恐竜綱 鳥盤目 剣竜下目と定義された。またガチャピンの祖先達のイラストが創作され、グッズも販売されている[8]

シングル「たべちゃうぞ」[編集]

たべちゃうぞ
矢沢邦江(ガチャピン)シングル
初出アルバム『ホネホネ・ロック パタパタママ』
B面 パンダがなんだ(石川進
リリース
規格 7インチシングル
ジャンル 童謡
レーベル キャニオン・レコード
作詞・作曲 作詞:北村恒子、補作詞:岡本おさみ、作曲:吉田拓郎
ひらけ!ポンキッキ 年表
「たべちゃうぞ」矢沢邦江(ガチャピン)
(CX-101/1975年)
およげ!たいやきくん子門真人
(CX-102/1975年)
ミュージックビデオ
「たべちゃうぞ」 - YouTube
テンプレートを表示

たべちゃうぞ」はガチャピンのファーストシングルである(シングルでの歌手名の表記は「矢沢邦江(ガチャピン)」となっている)。1975年4月、B面は石川進の「パンダがなんだ」。『ひらけ!ポンキッキ』から市販された第1号のシングルである。品番はCX-101

解説[編集]

歌詞は一般から公募(岡本おさみが補作)し、作曲は吉田拓郎。「親の言う事を聞かない子は食べちゃうぞ」という内容で、本来は親から子への優しい視線をユーモラスに折り込んだ詞だが、やはり視聴者から「怖い」などといった反発や苦情が多く、わずか2週間で放送中止になった。

その後もレコードへの収録はされており、1976年発売のLP『ホネホネ・ロック パタパタママ』(AP-4001)や1977年発売の2枚組LP『ひらけ!ポンキッキより うたのベストアルバム』(AT-4010〜11)」、2004年発売のCD『ガチャピン&ムックが選ぶポンキッキーズ・ベスト30』の1曲目などに収録された。

しかし、フジテレビ系バラエティ番組トリビアの泉』(2003年9月10日放送)で紹介された事で「ガチャピンが子供を食べようとする歌」として再び同曲が注目を浴びるようになった。だが、当時のアニメ映像では全く別の怪獣が出ていたため、厳密に言うとこの表現は適切ではない。ガチャピン本人も同番組で同曲が取り上げられたことを受けてコメントを求められた際は「記憶にありません」と発言している。

2014年4月26日、DVD-BOX『beポンキッキーズ40thアニバーサリーボックス』・DVD『ベストヒット ponkickies melody』の発売記念イベントにて、ガチャピンは一番印象深い曲について、「初めて一人で歌った歌だから」とこの曲を挙げ、「恥をかきながら、大汗をかきながら一生懸命歌ったのに、2週間で中止になって『世の中厳しいな』と思ったし、子ども心に傷ついたよ!でも『トリビアの泉』で紹介されて、話題になってまた歌えるようになって嬉しい。世の中捨てたもんじゃないなと思った」とこの曲をめぐる思い出を懐かしそうに語った[9]

作曲者の吉田は同曲を2011年にラジオ番組『坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD』(2011年11月28日放送)内で弾き語りでセルフカバーをしている。番組内で吉田は、同曲をガチャピンに提供したり、かつてMCを務めていたフジテレビ系音楽番組LOVE LOVE あいしてる』(1996年10月5日放送)でゲストの安室奈美恵に自身をガチャピンに似ていると指摘されたことを挙げて、「僕とガチャピンは何かと縁がある」と発言している。

また一部のカラオケ機種でも配信されている。

収録曲[編集]

  1. たべちゃうぞ
  2. パンダがなんだ
    • 歌:石川進、作詞:海友彦、作曲・編曲:小倉靖

収録作品[編集]

  • アルバム『ガチャピン&ムックが選ぶポンキッキーズ・ベスト30』
  • DVD『ベストヒット ponkickies melody Vol.1 〜1973-1993〜』

レギュラー出演番組[編集]

過去[編集]

(※特に表記のないものはフジテレビ系)。

ポンキッキシリーズ
派生番組
その他

ゲスト出演[編集]

テレビ番組[編集]

ムックと共に、フジテレビをはじめ各局のテレビ番組ラジオ番組、各種イベントなどにゲスト出演している。ただし、在京テレビ局では日本テレビテレビ朝日の出演は2011年現在ない。(CMに関しては日テレ、テレ朝共に流れており視聴することはできる。)

CM[編集]

その他[編集]

別個体[編集]

ブルーガチャ
青いガチャピン。別次元のブループラネットから来たという設定。青い竜の子供[19]で、両手首のボールは片側3個ずつとガチャピンより少ない。なおこのボールは宝玉であり、体のどこかに7つ目が隠れているらしい。竜の子供らしく青い炎を吐く事もできるが、たまに失敗するらしい。

コラボレーション[編集]

書籍[編集]

  • ガチャピン日記(メディアファクトリー
  • ガチャピン・ムックのゆっくりゆったり東京散歩(ワニブックス
  • ガチャピン&ムックの中国語教室(小学館
  • ガチャピン・ムック グッズ大図鑑(扶桑社
  • とびだせ!ガチャピン 〜ムックはかせのはつめいひん〜(学研

関連項目[編集]

ガチャピンの愛称をもつ著名人など[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ポンキッキーズ』旧公式サイトに掲載されていたプロフィールよりインターネットアーカイブのキャッシュ)。
  2. ^ 日経エンタテインメント誌に於いて、ガチャピン・ムックが公式に否定している記事[要出典]もある。
  3. ^ このシリーズの前半ではホンダ・S2000をマックスターンさせ、ホンダ・インテグラタイプRで225km/hの最高速を叩きだしている。後半ではツインリンクもてぎでインテグラタイプRによるワンメイクレース(タイムアタック)も行なわれ中嶋悟鈴木亜久里高橋国光と勝負して最下位だった(当日、参戦はしていないが佐藤琢磨もいた)。
  4. ^ ねとらぼ:ガチャピンさんもTwitter開始 ITmedia 009年7月3日14時26分
  5. ^ 孫社長、フォロワー100万人突破 日本一に ITmedia 2011年4月6日11時44分
  6. ^ ガチャピン&ムックSNSが終了 最後の投稿でメッセージ「また、どこかで会おうね」”. ORICON NEWS (2018年4月2日9時51分). 2018年4月2日閲覧。
  7. ^ 『ガチャピンちゃんねる【公式】』開設!, , とれたてフジテレビ (フジテレビ), (2018年7月18日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180718-i260.html 2018年7月18日閲覧。 
  8. ^ ガチャピン創世記 ガチャピンのルーツを探る フジテレビキッズ
  9. ^ ガチャピン「ポンキッキ」40周年で放送禁止歌の苦難の思い出を語る 映画.com 2014年4月27日
  10. ^ ““引退”のガチャピンがフジ地上波の冠旅番組で復活”. Nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (日刊スポーツ). (2018年6月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806290000990.html 2018年7月1日閲覧。 
  11. ^ “その名も「ガチャムク」 「ポンキッキーズ」終了から3カ月…人気コンビが帰ってくる!”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年6月14日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180614/geo18061405040005-n1.html 2018年6月16日閲覧。 
  12. ^ ガチャピンさんがエアギターで日本3位に 悔しがるアメーバニュース 2007年8月13日
  13. ^ TBC:TBC広告キャラクターにガチャピン・ムック、 ジローラモさん、坂田梨香子さんを起用[リンク切れ]
  14. ^ TBC:TBC広告キャラクターにローラさん、溝端淳平さんを起用[リンク切れ]
  15. ^ SEIBUプリンスラビッツ・ホームゲーム 27日(日)イベントインフォメーション アジアリーグアイスホッケー2007-2008 レギュラーリーグ最終戦 SEIBUプリンスラビッツ 対 日光アイスバックス ガチャピンが記念フェイスオフいたします! 株式会社プリンスホテル、2008年1月23日(2018年7月18日閲覧) (PDF)
  16. ^ ガチャピンが Google マップのアドバイザーに就任! Google Japan Blog 2009年4月1日
  17. ^ ガチャピンGRAND PRIX ModNation 無限のカート王国特設サイト[リンク切れ]
  18. ^ J's GOAL | フォトニュース[リンク切れ]
  19. ^ ブルーガチャムクの秘密
  20. ^ 4月中旬から「ファニー★プロジェクト」がはじまるよ! (ワンタメ ミュージックチャンネル★ワンタメニュース★)[リンク切れ]
  21. ^ [1] ガンバ大阪[リンク切れ]
  22. ^ GACHAPIN×TSURUOKAコラボグッズがついに発売! 北海道日本ハムファイターズ 2011年2月18日
  23. ^ ポンキッキーズシリーズのキャラクターが中華まんに!「ガチャピンまん」と「ムックまん」を発売! ファミリーマート 2014年1月28日(PDF)[リンク切れ]
  24. ^ 光子館、きぐるみ
  25. ^ The Killers - Read My Mind - YouTube

外部リンク[編集]