朽木英次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朽木 英次 Rugby union pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1962-12-25) 1962年12月25日(55歳)
出身地 日本の旗 福井県
大学 日本体育大学
選手情報
ポジション センター
アマチュア
チーム
若狭農林高校
日本体育大学
クラブ
チーム 出場 得点
トヨタ自動車
国代表
チーム 出場 得点
 日本 30
更新日 2015年9月
コーチ歴
■テンプレート

朽木 英次(くつき えいじ、1962年12月25日 - )は、日本の元ラグビー選手、同指導者。

プロフィール[編集]

来歴[編集]

福井県立若狭農林高校(現在の若狭東高校)を経て、日本体育大学へ進む。その後、トヨタ自動車(現 トヨタ自動車ヴェルブリッツ)に入社。

1985年の対フランス戦がラグビー日本代表初キャップ試合。以後、主に平尾誠二とのコンビで長年に亘り、日本代表の右センターの座を不動のものにし、通算30キャップを獲得。また、全国社会人大会では1985年度と1986年度、日本ラグビーフットボール選手権大会(以下、日本選手権)では1986年度にそれぞれ優勝を経験した。

そして、ラグビーワールドカップでは第1回の1987年、第2回の1991年に代表選出され、1991年の大会でジンバブエを破った試合を含め、出場機会を得た全6試合に出場した。

現役引退後はトヨタ自動車ヴェルブリッツの監督に就任。しかし、2005年度シーズンの日本選手権2回戦において、早稲田大学に苦杯を舐めたため、進退伺いを出す羽目になった。結局2007年度限りで同職を退任。その後部長を歴任した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本ラグビー狂会編 『日本ラグビー復活の鼓動』 双葉社
  • 『ザ・ワールドラグビー』 (大友信彦 編、新潮社ISBN 4104627011)の33ページ