森重隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 重隆(もり しげたか、1951年11月6日 - )は、日本の元ラグビー選手、指導者。現日本ラグビーフットボール協会会長。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

福岡県立福岡高等学校入学後にラグビーを始め、高校2・3年時には全国大会(花園)に出場した。

1969年明治大学に進学しラグビー部に入部。1年時から試合に出場する[1]

1974年、新日鉄釜石(後の釜石シーウェイブス)に入社。主将・選手兼任監督として日本選手権4連覇に貢献した。

日本代表には1974年春から選出され、センターとして活躍。8試合主将も務めた。

プレーの特徴は、100m11秒2の俊足を生かした弾ける様なステップとランで、トライを量産した。明治大学の北島忠治監督から「糸の切れた凧」と評される程、奔放でスピードのある選手だった。

30歳で現役を引退し、1991年に実家の硝子店を継ぐ[2]

1993年、母校福岡高校ラグビー部のコーチとなり、1995年から監督を務める。2010年には同高を全国大会(花園)出場に導いた[3]

2015年、日本ラグビーフットボール協会副会長及び九州ラグビーフットボール協会会長に就任[4]

2019年、日本ラグビーフットボール協会会長に就任。

関連項目[編集]

脚注[編集]