廣瀬俊朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廣瀬 俊朗 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1981-10-17) 1981年10月17日(39歳)
出身地 日本の旗 大阪府
身長 1.73 m (5 ft 8 in)
体重 81 kg (12 st 11 lb)
大学 慶應義塾大学
愛称 toshi
ラグビーユニオン経歴
ポジション ウイングスタンドオフ
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
1997-00
2000-04
北野高校
慶應義塾大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2004-16 東芝 ()
代表
チーム 出場 (得点)
2007-15  日本 28
更新日:  2015年8月22日
国セブンズ代表
チーム 出場
2007-15  日本
■テンプレート

廣瀬 俊朗(ひろせ としあき、1981年10月17日 - )は、日本の元ラグビー選手、俳優15人制日本代表(以下、日本代表)及び、7人制日本代表(以下、セブンズ代表)。株式会社HiRAKU代表取締役

プロフィール[編集]

来歴[編集]

5歳のとき、吹田ラグビースクールでラグビーを始め[2]、小学校、中学校時代も同スクールに在籍。北野高校を卒業後、慶應義塾大学理工学部機械工学科へ推薦入学し、ラグビー部で活動。この間、高校日本代表、U19日本代表を歴任。高校、大学ともにラグビー部主将を経験。

大学卒業後の2004年4月より東芝ブレイブルーパスに入団。2年目以降レギュラーに定着し、チームのトップリーグ三連覇に貢献。2007年から2009年度までの間は主将を務める。トップリーグ四連覇が懸かった主将初年度の2007年度はプレーオフセミファイナルで三洋電機に競り負け四連覇を逃すも翌2008年度からの2シーズンはチームを2度目のトップリーグ連覇に導く。特に主将2シーズン目の2008年度はシーズン中に発覚したチーム内外国人選手による不祥事の責任を取り当時の瀬川智広監督がシーズン終盤に謹慎するという苦境下での事だった[3]。また同シーズンのマイクロソフトカップ(トップリーグプレーオフトーナメント)ではMVPに選出される。2007年に日本代表に選出され、同年の香港戦で初キャップを得た。[4]しかしその後、エディージョーンズが代表監督に就任する2012年まで暫く日本代表に選出されなかった。

ジャパンラグビートップリーグ2015-16シーズン終了後の2016年3月に現役引退を表明。[5]

2016年10月にビジネス・ブレークスルー大学大学院 経営学研究科 経営管理専攻に入学。2019年9月に修了、経営学修士(MBA)。[6]

2017年ラグビーワールドカップ2019アンバサダーに就任。[7]

2017年度から18年度まで東芝のバックスコーチを務める。[8]

2019年7月7日よりスタートしたTBS系ドラマ『ノーサイド・ゲーム』で俳優デビューした[9]。主要登場人物の浜畑譲を演じ、2019年7月-9月度ザテレビジョンドラマアカデミー賞で、ザテレビジョン特別賞を受賞した。

また同年ミュージシャンの村田匠[10]、歌手の田中美里[11]と共に「スクラム・ユニゾン」を結成。世界19ヵ国から来る選手やファンを「国歌を歌っておもてなしする」をモットーにラグビー日本代表の試合会場や各種メディア、PV会場等のイベント会場においてワールド杯出場国の国歌(ラグビーアンセム)を覚え歌う事を軸として日本開催のラグビーワールドカップを盛り上げる活動を行った。[12]

2019年9月、株式会社ビジネス・ブレークスルー アスリートアンバサダーに就任。[13]

2020年10月、男子プロバスケットボール「B.LEAGUE」応援キャプテンに就任[14]

日本代表キャプテン[編集]

2012年3月19日、5年ぶりに日本代表選手に選出され、また、新たに同チームのヘッドコーチに就任したエディー・ジョーンズから、主将に任命された[15]。在任中は、エディージョーンズの厳しい練習を全員に率先させるなどの功績もあり、秩父宮ラグビー場でウェールズとのテストマッチで金星を上げるなど貢献した。

2015年ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる[16]も「スタメンを保証できない選手にキャプテンは任せられない」との理由で主将を解任。ひどく落ち込んだが、チームのために自分に何ができるのかを考えた末、相手国の動きを徹底研究したほか、自主的に関係者700人からのエールVTRを制作し、南アフリカ戦前に控え室で上映[17]。一度もベンチ入りを果たせなかったものの、チーム団結を促し勝利に貢献した。

キャプテン会議[編集]

廣瀬は高校、大学、東芝、日本代表のキャプテンを経験しており、エディー・ジョーンズからも「自分がラグビー界で経験した中で、ナンバーワンのキャプテンだ」と言われるほど、キャプテンシーに優れている。そんな存在であるからこそ、トップリーグ各チームのキャプテンを集め、キャプテン会議を設立した。加盟する全16チームのキャプテン、またはそれに準ずる選手で編成され、チーム間のコミュニケーションを促進して情報共有をすること、選手自身がトップリーグやラグビー界の発展のため、競技の普及活動やリーグ戦の来場促進、ピッチ外での社会貢献活動などに取り組むことを目的としている。

ラグビー選手会[編集]

ラグビー日本代表の選手を中心とした日本ラグビーフットボール選手会が2016年度初めに発足させ、廣瀬とサントリー小野晃征らが発起人で、日本ラグビー界初の試みるなど、日本代表をはじめとする選手の処遇改善に貢献している。選手をまとめて協会とも協力する組織で、エディージョーンズらが指摘した、ラグビー協会との話合いを通じて、ラグビー人気を盛り上げるものである。

著書[編集]

  • なんのために勝つのか。 (ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論)(東洋館出版社 2015年12月刊)
  • ラグビー知的観戦のすすめ (角川新書) 新書 2019年9月刊

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブテレビ[編集]

関連項目[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ 平成24年7月(2012July) リレーエッセー とよなか ゆめ・まち・ひと 自然とともに 廣瀬 俊朗
  2. ^ 2012年JAPAN NATIONAL TEAM GUIDE BOOK (ラグビーマガジン2012年6月号別冊)
  3. ^ 村上晃一ラグビー愛好日記2009/2/8 http://koichi-murakami.cocolog-nifty.com/loverugby/2009/02/ms-1f4a.html 
  4. ^ ラグリパWest! 関西「生」情報もいくで。 廣瀬俊朗という男
  5. ^ 廣瀬俊朗、引退。記者会見ほぼ全文掲載【ラグビー旬な一問一答】向風見也 https://news.yahoo.co.jp/byline/mukaifumiya/20160303-00054982/ 
  6. ^ ビジネス・ブレークスルー大学大学院
  7. ^ ラグビーワールドカップ2019アンバサダーにラグビー元日本代表 廣瀬俊朗氏が就任https://www.rugbyworldcup.com/news/245123
  8. ^ 東芝ブレイブルーパス、2018年度 退団選手及びスタッフのお知らせ https://www.top-league.jp/2019/02/22/toshiba-2018-5/
  9. ^ “ノーサイド・ゲーム:浜畑役・廣瀬俊朗は元日本代表 俳優デビュー作とは思えぬ存在感 2015年W杯では“陰の主将”…”. まんたんWeb. (2019年8月25日). https://mantan-web.jp/article/20190824dog00m200046000c.html 2019年9月16日閲覧。 
  10. ^ ロックバンド「カルナバケーション」の中心メンバーでラグビートップリーグの日野レッドドルフィンズに所属する元日本代表の村田毅は実弟。
  11. ^ 父が元ラグビー選手で幼少の頃よりラグビー観戦に親しむ。自身の歌「Go Foward」はJスポーツ大学ラグビー中継主題歌に採用されている。
  12. ^ スクラムユニゾンHP https://www.scrumunison.com/
  13. ^ mbaSwitch「アスリートこそ学ぶ時代~トップアスリートが本気で学んだら何が起きたか~」
  14. ^ 廣瀬 俊朗氏 「B.LEAGUE応援キャプテン」就任のお知らせ ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ 2020年10月1日
  15. ^ 【エディ・Japanのキャプテンは廣瀬俊朗!】 - ツール・ド・ラグビー大友信彦ブログ2012年3月19日付
  16. ^ 日本代表「ラグビーワールドカップ2015」最終登録メンバー
  17. ^ TBS「スパニチ!!『今だから話せます 〜スポーツ劇的人生物語〜』」2015年11月29日放送分
  18. ^ キャスト & スタッフ”. 日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』. TBSテレビ. 2019年8月7日閲覧。
  19. ^ ザテレビジョン. “ケンコバ&ねおがMCを務める“ラグビー応援”バラエティー放送開始 ケンコバ「ラグビー熱の“保温鍋”だと思ってもらえれば」 | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年7月24日閲覧。
  20. ^ 櫻井翔vs日本代表キャプテン、広瀬俊朗選手 | 金杉文夫のリョーガンマーケット(竜頷市場)
  21. ^ “櫻井翔、ラグビー日本選手権を弟と揃って観戦するも理由はそれぞれ | 週刊女性PRIME [シュージョプライム | YOUのココロ刺激する”] (日本語). 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する. http://www.jprime.jp/articles/-/9078 2018年9月11日閲覧。 

外部リンク[編集]